休肝日返上! 気ままに食べ歩記

食わずして後悔するよりも食って公開するけど、美味い不味いは人それぞれだよね♪

2014.10.21

8時ぐらいの電車に乗り東京まで・・・・
切符はあらかじめ安いチケットを買い求め2杯分のらーめん代を浮かせての旅
東京で快速エアポート乗り換えて再び千葉で内房線の乗り換え木更津へ
出来れば乗り換えなしの特急で一直線で来たら電車で爆睡できたのですが・・・
駅前はアクアライン開通に伴いストロー現象で駅前周辺もシャッター通りと化して
そ●うも2000年撤退で寂しい街並みになってます。
4時間の旅はあまりにも長すぎ・・・腹減りで腹ごしらえ
枡屋麦丸
丸亀うどん形式でセルフの店となっております。
腹減りなのでセットメニューからの選択で注文

カレーライスSとかけうどんのセット504円

うどんを受け取った後は揚げたてのてんぷらやおにぎりなどの陳列されてる
誘惑にも耐え企業戦略に引っかからずにカレーライスを受け取りうどんの汁は
給水器のようなところでボタンを押して汁を丼に・・・

枡屋麦丸141021_122830

セルフで汁を入れた後はネギを山盛にして天かすを入れて席へ

枡屋麦丸141021_122837

汁は関西風の昆布だしで薄口しょうゆのあっさりした味わいでうまい
うどんは太い麺でモチモチした食感がいい感じ

カレーは飲み物なんでじっくり味わう暇もなく完食
なんせ時間がなかったものでじっくり味わう暇なく速攻で食い完食

仕事したふりして夕飯は支給?された自腹500円也の弁当

出張夕飯141021_170728

寒くて冷えて焼肉の油も白く硬化して肉も歯が折れそうなぐらい堅そう
野菜のつけ合わせなんてありません。ああ、パプリカの切れ端だけ?

出張夕飯141021_170739

干からびた肉 飯も少なく冷えた飯まるで廃棄処分の弁当のようだ。
こんな飯食って日本のサラリーマンがいい仕事できるわけない。
てか豪華な美味い弁当食べたからっていい仕事できませんがww
せめて暖かいもので腹いっぱいになる満足感を得たい。
500円の対価に等しいもので・・・・

仕事が終わり駅周辺のホテルにチェックインですが地図を見ながら探しますが
で探索しますが地図では駅の付近ですが実際は遠くて迷いました。
チェックインだけ済ませ再び駅周辺へ飯屋散策、時間も22時半を廻ってるし

駅の西口東口をしばらく散策したが居酒屋はありますが、ラーメン屋・定食屋・丼のチェーン店など
飯を食らうところは皆無 
時代から取り残されたもう終わった街並み 海ほたるのせいなんですかね。
しかたなくコンビニで夜食と朝食を調達してホテルに戻りました。

今宵の宿は・・・・・

出張の宿DSC04853

狭くて息苦しい感じの部屋ですが自腹じゃないから仕方ありません。
まぁウサギ小屋よりはましですがね。

出張の宿DSC04854

一晩寝るだけですから・・・・
シャワーを浴びて汗と疲れを流して身を清めてから
それで肝心の品々を席に並べてひとりお疲れさん会の開宴の時間となりました。
時刻を見ると23:50と中高年の方々は爆睡の時間帯でした。

出張の夜食DSC04855

木更津の夕飯に引き続き寂しい食卓となります。
1000円のカードを買うとエロいビデオも観れるようですがいい大人なので健全に
民放を観ております。

情けない宴も終えて目覚ましをかけて爆睡

目覚ましで起きると昨夜宴会の席でコンビニ調達の朝食となります。


仕事しての昼飯は絶対ラーメンということで未訪だった店の選択で
京都北白川魁力屋

京都系の清湯スープに背脂のラーメンは好きなので楽しみです。
しかし同郷出身の天下一ラーメンは別物なので好きではないです。
フードコートで列に並び注文先払いで流れ作業方式でどんどんラーメンやチャーハンなどが
作られていき精算から3分程度で提供されます。
たぶん混雑の時間帯は麺茹では見切り発車なんでしょ
炒飯は幸楽苑のようにミキサーみたいな機械で作らず、鉄鍋を煽ってました。
注文は焼きめし定食950円魁力屋141022_132834

さぁ これが初めてご対面の京都北白川魁力屋のラーメン。

スープ
特製醤油・味噌・塩・コク旨ダレ唐選択しますがここは基本の特製醤油は外せません。
レンゲでまずはスープから、背脂に覆われたスープに蓮華を入れると清湯スープが現れます。
アツアツで醤油のコクやキレも感じ、あとから鶏ガラの出汁味わいで美味い

魁力屋141022_132841

ボケボケの画像ですが・・・携帯で撮ってます
具材
チャーシュー・メンマ・青ネギ
チャーシューは腕肉を特製醤油ダレに漬け込み味付けしたものをもうこれ以上は
薄く切れませんというスライサーで切ったものがトッピング
柔らかくてしっとりした食感で好きです。
青ネギは盛り放題ではなかったですがまぁいいでしょ
シャキシャキの青ネギはうまいです。


