休肝日返上! 気ままに食べ歩記

食わずして後悔するよりも食って公開するけど、美味い不味いは人それぞれだよね♪

20145.9.25 12:40

休日の昼時・・・・何を喰おうかと悩むのですが悩むほど選択肢はたくさんあるわけでもなく
それで悩むわけなのですが・・・・
駅前の牛丼でもよかったのであるが敢えて異なる麵を・・・・

麺は組DSC06691
麵は組
はじめてみる人はこの看板をみてびっくりするだろうけど新橋のMINATOYAインスパイアであります。
もっとも本家に一度も恥ずかしながら訪問はしていませんがMINATOYA近所の新橋二郎の開店時に
通ったことがあります。
蕎麦屋のらーめん二郎とも呼ばれている店なのでぜひ訪問しておかなくちゃと…思います。

店内に入りますと昼時なのに閑散とした感じで寒い日だったからでしょうか・・・
左側の券売機で食券を購入して厨房から出てきた兄ちゃんに券を従業員に渡してカウンターに座ります。
厨房の中はわんさか従業員がいますがホールは皆無状態

麺は組DSC06683
卓上に生卵が並んでますが食べ放題  カンパのPOPはなくなってましたし・・・・

麺は組DSC06684
註文したのは肉そば 大盛 840円 
以前は普通盛りと大盛りが同料金のような気がしましたが・・・・

麺は組DSC06685
注文の品 肉そば大盛 到着しました。

麺は組DSC06686
結構大盛に見えますが開店当初から比べるとそれほどではないような気もします。
薬味ねぎの量もつけ汁もめっきり減りましたし・・・・
つけ汁
鰹出汁に醬油ダレで甘めのものにラー油がたっぷりと・・・・

まぁ気のせいでしょうけど・・・・・・・・・・

麺は組DSC06687
初めて食べる人はこの蕎麦の食感が輪ゴムみたいな噛み応えのある変な蕎麦と思うでしょう
まぁこれがたまに食いたくなるのであります。
名古屋の山本屋の煮込みうどんを初めて食った時の衝撃に似たようなもんがあるかと・・・・

麺は組DSC06688
具材
豚バラの甘辛に煮たもにが蕎麦にトッピング、大き目に刻まれた薬味ねぎ、白胡麻、刻み海苔


麺は組DSC06689
相変わらずボケボケ画像
歯ごたえとコシのある蕎麦はつけ汁に付けてワシワシと食らうべき感じのものです。
たぶん好き嫌いがはっきり分かれるインパクトある蕎麦です
味変で無料の生卵を入れてみましたがとても小さな卵ゆえあまり味変にもならず


麺は組DSC06690
同じようにボケボケ画像です・・・・・。
卓上から何が入ってるかわからないような小さな容器からフライドニンニクラー油を耳かきのようなもので
入れましたが思ったように入らずで容器を逆さまにして全部入れてみました。
もっと「ラー油」とインパクトある巨大な容器とスプーンを入れるべきであると思いますよ。
看板にあれだけ派手派手に「ラー油を・・・・」と」書いてある以上・・・・


蕎麦は食い終わり、つけ汁はほとんど残り少ない状態ですがスープ割して飲んでみたいので
券売機横までわざわざ行って入れてきて飲んでみました。
食べ終わるお客様の状況を見て従業員が声掛けするようなサービスはしておらず
お声掛けだけの原価はゼロ円ですが・・・・あくまでもセルフな店らしいです。
美味しいと思うんですけどね


ごちそうさん


是非本家行ってみます。

スポンサーサイト

コメント

懐かしい店構えの写真を有難うございます(。´pq`)クスッ。
今度 甲府に行った際は 是非に・・・とは思っております。セルフが基本・・・とはいえ、もう少しだけお客の立場に立ったサービスのやり方が必要みたいですね(。´゚ェ゚)。´_ _)ゥン。
少なくとも 自分の手の届く範囲で処理したいところですし・・・(。-`ω´-)ンー。
わざわざ立って移動して・・・ではですね(。ノω<。)ァチャ-。
ただ、閉店せずに営業されているところを見ると、それなりに常連さんもいるのでしょうね!。
甲府訪問の際は お腹がそれほど膨れない程度の量で食べてみますね(。´pq`)クスッ。

Re: ジーザスさん♪

「麵は組」は市内に2号店もできておりそちらの商業施設はラーメン屋も何軒か隣接しております。
まぁ2号店だすぐらいだから常連もいるのでしょうね。
「なぜ蕎麦にラー油をいれるのか?」の看板を掲げてる店は池袋の壬生と新大久保にもあります。

この店は食べた後もトレイは自分で返却するセルフ方式であり厨房には3人位も入りびたりなのに・・・
完全セルフならもう少し価格的に安くしてオペレーションが単純明快の丸亀式にして
無料トッピングコーナーや半ライス無料とかやりゃいいのに・・・
まぁコンサルタントじゃないので商売は自分で考えりゃいいわけですけどね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ramenhide.blog.fc2.com/tb.php/400-91087f9a

居酒屋hide

Author:居酒屋hide

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QR