休肝日返上! 気ままに食べ歩記

食わずして後悔するよりも食って公開するけど、美味い不味いは人それぞれだよね♪

2016. 3. 22 11:37

巷の3連休のあとの休み
天気も良く外出お散歩日和なので交通費をかけてラーメンを食べに・・・
候補店は何店舗かあったのですが下車駅が異なり悩んだ挙句にこちらへ・・・
迷っても妥協麺なのですけど
偶然にもあの方  この方タンメンつながりでUPしたのでした。


ぼんち食堂DSC07643
デカ盛りの聖地ぼんち食堂
店内に入ると先客5名と閑散としており一般人は3連休でおいしいものをたらふく食べてしまい
休み明けの今日は胃袋の休日なのかもしれません。

注文は来店前より考えておりましたのでメニューも見ずに・・・

 


 


タンメン 630円 







ぼんち食堂DSC07644
註文から5分弱とかなり早めに提供されたのでビックリしました。
店舗が外観撮影したのが11:37で提供されて撮影したのが11:42
いくらなんでも早すぎるだろう。
厨房は何名体制かは見たことないけど注文ミスや10分以上待たされたことはない。


大きさを比較できるものはないのですがどんぶりは直径25cmぐらいありそうです。
深く丸みのある形なので容量はたっぷり入るかと思われます。
レンゲが添えられてますがリンガーハットのレンゲも大きいですがそれよりもでかいですよ。w(  ̄ o  ̄ )w
丼のそばのコップと比較すれば多少わかるかなと・・・・




ぼんち食堂DSC07645
具材
もやし、キャベツ、白菜、玉ねぎ、小松菜、人参、木耳、豚肉など・・・
炒められてややシャキシャキ感の残る絶妙な感じがいい。
出来ればニンニクで炒めてほしいとか刻みにんにくやおろし生姜の洒落たトッピングなどあれば
最高なのだけれど・・・・。
量が多いので途中で味変アイテムがあればいいなぁ♪


ぼんち食堂DSC07646
湯気がすごいのでシャッターチャンスうかがってもこんな感じ



ぼんち食堂DSC07647
野菜の刻み方が食べやすい大きさに刻んであり火の通り方も同じになるようにしてるんだろうね。



ぼんち食堂DSC07648
スープ
スープの表面はラードの層もあり熱々なスープをデカいレンゲで飲んでみるとあっさりした
動物系のスープに野菜のうまみが抽出されて街中華屋風の味わいで丼がでかいからスープの
量も多いのですが化調がけっこう主張してて舌が痛いほど痺れるうまさw




ぼんち食堂DSC07649
野菜の量としては二郎の野菜マシマシぐらいあるだろうな食べたことないけど
二郎野菜マシ経験値では・・・・・
小滝二郎<歌舞伎二郎<新橋二郎<川崎二郎<関内二郎<湘南二郎<め二郎<中山二郎<神保二郎<野猿二郎

”野菜たっぷりタンメン”とメニュー表記してる店は恥じるべきであろう

ぼんち食堂DSC07650

加水高めの中細縮れ麺で2.5玉の量がこちらのタンメンの普通盛りの量となってます。
箸で麵を引っ張り上げようとしますが麺がダマになってほぐれてないので箸と心が折れそうになります。
麵が伸びる前に食べなきゃ麺が増えちゃいます。
てか既に2.5玉なので特盛ですが・・・・ww((((;´・ω・`)))
麺がダレる前に麺を優先して食べましょ。


ぼんち食堂DSC07651
スープは残して固形物は完食

これでたったの



野菜ガッツリタンメン630円 美味い! 








ごちそうさま





スポンサーサイト
2016. 3.18 11:34

いつもこちらの前を通る際看板を掲げてる割には営業してるのを見かけたことが
全くなく潰れたのかなと、思ってたしだい。
気になっていたのでネットで検索してみたらどうやら営業してる様子。
ならば行ってみようということで下調べして訪問した次第。

いしやまDSC07627
駐車場は広いけど店がどれ?


