休肝日返上! 気ままに食べ歩記

食わずして後悔するよりも食って公開するけど、美味い不味いは人それぞれだよね♪

2017.10.25. 13:34



昭和な佇まいの店でラーメン食ったあとはビール持参で呑兵衛の友人宅へ
「こんにちわ~ おじゃましまぁ~す」と
勝手に部屋に上がっていくと既に大騒ぎで飲んでいる様子。

本日の宴会参加メンバー
・呑兵衛家主のT君
・赴任先神奈川から自宅の成田経由で来たK君
・T君とK君の昔の同僚の東京から参戦のセンベロ君
・地元おつまみ屋のO君
・ヘロヘロ先輩



友人宅 DSC00787
本日のメニュー
・タッパーに入った漬物とカボチャの煮物はヘロヘロ先輩の持参物
・天然虹鱒 家主が渓流で釣ってきたもので身はサーモンピンク美味し 
・貝?の煮つけ 魚屋さんでは売ってないものです。名前忘れた
・たこ刺身 家主が釣ってきたもの 部屋には自作のタコテンヤ(たこ釣り仕掛け)が飾ってある
・わらび 家主が山で採ってきたもので煮つけたもの 美味し
・むかご 家主が山で採ってきたもので塩茹でたもの
・銀杏 家主がその辺で拾ってきたものポン酒には最高
・珍味 鮪チーズ、飛魚の煮干、穴子 おつまみ屋持参




友人宅 DSC00786
家主のT君が宴会準備で仕事早退して料理したもので遅れていったため虹鱒は冷めていたが
それでも美味かったなぁ~
頭まで食べて骨だけ残したわ。




友人宅 DSC00788
ヘロヘロ先輩が「撮影するなら飛魚と虹鱒を並べて撮れよ」と意味不明なことを言うほど
ロレツ回らずヘロヘロになっていたので言うことを聞いておいた。
しばらくビールだったのだが家主が大吟醸を出してきたのでポン酒に・・・
1升瓶はあっという間になくなり時計を見ると16時
釣りの話や酒の話、山菜取りの話、昔の話など時間のたつのは早い。

私以外のメンバーは家主T君宅に全員で宿泊学習というわけで各自で布団敷き

2次会は近所にある家主の先輩の居酒屋
普段は18時からなのに16時に店を開けさせ予約してたみたい。





友人と宴会  DSC00789
左から鰹、鯨、イナダ
どれも美味い




友人と宴会  DSC00790
ホンビノス貝の酒蒸し
酒がススムわ




友人と宴会  DSC00791
鯵のたたき





友人と宴会  DSC00792
店主が釣った石鯛の魚拓

18:50にて2次会お開き
この後、私は電車で1時間居眠りしないように帰らなきゃならん。
合宿してるメンバーたちは夜な夜な酒盛りをやったそうな

5連休の締めくくりは旧友たちとの飲み会となりました。
翌日仕事じゃなきゃ泊まったのだけれど・・・・






追記
翌日11時にヘロヘロ先輩から電話
受けると電話切れてることの繰り返しでこちらからかけても出ない。
家主のTからも電話で受けるも電話切れるわでこちらからかけても出ない。

19時ごろ再びT君から電話
ヘロヘロ先輩とたこ釣り行こうとしたが朝から呑んでグダグダになり
夕方から再び先輩の居酒屋で飲んでる最中だという。
呑んでヨッパになるとあちこちに電話魔になるT君
迷惑だからやめてくれぇ~  仕事中だぞ俺w(*`ω´*)







2017.10.25. 13:04



数日前に友人Tから電話ありまして「25日にI が来るので呑みましょう」と・・・
特に断る理由もないので快諾した次第。
約束の時間は昼飯後の14時のため電車で1時間、最寄りの駅前の
昭和の時代のままの定食屋で食うことにした。
シャッター通りでほかに選択肢がないし・・・・。


ひかり食堂DSC00778
ひかり食堂




ひかり食堂DSC00784
店内に入るとテーブル5つ×4席、テーブル2つ×2席、座敷2つ×4席 32席
昼時過ぎた時間帯で7割程度埋まっている。
入口付近の4人用テーブルが空いていたのでそこに座ります。




