休肝日返上! 気ままに食べ歩記

食わずして後悔するよりも食って公開するけど、美味い不味いは人それぞれだよね♪

2018. 4. 12. 13:45


朝起きると足に筋肉痛・・・・
初めから飛ばしすぎたかなと反省



大阪・京都の旅DSC01345
後のことを考えて軽い朝食の後は十三駅から阪急で京都へ向かいます。
しかしこちらのエスカレーターは右側乗りですが、ついつい癖で左側に乗ってしまうわな。




大阪・京都の旅DSC01346
バス1日券 600円を買い求めて1日周遊はオトク♪





大阪・京都の旅DSC01347
バスの路線図を片手に目的地を目指します。





大阪・京都の旅DSC01350
金閣寺

ベタだと分かっていても京都へ来たら訪れてみたい人気スポット!
流石に観光客は多いです。
拝観料を納める際にいただけるお札も記念になりました♪



大阪・京都の旅DSC01358
二条城
バスで移動しまして訳あって京都駅に近いところを観光
檜皮葺の張替え、金箔貼りなおし、漆塗り替え、彫刻の彩色など全面的な修復により
当時の輝きを取り戻しすばらしい唐門となってます。



大阪・京都の旅DSC01359
徳川幕府の終わりを告げる大政奉還がここ二条城で表明されたんですね。




大阪・京都の旅DSC01361
腹が減ったと思ったら12:54だわな。






二条城からバスでJR京都駅まで行きそこからはgooglemapのお世話になり道案内



第一旭 DSC01362
本家 第一旭 たかばし本店に行ったのですが
木曜日で店休日でした。ならばすぐ隣の・・・・

新福菜館本店DSC01363
新福菜館本店

新福菜館は2年前食べてたので第一旭がよかったんだけどなぁ
第一旭 たかばし本店は新福菜館で修行して独立したらしいけどスープの色が全く異なります。
機会あれば・・・連食で比較してみたい。  


新福菜館本店DSC01370
行列覚悟でしたが13:45で昼時を避けましたので並びなしだったのでラッキー♪
店内に入ると1階 カウンター3席 4人掛けテーブル×6 、2階二も席があるようで 4人掛けテーブル×6
満席で少し店内待ちで回転がいいのですぐに座れましたがテーブル席相席です。




新福菜館本店DSC01371
1938年、屋台から始まったラーメン店、新福菜館。
創業80年の京都で老舗のラーメン店。
特徴は黒いスープと焼飯。
見た目とは裏腹に、あっさりしていてほんのり甘味がある。
スープには、大山鶏を使い、チャーシューには岩中豚を使う事で、旨味が増して います。


メニューを見ますとデフォで700円 小もあるのは子供や女性のためだけじゃなく
この店の焼飯目当てで来る人はいいかもしれない。
確か伊勢佐木町店(すでに閉店)ではラーメンと焼飯に小、並、大、があって組み合わせ自在だった。






新福菜館本店DSC01364
中華そば 並 700円

スープ
スープの色は黒くて ラヲタからは別名「京都ブラック」とも呼ばれいます。
千葉の竹岡式と同じ製法なのかどうかはわかりませんが、濃口醤油ベースのタレで作る
豚骨と鶏ガラのスープは コクと旨みがたっぷりで 色はかなり黒くて
コッテリに見えるが 飲んでみると 味も濃くなくアッサリしています。




新福菜館本店DSC01365
具材
豚チャーシュー、九条ネギ
薄くスライスされたチャーシューは豚の腕肉をじっくり煮込んで赤身と脂身が両方ともまろやかで
ジューシーな肉の旨みを感じます。
まるでチャーシューメンのように6枚?ものっててオトクな感じ。