いしやまDSC07628
風情のある日本建築の建物でこちらが店舗のようです。
店の入り口の引き戸を開けて店内に入るとさらに引き戸・・・
店内に入ると正面がレジ右手がテーブル席と座敷
左手は厨房と5~6席程度のカウンター席
おひとりさまはカウンター席の端っこに座ります。



いしやまDSC07631
コチラの店の看板メニュー 最高峰の価格帯のいしやま御膳 2300円(税別)
日替わりのそば定食 980円(税別)
酒のつまみの馬刺し、鳥もつなど




いしやまDSC07629
もりそば 550円(税別)からとお手頃価格から・・・
やっぱここにも”そば定食”掲載



いしやまDSC07630
かけそば 650円(税別)から・・・

一応はメニューを見てみましたが予習しておいたので注文を店員さんに伝えました。
そば定食 980円(税別)
蕎麦を温かいのか冷たいのかだけ聞かれましたが、冷たいので注文
気になってた”あること”は特にわからずで不安に包まれたまま・・・・



いしやまDSC07632
10分弱でそば定食が提供されました。
あら!  だいぶ少ないそばですこと・・・・。お子ちゃま用でしょうか



いしやまDSC07633
蕎麦を中心として8時方向はそばつゆ
9時方向 茶わん蒸し
10時方向 ゆかり入りごはん
11時方向 切り干し大根
12時方向 黒豆
13時方向 きんぴらごぼう
14時方向 はっさく?
16時方向 かき揚げ



いしやまDSC07634
もり蕎麦は石臼挽きの蕎麦粉を手打ちしたという黒い粒粒の田舎蕎麦です。
蕎麦つゆはカビ付け厚削り本鰹節やアルカリイオン水を使用するなどこだわりはあるようなのですが
アルカリイオン水で希釈しすぎて薄く感じ何よりも蕎麦つゆの量が少なく蕎麦徳利も配膳されてないというありさま。
美味しい蕎麦の追求にこだわりを持ってるのでしょうけど蕎麦屋として最低限蕎麦つゆは蕎麦徳利でくるよな。

蕎麦はあっけなく、するっと食べてしまいすぐなくなりまして・・・・
恐る恐る店員さんに気になってた”あること”聞いてみました。
俺「蕎麦ってお変わりできるんですか?」
店員「12時まではお変わりできますよ。何枚になさいますか?」
俺「2枚お願いします」 だいぶ謙虚に
メニューのどこにも記載はないし初めの店員に説明もされなかったし・・・


いしやまDSC07635
小さくて貧弱な天ぷら
食べてみたら思いのほか美味しかった。
ごま油風味で揚げたてのかき揚げでアツアツだから・・・



いしやまDSC07636
きんぴらの味付けは薄めで上品な味付けですがもっと濃い味が好みです。
レタスの付け合せいらないなぁ



いしやまDSC07637
茶わん蒸しには、このお方の苦手なものも入ってましたがわたくしは何でも食べれますので美味しくいただきました。

店員が蕎麦湯を持ってきた。



いしやまDSC07638
蕎麦2枚といったのに・・・1枚しか持ってこないなと思い店員に聞きました。
俺「これで2枚ですか?」と・・・
店員「2枚です」
俺には1枚にしか見えませんけど・・・とも言えず
蕎麦が数本多いだけでしょうか
第一蕎麦つゆも新しいのを持ってきませんが・・・

卓上に市販の辛子だけしかなく塩はない
通なら塩で食うだろ
蕎麦つゆを見るともう半分弱しかないし薄い蕎麦つゆがさらに薄まってるが我慢して食べた。
蕎麦つゆは完全なくなり蕎麦湯の世話にもならずに

会計は1058円税込

蕎麦はお変わりし放題がわかったのでまた近いうちに来てみましょ
温かい蕎麦定食頼んだら蕎麦のおかわりはどうなんだろうと余計なことを考えつつ


不完全燃焼でごちそうさん








2016. 3. 16

前日はほうとう食べてワイン三昧でそのあとは温泉520円で帰宅後はだらだらと部屋呑みで就寝。
連休2日目は電車代より安い激安レンタカー借りドライブで10時に借りに行って出発

