休肝日返上! 気ままに食べ歩記

食わずして後悔するよりも食って公開するけど、美味い不味いは人それぞれだよね♪

2014.1.24 14:15

龍香苑でボリュームあるラーメン&定食を食べてからの訪問となります。

山岡家DSC03387


昼時を廻った時間帯なのでトラッカーや土建屋さんや営業マンや仕事中のガッツリと
昼飯を食う人もまばらでカウンターの先客4名テーブル席は仕切られた目隠しで見えませんww

店内に入り左手の液晶パネルの最新式の券売機で選択しますがアナログ派には買いにくいです。
プレミアム塩とんこつ 大判炙りチャーシュー790円を選択

「お店で炙った大判のチャーシューをドーンと載せました」と書いてあります。

カウンター席に座り(いつも同じ席)券をおばちゃんに差し出し好みを聞かれますが
好みはいつも普通でお願いします。

7分ほどで提供されました。
山岡家DSC03388

ビジュアルは白濁した豚骨スープに大きな炙りチャーシューと青ネギ・海苔
具材はシンプルなものだが炙って焦げたチャーシューが香ばしい匂い。

山岡家DSC03389
白濁したスープの表面はアブラで覆われてて背脂もチャッチャとされております。

山岡家DSC03390
臭みもないので下ごしらえを十分にされてるんでしょ  うまいです。

山岡家DSC03392
このラーメンの一番の売りの大きな炙りチャーシュー
炙り肩ロースは、肉厚で実に食べ応えがありますが肉本来の味で、それがいいのか
チャーシューならば味の染み具合はイマイチのものです。が・・・・

そもそも、なぜ肩ロース?
チャーシューは、もも肉やバラ肉を使うラーメン屋が多いですよね。
もも肉は、肉肉しくて旨いが、硬めで安い
バラ肉は、柔らかく、脂身が多くジューシーで旨いが、肉本来の味が少ない。
では肩ロースはというと、脂身はそこそこあって、なおかつ最も肉本来の味が
しっかり出るんです。
なので肩ロース。
メルマガに書いてありました。

やっぱ肉本来の味わいが・・・ということか
肉肉すきとん~よりはよっぽどうまいです。

山岡家DSC03393
麵は黄色の所謂札幌中華めんのような感じのもので従来の麺よりも僅かに細めの
中太ストレート麺でこのラーメン用に合わせた特注麺
やや硬めの茹で加減がこのスープをまとわりついてうまい。

中盤戦からは卓上のおろしニンニク入れて(ほんとうは刻みにんにくが好き)
スープに混ざりうまみがさらに増して肉もさらにうまし。
味玉はやや薄味で浸みてないもので残念ながら半熟を通り越してカタメです。

このスープには豆板醤もよく合い、むせるほど辛い(大袈裟)ので汗ばみました。


goti.png


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ramenhide.blog.fc2.com/tb.php/120-170f5ecd

居酒屋hide

Author:居酒屋hide

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QR