新福菜館本店DSC01366

加水少な目の中細ストレート麺
デフォでもややカタメの茹で加減でパツンパツンの食感
真っ黒でもアブラ少な目のあっさりしたスープにはとても相性のいい麺だと思います。

麺硬め・ネギ多め・味濃いめのコールでカスタマイズができるということを後から知りました。
事前予習不足で九条ネギ多めにするんだったと後悔の念




新福菜館本店DSC01367
ヤキメシ 500円
具材は醤油味のチャーシュー、玉ねぎ・ネギ・炒り卵




新福菜館本店DSC01368
真っ黒なスープのラーメン同様インパクト大のヤキメシ、こちらも、見た目ほど味が濃い…
というわけではありません。しっかりとした醤油味は香ばしくて美味しい。
パラパラ感はなくしっとりしたヤキメシですが食べやすいです。





新福菜館本店DSC01369
うめぇ~♪
スープなくなっちまった。



ごちそうさん

                                        つづく
スポンサーサイト
2018. 4. 11. 21:17


サンマルクカフェ → おらんく家 → 串かつだるま → 御堂筋なんば応援団 勝男 → 酒房明石八@十三店

酒房明石八で飲んだ後は小腹すいて通りかかった交差点のところにあるじゃんぼ総本店 十三東口商店街店
たこ焼き350円→300円に値下げしていたので大阪B級グルメのミッションを達成すべく食べたのでした。
ソースやマヨネーズは掛けてあるものの冷え切ったもので美味しくありませんでした。
やっぱ口の中が火傷するほどアツアツで出来立てが美味しいに決まってる。



阪急十三駅前に舞い戻り駅前しょんべん横丁の路地を物色しくそオヤジ最後のひとふりという
ラーメン屋がしじみ・あさり・はまぐりそれぞれの貝だしラーメンが気になり行ってみましたが外待ちの状態で断念
ラーメン大のG系もこの時間ではちょっと重いし・・・・
以前から食べてみたかったかすうどんはどんなものかということで・・・・





仁家  DSC01344
大阪そば・うどん仁家
まだ店舗も新しく2018年1月OPENした店らしい。
店内に入ると左手の券売機で食券を買い奥の注文カウンターに出すセルフシステム

メニュー
名物の旨辛赤かすうどん¥600
かすうどん¥600
人気の仁家カレーうどん¥450
きつねうどん¥370
かけうどん¥250
きざみうどん¥350
生わかめうどん¥350
昆布うどん¥350
天ぷらうどん¥370
肉うどん¥500
スペシャルうどん¥500など


仁家  DSC01340
カウンターはこのようなきれいな感じとなってます。




仁家  DSC01341
かすうどん 600円
かけそば・かけうどんが250円で、このかすうどんが600円と最高級メニューとなってます。

かす:牛の腸など脂肪分の多い内臓部分を加熱し、油を取った後の「残りかす」のことらしい
本来用が済んで廃棄するものだろうけど高いなぁ




仁家  DSC01342
具材
かす、油揚げ、とろろ昆布、かまぼこ、青ねぎ




仁家  DSC01343
ダシは節や昆布でしょうか・・・
かすの脂のコクで熱々な汁は飲んだ後には浸みる旨さ

うどんはコシがあって高松の有名店で修業しただけあり本格的なものらしい
おいしくいただきましたがいまひとつ「かす」の魅力は見出すことができませんでした。


ごちそうさん


追記
このあとはコンビニでビールなどを買っておとなしくホテルに帰りました。

この日の歩数
27915

18km歩いたことになってる。



仁屋  DSC01396
店舗外観を撮影し忘れたと思って翌朝取ったのですが・・・・・


                                        つづく
2018. 4. 11. 20:18

サンマルクカフェ → おらんく家 → 串かつだるま → 御堂筋なんば応援団 勝男
梯子して今宵の宿チェックインしてしばし休息
だいぶ歩きましたしねぇ・・・・



大阪・京都の旅DSC01332
十三駅前の路地を入ると立ち飲みや飲食店の軒を連ねる街並み



大阪・京都の旅DSC01339
裏路地
なかなかディープな感じです。
阪急十三駅の西口を出て大きな信号を渡り散策、疲れ切って立ち飲みは耐えられないので
迷った挙句に・・・・
ハイボール39円に釣られて入った店

