休肝日返上! 気ままに食べ歩記

食わずして後悔するよりも食って公開するけど、美味い不味いは人それぞれだよね♪

2016. 3. 4  11:57

休日の昼時に外食はラーメンを食いたいのですがワンパターンとなってしまいますが
期間限定のラーメンで一部のブロガーさんにも評判のラーメン?
もちろん このお方も食べてますので食べてみようかと思った次第。

昼時でそれなりに混んでる店内入口で液晶パネル式の複雑な券売機で目的のアレを
購入しようと思うのですが1回ボタンを押して買える単純な券売機ではないので
利口すぎるのも善し悪し。
なんとか券を買い求めカウンター席はバッグやコートを置けずに座りずらいのでテーブル席に
ちょこんと座ります。

おばちゃんに食券を差出しますと好みを聞かれますが「すべて普通で」と

山岡家DSC07555
単品ラーメンは630円からあるものの注文したのは・・・・・
極美味(ごくうま)もつ味噌らーめん860円&半ライス110円



山岡家DSC07556

10分弱で提供されたのがこちらでございます。
期間限定はCP度よくないとわかっちゃいるのに860円なのにボリューム感はあまりないな
というのが第一印象です。
まぁ並盛ですが満足いくボリュームを期待すると1000円軽くオーバー


山岡家DSC07557
具材
モツ、茹でキャベツ、青ネギ、鷹の爪
HPの宣材のような盛りっぷりなら不服はありませんが・・・・・
青ネギもちょっとだけでモツは3個程度でしたよ。
大げさに言えば誇大広告になるでしょうし同じにできなきゃ宣材掲載やめりゃいい。


山岡家DSC07558
スープ
スープの表面はラードで蓋されてレンゲでスープをすくってみるとラードの切れ目から湯気が立ちこみます。
豚骨をじっくり4日間炊いたというスープは濃厚で気になる臭みもなく白味噌を使い味に深みが出てます。




山岡家DSC07559
特製味噌がベースとなってるので山岡家で一番好きな味わいですからうまいです。
スープを味わった後から舌に残るピリ辛味  うまく食える辛さはこのぐらいでちょうどいい。





山岡家DSC07561

太麺ストレートで麺の硬さも調整お好みで注文できますが普通で頼んでますが堅くもなく
茹ですぎでもなくちょうどいい感じでレギュラーで使用してる麺ですね。
歯ごたえはコシのある硬めの強靭な麺ででスープをまとい啜りますとうまいです。




山岡家DSC07560
白飯・・・・サービスでもいいのにw 110円なり



山岡家DSC07562
ぷりぷりのモツと青ネギとキャベツをいれてスープをかけたら仕上げに豆板醤を載せたら
オリジナル特製丼の出来上がり
マジうめぇ~!



山岡家DSC07563
完食です。


ごちそうさん



2016. 3 2 11:10

休日の昼飯
たまには違うラーメンでも食べてみるかということでフードコートのラーメン
以前G系のラーメンが営業してましたが撤退後に入った店

らーめん花月嵐DSC07551


らぁめん花月嵐HPリンク貼ってます

最近だいぶラーメン頻度が低迷したとはいえ恥ずかしながらこの店は初訪なのであります。
花月園は20代のとき何度かきましたが・・・因みに自転車とボートだけで馬だけは経験ないっすww
花月庵の地元蕎麦屋も食べましたが・・・
藤沢では駅から湘南二郎への行き帰りでこちらの店舗がありましたが特に誘惑されるまでもなく
未訪のままで宿題店とも考えてませんでした。
嵐げんこつらぁめんが基本メニューで期間限定メニューでいろんな店とコラボラーメンや創作麺など
サイドメニュー家トッピングも充実してるようだ。


らぁめん花月嵐DSC07541
レジで注文&精算してベルを渡されセルフ配膳システムです。
注文は本来初訪なら嵐げんこつらぁめん680円を頼むんでしょうけどそれじゃ面白くないので
嵐げんこつらぁめんBLACK MONSTER 740円
2013年に行われた、「らあめん花月嵐総選挙」にて100作品の中から人気第1位となったのが 
「嵐げんこつらあめんBLACKMONSTER」と書いてありました。




らーめん花月嵐DSC07542
トッピングやドリンク無料の特製サービス券をもらいました。


らーめん花月嵐DSC07543
10分弱でベルが鳴りセルフで・・・
カウンターに激辛壺ニラが無料でおいてあったので小皿に取り分けて持ってきました。
らぁめんのビジュアルはG系のような感じです。



