休肝日返上! 気ままに食べ歩記

食わずして後悔するよりも食って公開するけど、美味い不味いは人それぞれだよね♪

2016. 3. 15

電車で勝沼ぶどう郷駅下車して駅からブドウ畑を近道して徒歩20分
ブドウが丘に到着しました。

ぶどうの丘DSC07613


ぶどうの丘DSC07604
こちらではホテル、レストラン、バーベキュー、お食事処、温泉、美術館、ワインカーヴ、
お土産屋さんなどの施設があり終日楽しむこともできるのです。
本日はワインカーヴにテイスティングに来ました。
売店のレジでテイスティングのタートヴァン1100円で購入
200銘柄2万本おいてある地下へ降りていき時間無制限で好き放題でテイスティングできます。


ぶどうの丘DSC07609
しつこいようですが、あくまでもテイスティングですから・・・・。

ぶどうの丘DSC07605
ワインの両面棚で仕切られて通路に沿ってワイン樽が置かれておりその上に6~12本
ワインが置かれてます。
そんな樽が白ワインコーナーで10樽、ロゼと赤ワインコーナーも同じぐらいならんでおります。
まずは白ワインからテイスティングします。
白ワインの場合は主に「甘口」「辛口」といった表現するのですがマスカットや巨峰のフルーティーな
甘口も好きだったりします。
初めのうちは全種類を1本ずつコルクを開けて真面目にテイスティングしていきます。

白コーナーに飽きてしまったころにはアウターのポケットに偶然入ってたコクうま6Pチーズやあたりめの力を
内緒で拝借させていただきました。



ぶどうの丘DSC07606
赤コーナー(プロレスみたい。。。)に行きまして最初のほうの樽の上は
ロゼなの少しだけ注ぎ飲んでいきます。
赤の場合は基本辛口なので味わい、豊かさ、濃厚さ、重さなどを表現するワインで使用する専門用語で
コクの度合いでライトボディ、ミディアムボディ、フルボディとなるらしい。

樽の上のワインボトルもそういう順番で並んでライト、ミディアムは普段飲んでる呑みやすい感じ
といっても並んでるのは1000円から2000円のものが多い。


ぶどうの丘DSC07610
最後の樽に来たときはすでに1時間経過しておりいい加減テイスティングしすぎの感あります。
フルボディのコーナーですが濃厚さ深い味わいでついつい壁面の販売用のボトルの陳列台の
価格を確認してみました。



ぶどうの丘DSC07607
エっ? びっくりポン!!
ここでテイスティーワインの中で最高峰の価格?の右八でした。

ぶどうの丘DSC07611
30分ぐらいここでダラダラとテイスティーしてましたわなwそんな贅沢なワイン飲んだことない貧乏人
濃厚でスパイシー・・・程よい果実の甘みもあって飲めちゃいます。

1時間半ほど滞在して呑んだ呑んだ
あっテイスティーだったなww
と、このぐらいで勘弁しておくかと階段を上がりまして今夜飲むワインでも買おうかと・・・
ワイン1本(720ml)以上飲んでテイスティングして、まだ飲むんかい?と声が聞こえてきそうです。


ぶどうの丘DSC07612
棚ごとほしいなぁ♪
赤ワインを1本チョイスして買い求めました。

こちらのワインカーヴは出入り自由なので午前中飲んで昼めし食って飲んで温泉入ってから
また飲んで・・・・17時まではテイスティングできるらしい。
呑みすぎて帰れないときは泊まるとこもあるし・・・・・。
次回はワインカーヴ&食事&温泉で終日コースで楽しもうかなと思います。


ごちそうさん  





スポンサーサイト

コメント

ワインはたまにコンビニの安物を飲むくらいなので、テイスティングで飲みまくりたいですね(//∇//)!。
もちろん、偶然にもポケットにツマミがあった事などは忘れています(≧▽≦)!。
なかなか一人だとワイナリーとかは訪問する機会がないので、とりあえずはビール工場の見学&試飲辺りから始めてみます(^o^)!。

Re: ジーザスさん♪

自分の場合もたまに飲むのはペットボトルやカスクワイン(箱型)の格安のものだったりします。
フルボディ―のお高いものだと妙に渋かったり口に合わないのもあります。
駅から徒歩圏内のワイナリーありますし一人で行っても買わなきゃならないような
プレッシャーのある接客は全くないですからww

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ramenhide.blog.fc2.com/tb.php/482-428fc8da

居酒屋hide

Author:居酒屋hide

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QR