休肝日返上! 気ままに食べ歩記

食わずして後悔するよりも食って公開するけど、美味い不味いは人それぞれだよね♪

2014.4.9        *ブログ掲載の価格表示は税込み価格で表示

リ・カーヴ箱根のレストラン「ウィングス」でビュッフェスタイルで
思う存分夕食も食べたのに朝にはなぜか腹ペコ状態で3セットお代わりで満足w

ホテルは箱根湿地花園のそばで前日夕方散歩に行ったら閉館で入れなかったから
行こうかとも思ったが見たことにして桃源台まで15分の道のり
無料駐車場に車を停めて海賊船に乗り込みます。
乗客は2割程度の日本人以外多各国の団体ツアー客に圧倒されます。

箱根桃源郷DSC03802

桃源郷から箱根町港を経由して元箱根町に40分間のロワイヤル号での船旅です。
元箱根町について湖畔を散策 

箱根神社DSC03807


2011.11.7に来たときは箱根家というお家系の・・・いや
お食事処箱根家の海老天2尾の天ぷらそばを食べてますがまだ11時まえなので
せっかくなので箱根神社に行ってみます。

箱根神社DSC03810

流石に階段の上り下りには息が上がります  オヤジですからw

再び元箱根町から桃源台まで甲板で心地いい風を受けながら40分の船旅

桃源台からは目的地の鈴廣かまぼこ博物館のある小田原まで20kmを
一気に下ります。

酒のつまみに自分用のお土産を買いながらの試食は実に楽しい。
観光地で思うのは日本人が減って外人がやけに多いなぁと・・・

小田原市内に入り懐かしの駅前 駐車場を探しますが銀行横のPへ

向かうは目的の店へ・・・・

小林屋小田原店DSC03812

小林屋の札幌ラーメンが食いたくてわざわざ来てみました。
店内入ろうとドアの前に・・・・・

するとドアには張り紙が・・・・・・

小林屋小田原店DSC03811

あちゃ~~~まじかよ
臨休の振られ方じゃないからね・・・・ラーメン屋の撤退とても残念な気持ちです。

すぐ近くの点心が屋号になってるチェーン店ができたからですかね
仕方なしにそこに入りました。
14:35と昼時をずらしたのに店内は8割程度の客
カウンターに座りメニューを

tenshin_e.jpg

menrui_e.jpg

てんこ盛りの野菜と分厚いバラ巻チャーシューののった味噌ラーメンバターコーン追加で
食いたかったなぁーと未練たらたら

仕方なしに頼んだのは餃子237円と王将ラーメン486円

10分弱でラーメン提供

餃子の王将小田原DSC03813

乳化した豚骨ベーススープに背脂の浮いたラーメン

餃子の王将小田原DSC03814

具材はチャーシュー・もやし・メンマ・刻み葱とシンプルなもの
王将というからには餃子がワンタン代わりに入ってたほうが様になるんだが

餃子の王将小田原DSC03815

スープは粘性のあるスープでコクがあり美味いです。
魔法の白い粉のおかげで舌先も少し痺れますがww

餃子の王将小田原DSC03816

豚バラ巻チャーシューの薄いペラペラなものでいまいちかな
麵は加水高めの細縮れ麺でこの手のラーメンに合います。
メニューの選択ミスかな
ここは定食ものと餃子がよかったのかもしれん

餃子の撮影し忘れでしたが6個で237円
チェーン店の中ではニンニク風味もあってうまいほうかな

近所にあればビール飲みながらの〆飯として利用したいが

ごちそうさん

店を出て駅前のおなじみ干物屋 山安

金目鯛とイカの干物と蛸わさびなどを買い求めて駐車場へ
せっかく安い干物を買ってきたのに駐車料金1時間弱なのに800円
高い買い物になってしまいましたww

久々に茅ヶ崎の横浜飯店で肉そばでも食ったほうがよかったなぁ
小田原厚木道路から東名 首都高 常磐と乗継して帰宅

その日の晩飯は金目鯛の干物と蛸わさびでよく冷やした日本酒がうまかった。

これにて伊東&箱根の旅 2泊3日                       完結



スポンサーサイト

コメント

お疲れ様でした(^-^)/。
小林屋の閉店は意外ですよね(/ー ̄;)?。
まだ本厚木の方なら
わからない気もしないでは・・・なんですが(・・;)?。
海賊船は昔のタイプの頃に乗ったのですが、大昔・・・ですね♪(/ω\*)。
箱根も行く気になれば・・・なんですが、中々になってしまいますf(^_^;。
最近の箱根事情が分かってとても参考になりました(^-^)v。

Re: ジーザスさん

小林屋は低価格路線に変更し「ワンコインラーメン」出してガンバって
いたんですけどね・・・資本力に負けちゃいましたね。
低価格とメニュー幅があり、定期的なキャンペーンとかありますしね。残念

小田原のかまぼこもおいしかったですが熱海の駅前の揚げたてをその場で食いましたが
うまかったです。やはり海のそばに住みたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ramenhide.blog.fc2.com/tb.php/158-47029f4d

居酒屋hide

Author:居酒屋hide

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QR