休肝日返上! 気ままに食べ歩記

食わずして後悔するよりも食って公開するけど、美味い不味いは人それぞれだよね♪

2016. 3. 31.  21:00

若鳥焼で梯子1段目の方2段目の方4名で野毛の街を彷徨い
たどり着いたのが21:00ジャストでこちらです。

Simons DSC07757
流石名幹事&タイムキーパー役 とも2さん♪
「hideサンの宿は日ノ出町にしたハズ」
「ぶらくりサンはタイマー点滅直前のハズ」
「いそのサンはソートーなヨッパ化しているハズ」等々と情報を整理しつつ、
ワシは二次会でキッチリとバックレなければならないとの大前提で脳内アーカイブを捲り
・・・と
とも2さんの気配り心配りの店選択となりました。

指名手配中の怪しい風貌のお二方は変装されてなんとかヨッパなオヤジ4名の入店許可が得られ店内へ入り
奥のテーブル席へ・・・・・

Simons DSC07760
怪しいお二方はやはり並んでお座りになられましたよ。そういうご関係だったのですね?
素顔はのようにとても凛々しいお方でしたよ。



Simons DSC07761
乾杯はCAVAボトル 2800円
皆さま動かない被写体に自発的ポージングをさせての一人一人さまざまに恒例撮影タイム
お店の方も不思議で滑稽な感じに見えるでしょうが、とも2さんが透かさず「横浜ブロガーですから・・・」と


Simons DSC07762




Simons DSC07764
自家製ロースハム 800円






Simons DSC07765
4人だから均等に分け合うのも簡単
3人でも5人でも困るというものだ。
仮に生ハム5枚でも困るというものだ。
俺は最後の1枚には箸伸ばせないな・・・。






Simons DSC07766
アンチョビとチーズのピザ 600円
〆炭を回避しようというというとも2さんの企みにより注文されたもの
病み上がりの体調や翌日のことを考えるとどうしてもこの店で〆たい願いのピザ
生地の表面ががパリッとして中はもちっとしてシンプルなトッピングだがアンチョビの
塩気がアクセントでうまい。





Simons DSC07767
テーブルの上がだんだん華やかになってきました。




Simons DSC07768
ホタルイカと芽キャベツのオイル煮 650円
春の季節を感じさせる一品
バケットに載せて油まみれのホタルイカうまい。
牡蠣のアヒージョがメニューに載る時期も訪問してみたいかも






Simons DSC07769
トイレから戻るといつの間にか白ワイン 2500~15000円になってましたね。
4人それそれの恒例撮影タイム
ラベルの向きを変えたりグラスをずらしたりのポージング


Simons DSC07771
自家製ベーコンのカルボナーラ 950円


Simons DSC07773
クアトロフォルマッジョ 800円とメニューにあるがこれはピザの価格らしくパスタは不明
ぶらくりサトーさんがピザができるならパスタもできるはずとマスターに迫って提供されたものらしい。
料理名の意味合いがどうとかこうとかクアトロの意味…
俺はSuzi QuatroのTHE WILD ONEが思い浮かんだが
アウディ―クアトロは4駆なんだから・・・と、だれかが
4種のチーズがどうとここうとか・・・・そんな話
アルデンテでおいしかった。
最後の炭〆2連発のあとはとも2さんの思惑通り腹が膨れてお開きとなりました。
解散の後速攻で「じゃ、さようなら~」と手を振って日ノ出町駅方面へと向かう方に
3人取り残されそれぞれ散っていきました。
初野毛の地理に疎い俺は一瞬不安ではあったが大岡川沿いを歩きなんとかホテルへ

追〆を・・・とラーメン屋を探しましたが怪しげな店が多いのでコンビニで買い物して
おとなしく戻ったのでした。

お付き合いくださいましたとも2さん、ぶらくりサトーさん、いその爺さん ありがとうございました。

因みに翌日はいやいやながらも実りのない会議で終日拘束されました。
お疲れさんです。




スポンサーサイト

コメント

変装 ありがとうございます

あははは、笑ってしまいました。
何となく実物の感じが活かされているような。
まったく3軒ともなりますと、していることも出鱈目、記憶も出鱈目で、皆さんの記事を拝見していると呆れるやら、恥ずかしいやらです。
ここはピンで行くには敷居が高そうで、躊躇気味の日々です。

Re: ぶらくりサトーさん♪

変装勝手にしてごめんなさいm(__)m

野毛のオヤジの集いからすでに3週間も経過してそれぞれたくさんのネタを
披露されてるのに今頃になりお恥ずかしい限り

ぶらくりサトーさんは美食家ですしネタも参考になります。
なんせ私はB級ですから・・・

あはは(脅)

強制連行いたしまして、申し訳ございませんでした(謝)
素直にラーメンを食べたいと言っていただければ、いそのサンに杉田の某○高屋にご案内していただいたのに…次回は是非ともね(笑)

Re: とも2さん♪

とも2さんの体調が悪いのにもかかわらずしかも
翌日の最大イベントを控えての時に・・・・
気配り心配りを感じた集いでしたよ。m(_ _)m謝謝
胃力的には炭〆は何度でも繰り返しできますが
「アンタイクツダトオモッテルノ?」
「アンタイマナンジダトオモッテルノ?」と、
天の声が聞こえそうなのでよかったと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ramenhide.blog.fc2.com/tb.php/497-3187b379

居酒屋hide

Author:居酒屋hide

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QR