休肝日返上! 気ままに食べ歩記

食わずして後悔するよりも食って公開するけど、美味い不味いは人それぞれだよね♪

2014.12.27 15:20

本日は大黒庵→老郷本店→氷室椿庭園→湘南の海を散策した後に腹を空かせて
茅ヶ崎より寒川で下車してあの店に向かいます。

前回は15時の訪問で閉店したばかりで振られ同じ轍を再度踏むとアホなので
ジーザスさんの年末年始営業時間をよく確認したうえでの訪問となります。

竜家@寒川DSC05211

入口の戸をガラガラと開けて店内に入ると年末の土曜日とはいえ15時過ぎの飲食店は
暇なアイドルタイムの時間帯なのでしょうけど先客8名とやや忙しそうな状態です。

マスターに挨拶ペコリm(__)mしつつ入口右手の券売機で・・・・

ラーメン 680円
キャベチャー100円
ネギチャーごはん150円
をポチっと
本当はチャーシューメン中盛、海苔お得トッピング、ツインキャベチャーで豪華に食いたかったのですが
3軒目だし自粛しておきました。
1軒目なら遠慮なしにそうしただろうけど・・・・
食券をカウンターに載せて座りお好みはすべて普通でおねがいしました。
家系の店舗は比較的脂ギッシュで床もツルツルだったりおおいですが
コチラはきちんと掃除が行き届いて綺麗な店内ですわ。

竜家@寒川DSC05212
まもなく提供されたキャベチャー100円

竜家@寒川DSC05213
次にネギチャーご飯150円

提供された順に食べ進めればいいもののラーメンができるまでお預けを喰ってるわんこのようにじっと待つ。

10分ほど待ちラーメンの出来上がり

竜家@寒川DSC05214
前回の4月21日ぶりのご対面となります。
具材
海苔3枚、大き目のチャーシュー1枚、たっぷりのほうれん草、薬味ねぎ、
海苔は大判で厚みもあり上質な海苔でスープに浸しネギチャーご飯の海苔巻するのに最適
チャーシューは肩ロースでしょうか・・・やや厚みがあり大判で食べごたえがあります。

竜家@寒川DSC05215
スープ
スープの表面にはたっぷりな鶏油に覆われて豚骨ベースのスープに鶏ガラなど炊いたスープ
下処理をきちんとしてるせいでしょうか臭みは感じられません。
ラーメンとご対面し記念撮影してレンゲを口に運びますが止まりません。
コテコテクリーミィーよりライトな感じのほうが俺は美味しいと思うしスープがたっぷり入ってて嬉

竜家@寒川DSC05216

おなじみの家系定番の酒井製麺の中太平打ち麺ですがいつもならデフォでもカタメだと
思ったのですがブレなのか柔らか目でした。
まぁ半期に1度程度しか食わないやつがどれが普通の状態かはよくわかりません。
まぁ3杯目だし胃には優しい感じでよかったですが・・・・

半分以上食べた後ニンニク投入しニンニク風味のスープに浸した海苔でネギチャーご飯を
海苔巻したら絶品  うまし!

キャベチャーのキャベツのシャキシャキ感のある竜家のものは美味い
六角家やはねだ家のしんなりしたキャベツの漬物みたいなものよりパリパリの食感がいい

竜家@寒川DSC05217


スープは完全に飲みきり「ご馳走さま」と食べ終わった食器をカウンターに乗せて
カウンター拭いて二郎で学んだ躾を行い
身づくろいして「どうぞよいお年を・・・・・」とマスターに挨拶して店を後に・・・


寒川からは相模線で北上し大和で小田急に乗り換え新宿へと・・・・
新宿についたころには4杯目の余力は十分にあるもののこれにて
2014年〆ラー湘南遠征1泊2日を締めくくりたいと思います。
2015年はきっと国替えして新天地の美味いラーメンを食うことを願いつつ爆睡しつつ家路へと向かうのでした。


                               
スポンサーサイト

コメント

4軒目でも、あの内容をキッチリ食べきれるのは凄いです!!(゜ロ゜ノ)ノ。
自分は秘かに半ラーメンですからね( ̄▽ ̄;)。
キャベチャーも案外、お腹に溜まります(゜-゜)(。_。)。
麺が柔かったのは少々残念でしたが、次回に期待ですね・・・って、気軽に遠征出来ませんからね(;゜∇゜)。
昨日は腰を痛めて、近所で済ませました。
ラーメンは食べませんでしたが・・・(。>д<)。

Re: ジーザスさん♪

> 4軒目でも、あの内容をキッチリ食べきれるのは凄いです!!(゜ロ゜ノ)ノ。
ほんとうは3軒目なんですよ!って・・・あまり大差ないですがねwww

キャベチャーを先に出されるのは血糖値を抑えられる効果があるから
マスターの気遣いですかねww
次回はごま油マシにしようかと思います。


わたしも腰痛の時限爆弾抱えてますから梅雨時期や寒いときは辛いですが
常に腰をだまし騙し付き合ってます。
温泉で温まると極楽極楽
無理は禁物、ご自愛くださいませ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ramenhide.blog.fc2.com/tb.php/273-c4cb4c57

居酒屋hide

Author:居酒屋hide

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QR