休肝日返上! 気ままに食べ歩記

食わずして後悔するよりも食って公開するけど、美味い不味いは人それぞれだよね♪

2016. 2. 25

早起きしてわざわざ東神奈川まで終日だらだらと実らぬ会議。
2~3か月振りで会った方はいきなりハゲチョビンでびっくりポンだす。
そこまで仕事に打ち込んでストレス抱えて禿たのかどうかは知りませんが・・・・。
出張もデメリットばかりだけじゃなく17時まで我慢すれば神奈川ラーメン&呑みの
プチ遠征ができる点だけがご褒美。
この日の翌日は休日だったので宿泊OKだったのですが気が乗らず
17時にやっと終わり一目散に六角橋方面へ・・・

とらきち家を覗くと7名ぐらい入ってましたがスルー。

六角家DSC07501


となりの六角家本店を覗くとマスターは不在で若いのが2名いてひとりはまかない中
もうひとりは厨房の台に土足で上がり掃除の最中?
衛生的にどうなんでしょうかね

とりあえず店舗入口左の外の券売機で食券を買い求めます。
ラーメン 650円
キャベチャー 100円


思い切って先客なしで閑古鳥が鳴いてる店内に入り食券を差出し豚骨臭を感じつつ
カウンター席に座ります。
お好みは普通で・・・


六角家DSC07503
卓上調味料は、にんにく・辛味噌・生姜・胡椒・酢・醤油ダレなど


六角家DSC07502
4分後に提供されたキャベチャー
どこぞの店のようにチャーシューが2粒ということはありませんがチャーシューの薄切りスライスが
たったこれだけ・・・・
キャベツは芯の部分がゴツゴツと多いようですがせめて芯のところなら薄くスライスするぐらいの
気配りはほしいものです。
醤油タレがかけられておりますけど・・・



六角家DSC07504
7分ぐらいの待ちで提供されました。


六角家DSC07505
具材
肩ロースのチャーシュー1枚、海苔3枚、ホウレンソウ、薬味ねぎ




六角家DSC07506
スープ
見る限りデフォのアブラはかなり多めでアブラっぽい
スープはぬるめで醤油ダレのキレが感じず何よりも店内が豚骨臭がするのに
豚骨のダシがけっこう弱いのでまったりとしたボケた味わい。
何度かレンゲで味を確認したがはっきりした味わいではないため早々と醤油タレを投入しました。



六角家DSC07507
脂身少なめの肩ロースのチャーシューは箸で口に運ぶとゴムぞうりのような硬くて噛みきれない
硬いものでパサついて味わいは薄く・・・・俺の好みではない



六角家DSC07508

家系ならではの王道の酒井製麺を寸胴で麺茹でして平ざるで救い上げして湯切りが甘いので
スープに雑味が混ざるのかもしれません。
麺の茹で具合はゆるゆるの柔らかいものでデフォでこんなに柔らかいなら固め注文するんだった。


六角家DSC07509
何とか固形物は我慢して食べ切ることはできたが分厚いキャベツの芯はなかったことにして
スープに沈めておいた。
スープは飲めず・・・・・

ごちそうさん

しばらくは再訪はないな



六角橋DSC07510
六角橋あたりでもう1軒と思いましたが不味いもの食った脱力感で白楽へ向かいJRより安い東急で
新宿三丁目へ向かうのであった。
スポンサーサイト

コメント

(。-`ω´-)ンー?、六角家本店は 最早・・・の感じでしたか・・・ε-(‐ω‐;)。
単なる”家系ラーメン教習所”に成り果ててしまったようで 客入りも”とらきち家”や”末廣家”に完敗しているみたいですからね(。ノω<。)ァチャ-。
ガラの使用量を少なくして 油でごまかしている感じもしますね?。
自分もそのうち再訪してみます。

Re: ジーザスさん♪

六角家といえば昔は700名/日の盛況だった時期あったのに・・・・
六角橋の家系はもはやとらきち家や末廣家でしょうね。
同商圏内同質化戦略でガンガン叩かれてますからね。
食べてていいところが見いだせなかったのは残念でした。

二郎でも店主不在で営業は味やサービス低下のため破門にしてましたから
伝統の味を継承していくのは生半可なものではだめだっていうことですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ramenhide.blog.fc2.com/tb.php/469-a22e4b19

居酒屋hide

Author:居酒屋hide

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QR