ひかり食堂DSC00779
メニュー

麺類、どんぶりもの、定食など多彩にあり夜は居酒屋なんだろう。
初訪の店だしここは基本中の基本のメニューがいいだろう。
「ラーメンお願いします。」 とおばちゃんに注文



ひかり食堂DSC00780
ラーメン 550円
6分ぐらいで提供されました。



ひかり食堂DSC00781
具材
チャーシュー、ナルト、メンマ、海苔、刻み白ネギ

メンマが材木メンマ2本ゴロゴロでゴリゴリのやや歯ごたえのある食感



ひかり食堂DSC00782
スープ
鶏ガラ豚骨の動物系に野菜の甘味を感じるスープ
醤油ダレは物足りない感もあるが昭和な優しい味わいのスープ



ひかり食堂DSC00783
チャーシュー
豚バラロールタイプで脂身は俺的にギリギリの範囲内
測ってはいないが7ミリ程度の厚さのチャーシューはややカタメですが味はちょうどよし



多加水麺の中太縮れ麺でカタメの茹で加減はなかなかいいと思います。
スープもよく絡み相性はいいんじゃないかな。

ひかり食堂DSC00785
スープは残さずすべて飲んでしまいました。
これからビールをたらふく飲むというのに・・・・。

こち他の店保守的なメニューと思いきや期間限定でアヴァンギャルドなラーメンも
提供するから面白い。
機会あれば再訪して食べてみたいものだ。





ごちそうさん。






2017.10.24. 13:06



湯西川温泉、平家の里から湯西川道の里や渓谷散策の後は、宇都宮へ向かいます。
事前に予習しておいた店へナビが道案内。
ナビに住所を入れたはずがなぜか到着した場所は店がなく別の場所。摩訶不思議
場所は宇都宮市の東部郊外方面までクルマを走らせ、ほぼ鹿沼市の手前あたり
高速道横の住宅地の中に幸楽の工場と店舗がありました。




幸楽  DSC00756
幸楽食べログリンク幸楽HP




幸楽  DSC00758
店前の駐車場はいっぱいで他にも駐車場は用意されてるようです。
直営工場右脇に建てられているお店。
増改築を繰り返した結果なのか、不思議な間取りになってます。



幸楽  DSC00769
とりあえず満席で、入口の受付に名前記入しすると待ちの先客10組ぐらい待合室で順番を待ちます。
店内は複雑な間取りでカウンター3席・6人掛テーブル×2・4人掛テーブル×2あるそうですが・・・
12時のピークを外した時間帯なので回転がよく10分程度の待ちで案内されました。





幸楽  DSC00760
メニュー
ごらん通り餃子は焼と水の2種、ラーメンにライスなど・・・・
価格はリーズナブルとなっております。

注文は、ラーメン+シングル

隣客は70代夫婦とその息子夫婦全員がラーメン+餃子ダブルでした。(凄)




幸楽  DSC00761
餃子シングル 250円
注文から8分程度で到着

餃子のタレは一般的な醤油、酢、ラー油にしてみました。




幸楽  DSC00762
餃子の焼き加減は丁度良く、薄目の皮でパリッとした香ばしい食感で餡はたっぷり♪
具材は豚肉、キャベツ、白菜、玉ねぎ、ニラ、ニンニク
肉は意外に多めでブランド豚、那須郡司豚を使用しており、隠し味には、
ほたて、しいたけ粉、オイスターソースがしてるらしい。




幸楽  DSC00763
ラーメン 460円




幸楽  DSC00764
具材
チャーシュー、メンマ、ワカメ、もやし、ほうれん草、刻み葱

チャーシューはやや厚めの肩ロースで味がしっかりついててうまかったし
辛口でいえばなるとと海苔がトッピングされてれば合格点ですが
なんたってワンコインでおつりがくるラーメン
かなりCP度としてはいいのではないですかね。

幸楽  DSC00765
スープ
豚骨鶏ガラの動物系に野菜の甘味であっさりした万人向けの清湯スープ
醤油のキレはそれほどないものの美味いスープ。



幸楽  DSC00766
アツアツの湯気でぼけてしまいましたが透明感のあるスープでワカメもおおぶりです。




幸楽  DSC00767

注文の際、細麺・平打ち麺の選択ができ平打ち麺で注文しました。
加水高めの中太平打ち縮れ麺
茹で加減はややカタメでちょうどいいです。
もっちりシコシコの弾力のある麺でスープの絡みもなかなかいいです。