細麺ストレートでやや低加水タイプのものでスープがよく絡みうまいです。
ダラダラ食べてると伸びてしまう麺なので麺カタで注文できりゃいいですが
ここは無理でしょ。

魁力屋141022_132848

焼きめしは出来立てじゃなく作り置きで冷めてたのでいまいち
水分が逃げてパサパサぽろぽろでごはんのモチモチ感がなく味付けも
薄味でラーメンの濃いめの味を引き立てでバランスがいいのかもしれんが・・・

ラーメンはうまかった  スープすべて飲みきり   ごちそうさん

仕事終わってから高速バスで海ほたるを通り東京まで
雨が降っていなければ翌日休みで放浪遠征の旅に出かけたかった
木更津から川崎行きもあったのですが・・・・

1時間ほどで八重洲口に着き一目散に行ったところはご存じの

江戸甘DSC04865

江戸甘DSC04864


20:54過ぎの時間帯は〆でどの店も行列で電車の時間も気になるので並んでない店で
唯一TOKYO味噌ラーメン 江戸甘(麺や七彩)が・・・

昔、朝ラーで六厘舎が並びが多いときにがらがらの麺や七彩へよく行ったもんだ。
朝昼は麺や七彩で営業し夜は「TOKYO味噌ラーメン 江戸甘」で二毛作営業してる。
今回TOKYO味噌ラーメン 江戸甘は初訪ということになる。

江戸甘DSC04862

店内は通路から見え中央に券売機があり店内はカウンターと奥にテーブル席

江戸甘DSC04863

券売機で購入したのは・・・・
味噌ラーメンハイカラ 950円
どれもこれも家賃が高いせいか強気な価格設定となっております。

日本語がたどたどしい女性に案内されカウンター席に座り軒を差し出しました。
江戸甘DSC04856

江戸甘DSC04857

卓上の棚に調味料や給水ポットやコップがあります。
隣席に若いきれいな?女性が座り食券を差し出すと店員が「味噌ラーメン大盛りですね?」と・・・
おお?大盛りか  俺も大盛りにしておけばよかった
後で気が付いたが大盛り50円マシだった。
7分程度で提供されたのがこちらです。

江戸甘DSC04858

濃い色のスープが覗いたラーメンに何やら怪しい白い粉がかけられてます。
箸でなめてみるとその正体はパルミジャーノ・レッジャーノの粉チーズでした。
それがハイカラというらしい。 これで950円かぁ・・・・・・・・・・・はぁ~
嫌いじゃないけど普通のみそラーメンにしておけばよかった。

江戸甘DSC04859


粉チーズで具材がよく見えませんがたぶんキャベツやもやしの野菜類とチャーシューです

江戸甘DSC04860

味噌はやや濃いめの味わいでそれをチーズでまろやかさを出してる感じともいえるが
スープのダシが薄っぺらで弱い感じがする。
腹減りだったので完食はしたが・・・・

う~~~ん   950円に値する価格設定とは思えなかった。

東京始発21:45の特急で帰ろう 疲れた     ごちそうさん


再び 食う・飲む・買う・あそぶ 120%満喫の旅のつづきを書くことになります。



スポンサーサイト

コメント

あらら

一足延ばして川崎にお寄りいただければよかったのにね(誘)
あっ、連絡先かぁ…

Re: とも2さん♪

なぜか雨降りの時点で延泊は断念した次第です。
遠征の際は湘南じゃなく川崎も行ってみたいと
思います。なんて言ったって24時間酒が飲める店が
たくさんあったり魅力的です。
連休で帰省しネタ作り^^

魁力屋はマズマズだったみたいで何よりでした(・∀・)ウン!!。
ラーメンストリートは 相変わらず行ってませんが、ちょっと価格の割には頂けない感じでしたか・・・(。-`ω´-)ンー?。
ホテルの写真も撮られていて゚+。(σ゚∀゚σ)⌒Nice♪です!。
自分も 甲府で泊ったホテルの写真は撮ってあるので そのうち”雑記”・・・で、大公開・・・するつもりですが、上野の時 みたいなオ○マネタはありません・・・(。・w・。) ププッ。
今度の小旅行は ”勝浦”あたりでお魚が食べてみたいです。
タンタン麺は 気が向いたら・・・です(-_-)。

Re: ジーザスさん♪

やはり醤油ベースが一番好きで麺や 太華や小田原系みたいな醤油が食いたいけど
なかなか機会がないですね。
魁力屋はまさにストライクゾーンです。
できればネギマシを自分で好きにもってみたいと思います。

これからの旅行は紅葉や温泉もいいですがそれは口実でうまいもんが食えれば
それでよしと・・・・
甲府ネタお待ちしてます<(_ _)>

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ramenhide.blog.fc2.com/tb.php/239-0c31bb8f

居酒屋hide

Author:居酒屋hide

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QR