休肝日返上! 気ままに食べ歩記

食わずして後悔するよりも食って公開するけど、美味い不味いは人それぞれだよね♪

清里DSC05016
タイトル  冬旅・・・・・冬の旅でしたねww

目的地の清泉寮に到着
清泉寮と言っても別に会社とかの寮ではありませんから。
建設当初の1938年は、清里開拓の父と呼ばれるポール・ラッシュが指導した清里教育実験計画の一環としての
日米協会青年活動によるキリスト教研修の中心施設 清里 大泉の文字を取って清泉寮・・ということです。
現在ではロッジ、コテージ、レストラン、キャンプ場などを有する宿泊・研修施設となってます。
実はこちらには昨年来て食事が気に入り2回目ということです。

表紙の建物は本館で前回はこちらのテレビもないチープな部屋でしたが今回は新館でレストランや
大浴場までも近いので便利になります。
裏手の新館前に車を回しチェックイン

清里DSC05012
ロビーは暖炉がありコーヒーやお茶は飲み放題となってます。
夜の食事の時間は昼が遅いラーメン腹なので遅い時間で19時30分からにしてもらいました。

部屋へ行くと
清里DSC04988
天井が高く木のぬくもりが感じられる部屋で同じタイプでメゾネットの部屋もあるらしいが・・・
清里DSC04987
エキストラベッドはちょっと狭いようですが無問題。

清里DSC04989

この部屋には暖炉があり薪も用意されております。炊いてないですけど・・・・・

さて食事前にひとっ風呂浴びてきましょうか・・・・。
カルシウム・鉄分の多い良質な泉質をもつ源泉掛け流しの名湯
のんびりと手足伸ばせる大浴場で湯に浸かり疲れを癒します。
露天風呂は外気が寒いせいかぬるめで肩まで浸からないと冷たい風も強くなかなか出れません。
温泉場に住みながらも毎日温泉に浸かってるわけでもないのでこうして温泉に浸かるのも
ひさしぶりかもしれません。

清里DSC04990
風呂上りはビールが美味い 食事時間までしばらく時間があるので飲みながらくつろぎます。
自販機の発泡酒はビール以上の料金で風呂上りの金麦はビール以上のうまさでした。

電話が鳴り「食事の支度ができました・・・」と
1階の離れに歩いていくとレストラン
清里DSC04992
ディナーの食材やメニューの薀蓄が掲示されてます。
新館レストランは高い天井と大きな窓が開放的な雰囲気の中へ入ると人数を告げ席に案内されます。

「地産地消」をコンセプトに、地元の農家さんが丹精込めて育てた、新鮮な野菜をふんだんに使ったサラダや料理を
ビュッフェスタイルでお楽しめメインディッシュはメニューの中からお好みで魚、肉などを選べます。

清里DSC04993
メインはフジザクラポークと鰤・・・どっちにしようか迷ったがフジザクラポークにしておいた。
前回もフジザクラポークだった気がする。


清里DSC05004
空腹だと目が欲張っていろんなものを食べたいからと・・・・・

清里DSC04998
こんな汚い盛り付けになってしまい、一つ一つの料理は美味いんですけどね。

清里DSC04999
メレンゲの下に美味しいのが隠れてたけど何か忘れたな。

清里DSC05000
メインの地元フジザクラポークにレンズ豆煮込みキノコソースがかけられ地元のじゃがいものエクラゼ
と青菜が添えられています。

清里DSC05001
塊の肉にナイフを入れるととてもやわらかな肉で噛むと肉汁とソースの旨みが口の中でミックス

清里DSC05002
盛り合わせの多彩なパンをそのソースに付けて食べるとなお美味しい。
サラダや料理など3回ぐらい取に行ったのは内緒です。

清里DSC05005
食の後はデザートで普段食べないフルーツやプリンやケーキなどを別腹で食します。

清里DSC05003
清里DSC05006
とりあえず試食程度にいろんな種類を食べ腹いっぱい
コーヒー飲んで歓談して部屋に戻り食休み。

サッカーキリンチャレンジカップ2014の試合観戦
ホンジュラスに6-0大勝で観戦疲れと安心して風呂へ・・・・
温泉にのんびり浸かり風呂上りのビールの後はワインを開けて味わいましたが2本目開けることもなく
その日は運転もしてないのに疲れて大いびきで爆睡!


                                              つづく

スポンサーサイト

コメント

あらっ?

イキナリ最終回ですか?

まあ、ほどよくミニツアーを楽しまれたようですので、ナニヨリでした♪
最終日は割とアッサリメのレポでしたね(笑)

Re: とも2さん♪

> イキナリ最終回ですか?
って・・・旅の内容があっさり目なのでこんなもんです。
1泊2日で4部作まで引っ張れば十分すぎますよ。

15日は試食試飲以外の飯が貧疎でしたので余計とあっさりでしたね。
次回はこってり・・・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ramenhide.blog.fc2.com/tb.php/255-d9cd62f2

Author:居酒屋hide

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QR