幸楽  DSC00768
うわぁ~
うまかったなぁ





幸楽  DSC00777
2人分で1420円だって
やっぱ餃子はダブルにしておけばよかった。




大谷採掘場跡DSC00770
大谷資料館HPリンク
大谷石の”大谷”  おおたにじゃなく・・・おおや
言われるまでもなく御承知のはず

入場料800円なり

映画・ドラマ・CM・ミュージックPV・TV・雑誌等で頻繁に撮影場所になってるようです。
クルマのCMでもベンツ、アウディ、マツダ、ダイハツ、レクサスなどかぶってます。






大谷採掘場跡DSC00771
大谷石の採掘現場に照明効果で幻想的な空間に早変わり




大谷採掘場跡DSC00774
石を切り出して残ったところが柱のようになっていたり、石造りの階段があったりでまるで地下神殿のよう。
巨大な地下採掘場は1960年以前は、手彫りの時代らしいです。その当時は150キロもある石を、
人間が背負って採掘場から運び出すという作業を延々とやっていたのだからすごい。




大谷採掘場跡DSC00775
ライブ始まりそうな気配
音響効果抜群だろうなぁ

大谷資料館初めて来たけどよかった。

さぁ~    あとは帰るだけだ。

栃木路の旅はおしまい♪













2017.10.23.

宇都宮でお決まりの餃子ランチで腹5分の状態で湯西川方面へ向かいます。
宇都宮から湯西川まで70km一般道で1時間44分とグーグル君が教えてくれた。
ワインディングロードを上るごとにだんだん赤く色づき始めた草木たちを助手席で眺める。


鬼怒川 DSC00739
途中、鬼怒川温泉のつり橋で道草
鬼怒川の吊り橋から撮影してみたが台風直後のため鬼怒川は増水で濁流。




鬼怒川 DSC07349
去年鬼怒川温泉泊で同じ吊り橋から撮影したもの

吊り橋を渡りきると階段があり山の上のほうの見晴らし台へ登れるのだが
昨年は閉鎖されていたが今回は上ることができた。
しかし急な階段200段も上るので躊躇したがせっかくなので上ることにした。



鬼怒川 DSC00741
ラーメン1丁!

途中で石像がありあと少しで頂上だが膝諤々
復路の階段を降りるときは膝が笑ってました。
日頃の運動不足が物語るわw

鬼怒川から湯西川31km43分とグーグル君が教えてくれた。
さて、今夜宿泊のホテルへ向かいます。
今回は伊藤園グループ 
ホテル湯西川
1泊2食 ビュッフェスタイルで食べ放題飲み放題 7,800円

じゃらんで申し込みました。
この伊藤園グループも都内近郊からバスが運行しており往復送り迎え無料の太っ腹♪
本当は那須のお気に入りのホテル泊まりたかったかったのですが
予約時期が遅かったようですでに満室。残念





ホテル湯西川DSC00744
チェックインするとすぐに大浴場へ
悪天候でも満室に近いほどの盛況ぶりでしたが風呂は早い時間だったので閑散とした
感じでのんびりと湯に浸かることができました。



ホテル湯西川DSC00745
露天風呂
残念なことに大浴場と露天風呂は別になっており着替えてから行かねばならなかった。
露天風呂からは紅葉の景色と鬼怒川の流れを見ることができたが
風流なせせらぎの音ではなく濁流のゴーっていう音。






ホテル湯西川DSC00746
湯上り部屋に戻ってからは7800円の部屋から見る景色は1泊3万円と同じ景色をつまみに
冷蔵庫で待機してたビールで渇いたのどを潤す。







ホテル湯西川DSC00747
18時から夕食となったのですが部屋ごとに時間を別けていないので一気に早い者勝ち的な
勢いで大勢の宿泊客が押し寄せとてもデジカメで撮影する余裕もなく・・・・1枚もありませんわ。
料理は大したこともなく期待はしてなかったが飲み放題なので生ビールをサーバーで注いで
3杯ぐらい飲んでおりましたが超旨そうな大吟醸の地酒があったのでコップに注ぎ飲みましたが
流石に大吟醸は美味いので3杯ぐらい飲みましてお開きに・・・・。

