休肝日返上! 気ままに食べ歩記

食わずして後悔するよりも食って公開するけど、美味い不味いは人それぞれだよね♪

2017. 2. 3. 11:26



前の晩は”松本からあげセンター”で食って飲んで・・・・
そのあとさらに飲みに行くか〆のラーメンでもとは思ったのですが街中散策して歩き通しだったので
草臥れて結局セブンで燃料を買い込みTV観ながら部屋呑みとなりました。

翌朝は隣のセブンでコーヒーとパンで軽く済ませて9:30にはチェックアウト
向かった先は・・・・・・



松本城 DSC09634
松本城

池の水が鏡みたいに空の蒼の色を真似てる
公園に住む水鳥がそれに命を与える
光と影と表と裏
矛盾も無く寄り添ってるよ
私達がこんな風であれたら…

愛 愛 本当の意味は分からないけど

誰かを通して 何かを通して 想いは繋がっていくのでしょう
遠くにいるあなたに 今言えるのはそれだけ
悲しい昨日が 涙の向こうで いつか微笑みに変わったら
人を好きに もっと好きになれるから
頑張らなくてもいいよ

瓦礫の街のきれいな花 健気に咲くその一輪を
「枯らす事なく育てていける」と誰が言い切れる?
それでもこの小さな祈りを 空に向けて放ってみようよ
風船のように 色とりどりの祈り

愛 愛 それは強くて だけど脆くて

また争いが 自然の猛威が 安らげる場所を奪って
眠れずにいるあなたに 言葉などただ虚しく
沈んだ希望が 崩れた夢が いつの日か過去に変わったら
今を好きに もっと好きになれるから
あわてなくてもいいよ

愛 愛 本当の意味は分からない
愛 愛 だけど強くて

雨の匂いも 風の匂いも あの頃とは違ってるけど
この胸に住むあなたは 今でも教えてくれる
悲しい昨日が 涙の向こうで いつか微笑みに変わったら
人を好きに もっと好きになれるから 頑張らなくてもいいよ
今を好きに もっと好きになれるから あわてなくてもいいよ


この景色を見てこの唄が流れてきた。



松本城 DSC09631
空気は冷たく乾いて透明感のある感じ
息をしたら体内温度が外気温になるような気がするぐらい寒いわな。
108円でゲットしたダイソーのニット帽子が役に立つ


松本城 DSC09635
雪化粧した北アルプスがとてもきれいです。

時間があれば昭和レトロの情緒を感じるナワテ横丁を見たかったのですが…残念
次回の宿題にしておきましょ
大正池も河童橋も・・・夏の時期に宿題だな

松本駅前路地DSC09636
駅に向かう途中のやきとり屋  行きたかったなぁ これも宿題か(多すぎ)

駅に向かい途中に格安チケット販売機で鈍行の帰りの切符購入

松本駅 DSC09618
※画像は使い回しですが・・・
松本駅到着




松本駅DSC09638
この日の予定はもう既に決まっており電車の時間もラーメン屋の開店時間と徒歩で到着の時間を
ちゃんと考えての行動でした。
10:40発高尾行

発車時間過ぎてもビクとも動きません。
開店時間11:00廻り20分遅れてきた特急の待ち合わせでやっと発車



南松本駅DSC09663
隣駅の南松本駅到着
改札でスイカをかざそうとしたら無人駅でスイカの機器を探すもない。
どうやら事務室に駅員がいそうなので事情話して対応いただいたが
スイカ使えないので前もって切符購入しておかないといけなかったらしい。

駅からはiPhone 7のお世話になり道案内してもらいます。


麺家いわいDSC09640
麺家いわい
駅からは徒歩15分ぐらいで11:26到着
シャッターのつもりでしたけど前日に引き続きJRの遅延に悩まされてます。

ネット情報ではこちらの店主は吉村家、六角家羽田店で修行し2004年に独立云々・・・
期待を持てますねぇ~
純和風割烹のような立派な佇まい

店内に入ると立派な無垢のテーブルのピカピカの客席
カウンター8席、6人掛けテーブルが2卓、4人掛けテーブルが4卓で合計36席



麺家いわいDSC09641
先客6名で一番奥のカウンター席に座りました。
厨房内は男3人、ホールはおばちゃん4人、はたしてこんなに必要なんだろうか。
店内に入るときおばちゃん4人が仁王立ちで待ち構えてるからびっくりして帰ってしまおうかと
思った次第であります。(嘘)

ラーメン1杯あたりの人件費ってどんだけぇ~?

