休肝日返上! 気ままに食べ歩記

食わずして後悔するよりも食って公開するけど、美味い不味いは人それぞれだよね♪

2016. 5. 25. 19:35

帰省が度重なって帰省旅費も往復1万  はっきり言ってきついです。
交通手段を電車からバスにしただけで往復4500円程度節約になります。
電車でも格安チケット(回数券のバラ売り)で往復1200円ぐらいは節約できます。
節約した分はラーメンや飲み代に代わるのですけど…・

これをセコイというか・・・・?

俺は本宅別宅がありますが、公用車(社用車)も別荘もありません。
帰省手当なんぞありませんがな。
温泉ホテルに泊まっても自腹ですよ。
公私混同は致しませんし・・・。
第三者の公正な目で厳しく調査されても埃やボロは出ません。


さて
そういうわけで電車乗継新宿に到着してからは節約した分を有効に浪費するために
いつものようにバスタ付近徘徊



日高屋@新宿中央DSC08205
結局久々に中央口の金太郎飴的ラーメンチェーン店の・・・・
日高屋へ・・・・

選択理由として飲む店と〆る店の2軒行く時間の余裕がなかったからww

店内に入ると先客7割程度の賑わいでカウンター席が多くとってる店なので
入り口付近のカウンター席の端っこにすわります。


日高屋@新宿中央DSC08198
一応久々なのでメニューを拝見させていただきます。
注文は・・・・
とりあえずという名の・・・・生中 310円
&そら豆 170円&餃子 210円






日高屋@新宿中央DSC08195
ビール 登場したのだがジョッキがキンキンに冷えてるわけじゃないのでそれほどうまそうには見えん。
そら豆は写真撮るの忘れたみたい。




日高屋@新宿中央DSC08196
日高屋の餃子が登場
焼き目は甘くカラッとしてて油のウエット感がないのであまり旨そうに見えないね。
餃子到着したころはビールもあと少ししかないので・・・・
ハイボールにしようかと思ったが・・・・
日本酒 310円冷で注文
画像は撮り忘れたようだがレシートには記載してあるので飲んでるわ。
おねえちゃんに冷といったのに常温でもってきた。
しかも生温いやつで一軒め酒場のもっきりや日本酒が冷えた奴のほうが断然うまい。
同じレベルの日本酒だろうけど・・・・
まぁここは飲み屋じゃないから仕方ないか


野菜たっぷりタンメン 500円の注文


日高屋@新宿中央DSC08197
注文の野菜たっぷりタンメン登場




日高屋@新宿中央DSC08199
具材
キャベツ、玉ねぎ、にんじん、もやし、ニラ、豚肉など・・・
キクラゲは見つからなかった。



日高屋@新宿中央DSC08200
シャキシャキ感のなくなったクタりぎみの350g?の野菜たちはアツアツ!
このボリュームで500円なのだからこの店の一番人気は当然だろう。




日高屋@新宿中央DSC08201
スープ
炒められた野菜にセントラルキッチンの濁りのあるスープを入れていつも同じ味わい。
野菜のうまみ甘みがスープに入り込み程よい塩加減。



日高屋@新宿中央DSC08202

中細平打ちの縮れ麺
相変わらずボケボケ画像で麺に焦点が合ってないですw



日高屋@新宿中央DSC08203
スープを残して・・・
ごちそうさん。

勘定は1490円なり
時計を見るとバスの時刻まで余裕の20分




日高屋@新宿中央DSC08204
チケット予約は新宿到着時に済ませていたのでOK



バスタDSC08194
バスに乗り込むとほぼシートにはひとりずつ座り半分ぐらいの乗車率なのに
俺の横にはむさくるしいオッサン。



新宿車窓DSC08207
新宿南口の甲州街道は渋滞もだいぶ緩和されスムースになりました。



新宿車窓DSC08206
心地よい眠りで帰路







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ramenhide.blog.fc2.com/tb.php/533-0bf9217d

居酒屋hide

Author:居酒屋hide

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QR