休肝日返上! 気ままに食べ歩記

食わずして後悔するよりも食って公開するけど、美味い不味いは人それぞれだよね♪

2015.2.18 12:26

雨の降る中、電車に乗って勝田駅到着
ラーメン食べるのが目的でもなく様々な打ち合わせや来客対応のためで昼時なのでついでに
ラーメン・・・ってそんな感じで勝田駅周辺を散策します。

勝田駅DSC05383

駅前路地を左に曲がると昭和な街かど・・・日立製作所の懐にやさしいセンベロ的な大衆酒場も
駅前周辺にあって夜はなかなかディープな風貌である。

スタミナ街道DSC05384

茨城県・(勝田)のご当地ラーメンとして静かなブームが続くスタミナらーめんの発祥の店、手打ちらーめん大進
コチラの店に行きますと雨の中傘をさして外待ち30人程度と行列。
今までは学生や労働者の胃袋を満たす店でお世辞にも綺麗と言えない店内で男だけがワシワシ食らう
そんな店であったがカップルや女性だけとかも混じり客層の変化、メディアで取り上げられたせいだろうか・・・・・。
とりあえず今日は並んで食べるほどそんな閑人でもないので真向いのラーメン現代

らーめん現代DSC03699
*2014.4.5の使い回し画像

外待ち一人だったがすぐ店内に滑り込みカウンター席に座ります。
店内は7席と3席に分かれたカウンターと4人掛けテーブル3卓の造りですが満席
厨房は店主と配膳は奥さんがやってるみたいです。

ラーメン現代DSC05385
ラーメン現代DSC05386

カウンター上や壁面には短冊のメニューが多数貼って掲示してます。

・・・・メニュー・・・・
ラーメン 530円
味噌ラーメン 630円
チャーシューメン 780円
タンメン 630円
モヤシラーメン 630円
チャンポンメン 680円
スタミナ野菜メン 630円
トン菜ラーメン 680円
マーボーラーメン 730円
マーボー冷やしメン 730円
ウマニメン 680円
ウマニ冷やしメン 680円
スタミナウマニメン 680円
スタミナ冷やしメン 680円
肉スタミナウマニメン 730円
肉スタミナ冷やしメン 730円

大盛り(1.5玉)+50円


ニラレバ定食 780円
野菜炒め定食 780円
マーボー豆腐定食 880円
スタミナ定食 730円
肉スタミナ定食 780円
中華丼 730円
スタミナ丼 730円
肉スタミナ丼 780円
マーボー丼 730円
チャーハン 630円
ライス 180円
半ライス 100円
餃子 400円
ビール 600円
清酒 500円
コーラ 250円

ランチタイムサービス(14時まで)
ラーメン&餃子800円
ラーメン&チャーハン800円


おすすめは太字のメニューだろうけど好き好きだからね。
因みにスタミナウマニメン 680円はレバーであり肉スタミナウマニメン730円は豚肉である。
スタミナで店により呼び方は異なるがホットと冷やしがあるがホットはスープのあるラーメンで
冷やしは汁なしであんかけっていう感じです。

注文はスタミナウマニメン 680円 大盛+50円

1.5玉が+50円っていうのはお得です。
10分程度の待ちで提供されたのがこちら

ラーメン現代DSC05387

大きな器は洗面器のようで見るからに湯気がたって熱々な感じです。
餡を作り置きして冷めた餡を乗せて3分程度で提供の店もあるようですが、ここは麺の茹で時間の合間に
野菜やレバーなどその都度炒めてます。

ラーメン現代DSC05390
スープ
鶏ガラベースに醬油がたった旨みのあるスープに餡が混じり旨みや甘さの感じるスープで後から豆板醤の
辛さが舌に残る感じで甘辛の熱々なスープ。レンゲが変形のもので丸い小さ目のものでレンゲですくっても
少量なので目にあてて視力検査したくなるようなレンゲなので、大き目のレンゲがいいなあ。

ラーメン現代DSC05388
具材
キャベツ、ニンジン、ホウレンソウ、タケノコ、うずら、レバーなどです。
スタミナの特徴でもあるかぼちゃは入ってないですが特に好きでもないのでよかったかも。
具材はどれも大きめに切られていて、しっかりと炒められていて柔らかくなっており食べやすいです。
レバーは片栗粉をまぶし素揚げに近いような揚げ方で臭みもなく食べやすいです。

