休肝日返上! 気ままに食べ歩記

食わずして後悔するよりも食って公開するけど、美味い不味いは人それぞれだよね♪

2016.10.6.

前日は早起きしてラフティングや散策での疲れと筋肉痛で少しゆっくりの起床
ホテルの朝食は7:40と少し遅めに・・・・。


るるる4



前日は”グリル & ダイニング ダブリュセンス”で食べたのでひとりで和食の店
西麻布イマドキにしてみました。
東京・六本木の老舗、西麻布イマドキがバリ島で和食をお届けします。
こだわりの北海道産蕎麦粉を使った、打ち立て自家製蕎麦と天ぷらをメインに、
様々な日本食をご用意しております。 蕎麦は、美容と健康に大変良いと言われている、
ルチン・ビタミン・食物繊維を多く含む日本が世界に誇るアンチエイジング料理です。
ガラス張りの落ち着いた雰囲気の中で日本人シェフの作る最高のお料理をぜひお楽しみください。

と書いてあります。




イマドキ朝食DSC08957
店内に入ると先客は2名とあまり人気がないのでしょうか。
独りなのでカウンター席に座りましたけどテーブル席でもよかったみたい。
ビュッフェとかのバイキングでもないので選択の余地はなく定食が決まってるらしく提供されたのがこちらです。
日本茶は美味しいなと思いながら飲みましたけど・・・


イマドキ朝食DSC08958
純和食で小鉢などはたくさんありました。
生野菜サラダ、焼き鮭、出汁巻き卵、味付き天ぷら、サツマイモ、煮豆、しば漬けたくあん
冷奴、冷たい蕎麦、わかめともやしの和え物、ごはん味噌汁




イマドキ朝食DSC08959
上品で美味しいのですけど、あさは納豆と生卵がほしいしごはんもたっぷりほしい。
お茶が飲み終わっても言わないと注いでもらえないんですね。
食後コーヒーもないんです食べてもゆっくりできないので食べ終わってすぐに退散。

因みに”グリル & ダイニング ダブリュセンス”のほうはイタリアンの日だったらしい。
食いたかったなぁと後悔

この日のスケジュールは最終日前なので海とショッピング
水着に着替えラッシュガード着用しデジカメも防水仕様にしていざ出陣


ホテルバギーDSC09019
ホテルのプライベートビーチまではバギーで送り迎えしてもらえ迎えの時間は
11時にしておきました。



ホテルバギーDSC08963
ホテルからは一方通行の道を通り前日にディナーを食べた海の家のそばで5分ぐらいで到着です。



クドガナンビーチDSC08964
素晴らしい景色で田舎の海的な感じでしょうか。
クタ、レギャン、スミニャックのほうの海は欧米人など観光客が多いしサーフィンや
マリンスポーツも充実してるがこちらでは何のマリンスポーツもないようである。
ホテルで砂浜に用意したサマーベッドとパラソルで寝そべります。




クドガナンビーチDSC08966
波は穏やかそうに感じますがものすごい波音です。



クドガナンビーチDSC08965
砂浜は細かい砂で裸足でも痛くないです。



クドガナンビーチDSC08967
せっかくなので海に入り泳ぎに・・・
遠浅の感じに見えましたがとんでもなく急に深くなり波の強さでたたきつけられて
水中でぐるぐると・・・
波が真上からたたきつける感じの波で立っていられない強さで打ちのめされて
砂浜に上がるところ・・・・



クドガナンビーチDSC08976
サマーベットに横たわり定期的な感覚の波の音を聞きながらウトウトとして
少し寝てたら・・・・


クドガナンビーチDSC08974
サマーベッド越しに下から突き上げる感覚が尻のあたりに伝わりサマーべッドの下を
覗いてみたらいつの間にか犬が寝てた。
「おい こら! いい加減にしろ」と言っても寝たふりのふてぶてしい犬

11時になりシャワー浴びてバギーが迎えに来たのでホテルに帰ります。


食休み DSC08960
ホテルに着くとロビーから向かって左側がレストランの”グリル & ダイニング ダブリュセンス”
右側はホテルのプールです。




ホテルプールDSC08981
せっかくなのでホテルプールでも泳いでみました。
首までのやや深めの水深で久々に往復で泳ぐと息切れハァハァ
小一時間泳いだ後は部屋に戻りランチ&ショッピングに出かける。
ホテルからDFのTギャラリア無料で車で送り迎えしてくれる。
TギャラリアbyDFS


車で5km弱のところですがスリリングなドライブです。
DFSの店内に入る前にチェックがあり用紙に記載し手入店となります。




モルバリギャラリアDSC09002
Tギャラリアはブランドがメインなのであまり興味はありません。
すぐ近くのモル・バリ・ギャレリア・クタというショッピングモールへ行きます。
まずはランチの店を物色しますが食べたいという店はなかなか見つかりません。
おれは丸亀のうどんでもよかったのですが・・・・
何食ったのか画像が残ってないので食べてないのかそれとも大したものは食ってないような
記憶も記録がありません。

巨大スーパーのハイパーマートでスナック菓子やコーヒー・コスメ・調味料・フード・雑貨など
バラ巻土産などたくさん買い込みバッグにまとめていったんホテルに荷物を置いてから
再度Tギャラリアに舞い戻りそこからはタクシーで1kmの目的地へ

