休肝日返上! 気ままに食べ歩記

食わずして後悔するよりも食って公開するけど、美味い不味いは人それぞれだよね♪

2014.4.8

快晴に恵まれ満腹で前のめりの体で車重もUPし予告通りペードラの運転となります。
伊東市内から大室山をめざし山道を走ります。
約20分程度で大室山麓にあるさくらの里を散策

大室山DSC03757

大室山DSC03772

見ごろを迎えた桜たちが迎えてくれました。しばらく散策してから車で移動
大室山山麓へ登山リフトに乗るために向かいます。

大室山DSC03770

海外からの旅行者が多くてそんな中に混じってリフトに搭乗
ウン十年前のスキー以来これに乗ってないなぁ

景色を見ながら山頂付近に到着しますがさらに歩いて本当の山頂へ向かいます。

大室山DSC03767

遠くに雪が被った富士山が見えて眺めがいいです。

大室山DSC03766
 
標高580mなのに下界を見るともっと標高高く見えますが気のせいです。

伊東箱根__~06

パノラマで撮影してみたのですが天地が狭いだけで臨場感が味わえませんね。
さて頂上を1周1km歩いて再度リフトに搭乗して下山して次なる目的地へ

大室山が約4,000年前に噴火したとき溶岩が海に流れ出して、海の侵食作用で
削られてできたのが溶岩岩石海岸の城ヶ崎海岸

城ヶ崎DSC03777

20代のころ会社の飲み&釣り&ヨット&BBQ仲間でドライブしながら2泊3日で
伊豆一周しながら釣り三昧だったあのころは楽しかった。
そのころボラ納屋で飯食ったらボラないやなのにボラれたって話。苦笑い
駐車料金500円 タダでいいのに・・・

さぁ腹も減ったし135号線を北上し箱根方面に向かいますが腹減り
昼はラーメンということで行き当りばっ旅なのですが偶然
絶対入らなきゃというラーメン屋に遭遇しました。

ラーメンレポ内容は次回具体的に報告ということで・・・・

食後はさらに135号を北上し箱根 仙石原方面の今夜の宿に・・・
昨夜の宿の飯はあちゃ~な感じは払拭できませんでしたが今夜の宿は間違いなし。
ディナーの時間帯はチェックインのときに選べるのですが、ハイシーズンのときはなるべく
遅い時間を指定するのがおこちゃま連れも少なくなるのでゆっくりと静かにバクバク食えます。

リ・カーヴ箱根

チェックインのあと夕食までだいぶ時間あるので付近を散策
汗を流し身を清め風呂から出た後は部屋で缶ビールを2本飲んでから食事の場所に・・・

リ・カーヴ箱根DSC03800

リ・カーヴ箱根DSC03799

こちらのホテルは2011.11.17に宿泊して実証済み

部屋も32㎡と広いしかなりいい感じのホテル
レストラン「ウィングス」の夕食ビュッフェは和・洋・中が60種類ほど並ぶ豪華な料理

リ・カーヴ箱根DSC03791

実演カウンターでは、職人がその場で寿司、串揚げ、ステーキを調理してくれ、常に出来たての
料理を90分間楽しめます。って書いてありますがほんとなんですww
ズワイガニやデザートも充実してて・・・

リ・カーヴ箱根DSC03792

一番のお気に入りは揚げたての名物のアスパラガス画像の右上の皿
これがうまい!!

リ・カーヴ箱根DSC03793

カニ食い始めるとみんな大人しくなるわww
何食っても美味い

リ・カーヴ箱根DSC03794

揚げたてのアスパラガスお代わり
豚バラ肉の油の甘みや肉の旨み絶妙だぁ

リ・カーヴ箱根DSC03795

ズワイガニおかわり

リ・カーヴ箱根DSC03796

さらにアスパラガスおかわり♪
塩やソース・ディップなど味を変えながら食べます。

リ・カーヴ箱根DSC03797

寿司もおかわりして揚げ野菜のホワイトカレーはスパイシーな香りでうまかった。
これ大皿で食いたかったなぁ~

リ・カーヴ箱根DSC03798

一口サイズのスイーツに果物・・・・全種類食べたいのでトレイには一口ずつ拾ってきます。
普段ティラミスとか、マンゴープリンとか、杏仁豆腐みたいな甘いものは注文しないんですけど、
ここのは一口サイズなのでもし万一好みに合わなくても少量なので残すこともなくOK

最後は珈琲を飲んで〆
今回も大満足なビッフェでした。

部屋の戻りくつろいだ後は温泉に浸かり風呂上りでビール飲んで日本酒も飲んで・・・
大いびきで爆睡しました。

翌朝も温泉の後は朝食

リ・カーヴ箱根DSC03801

アジの干物と納豆でごはんがススム・・・・美味いわ
こんな感じで種類を変えながら3セットお代わりして終了ということで勘弁しておいた。

ごちそうさん

チャックアウトは1泊2食9800円なり  驚きだ

伊東&箱根2泊3日 最終日         つづく



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ramenhide.blog.fc2.com/tb.php/156-dc16d454

居酒屋hide

Author:居酒屋hide

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QR