酒房明石八@十三店
店舗外観も取り忘れてしまいました。


ところが19時までで入店した時間20時過ぎでは既に終了♪  人生こんなもんだ

12時~19時 ハイボール39円(時間外193円)、FREEZINGハイボール230円以降税抜
12時~25時 生中93円、アサヒスーパードライの限定EXTRACOLD 193 円



明石八 DSC01335
メニュー
刺身、串揚げ、迷うほどメニューの品数



明石八 DSC01334
アサヒスーパードライ 生中 193円 X2
お通し マカロニサラダ 291円 X2








明石八 DSC01336
鰹のたたき 180円
鰹たたきは山葵では普段食べないのだが・・・・




明石八 DSC01337
どて焼 350円
大阪の居酒屋さんでどて焼を名物とかかげているところは意外に多いです。お昼のすし屋も小鉢に入ってた。
しっかりとすじ肉とこんにゃくなどを味噌風味で味が染み込むまで充分に
じっくり煮込まれていますが、俺には砂糖入れすぎた感じの甘すぎでした。




明石八 DSC01338
厚揚げ 280円
青ネギと大根おろしを挟んでかつお節で醤油でいただきます。
まぁ普通に美味しい。

この後、ハイボール1杯193円飲んで終了となりました。


勘定
2129円 税込


ごちそうさん

2018. 4. 11.  17:18

サンマルクカフェ → おらんく家 → 串かつだるま
飲み食いの間にちゃんと消化すべく歩いてスタミナ消費の繰り返し


大阪・京都の旅DSC01315
道頓堀にやってきました。
戎橋から見るグリコの看板




大阪・京都の旅DSC01317
動く巨大なカニの看板で有名な「カニ道楽」
アルバイトが人力でペダルをこいで手足を動かしてる苦労があるらしい。驚




大阪・京都の旅DSC01318
50年もの歴史を持つロングセラー、スナック菓子の『カール』
東日本では食べれなくなりましたねぇ




大阪・京都の旅DSC01320
くいだおれ太郎




大阪・京都の旅DSC01321
路地裏




大阪・京都の旅DSC01322
どうとんぼり神座
新宿で食べたので今回は・・・・いいや
白菜が入った優しい醤油ベースのスープ
メニュー名称が「おいしいラーメン」







大阪・京都の旅DSC01324
金龍ラーメン
豚骨白濁したスープに無料トッピングで乗せ放題のキムチと辛いニラ




大阪・京都の旅DSC01323
正宗屋 相合橋店
嘗て愛読してたブログ「生まれる前から不眠症」でカステラが気になってた
上部がカニミソペースト、胴体鯛の子固めたやつという代物

生憎、定休日で訪問できず




勝男  DSC01325
大分からあげと鉄板焼きの店 御堂筋なんば応援団 勝男
手作り感満載の看板でド派手な外観の店を発見
ビール180円 ハイボール150円に釣られてしまった。
異国情緒たっぷりの道頓堀歩いてたら疲れもピークに達し喉も乾いて入店

後で調べたらチェーン店でしたね

ガラガラと引き戸を開けて店内に入ると若い男女のスタッフ4名
お好きなところへというので掘りごたつ風の4人テーブル席に座りました。



勝男  DSC01326
ハイボールのメニュー

角ハイボール 200円税抜同行者の分合わせて2杯注文
お通しは枝豆で1つの小鉢だけ
2名分のお通し代取るなら2つ持ってこいや
画像失念♪
すっかり疲れ切ってますねぇ




勝男  DSC01327
お酒メニュー

サントリーモルツのビールが180円とは…安っ
スケールメリットを生かした薄利多売方式なのでしょうか。


勝男  DSC01328
名物の大分中津からあげや鉄板焼きメニュー
ずり唐揚げ 380円税抜
注文するも画像失念



勝男  DSC01329
おつまみメニュー
品数豊富ですわ




勝男  DSC01330
鳥酢もつ 380円税抜
もつを箸でつまむと大きさがまちまちで小さく切ったほうが食べやすいな



勝男  DSC01331
ジンビームハイボール 180円税抜同行者の分合わせて2杯注文
ジンビームの薬のような味わいが癖になる
炭酸が効いて美味い

お勘定 2244円

1つしか持ってこないお通しでしたがしっかり@300X2取られてました。
串かつ食べた後なので鳥からあげは頼まなかったのが残念


ごちそうさん



2018. 4. 11. 15:28


お昼ご飯も食べたしせっかく大阪に来たのだから観光もしなきゃと・・・・




大阪・京都の旅DSC01297
大阪城へ向かいましたがなにやら「桜の通り抜け」のポスターを見つけました。
期間:4/11(水)~4/17(火)で今日からだということで向かいました。