八ヶ岳方面行く前に”シャトレーゼ白州工場”で好評だったアイス食べ放題の工場見学をと・・・
行ってみると工場見学休止日の看板   がっかりしながら急遽予定変更
すぐ近所のサントリー白州工場見学の線もあるのだが運転手はペードラの俺だし
工場で白州ハイボール飲めないじゃん  なので予定繰り上げで・・・・・
八ヶ岳アウトレットにやってきました。
シーズンオフで客足はまばらでした。
ウインドウショッピングといえば聞こえはいいが酒のつまみを買っただけ

農家の食卓DSC07624
12:10  昼飯でも・・・と数軒の飲食店を回りますが価格対価の伴わないものばかり
この日の妥協飯はこちらにしました。

農家の食卓HP
オムライスが一押しの店らしいですが・・・・・。
メニューを見ますと

農家の食卓DSC07615
限定メニュー


農家の食卓DSC07616
昭和のメニュー
どう見ても平成だと思うんだが・・・
肝心な定番メニューは撮影忘れてます。


農家の食卓DSC07618
昼時なのに先客なしで口火を切らせていただいたのでした。
システムとしては入口のレジで口頭注文先払いシステムですがレジではメニューも決められませんよね。
なので、席に座って決めてから会計へ
なんでこのシステムなのかというと、厨房とホール兼務で1名しかいないので客席から見えない厨房に
いる間に客が無銭飲食しないように・・・かどうかは聞いてないのでわかりません。



農家の食卓DSC07617
このとおりガラガラ開店休業状態なので客寄せにわざと窓際の席に座ったのでした。



農家の食卓DSC07623
わたくしの注文の品
オムレツナポリタン 900円



農家の食卓DSC07619
”鉄板オムレツの上にナポリタン”と書いてありますがオムレツというとだれもがふわふわな
柔らかい食感のものを思い浮かべるが実際は焼きすぎた薄っぺらな卵焼きの上にナポリタンが鎮座してる図


農家の食卓DSC07620
具材はチキンベーコン、玉ねぎ、パプリカ、青菜
メニューには青菜って書いてありましたけど、ドライハーブ粉末でした。
昭和の味わいっていえば濃厚な酸味のケチャップのジャンクな味わいですけどこれはやや上品な味わい
まぁこれはこれでうまいのですけど・・・。
パスタの麺はたぶん茹で置きしてたであろう極太の麺2.2mmぐらいなんでしょうかね。



農家の食卓DSC07621
同行者のカルボナーラ1100円だったかな。
メニューに掲載の宣材画像のようなボリューム感やパルメザンたっぷりソースそれほどは
ありませんでした。よくあることで慣れてます


農家の食卓DSC07622
まぁ美味しかったからヨシとしましょう。 このお方風口調で・・・・


このあとは再びアウトレット散策した後、道の駅へ・・・
車なので野菜をたくさん買えるなと思いきや品数少なくて何も買わず買えず・・・・。

このあとは再び通り道のシャトレーゼ工場見学あきらめきれず門のゲートまで行きまして
係員に聞いたら手前の入口に掲示してあった工業見学休止日ですと言われた。しつこい

このあとは市民割引300円の温泉に入って、たかが130km程度の運転で疲れた体を癒して終了となりました。
風景の画像もなく昼飯の画像だけでした反省


おしまい


2016. 3. 15

電車で勝沼ぶどう郷駅下車して駅からブドウ畑を近道して徒歩20分
ブドウが丘に到着しました。

ぶどうの丘DSC07613


ぶどうの丘DSC07604
こちらではホテル、レストラン、バーベキュー、お食事処、温泉、美術館、ワインカーヴ、
お土産屋さんなどの施設があり終日楽しむこともできるのです。
本日はワインカーヴにテイスティングに来ました。
売店のレジでテイスティングのタートヴァン1100円で購入
200銘柄2万本おいてある地下へ降りていき時間無制限で好き放題でテイスティングできます。