バリ島ならブルーバードタクシーが安心なのですが待機してたのは別のタクシー
メーターはあるものの初乗りがRp42,000(¥336)だという。
日本円換算では大した金額ではないのだがここはバリ島
初乗りRp7,500/kmでRp650/100mでメーターが上がる仕組み
本来ならRp10,000もしないだろう。
交渉しても無理なので仕方なしにボッタクリタクシーに乗った。




ウルティモDSC09006
アンティークのドアを開き店内に入ると白を基調にミントグリーンの清潔感のある店内
受付でマッサージの種類、アロマの種類、フットリフレの場合はipod渡され音楽の種類・・・の選択可能。



●Foot Bliss●
Foot Reflexology Aromatherapy
1,5時間 Rp129,000
Foot fetish(足のケア付きリフレクソロジー)
1,5時間 Rp159,000
Cozy~Cozy(テラピスト2名によるマッサージ)
1,5時間 Rp279,000
Cozy Delight(テラピスト2名によるマッサージ)
1,5時間 Rp279,000

●Body Bliss●
Cozy Me
1時間 Rp139,000
Cozy Dream
1,5時間 Rp179,000
Cozy Take Me To the Moon
2時間 Rp239,000
Cozy Release Me(Body Reflexology)
1時間 Rp149,000
Cozy You Feel
2時間 Rp259,000

●Face&Head Bliss●
Cozy Scalp Sensation
1,5時間 Rp189,000
Cozy Shiatsu head massage
1,5時間 Rp189,000
Cozy Refresh Me Up(Facial)
1,5時間 Rp259,000
Breath Free OXYGEN
20min Rp59,000

Manicure
1時間~1,5時間 Rp179,000
Pedicure
1時間~1,5時間 Rp179,000


俺はCozy Me 1時間 Rp139,000 ¥1112

少し待たされて女性の案内で2階へ・・・
薄暗い怪しげな大きい部屋は通路両側にカーテンで仕切られたベッドが20ぐらいあっただろうか。
施術中なので小声でしか会話ができないが英語とインドネシア語のみ
ガウンを渡され脱いで着替えろと・・・
どこまで脱ぐんだい?パンツもか?
英語が思いつかずww
ベッドにうつぶせになり洋式便座の丸い部分に顔を押し付けてまな板の鯉状態
ふくらはぎ、足裏、足の指1本づつ・・・
背中、肩甲骨のコリもほぐされ肩、腕指先・・・
押したり引っ張ったりさすったり、オイルマッサージ
静まり返った空間で隣の施術受けてる人のいびきも聞こえます。
女性から時計を見せられ1時間経過したということなんだろう。
シャワーを浴びろというので別部屋へ・・・・
すっきりさっぱり♪


ブルーバードタクシーを呼んでもらいサンセット通りを7kmぐらい走りバリで一番のグルメストリートと
行っても過言じゃないカユアヤ通りに差し掛かると大渋滞でなかなか車は進まず。
イタリア料理のトラットリア・イタリア・行きたかったシャンパンバーのレッドカーペットが右手に
その先で車は止まった。
大渋滞中なのに財布の中からRp33,000探し見つからずおつりもらうのも恐縮
後ろは追い越しできずでクラクションならされ・・・・
Rp40,000払って釣りはいらね~よと、太っ腹

ウルティモDSC09013
ウルティモ
カウンターバーやオープンキッチンがあるおしゃれなレストイランです。
店内に入るとライブ演奏もしておりほぼ満席に近い感じです。
店内は薄暗く懐中電灯を渡されメニューを見ることになります。
しかもイタリア語で書いてあり下に小さな文字で英語で書いてあるもんだから
余計見えないのである。もちろん見えても英語の単語を想像するしかないのである
メニューのページ数もすごいしワインの品ぞろえも流石

dink.jpg
ドリンク
BINTANG Large(620ml) Rp44,000(¥352)は安いよね。
ところがないと来たもんだから BINTANG Small(330ml) Rp27,000で妥協




pizze.jpg
ピザ
マルゲリータでもRp60,000(¥480)だから安っ



primi piatti
パスタ
アーリオオーリオ ペペロンチーノ Rp43,000(¥344)ってこの店おすすめらしい




SETMENU.jpg
SET MENU
グラスワインまで付いたコース料理でRp200,000(¥1600)
後から分かったがコースのほうがよかったみたい。
ショッピングで散財で両替してなかったのでルピーの手持ちがなく
恥ずかしながら単品注文です。


ウルティモDSC09009
BINTANG Small



ウルティモDSC09003
Chipsはビールに最適



ウルティモDSC09004
なんだろ
ULTIMOピザ?


ウルティモDSC09005
4 Formaggiだろうか失念
ビザの耳にパンがついてて中央のチーズにつけてたべたら美味




ウルティモDSC09010
スパゲッティナポリターナ



ウルティモDSC09011
マルゲリータか?




ウルティモDSC09012
アーリオオーリオ ペペロンチーノ
凄いニンニクマシマシの香りでうまし
どのピザもパスタもうまかった。
できればほかの料理も食べたかったがバリ旅行の中で一番うまかったと記憶してる。
早い時間からこの繁華街歩いて散策したほうがよかったが後の祭り




チェックをした後は店の前でタクシーを捕まえてホテルへ・・・・

つづく




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ramenhide.blog.fc2.com/tb.php/605-c3b87678

居酒屋hide

Author:居酒屋hide

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QR