休肝日返上! 気ままに食べ歩記

食わずして後悔するよりも食って公開するけど、美味い不味いは人それぞれだよね♪

2017.1.7. 23.25


えーと、休日でもなかなかうまいラーメンが食えない状態で仕事帰りのセブンで
ついついこういうものを買ってしまいます。
普通のカップ麺なら2個買えるんですけどね。贅沢




すみれ濃厚味噌DSC09443
セブンゴールドのキーコンセプトは、最高の品質を家庭で楽しめる「ちょっとした贅沢」。
商品開発に当たっては、それぞれの商品分野を代表するメーカーさんと共同開発を行い、
メーカーさんの製造技術や原料などへのこだわりを全面的に活かして、お客様の期待に応える
「最高の商品」づくりに取り組み。

日清名店仕込み すみれ 札幌濃厚味噌定価278円税込


すみれ濃厚味噌DSC09444





すみれ濃厚味噌DSC09445
調理方法:かやくを入れてお湯を注ぎ4分スープ後入れ




すみれ濃厚味噌DSC09446
かやく、液体スープ、粉末スープの3種




すみれ濃厚味噌DSC09447
麺は札幌ラーメン独特の黄色い麺




すみれ濃厚味噌DSC09448
袋麺というか箱麺もあるんですね。
今度食べてみよう




すみれ濃厚味噌DSC09449
うんちく




すみれ濃厚味噌DSC09450
スープ
「味噌、山椒などの味をしっかり出すことで、深みとキレのあるスープ」と書いてありましたが
粉末スープの袋を開けた途端生姜や山椒の香りが感じられました。
とろみのある濃い豚骨ベースでラードたっぷりの味噌味スープです。




すみれ濃厚味噌DSC09451
スープの表面のラードでアツアツなスープが持続、コッテリ味好きにはたまらない味わいですが
すみれの実物よりラードは控えめで味噌が濃く感じる人もいるかもしれん。





すみれ濃厚味噌DSC09452
スープを飲んだときに生姜の香りと後味に山椒の風味が後を引く




すみれ濃厚味噌DSC09453
具材
「肉そぼろと大きめにカットしたネギ」
麺の表面にラードを纏ってピカピカですがスープに比べて具材は控えめ
肉そぼろ、ネギ、メンマの具材はやや大きめで肉そぼろは実際のすみれには
入ってなく細切れチャーシューでしたね。




すみれ濃厚味噌DSC09454

「小麦の風味を残し、厚みのあるすみれらしい麺」
ノンフライ麺 80g
平打ち縮れ太麺タイプ
強いコシと弾力が重厚なスープに負けない麺でやや固めのほうがいいかな



110204_163017.jpg
すみれの実食は横浜ラーメン博物館だけ
2011.2.4に食べたのだがまず茅ヶ崎の二郎インスパイアの菜良でえぼし並 野菜ニンニクマシ食べてから
ラー博行って井出商店かどこかで1杯たべたあとの3杯目連食のすみれでした。
スープが重厚なのできつかった記憶があります。
腹減ってるときは残ったスープに白飯入れて食いたい感じ


ごちそうさん

スポンサーサイト

コメント

う~~ん!すみれのラーメン懐かしい。
スープの表面に浮かぶラードをかき分けて一口すするスープの味。
おもわず思い出しちゃいましたよ。
このような企画商品はその店の特徴を強く出していると聞いたような気がします。
だからそれなりに美味しいんだそうですね。

セブンイレブンのカップ麺は結構レベルが高いですよね(・∀・)ウン!!。
六角家にしてもスープに関しては本店よりも美味しいかも・・・(゚∇゚ ;)エッ!?的なこともあったりして・・・[壁]・m・) プププ。
明日は有楽町に行くのでちょっとラーメンでも食べてみますv(・_・) ブイッ。

Re: ちょいバリ親父さん♪

すみれのようなラードこてこての札幌方式のラーメンを食べてみたいなぁと
思いますがなかなかいけませんね。


ラーメンより高い交通費かけて限られた時間の中で遠征して頃は振られたり
期待裏切られたりしたこともありましたけど・・・

セブンアイのこのシリーズの企画品ならいつでもあちこちの行けない名店のを
気軽に食べることができ外してもそれほどがっかり感がないからいいですねw

Re: ジーザスさん♪

セブンアンドアイのゴールドシリーズはレベルが高く企画された商品だと思います。
ラードたっぷりのこてこての濃い味の味噌ラーメン・・・
食べたいなぁ~
妥協として山岡屋の特製味噌が手軽にそんな雰囲気で食べれるかなとw

う~ん 今の六角家本店のスープとしては・・・・そうかもしれないですねww
有楽町うまいラーメン巡り合えればいいですね。

昨日休みで新たなカップめんいくつも仕入れてきましたw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ramenhide.blog.fc2.com/tb.php/659-0c2c4541

居酒屋hide

Author:居酒屋hide

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QR