大阪・京都の旅DSC01298
桜の通り抜け
毎年4月中旬頃の桜の開花時には、造幣局構内旧淀川沿いの全長約560mの通路を一般花見客のために
1週間開放しています。
現在、造幣局にある桜は、関山、松月、普賢象、楊貴妃などの八重桜が主で、満開時の美しさはたとえようもなく、
明治16年に開始した「通り抜け」も昭和58年春には100年を迎え、今では浪速の春を飾る風物詩として、
人々に愛されています。なお、大手毬、小手毬などは、他ではめったに見られない珍種と言われています。
※造幣局HPより転載

通り抜けとは、造幣局南門から入り、造幣局構内を通って北門へ抜ける一方通行で逆行はできない。
屋台もずらっと軒を連ねたこ焼き、お好み焼き、どて焼、焼きそばなどたくさん出店し賑わいを見せてた。
値段表示のない怪しい屋台が大半ですがタイムサービスと称して300円で焼きそばこれでもかっていうぐらい
爆盛大サービスの屋台は人だかりもあったりしてたがスルーした。
しかし大陸系観光客が非常に多かったなぁ。




大阪・京都の旅DSC01303
大阪城
外観を見物して満足




大阪・京都の旅DSC01305
心斎橋
繁華街にやってきました。
人の多さというより驚きは異国に来た感覚の印象




串かつだるまDSC01306
串かつだるま
HP
歩き疲れておやつの時間




串かつだるまDSC01307
この店は入口と出口は別になっているらしい。
桜の通り抜けとかのような一方通行が好きなのかもしれん。




串かつだるまDSC01308
空いてるテーブル席に案内されました。




串かつだるまDSC01311
一応メニューはありますが注文はタッチパネル式のモニターが設置されてます。

「ソースの2度づけ禁止!」
「お通しのキャベツは食べ放題!」
しかし大阪の“串カツ”といえば、老舗の名店として全国に名をとどろかせる「だるま」
チェーン店となり店の規模も大きく風情のなさが味気ないではないか。





串かつだるまDSC01310
キリンラガー大瓶 680円

串かつ屋基準の価格ではお高いほうではないかな
歩き疲れて喉も乾きグビグビとイッキに飲み干しました。



串かつだるまDSC01313
新世界セット 1400円

回転寿司方式のようなリニアレーンで凄まじいスピードで運ばれる串かつ達  微妙
テーブルの上には保温バットがありなかなかいいんじゃないの?



串かつだるまDSC01314
どて焼き、キムチ、枝豆より一品選択可でどて焼を注文し串かつ9本
元祖串かつ、アスパラ、うずら卵、もち、天然エビ、とんかつ、つくね、ウインナー、チーズちくわ

キメ細かくサクサクで軽い感覚の衣がイイですね。
ソースをドバッと漬けて串かつは単純に美味いです。
ソースが足りなきゃキャベツですくい串かつに掛けてあげればよいのだ。

一品ずつ好きなものをチマチマ頼むのも面倒なのでセットで注文した次第で
足りなきゃ単品で・・・・と思って

隣の中年夫婦?はセットもの5セットぐらい注文して全部平らげてたな恐ろしい
この後もたこ焼き、お好み焼き、かすうどんなど大阪ならではのものを食べ呑まなきゃならんので
これにて終了♪
周防町筋側の出口付近で会計