ぶどうの丘DSC07609
しつこいようですが、あくまでもテイスティングですから・・・・。

ぶどうの丘DSC07605
ワインの両面棚で仕切られて通路に沿ってワイン樽が置かれておりその上に6~12本
ワインが置かれてます。
そんな樽が白ワインコーナーで10樽、ロゼと赤ワインコーナーも同じぐらいならんでおります。
まずは白ワインからテイスティングします。
白ワインの場合は主に「甘口」「辛口」といった表現するのですがマスカットや巨峰のフルーティーな
甘口も好きだったりします。
初めのうちは全種類を1本ずつコルクを開けて真面目にテイスティングしていきます。

白コーナーに飽きてしまったころにはアウターのポケットに偶然入ってたコクうま6Pチーズやあたりめの力を
内緒で拝借させていただきました。



ぶどうの丘DSC07606
赤コーナー(プロレスみたい。。。)に行きまして最初のほうの樽の上は
ロゼなの少しだけ注ぎ飲んでいきます。
赤の場合は基本辛口なので味わい、豊かさ、濃厚さ、重さなどを表現するワインで使用する専門用語で
コクの度合いでライトボディ、ミディアムボディ、フルボディとなるらしい。

樽の上のワインボトルもそういう順番で並んでライト、ミディアムは普段飲んでる呑みやすい感じ
といっても並んでるのは1000円から2000円のものが多い。


ぶどうの丘DSC07610
最後の樽に来たときはすでに1時間経過しておりいい加減テイスティングしすぎの感あります。
フルボディのコーナーですが濃厚さ深い味わいでついつい壁面の販売用のボトルの陳列台の
価格を確認してみました。



ぶどうの丘DSC07607
エっ? びっくりポン!!
ここでテイスティーワインの中で最高峰の価格?の右八でした。

ぶどうの丘DSC07611
30分ぐらいここでダラダラとテイスティーしてましたわなwそんな贅沢なワイン飲んだことない貧乏人
濃厚でスパイシー・・・程よい果実の甘みもあって飲めちゃいます。

1時間半ほど滞在して呑んだ呑んだ
あっテイスティーだったなww
と、このぐらいで勘弁しておくかと階段を上がりまして今夜飲むワインでも買おうかと・・・
ワイン1本(720ml)以上飲んでテイスティングして、まだ飲むんかい?と声が聞こえてきそうです。


ぶどうの丘DSC07612
棚ごとほしいなぁ♪
赤ワインを1本チョイスして買い求めました。

こちらのワインカーヴは出入り自由なので午前中飲んで昼めし食って飲んで温泉入ってから
また飲んで・・・・17時まではテイスティングできるらしい。
呑みすぎて帰れないときは泊まるとこもあるし・・・・・。
次回はワインカーヴ&食事&温泉で終日コースで楽しもうかなと思います。


ごちそうさん  





2016. 3. 15

2連休で食べたり飲んだり遊んだりの始まりはヘイヘイホ~小作

腹も満たされて少しだけ前のめりの姿勢で駅へ向かいます。
途中ワイナリー1軒立ち寄りして試飲してから駅へ

石和温泉駅DSC07540
新駅舎になり橋上駅となり南口の観光案内所に日本初の”駅ワイン”ができました。
”駅ワイン”とは駅の立ち食いそばのごとく簡単に自販機で飲めるというわけです。


石和温泉駅DSC07539
まずは、観光案内所のカウンターにてワイングラスを受け取ります。


石和温泉駅DSC07534
ワインサーバーで市内のワイナリー10社の16種類の山梨ワインの中から選択します。


石和温泉駅DSC07535
サーバーの下には①~⑯のワイン名、容量、金額が記載してあります。
200円 300円 400円ですが品種により容量が異なるようです。
30cc~60cc程度ですからテイスティングですわな。


石和温泉駅DSC07537
自動販売機で①~⑯の品種、容量を選択してボタンを押してお金を入れます。
点灯するサーバーのノズルへワイングラスをかざしてボタンを押すとワインが注がれます。
ワイングラスはそのまま持ち帰りOK

試飲したワインがその場で買える店舗設備や燻製やチーズやアヒージョなどが提供される
立ち飲みワインBARのほうが流行るだろうけど・・・・。
コチラでは試飲もせずに・・・・。