ラーメン現代DSC05389

加水高めの極太麺でモチッとした食感でやや硬めの茹で加減がいい。
餡とスープが麺に絡んで実にうまい。
少し食べたら額から汗が・・・・

半分ほど食べたところでハンカチを片手に汗を拭いながら・・・・
寒い日には体が温まる最適なラーメン


ラーメン現代DSC05392

どんぶりに残した特別なスープをあなたにあげるあったかいんだから~♪ 



ごちそうさん



追記

スタミナ評論家ではないのですがご当地ラーメンとして参考にまで
尚、下記掲載内容に誤りがある場合もありますが責任は負いかねます。

●水戸市
01.スタミナラーメン松五郎総本店(水戸市上水戸) ※スタミナの創始者の1軒目に出した店。スタミナの総本家を名乗る。店内の撮影禁止なためブロガーはつらい。
02.ホルモンラーメン 玄海 (水戸市堀町) ※スタミナの創始者の現在の店。肉はホルモン。
03.スタミナラーメン 松喜吉 (水戸市本町)※スタミナの創始者の松五郎時代の弟子のお店。
04.スタミナラーメン じゅんちゃん(水戸市見和) ※スタミナの創始者の2軒目に開いたお店。当初は松五郎(1号店)としてオープン。
05.らーめんえるびす(水戸市千波町) ※スタミナ専門店ではなくスタミナも出すラーメン屋。パンチラーメン、油そばもお勧めらしい。
06.ラッキー飯店 (水戸市元吉田) ※スタミナの創始者が寅さん時代のお弟子さんのお店。
07.らーめん八エ門 (水戸市見和) ※スタミナラーメンの看板がかかるが、その他のメニューも豊富。
08.我流食堂水戸本店 (水戸市笠原) ※自称昭和50年代の寅さんのスタミナを再現!というお店。
09.麺処八海 (水戸市米沢町) ※ささみスタミナがあるお店。レバー・ホルモン・ささみからスタミナの具を選べる。
10.石田屋 (水戸市柳町)
11.中華料理宝珍楼(水戸市袴塚)
12.政宗(水戸市北見町)
13.中国料理金龍菜館 (水戸市米沢町)
14.中国料理鈴龍 (水戸市中央)
15.ファミリー中華本郷 (水戸市小吹町)
16.中華料理登龍門(水戸市千波町)
17.かつ源(水戸市白梅)
18.スタミナラーメン吟月 (水戸市米沢町)

●ひたちなか市
01.らーめん現代 (ひたちなか市元町) ※大進の向かい、かなり初期にスタミナを出したお店。野菜、レバー、豚のスタミナ選択可 餡は甘さ控えめ
02.手打らーめん 大進 (ひたちなか市元町) ※スタミナの創始者がこの店の雇われ店長時代、スタミナラーメン初出の元祖的な店。焼肉ラーメンも人気。
03.手打ラーメン 寅さん(ひたちなか市田彦) ※スタミナの創始者が勤めていた寅さん(勝田駅前)からレシピ供与された店。スタミナやきそばなるものも。
04.すたみならーめんえむず (ひたちなか市西大島) ※独学でスタミナを学んだらしい。レバーが個性的。
05.横浜家系石六家(ひたちなか市田彦)
06.スタミナラーメン珈奈里屋(ひたちなか市田彦)
07.我流食堂シーサイド店(ひたちなか市新光町)
08.麺家いなほ(ひたちなか市中根)
09.中華料理満福(ひたちなか市東石川)
10.新三元 (ひたちなか市外野)

●県北部
01.スタミナラーメン三四郎 (日立市大甕) ※松五郎(スタミナの創始者の後任体制)で修行
02.スタミナラーメン いっと (日立市東多賀町 )※三四郎で修業
03.スタミナラーメン 覇気 (東海村舟石川) ※いっとで修業
04.麺屋☆めん吉 (日立市東多賀町)
05.ラーメン家ようちゃん (常陸太田市小中町)
06.ラーメン光貴 (日立市神峰町)
07.喜楽亭 (日立市茂宮)
08.中華料理天津飯店 (高萩市高浜町)
09.まんぷく家総本家よっこらしょ (北茨城市磯原町)
10.韓国家庭料理ヨンチャ(日立市田尻町)

●県中~南部・県外
01.我流食堂 友部店 (笠間市旭町)
02.ラーメン美和 (笠間市下郷)
03.あじ彩(笠間市押辺)
04.がんこ一番岩間店(笠間市土師)
05.スタミナラーメン がむしゃ (つくば市筑穂) ※松五郎(スタミナの創始者の後任体制)で修行
06.スタミナラーメン 馬しゃ屋 (つくば市松代) ※がむしゃで修業
07.我流食堂 牛久店 (牛久市上柏田)
08.ラーメン 寅さん(行方市八木蒔)
09.千代田しらかばラーメン (かすみがうら市)
10.ラーメンしょうや(結城郡八千代町)
11.あっぱ~とっぱ~(香川県高松)
12.つけめん最大元・裏虎(東京都杉並区)

スポンサーサイト

コメント

やはりこのタイプは魅力的ですね(o^-')b !。
写真のスープは頂いておきました(⌒∇⌒)ノ"。
石岡行きの際に泊まり掛けの遠征も必要かもしれないですね(゜-゜)(。_。)。
日帰りは十分に可能なものの、お腹が一杯だと、動きたくなくなりますから(^o^;)。
とりあえずは 横濱飯店狙いです(^_^)v。

Re: ジーザスさん



どんぶりに残した特別なスープ・・・・いかがでした?
あったかいんだからぁ~♪

メニュー豊富なので初訪時はどれ食べようか迷ってしまいますが
とりあえずスタミナウマニメンを食べるのがいいかなと思います。

石岡から40分程度ですが石岡のかね㐂でクルクルの後に勝田へ向かい
スタミナを食べてもいいかもしれませんねww

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ramenhide.blog.fc2.com/tb.php/291-14c64f4a

居酒屋hide

Author:居酒屋hide

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QR