ごちそうさん





2018. 4. 11. 11:35      1軒目



5連休で予定を入れておきましたので事前にツアー申込しておきました。
大阪・京都2泊3日目的は飲み食い7割で観光3割のB級グルメ食い倒れツアー


大阪・京都の旅DSC01275
自宅から車を走らせすぐのところの茨城空港へ向かいます。
空港の駐車場は何日停めようがタダで車停めた場所から空港はすぐ目の前で便利です。

7:35 発  神戸空港8:50 着



大阪・京都の旅DSC01284
神戸空港からはポートライナーで三宮へ




大阪・京都の旅DSC01287
神戸三宮から阪神電車へのりかえ・・・・




大阪・京都の旅DSC01288
梅田に向かいます。




北新地DSC01290
串あげだるま開店時間11:30 あと1時間あるな
大衆酒場やB級グルメ中心にケニチさんのYouTube
を参考にして候補店を揚げていたわけですがほぼ無計画で詰めの甘さが際立ちます。
梅田から北新地あたり徘徊しましたが飲食店はまだ開店してない時間帯。
仕方ないので近くのサンマルクカフェでお茶して時間つぶし








おらんく家DSC01296※食事後に撮影のため並びはありません。
お茶の後なにやら人だかりで30名ほどの行列がある店発見。
土佐鮨処おらんく家




おらんく家DSC01291
大阪に来たのに何も土佐鮨なんて食べなくてもいいんですけど・・・・
並びの皆さんはワンコインランチ20食限定狙いだったようです。




おらんく家DSC01292
店内に入るとカウンター席に案内されました。
1階だけかと思いきや、3階まであり全部で160席ほどの大箱の店内
メニューを拝見すると「ワンコインランチは売切れです」と・・・係員





おらんく家DSC01293
おらんく家定食 880円
お造り2種、鶏の梅肉はさみ揚げ、大根サラダ、茶わん蒸し、赤だし、ごはん、漬物と盛りだくさん!




おらんく家DSC01294
お造り2種はクラッシュした氷を敷き詰めた器に上品に盛りつけられています。
お茶碗が大きめですが、ごはんの量はいまいちで朝食の時間が早めだったせいもあり
腹ペコ状態だったためすぐにおかわりしました。
赤だしの味噌汁もうまい、茶碗蒸しは銀杏や椎茸など入り美味しい。




おらんく家DSC01295
サクッとカラッと揚がった熱々チキンカツが美味しいのは当たり前。
柔らかなチキンの中には梅肉と大葉がサンドされていた。
じゅわ~~っと溢れ出る鶏の旨みと和のソース。

おかわりは半ライスにしておけばよかったかな?

ごちそうさん


                           つづく




るるる大阪京都
近日公開予定♪
2018. 4. 4. 11:39

5連休中日
この日も用事を済ませてからのご褒美
休日だしニンニクエキスでスタミナ面の補強すべくあの店へ
二郎を食いたきゃ守谷、松戸に足を延ばせばいいが二郎インスパイアでも
なかなかいい線言ってる店へ



大盛軒 DSC01265
 豚そば つけ麺大盛軒
都内で修行したという店主が日立市大甕で店を構え博多豚骨ラーメンの人気店になったらしいが
現在は閉店しておりそのセカンドブランドのほうが人気で2店舗営業してます。
入口左手の券売機で食券を買い求めてから空いてる席目指して座ります。
ひとり席を開けて座ると店主から詰めて座るようにと指導が入ります。
厨房は男二人体制でカウンターはコの字型で16席で先客13名後客3名ですぐ満席