目的の”勝沼ぶどう郷”へ向かいます。


つづく








2016. 3. 15 

2連休で食べたり飲んだり遊んだりの始まり
まずはお昼を食べましょうかと・・・
ヘイヘイホ~~~小作♪へ

小作DSC00144
入口で靴を脱いで下駄箱入れて空いてる席へ・・・
広い大広間の畳部屋にテーブルがずらっと並び、120席あるらしいですが
昼時なので8割ぐらいの混雑ぶりテーブルが大きいので掘りごたつのテーブルで相席となります。


小作DSC07598
メニュー見ますと郷土料理ほうとうのド定番 かぼちゃほうとう 1150円からと高めの設定


小作DSC07599
すいとんとかもありますがここはほうとうを食べなきゃ・・・
暑けりゃ”おざら”(冷たいほうとうをつけ汁で食べるのでもいいが・・・・

※印メニューのぎりぎりセーフの食べおさめ的な
牡蠣ほうとう 1700円税込に決定


小作DSC07600
待つこと10分程度で運ばれてきました。
鉄鍋はアツアツなので、触らないように注意されます。
食べかけじゃありませんよ
手直ししてから撮影すればよかったのですが・・・

スープ
味噌ベースでダシも感じられ野菜家豚肉や牡蠣のうまみがスープに溶け込み
少し粘度のあるスープでおいしい。
鉄鍋からそのまま食べてましたけどアツアツでだめだな。


小作DSC07601
具材
カボチャ、じゃがいも、白菜、里芋、山菜、絹さや、ニンジン、椎茸、豚肉、長ネギ、豚肉、牡蠣など
野菜は大きめのものがゴロゴロ入っててかなり食べごたえがあります。



小作DSC07602
肝心の牡蠣も大ぶりなものが5~6個入ってましたかね。
ぷりぷりの食感でしたがグツグツ煮だった鉄鍋ですから大きめの牡蠣は堅めで火が通りすぎた感じは
否めないですね。
鮮度がいい牡蠣なら半生程度で食べたいかなぁ。


小作DSC07603
卓上には炒めにんにく七味・柚子七味があり初めは柚子七味で食べてましたが
ゆずの香りでピりっとしたのがいいアクセントでおいしかった。
ほうとう麺は小作オリジナルで煮込んでもダレないもちもちとした食感の腰のある麺です。

同行者がよそ見してる間に炒めにんにく七味を入れて食べたらこれがまた旨いのなんの
「アンタナニタベタノ」と言われないぎりぎりの量でやめておきました。

いずれにしても量はかなり多めで1.5人前ぐらいはあるでしょう。
旅行者なら鶏モツ煮で酒やビール飲んだり馬刺しとかいろいろ食べたいかもしれんが
普通の人はほうとうだけで撃沈してしまうかもな。


ごちそうさん





2016. 3. 12.  13:55

花月嵐で食べから少し間をおいて物足りないのでRingerHutへ・・・

カウンターで注文いつも長崎ちゃんぽん麺がド定番なのですが、たまには違うものを
と、掲示されてるメニューを見上げての選択。
俺  「長崎皿うどん」
店員「・・・・・・」無視でオーダーミスがあったらしく別の店員と話してる
俺 「長崎皿うどんをください」  注文する客の目の前にいながらも顔見てないし上の空?
店員「え?なんですか?」  注文1回言ったら通せよ~ε=ε=(怒゚Д゚)ノ
俺「長崎皿うどんを・・・・あとこれで餃子」と怒りを抑えつつ前回のレシートに302と書いたのを差出します。
店員「長崎皿うどんと餃子ですね」と会計すると思いきや餃子を焼くセッティングにいってしまった。
会計してからにしろや 激怒プンヾ(`・3・´)ノプン
戻ってきて会計してブザー渡されましたが・・・・

長崎皿うどん 626円税込

リンガーハットDSC07625
右側のレシートが今回のものですがいつの間にやらロゴマークが変わったんですね。
よい子はレシートはちゃんと取っておいてくださいね。
3月20.21日は日本の野菜の日・・・ならば野菜マシ無料のほうが嬉しいサービスなのだが俺だけかね。