らーめん花月嵐DSC07544
具材
豚バラ巻@チャーシュー2枚、もやし、キャベツ、刻みにんにく
もやしキャベツやニンニクの増量のニンニクコールがあればありがたいのですけど・・・・
刻みにんにくは極めて少なめで小さじ半分程度 レンゲで一杯入れてほしった
「アンタ ナニタベタノ? クサイカラヤメテヨ~」という声が遠くで聞こえたような気がします。
気のせいかもしれません。


らーめん花月嵐DSC07545
スープ
良質な豚の「げんこつ」をベースに数種類の味噌を組み合わせ、そこに「嵐げんこつらあめん」の200%という
段違いの激背脂を投じ完成する無敵のブラック味噌スープである。

とHPに書いてある通り豚骨のダシが効いて粘性のあるコテコテのスープの表面はラードや背アブラで
実に濃厚なスープに仕上がってます。
レンゲで一口味わうとぬるいかなと思ったら底のスープと混ぜたらアツアツ
トッピングの少量の刻みにんにくを混ぜたらさらにうまさが・・・・
焦がしたニンニクのマー油が組み込まれた「ブラック背脂」と「ブラックタレ」が加わり、香り高い大人
オヤジの味わいが生み出される


らーめん花月嵐DSC07546
豚は二郎のように荒々しい感じではなく綺麗めな感じのものでよく炊いて作ったものでやわらかではありますが
味わいは弱く薄っぺらなものという印象でした。





らーめん花月嵐DSC07548

中太平打ち麺
加水低目でボツボツした食感でもちもちした感じではなく歯抜かりした感じというのだろうか。
あまりこのスープと絡みがいいわけではないかなと・・・・
茹で加減はやや硬めなんでしょうかね。

らーめん花月嵐DSC07549
特に意味もなく同じような画像ですが麺の正面はつるつるしてて麺肌は実にいいんですけど・・・




らーめん花月嵐DSC07547
激辛壺ニラが無料なので小皿に取り分けてきましたが関内二郎や湘南二郎でニラキムチと称して
100円のトッピングで常に愛用したアイテムなのですがそのまま食べてみると・・・・
辛いのなんのって・・・どっちなんだい
辛いの苦手な俺は一口で額に汗ばむが・・・・
何もここまで辛くしなくても…と思うのは俺だけですかね。
半分以上食べたラーメンに激辛壺ニラを投入して食べましたが汗がタラタラ・・・


らーめん花月嵐DSC07550
スープは意外にうまかったので辛さを我慢して完食
意外に美味しいんじゃね?  らぁめん花月嵐


ごちそうさん




2016. 2. 26. 12:52


デカ盛の聖地 ぼんち食堂に昼時にやってきました。
店前まで来ると今店から出てきた10数名の団体が・・・
店内に入ると女性だけの10人ぐらいのグループや学生グループ、会社員グループなど
それぞれがデカ盛に挑戦していた。
この日は座敷やテーブルがほぼ満席でカウンターも半分ぐらい埋まった状態でいつもより
盛況な感じでした。


ぼんち食堂DSC07533

カウンター席の角の端っこに座りますとメニューとお冷を持ってきたのでメニューを確認



ぼんち食堂DSC07524
麺の中でラーメン大盛(10玉)940円を除きすべて制覇して何巡目かしておりますが
こちらの店で麺で迫力も最強のもの うまにそば 730円を注文
同メニューは過去に2度ほど攻略はしております。

ぼんち食堂DSC07525
こんな混雑しても注文から5分程度のスピーディーさで提供
”こぼれるほどの盛り具合”っていう表現はよく使いますが、”こぼれすぎた盛り具合”ですかね。
こぼれの美学をとくと堪能してくださいませww
攻略ポイントとしてはいかに激熱の野菜餡を食べて麺がダレる前に食べ進めるか・・・・
しかし今までうまにそば食べた中で一番こぼれて量があるなww



ぼんち食堂DSC07526
具材
白菜・人参・もやし・青菜・木耳・なると・豚バラ・目玉焼き・チャーシュー
他にも何か入ってたかなぁ



ぼんち食堂DSC07527
高温の野菜餡の野菜はシャキシャキ感がありフーフーしながら食べますが
横浜飯店の肉そばでかなり鍛えたので食べ方は心得てます。



ぼんち食堂DSC07528
右上に写ってるコップがかなり小さく見えますが6オンスタンブラーグラスです。
レンゲは長さ25cmもあるでかいものですがリンガーハットのレンゲも大きかったけど・・・・。
そのレンゲで野菜だけをすくい食べて、レンゲで野菜だけをすくい食べて、レンゲで野菜だけをすくい食べて
野菜をのんびり食べてても麺に到達できなきゃ麺がダレるだけ。