メニュー
少なめ豚そば 700円

小豚そば(200g) 700円
小豚そば肉入り 800円
小豚そば肉W入り 900円
特製小豚 950円

豚そば(300g) 700円
豚そば肉入り 800円
豚そば肉W入り 900円
特製豚そば 950円

大豚そば(400g) 800円
大豚そば肉入り
大豚そば肉W入り
特製大豚

少なめつけ麺 780円
つけ麺 780円
大つけ麺 850円

まぜそば(200g) 700円
大まぜそば(300g) 800円

スープ変え:
辛味 50円
味噌 70円


大盛軒 DSC01266
無料トッピングも充実し有料トッピングはお安い価格で提供




大盛軒 DSC01267
卓上調味料
胡椒、唐辛子、醤油ダレ、酢、辣油




大盛軒 DSC01268
豚そば(300g) 700円+味噌70円
ニンニクコール「野菜マシニンニクマシ」



大盛軒 DSC01269
具材
もやし、キャベツ、ほぐし豚、
無料トッピングの刻みにんにく野菜の麓に載せてあります。
野菜の茹で加減は丁度いいシャキシャキの茹で具合でもやし9:キャベツ1ぐらいの割合
卓上の醤油だれをかけ回し食べていきますが野菜をまともに食べてから麺に到達するまでに
麺はデロ麺となりカサマシされて撃沈しかねないので手前の野菜の山の麓から麺を引っ張り出し
野菜の上に麺を載せ野菜の山をつぶし広げ天地返しの技を使います。

スープ

スープの表面はアブラで覆われレンゲですくうと熱々で豚骨を炊いて乳化したスープ
有料の味噌仕様は丁度いい塩梅ですが野菜マシの場合は後半野菜から水が出て
スープが薄まるので卓上の醤油ダレで調整必要かもしれません。
札幌味噌ラーメン系統の味わいとは違いますがやっぱ醤油のほうが美味しく感じた次第。



大盛軒 DSC01270

麺リフトは忘れちまいまし。
自家製極太麺の平打ち麺で麺は300gでゴワゴワとした食感で加水低め
茹で加減は硬めでモチモチ顎が疲れるぐらいの弾力でワシワシと食らいます。







大盛軒 DSC01271

バラ肉や腕肉だろうか・・・巻タイプをスライスではなく箸で持つとホロホロと崩れるような
ほぐし肉なのでは食べやすく、大きな塊もいくつか入り脂身がほとんどないのがうれしい。

やっぱ刻みにんにく入れないとG系のラーメンはだめだね。
麺、野菜、豚など固形物はすべて食べ終わりスープをレンゲですくい
飲んだが健康のために残して完了

ごちそうさん


追記
このあとは昔の友人のT家で泊まりで飲み会
一応釣り道具ももってきたのだができるかな?



T家宴会DSC01272
男やもめのまめな友人はきっちり飲む準備万端で迎えてくれた。嬉




T家宴会DSC01273
今年初物
天然虹鱒の焼き物




T家宴会DSC01274
小龍包美味し
このあとさらに友人が訪問して宴もたけなわ

2次会は17:00から近所の居酒屋
3次会も別な居酒屋梯子で写真は失念
帰宅してからもだいぶ飲みました。
翌日起きると・・・・・・



痛っ!!

ぎっくり腰!


釣りどころではなく二日酔い&激痛で帰宅して整形外科へ
ロキソニン貰っておとなしくして5連休は終了
会社行けるかな?

2018. 4. 2. 11:59

この日から5連休スタート
特に何もやることなし(寂)
なのでラーメンでも・・・・・
渡辺直美が帰省した際に立ち寄りパンツを大量に買ったというサンキの近くにある
ラーメン屋へ


三代目むじゃきDSC01259
三代目むじゃき




三代目むじゃきDSC01264
入口右手の券売機で購入してそばの女性に食券を渡します。
何席かカウンター空いてるけのにカウンター席の座る席を指定されます。ムッ!





三代目むじゃきDSC01260
台湾むじゃきそば 780円 大盛100円

注文から5分程度での提供
むじゃきそばスープに、甘辛く味付けした挽肉とラー油で辛さをプラスした濃厚な旨辛らーめん

三代目むじゃきDSC01261
具材
白ゴマ,ニラ,刻みタマネギ,糸唐辛子,モヤシ,温玉,辛肉ミンチ,鶏チャーシュー




三代目むじゃきDSC01262
スープ
真っ白な濃厚鶏白湯スープの上に赤い自家製辣油のコントラストな美しさ
魚介の風味がフワリと漂う「むじゃき」の屋号を冠した自信作
鶏ガラ、モミジ、野菜を強火でとことん煮込んだコラーゲンたっぷりのスープ美味し