リンガーハットお客様アンケートHPアンケートリンク
「アンケートにお答えいただいた方の中から、毎月抽選で30名様に食事券5千円、
またご回答者全員に「ソフトドリンクまたはぎょうざ」をプレゼントいたします。」


アンケートの内容にカスタマーサービスの内容もありレシートNoも記載するので
レジ担当者が明確になりその対応がどうだったのか詳細もこたえるようになり
それによってお褒めの言葉だけじゃなく上記のことをクレームとして申し立てもできる
そういうことですわな。今回は勘弁しておきました

5月31日まではリンガーハットで自転車操業的餃子無料の図式となるわけです。
なので今回も餃子無料のご利益を活用しました。

10分程度待たされてブザーで呼び出されてセルフ配膳
調味料は食べてる途中は面倒なのですべて用意していかなきゃなりません。面倒


リンガーハットDSC07594
餃子の皿の淵にはゆず胡椒
本来なら途中でかけたい酢も半分だけ3周かけ回し
小皿には醤油が入ってるが・・・酢も入れてるのかどうかもわからずじまい。
酢と胡椒で食べたいのになとというのを否定されてる有難迷惑


リンガーハットDSC07595
皿うどん 具材
キャベツ・もやし・いか・かまぼこ・にんじん・玉ねぎ・ホールコーン・枝豆・長ねぎ・さつま揚げ
餡はかなり硬めのもので揚げた水分のない麺なのでもう少し餡は柔らかめでいいなぁ




リンガーハットDSC07596

極細パリパリ麺
スナック菓子でも食べてる感じで食事してる感じの食べごたえはないなぁ
まぁ俺にしてみれば連食でこれがおやつのようでもあるがw
太麺仕様もあるみたいだが割増価格
パリパリ麺に餡の水分が染みてきてしっとり食べやすくなったら酢の酸味が味わえて
それなりの美味しさで食えたのだがなんか物足りないと思ったら練りがらしがない。
取りに行くのも面倒だし・・・・
皿うどんにもスープが別でついてたらいいののなぁ


リンガーハットDSC07597
餃子
焼き加減はちょうどよく皮の表面はパリパリ噛むともちもちでいい食感
小ぶりの餃子で餡のボリュームはそれほどありませんが無料なので文句は言えません。

小皿の醤油タレにつけて食べると酢醤油でラー油は入ってない。
う~んカウンターまで遠いんだよな 面倒だから我慢するか・・・となる。
やっぱ小さな親切余計なお世話だったようだ。
現在レシート3枚 餃子だけ食いに行くかww




やっぱり長崎ちゃんぽん2倍盛がいいや


ごちそうさん


2016. 3. 12. 11:05

定期異動の時期でしたが残留決定となり非常にがっかりで9月までは妥協麺となりそう。

さて休日の妥協麺はこちら11時を少し回っての訪問
らーめん花月嵐DSC07551らぁめん花月嵐

前回は初訪でこんなもんを食べてます。
今回は・・・・黄金の味噌ラーメン 720円
シャキネギ 100円

カウンターで支払いましてブザーを持って席へ待機

らーめん花月嵐DSC07585
席についてから思い出しましたが初訪時にトッピング無料券もらってバックに仕舞ってあるのを思い出しました。
すでに遅し・・・まぁ今日ももらったのと2枚あるから6/30までに10回は使えるということだ。



らーめん花月嵐DSC07586
10分程度待たされてカウンターに行き無料の激辛壺ニラを小皿に取り分けてセルフ配膳
カウンターに調味料もいろいろあるんですけど食べてみないとどんな調味料入れたらいいか
わからないので何も入れません。半分食べて味変で胡椒や酢とか選択肢は席が遠いのでない。


らーめん花月嵐DSC07587
具材
有料トッピング:シャキネギ100円は斜め切りで荒く切ってるため辛味がでて食べにくいかな
高温のコテコテ味噌スープだからこの程度でいいのかもしれませんけど。
万能ねぎの小口切りはデフォで入ってるようです。
あともやしとチャーシューとコーン
チャーシューはかなり薄くスライスしたものをさらに細かく刻んだもの
トッピング自体のボリューム感はありません。


