休肝日返上! 気ままに食べ歩記

食わずして後悔するよりも食って公開するけど、美味い不味いは人それぞれだよね♪

2016. 5. 19. 11:35

2連休は自宅ですごして翌日は俺にとっては嫌な出張で終日実りのない会議
今回は馬車道なのでいつもの時間の電車を乗り継ぎ目的地に到着。
11時半から食事休憩となりもちろん独りでの行動で自由気ままに・・・
入ろうと思った店に前を歩いてた同僚が入っていったので別の店へ・・・・
因みに前回馬車道の会議の昼飯はこの並びの店だったがラーメン屋の存在わからなかった。


麺匠濱星160519_115757
煮干しそばの看板に誘われて入店
麺匠濱星

デジカメは会議室にバックごと置いてきたのでガラケイでの撮影になります。



麺匠濱星160519_115640
煮干しそば 700円
濃厚煮干しそば 750円
特製濃厚煮干しそば 900円
ホエー豚のネギチャー丼 200円(ランチタイム150円)
 他いろいろ・・・・




麺匠濱星160519_115750 - コピー
煮干しそばは清湯系のもので濃厚煮干しそばは鶏白湯系どちらも何となく味わいがわかるのですが
通りに面してガラス張りの外観で入口がわかりにくいですが向かって右手から店内に入ります。
右手の券売機で・・・・
おすすめが見やすいので悩まずに選択できますね。



麺匠濱星160519_115750
濃厚煮干しそば 750円
ホエー豚ネギチャー丼 150円
を注文





麺匠濱星160519_114507
卓上調味料
なかなか面白いラインナップとなってます。
特製煮干ふりかけ・自家製煮干し油・自家製フルーツ酢・原了郭の黒七味・白胡麻ミル・煮干し粉・醤油、
依頼すればおろしニンニク。




麺匠濱星160519_114457
まずはホエー豚のネギチャー丼が提供されました。
ホエー豚を使ってのどんぶりでランチタイム150円はかなりお得です。
分厚いチャーシューをさいの目に切りたっぷり目に入ってて
葱は細かな斜め切りで大目に・・・
タレはラーメンのカエシを使用してるのでしょうけど、ごま油風味もかけてあり
竜家のネギチャー丼の味わいでうまいのである。
そして白ごまや海苔もいい仕事してて・・・・・。



麺匠濱星160519_114714
具材
チャーシュー、穂先メンマ、玉ねぎみじん切り、ネギ、味玉、海苔

ホエー豚チャーシュー2枚は程よい大きさと厚みありまして脂身はほぼ無く、じっくり低温ローストされたっぽい、
ジューシーで柔らかな食感でとてもうまいですね。
穂先メンマ1本は柔らかくかなり大きめで、味付けは優しい味わい。
ネギと玉ねぎのみじん切りは、かなりの量で存在感ありレンゲでスープ飲むときシャキシャキ感の歯触りがいい。
玉ねぎの甘さ辛さがアクセントになります。





麺匠濱星160519_114722
スープ
濃厚煮干し&鶏白湯スープ・・・・予想してた味わいです。
醤油の角のない柔らかな主張ありますが控えめ
脂は意外と多めで煮干しはかなり濃厚な味わいなのは粉末を投入してる?
旨味とコクは共に良い感じでかなり濃厚でそこそこのトロミ具合


加水低めの細麺ストレート
スープの持ち上げもよくやや硬めの茹で加減での提供


美味しかったですよ

あと客は券売機前で並んで外待ちまでできてました。


ごちそうさん





スポンサーサイト

コメント

あら

コチラはノーマークでした。
ブッチャーグリル系のラーメン店進出なので、なめてましたが、今度行ってみますね (^_^ゞ

Re: とも2さん♪

以前は蕎麦屋さんだったらしいですが居ぬきで今年3/9にOPEN下みたいです。
野毛や関内でステーキ屋ブッチャーズ☆グリルを運営している会社だから
チャーシューが秀逸なのは当たり前なのかもしれませんが・・・

再訪の際は煮干し蕎麦の清湯スープでホエー豚肩ロースを食らいたいと
思います。ネギチャー丼もつけて・・・・

見た目からも美味しさが伝わってくるようです(・∀・)ウン!!。
鶏白湯も食べてみれば美味しいのは分かっているものの、今ひとつ食指が動かなかったりするのは”中毒性”・・・って部分なのですかね(^▽^;)?。ねぎチャ-丼はかなりΣd=(・ω-`o)グッ♪なものですね!。
辻堂の”まる玉”あたりで鶏白湯も食べてみたいところではあります( *゚ェ゚) *_ _)ゥン。

Re: ジーザスさん♪

鶏白湯&煮干しは散々食べた記憶あるので特に新鮮さはありませんでしたが
清湯スープの煮干しから食べるべきでした。
機会あれば次回はそれを・・・

やはり特筆すべき点は竜家のネギチャー丼の味わいでホエー豚のチャーシューが
とてもおいしかったですね。
単品のチャーシュー丼でも商売成り立つだろうと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ramenhide.blog.fc2.com/tb.php/528-d64a7a72

居酒屋hide

Author:居酒屋hide

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QR