三代目むじゃきDSC01263
辛肉ミンチ
豚肉ミンチに辛味噌を仕込んだもので初めは崩さず半分ほどそのままで食べてからの
辣油と台湾ミンチが少しづつ鶏白湯を支配していくと濃厚鶏白湯が旨辛味噌味に・・・
カラシビは控えめなので俺でも食えます。
鶏チャーシューは柔らかでしっとり優しい味わい。



加水少な目の中太のストレートで160g
デフォでカタメの茹で加減のパツンパツンの食感
とろみのある粘度のスープがよく絡んで美味しいです。
麺を食べ終わる頃にはスープはドロッとした塊のようになって
最後まで飲み切りました。


ごちそうさん


追伸

5連休も終わり
明日から仕事だ

2018. 3. 29. 13:58



休日に用事を済ませた後はご褒美のランチ
この日はラーメンじゃなくてボリュームランチを・・・・


マンジャーレDSC01255
マンジャーレ
HPリンクあり
同じ料金でお好みのボリュームが選べるパスタと、
目の前でフランベする本格ステーキ&こだわりハンバーグが大人気。
どのお料理にも新鮮野菜とフレッシュフルーツのサラダバー、
飲み放題のフリードリンクバーと手づくりデザートが付いたお得なセットのランチの店

入口のタッチモニターで人数とカウンターorテーブルの好みを選択し受付



マンジャーレDSC01256
ランチタイムは15:30までですが昼時過ぎての来店にもかかわらず人気のほどがうかがえます。




マンジャーレDSC01247
先客3組程度で10分ぐらい待ち入店
厨房前のゆったりとしたカウンター席に案内されました。





マンジャーレDSC01246
メニュー
メインはパスタ、ピザ、ステーキ、ハンバーグなど・・・
パン、ライス、カレー、スープ、サラダ、ドリンク食べ飲み放題+手作りデザートセット付


メインの注文は・・・
マルゲリータピッツア 1650円
ベーコンとキノコのペペロンチーノ 1580円


生パスタ限定メニューは80.100.140gの3種から選択
イタリア製DIVELAのパスタは80g・100g・140g・200gから選択できます。
もちろん期待を裏切ることなく200gの選択ですよ。






マンジャーレDSC01248
とりあえずメインが来るまでのアイドリングタイム
生野菜サラダ、ウーロン茶、サングリアで・・・・
以前は白、赤ワインも飲み放題で1000円程度だったのに今はワインもなしで1.5倍以上値上げで
来店頻度はガクンと低下は言うまでもない。
パンは系列店の1階のレフィーユブティックで売られているパンがカットされて並んでいます。
なくなり次第どんどん補充されます。




マンジャーレDSC01249
マルゲリータ
メインのピッツァは直径30センチ程度のものでモッツァレラチーズとトマト、フレッシュバジルが
のった王道のピッツァ。
自分でカットしていただきます。
生地はもっちりとした食感のナポリピッツァで、モッツァレラもたっぷりのっています。





マンジャーレDSC01250
ベーコンとキノコのペペロンチーノ
ベーコン、ブナシメジ、ニンニク、鷹の爪、イタリアンパセリなど




マンジャーレDSC01251
パスタの麺はイタリア製DIVELAの乾麺で200g茹で後で500っぐらいでしょうか。
アルデンテの茹で具合でプリッとした張りのある食感
ニンニクの風味がとてもうまいです。

サラダバーは3度ほどおかわり




マンジャーレDSC01252
カレーは飲み物
炭水化物の〆として・・・・
カレーは具の少ない欧風カレー
オニオンコンソメスープ
生野菜サラダおかわり
サングリアおかわり



マンジャーレDSC01253
デザート

店員さんにおまかせですがボリュームあるワンプレート
イチゴのロールケーキ&アイスクリーム
カスタードクリームとストロベリークリームソースのアートで美味

もう食えませんw
このあと珈琲で寛いで食休み

ごちそうさん



桜   DSC01257
帰り道
一気に咲いた桜たちがお出迎え




桜   DSC01258
車窓は満開の桜と心地よい春風


居酒屋hide

Author:居酒屋hide

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QR