ぼんち食堂DSC07529
スープ
どんぶりの淵の方の野菜を食べて麺に到達したところで蓮華でスープをやっとのことてご対面
塩味と思いがちですがしっかり動物系のダシで濃いめの醤油ベースです。
魔法の白い粉をたくさん使ってると思われ舌先がやけに痺れます。
ちょっと入れすぎでしょ




ぼんち食堂DSC07530

餡はまだまだかなりある状態で箸を差し込んで麺を引っ張り上げようとしますが割り箸が折れそうなくらい。
白菜など大き目の野菜を食べ麺を引っ張り出せる空間を開けてレンゲと箸で麵を引っ張り出し
やっとのことで食べますが麺が具材の重みと餡のトロミがきつく途中で切れてしまいます。
餡がかなり堅めの餡なのと麺がダマになってるのと相まって麺を食べるのがひと苦労です。
銀皿の上の野菜餡たちはすっかり冷めて熱い丼に移しながら食べるとどんぶりのスープも適温

ぼんち食堂DSC07531
多加水の中太平打ち麺は2玉半あるそうですが麺は堅めにゆでてあるようです。
タンメンとどんぶりは同じ大きさで麺の量もたぶん同じですがこちらのうまにそばのほうが
さらに皿にこぼれてる分以上具材も麺も食べごたえありますわ。



ぼんち食堂DSC07532
具材はすっかり食べ終わったのですが小さいもやしがスープに浮いてて穴あきレンゲなら
綺麗に食べれたのですけど・・・
スープはこれぐらいで勘弁してやっておきました。


ごちそうさん





追記
新宿で車中食べるのに買ったお弁当
鳥の黒酢あんかけ


成城石井160217_121426
ご飯の量もこのぐらいでちょうどいい
小食な俺

成城石井160217_121443
ブロッコリ、玉ねぎ、パプリカの彩も綺麗  美味しい


ぼんち食堂DSC07524





最近の出来事
「お客様がこれを実行した覚えがない場合、悪意のあるユーザーがお客様のパスワードを
使っている可能性があります」
そんなメールをもらったからには最近のアクティビティを調べたのは言うまでもない。
マイクロソフトのアカウントの不正アクセス、乗っ取られたのか・・・対策ソフトは入れてるが
残した不正アクセスのIPアドレスを検索してピンポイントで確認できた。
アメリカのバージニア州、オランダのアムステルダム・・・MSの会社なんだろうか?
あと1件は千代田区役所で表示されたが・・・ハテ?
ホスト名を調べたら、softbank***************.bbtec.netでOKでした。
日本で自分のIPアドレスから検索したら住所より20km以上離れた場所を表示され、
グーグルマップのストリートビューで表札で苗字も確認することができたが意味不明。

マイクロソフトのアカウントのパスを複雑な奴に変更しておいた。





2016. 2. 23. 14:26

クルクル寿司を食べた後寄り道
道端の七福神


七福神DSC07483
大黒天

七福神DSC07482
布袋尊


七福神DSC07484
恵比寿天


七福神DSC07485
羅生門天


七福神DSC07486
弁財天


七福神DSC07488
福禄寿


七福神DSC07489
寿老人

無責任だが合ってるかなぁ?



三角屋DSC07500

三角屋



三角屋DSC07490
昼時を過ぎておやつの時間帯、店内に入ると先客1名
店内ガラガラ空いててテーブル席に座ればいいものをいつものカウンター席に座ります。
注文はラーメン 650円
お酒も頼もうと思いましたが苦渋の決断でやめておきました。

三角屋DSC07491
注文からわずか3分、カップ麺の待ち時間程度で提供されました。


三角屋DSC07492
具材
チャーシュー2枚、海苔2枚、なると2枚、メンマ多数
ねぎもねぇ~♪ レンゲもねぇ~♪


三角屋DSC07493
スープ
動物系のダシに香味野菜の奥に魚介の風味
カエシが強く感じるが味わいは尖った味わいではないがやや酸味がある。



三角屋DSC07494
スープの表面アブラはほとんど浮いてなくねぎを入れない理由は味が変わるかららしいが
俺はねぎをたくさん入れて食いたいところ。


三角屋DSC07495

加水低めの中細縮れ麺でやや硬めの茹で加減です。
スープがまとわりついて啜るとうまいです。


三角屋DSC07496
チャーシューは豚もも肉でぱさぱさですがこれはこれでちょうどいい塩加減で噛むと
うま味がでていいんじゃないかな?