らーめん花月嵐DSC07588
スープ
げんこつでとったスープがベースの味噌味でラードと背アブラたっぷりのコテコテ
黄金色に輝くスープと黄金比率の味噌の配合って事で「黄金の味噌ラーメン」との事で、
芳醇な味噌の味を楽しむ事が出来ます。
花月嵐の人気の定番、基本のげんこつラーメンが基本になってるんだと思います。



らーめん花月嵐DSC07590
麺リフト失敗作


らーめん花月嵐DSC07591

上と似たようなものですがいまいちの撮影技術^^
前回食べた麺と同じもので中太平打ち縮れ麺で味噌スープとの絡みはいいです。
茹で加減も柔らかすぎず硬すぎず・・・・



らーめん花月嵐DSC07589
激辛壺ニラサービス食べ放題
そのまま食べるとすぐに頭皮から汗が・・・
激辛苦手の俺はこれでご飯は食べられないな
まぁ関内二郎や湘南j二郎の有料トッピングのようなあの味わいならバクバク食べれるが
激辛だとあまり食べれないから無料なんだなと勝手に思い込んでます。


らーめん花月嵐DSC07592
半分以上麺をたべたところで激辛壺ニラを投入して食べてみます。
ピリッとした辛味が加わって、辛味噌ラーメンっぽい味を楽しめます
スープで唐辛子を払い取り味噌スープのうまみを吸わせると激辛が和らぎ美味い。
頭皮から汗が噴き出したのは言うまでもありません。


らーめん花月嵐DSC07593
穴あきレンゲついてましたけどコーンはあまり入ってないので特になくても・・・・
スープは残して


ごちそうさん



2016. 3. 8.  12:35

ひとり所用で勝田に行きまして昼どきなのでお昼ご飯を・・・・と
一目散に駅前路地を入ります。

らーめん現代DSC07573
あれ?行列がないなと思ったら・・・・


らーめん大進DSC07572今日は火曜日で店休日だったのですね  がっかりです。
何もスタミナ両店火曜日にしなくてもいいんじゃないの?



七八 DSC07582
人生七転び八起きと励ましてくれる看板を見ると・・・・
なに屋さんだろう・・・七八
お?ラーメン屋?  しかも二郎カラーで^^





七八 DSC07574
店先のメニューを確認すると味噌が売りの店らしい
777円税込からとお高い強気な価格設定



七八 DSC07575
店内に入るとやや薄暗いBarみたいな店内には、カウンター7席・テーブル4卓があります。
店内でガラスに覆われた厨房のカウンターとテーブル席で先客3名
カウンター席に座りますとメニューとお冷を持ってきてくれました。
夫婦でやられてるんでしょうかね。


七八 DSC07576
*注:メニュー見るときは首を左に傾けてご覧くださいませ。
注文は七八みそラーメン & 777円 餃子 324円
店「GGスパイス入れますか?」
俺「爺スパイス?」とも言えず意味も分からず「あ、」はい」と・・・
GGスパイスとはにんにく、しょうがをピーナツオイルで混ぜたものらしいです。
つまりガーリックの「G」とジンジャー「G」でGGスパイス
卓上に置いてくれりゃいいのに・・・・



.七八 DSC07577
ラーメンは8分ぐらいで今風の深めの器で提供されました。


七八 DSC07578
スープ
げんこつを炊いて煮だしたスープで北海道味噌をブレンドしたものを使ってるらしいですが
白味噌・・・見ただけで甘そうな感じです。
豚骨味噌ラーメンですからややコクがあって美味しいのですけど
GGスパイスの効能いまいち??
別皿提供じゃないのでGGスパイス使用前使用後の確認してないのでデフォの味わいが不明
スープの表面はラードに覆われてアツアツなので○印


七八 DSC07579
具材
薄めの豚バラ@チャーシュー1枚、半味玉、もやし、キャベツ、ニンジン、玉ねぎ、ひき肉、かいわれ
サッポロ方式で野菜を炒めて豚骨スープ入れてアツアツのものでおいしいです。
薬味ねぎが入ってないのが残念