その後部屋に戻り露天風呂あがり部屋飲み後、大いびきで就寝♪



ホテル湯西川DSC00748
朝食
ビュッフェで好きなものだけチョイスできるのはありがたいです。
ごはん味噌汁に漬物、鮭、昆布の佃煮だけで充分な朝食ですが
納豆ととろろがあったら最強な飯友
どんぶり飯3杯は食えちゃいますが無茶はせずおかわりもせず・・・。
香りのないコーヒーを飲んで食休みしたあとは温泉へ・・・

チェックアウトした後はちょいと観光




湯西川 DSC00749
平家の里




湯西川 DSC00751
紅葉して風情がありますねぇ。




湯西川 DSC00752
平家が源平の戦に敗れて平家落人の生活様式を後世に残すため、村内の民家数棟を移築し再現。
古くから伝わる生活用具の展示や、木鉢、木杓子つくりの実演、名物の販売もしてるようです。
平清盛、敦盛の像等が展示されています。






湯西川 DSC00753
日本建築は素晴らしい。




湯西川 DSC00755
昔の暮らしを思わせる凄く和やかな緩やかな時間が過ぎました。

さて10時半を廻り初めは日光でもと思いましたが途中、湯西川道の駅や途中の渓谷に立ち寄り
宇都宮方面へ向かいます。

  つづく♪





2017.10.23. 12:11


10/21~10/25急遽連休になり1泊2日で大阪食べ歩きに茨城空港から旅立とうと
目論んでましたが、生憎、往路朝発、復路夜着の便が取れなくて仕方なしに
湯西川温泉に切り替えいつものじゃらんで予約しました。
しかし大型台風接近で出発前夜は風雨が強烈で本当に行けるんだろうかと思ってましたが
定点観測webcamで道路事情を確認しましたが大丈夫そうなので出発。
当然俺はふんぞり返って助手席担当です。

湯西川温泉までの片道144kmで途中宇都宮で昼時なので当然餃子を食べようかと
しかしみんみん本店や正嗣本店は並び必須で時間ロスになります。
事前に予習しておいた店何軒かありましたが1軒で食べ歩いt気になれる店を選択しました。
30分100円のコインパーキングに駐車。



来らっせDSC00728
宇都宮餃子来らっせ
MEGAドン・キホーテ ラパーク宇都宮店地下1階
常設店舗ゾーンと日替わり店舗ゾーンがあります。

常設店舗ゾーン
みんみんめんめん香蘭さつき龍門(5店舗各店舗リンクあり)


日替わり店舗ゾーン
曜日によって登場するお店が変わり餃子は全27種類
5店舗2個ずつの食べ比べセットなるものもあるようだ。
因みに行った当日の月曜メニュー(リンクあり)




来らっせDSC00730

常設店舗ゾーンを選択し店内に入るとまず係の女性が席を案内してくれます。
店内ルールを説明していただけます。
屋台村風に各店舗のカウンターで口頭注文先払いシステムで席番号を伝え
席まで持ってきてくれるというシステム。



来らっせDSC00729
2人前の注文はこんな感じとなりました。




来らっせDSC00731
香蘭 焼餃子 250円

焼が甘くて皮のパリパリ感や香ばしさがなかくもっちりした歯ごたえですね。
焼き立てのアツアツ感がなかったかな?




来らっせDSC00733
香蘭 ねぎ焼餃子 380円
焼餃子に大根おろし刻み葱などを載せポン酢をかけたもの
当然薬味が冷たいので餃子も冷たくなります。
アツアツが食べたい向きにはだめかも・・・
できれば大根おろしや刻み葱のポン酢は食べるときに載せたいなぁ。




来らっせDSC00734
みんみん 焼餃子 250円

注文した中の餃子で一番うまかったです。
当然アツアツで皮がパリパリで、挽き肉と白菜のジューシーであっさり目な味わい・・・・。



来らっせDSC00735
みんみん 水餃子 250円
食べ方としては器に直接醤油、酢、ラー油を入れて食べるのが一般的
皮がもっちりして焼とは違った食感でレンゲがないので箸で食べますが
やっぱり焼餃子が最高!



来らっせDSC00736
小ライス 110円としば漬
ライスは共通価格でした。
どうせなら各店Ⅰ皿焼餃子頼んでおけばよかったなぁ

腹5分で終了


ごちそうさま



居酒屋hide

Author:居酒屋hide

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QR