メニューはとても分かりやすい価格設定でデフォは700円からとやや高めです。
注文は口頭注文後払いシステムで、王道のチャーシューメンに誘惑されながらも
注文をおばちゃんにしておきました。




麺家いわいDSC09642
卓上調味料
にんにく、豆板醤、生姜、胡椒、酢、白胡麻




麺家いわいDSC09643
注文から3分程度とカップ麺の早さでの、角盆に乗せられて提供となり驚きました。
らーめん 並盛 700円
キャベチャ 100円

お好みはすべて普通での注文ですが初訪なので当たり前だと思います。
丼が青磁色ではないので六角家のラーメンと違って見えますが海苔を伏せてトッピングする
麺相はまさに六角家ですね。



麺家いわいDSC09644
具材
海苔3枚 チャーシュー2枚 丸めた茹でほうれん草 薬味ネギは見当たらず

海苔は見るからに緑で薄い安価であろうかなと思うものに感じた。
チャーシューは肩ロースだろうと思ったがバラでした 違うな
少なめの脂身で、まぁやわらかくてうまかったけど・・・
小指の先ほどに丸められたほうれん草は繊維質が壊れててそうなぐらい茹ですぎで
チャーシューの下に隠されてないか確認したほど少な目
あと客がほうれん草多めのトッピングを注文してたのはそのせいか・・・と合点がいった。


スープ
白濁したスープの表面は鶏油でレンゲですくい味わうとややぬるめでちょっと残念
冷たい具材がたくさん載ってスープの温度低下を招いたわけでもなく・・・
それほど濃厚なわけでもないので飲めるスープでいい塩梅。

麺家いわいDSC09645

麺箱には清水製麺・・・地元松本市内の製麺所らしい
加水低めの中太ストレートの麺は茹で加減はデフォで固め仕様で丁度いい。
中太平打ちで短めの麺は酒井製麺の家系仕様を特注したのだろうか。
しかし麺上げは本家伝統の平ザルではなくテボだったわ。



麺家いわいDSC09646
キャベチャ
キャベツちぎって醤油ダレとごま油を掛けてあり小さ目なチャーシューがトッピング
キャベチャ・・・系譜を感じるも本家、はねだ家、竜家全部異なるものだが雲泥の差で
竜家に軍配が上がるわけだ。


麺家いわいDSC09648
勘定をすませ外へ・・・
カーブミラー2つに隠された店の看板

デフォで700円からと本家より強気でほうれん草少な目で薬味ねぎのないラーメン、
人件費を材料費に充ててうまいラーメン期待します。

ごちそうさん



つづく
スポンサーサイト

コメント

現在の”吉村家”よりも”六角家”に近い家系ラーメンみたいですね( ゚д゚)ホゥ。
海苔は気張ってほしいところですね(;`・_・´)ン-?。
今週末は体調次第ですが”中島家”を訪問してみる予定です(*^-^)ニコ。
冬の松本は寒そうですが魅力がありますね('▽'*)ニパッ♪。

冬の松本城見直しました、こんなに風情があったっけ。
昭和レトロ街に惹かれちゃうな~
六角屋、吉村屋ときたら大きな期待をしちゃいますよね。
ちょっと残念でしたね。

Re: ジーザスさん♪

スープの色合いとかは六角家ですね。
お好みはすべて普通での注文でしたが
濃いめでもよかったかもしれません。

ネギはデフォでもいれてほしいですね。

松本はできればここにいる間に再訪して
みたいとは思ってます。

Re: ちょいバリ親父さん♪

ラーメンはちょっと期待しすぎてしまったようです。

松本は路地裏も昭和ロマンを感じさせる街並み
行けなかったですがレトロなBARとか多いんですね。
転居前に再訪できればと思っております。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ramenhide.blog.fc2.com/tb.php/679-afbc6712

居酒屋hide

Author:居酒屋hide

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QR