七八 DSC07580

多加水の中太やや縮れ麺で短めで食べやすいんですけど啜るほどでもないような
微妙な感じです。
チャーシューは柔らかめでスープが十分にしみてうまかったです。
味玉は半熟でちょうどいい具合でした。
ランチタイムは半ライス無料なのでとりあえずもらっておきましたがチャーシューを載せて
スープをかけて食ったのでした。写真忘れてますが・・・




七八 DSC07581
餃子
見た目の焼き加減はいい具合に思えたのですが・・・・
メニューには「皮がもちっパリっの自家製餃子」とありますがとんでもないです。
焼目のパリパリっと揚げ焼にされたみたいなサクサク感がうまいのに
外側の皮は水分含んでてギナギナして、中の具材も野菜中心で少なめの餡
美味しいとは言えない。

今回ブレだったのかどうかはわかりませんが味の素の冷凍餃子のほうがうまかったなぁ。



ごちそうさん

GGスパイス・・・
素直にニンニクやしょうがでいいんじゃない?
俺みたいに匂いが気になりニンニク敬遠する人もいるだろうし(嘘)、
しょうがだけ入れたい人もいるだろうし
ニンニクだけををガッツリ入れたい人もいるだろうし・・・・
卓上調味料が餃子用のものしかなかったですけど味変用に辛みそ、ニンニク、ショウガを
別容器でおいてほしいところです。
食べる人が自在に好き勝手にカスタマイズできる自由さがほしいかなと・・・個人的我儘


帰宅して「アンタナニタベタノ?」と言われたのはここだけの秘密です。



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆
おまけ
成城石井DSC07584
新宿駅構内の成城石井で買ったお弁当563円なり

成城石井DSC07584
おいしかったです。

2016. 3. 4.  13:58

山岡家で極美味(ごくうま)もつ味噌らーめん860円&半ライス110円を食べた後は
休憩を少しはさみつつ立ち寄ったのが・・はま寿司

お独りさまはカウンター席に案内されて座りまして、まずはお茶をセットしてから
液晶モニターで注文を・・・・
待ちきれずにレーンで流れてきてるネタの乾いてないものを物色してから
皿をとり食べる前の儀式である撮影してから食べますが・・・・

はま寿司DSC07564
富山湾産 漬けほたるいか
フェアメニューからの選択
うま味醤油ダレに漬け込んだホタルイカはトゥルンと舌の上に乗り口溶けする柔らかさ


はま寿司DSC07565
桜えび軍艦
こちらもフェアメニューからの選択
しょうががトッピングされ醤油を適量たらしさっぱりした味わい


はま寿司DSC07567
サーモンアボカド
アボカドとマヨネーズって相性いいね

はま寿司DSC07566
炙りまぐろガーリック
こちらもフェアメニューからの選択
びんちょうマグロなのかなぁ
炙ってかすかにニンニク風味

はま寿司DSC07568
ゆず塩やりいか
柚子のフルーティーな味わいやわらかなやりいかに少量の塩で上品な味わい
俺好きだな  これ

さてそろそろ今日の目的の主役を頼まないと・・・・
液晶モニターをタッチしてフェアメニューからの選択しました。


はま寿司DSC07569
はまぐりの旨だしラーメン410円税込フェアメニューからの選択



はま寿司DSC07570
具材
はまぐり、白髪ねぎ、小松菜

ハーフラーメンといったかんじだろうか



はま寿司DSC07571
スープ
北海道利尻昆布をたっぷりと使い、1時間以上じっくりとかけてダシをとったスープは
まぐりのダシが十分に出ているが妙に甘く化調の味わいぽいのが残るのは気のせいだろうか・・・・。


加水低めの細麺ストレートでやや茹ですぎた感は否めない歯ごたえで歯抜かりがするようなもので
一番嫌いなタイプかもしれん。

まぁ好き好きだけど・・・・・。
3/3から販売して非常に人気商品だということです。
勘定して895円なり

ごちそうさん



居酒屋hide

Author:居酒屋hide

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QR