三角屋DSC07497
意味もなく2枚目のチャーシュースープに浸しておいたのでスープも吸い込み少しジューシーさが・・


三角屋DSC07498
全く意味はないがチャーシューの厚さをご覧くださいませw



三角屋DSC07499
スープも飲み干してしまい
ごちそうさん




2016. 2. 23.  12:00

休日の昼飯はあんかけラーメンと小丼でもと、あの店に行ったのですが
店は閉まってランチはやめたのかな?
忙しいだけで儲からないし・・・・。   残念

Uターンして、はま寿司へ・・・HP
カウンター1番席に案内されます。


はま寿司の醤油131212_shoyu_east.jpg
今回は濃口醤油の選択
はま寿司の醤油容器は押すと出る量が加減できるのでかけすぎがないのがいいかなと・・・
なのでわさびは3袋ぐらい皿の出して、箸で適量を寿司にトッピングした後に醤油を直接寿司に
かけて食べます。寿司が崩れなくて食べやすいわ。



はま寿司DSC07471
レーンで左手ソデから廻ってきたのでGET
姿やりいか
醤油を数滴垂らして味わうとしょうがのすっきりした味わいうまし



はま寿司DSC07472
お酒を頼みました。
月桂冠 410円
お寿司にはお酒がお似合いgood!
でも器が大きすぎるのか呑兵衛はあふれるぐらいなみなみと注がれないと拗ねる。


はま寿司DSC07473
焼きとろサーモン
焼きと炙りの違いがいまいちわからず
焼きは網の上で焼いて、炙りはガスバーナーなんでしょうか  ハテ?


はま寿司DSC07474
サーモン
スジがなくてうまいなぁ




はま寿司DSC07475
まぐろ
わさび多めに載せてたべますが美味しい
わさび3袋なんてすぐなくなっちまう。チューブ式のものを置いてほしいなぁ



はま寿司DSC07476
特製漬けまぐろ
わさびだけでいただきますがちょうどいい塩梅
酒がすすむ



はま寿司DSC07477
しめさば
昆布の風味やうま味と酸味が程よくうまい。



はま寿司DSC07478
オニオンサーモン
オニオン載せて隠しても筋がなくちゃんと美味しいサーモン
オニオンがのってる寿司みたいなものほどあの醤油さしが威力を発揮
数滴醤油をたらしてちょうどいい塩梅で味わえます。



はま寿司DSC07479
えびアボカド
サラダ感覚で箸休め的でアボカドとマヨネーズは合うわな



はま寿司DSC07480
ほたて
昼時なので個別注文頻繁にしなくてもけっこう回ってきます。




はま寿司DSC07481
ゆず塩やりいか
柚子の風味とちょうどいい塩加減  これは美味しい

10枚食べたのでこれで終了


勘定したら・・・・
@97円 x 10皿
@410円 x 1
〆て1380円なり


ごちそうさん


3/3から本鮪と春の味わいキャンペーン開催なので
本鮪中トロや漬けほたるいか、桜海老軍艦、そしてはまぐりの旨だしラーメン410円食べに行かなきゃ


2016. 2. 25 18:40

朝早起きで東神奈川まで来て酸欠になりそうなぐらい大勢で飯ぐらいはのんびりと
独りで食いたいので少し離れた店へ
駅前路地裏の1階は”とんかつせんのき”で姉妹店2階の”もっきんばーど”へ・・・
ほんとうはニュータンタンメンで食べたかったのですが一人だけ密室でニンニク臭漂わせたら
迷惑ですからね・・・・


もっきんばーど160225_120316
夜はやきとり屋で昼はランチをやっている店
ランチメニューは・・・
生姜焼き756円
日替わり定食756円
お好みカツ丼702円
焼き鳥屋さんの親子丼702円
肉じゃが定食702円
カツカレー756円

日替わりの鶏のカツ煮定食756円

もっきんばーど160225_115156
おっ?
思ったよりボリュームがあったのでびっくりです。
デジカメはバックに入ってまいたが会議室に置いたままですからガラケーで

ごはん、味噌汁、漬物、煮物、鶏のカツ煮

もっきんばーど160225_115205
カツ煮の汁は甘すぎず薄すぎず、卵のトロミ具合も絶妙でうまし。
カツは”とんかつせんのき”で揚げてるんでしょうね。
”とんかつせんのき”でヒレカツ食いましたがうまかったです。
そのときは”もっきんばーど”に来たつもりでなんかおかしいなと間違って入ったんですけど

昼飯の後は眠気を我慢しつつメモをとるふりしてラーメンの絵書いたり・・・
書かなかったり・・・・

17時にはやっと終わりまして白楽の少しだけ残念なラーメン食って胃もたれしつつ
新宿に向かったわけで・・・・
安近短の東急東横線で新宿三丁目へ40分

伊勢丹裏手から地上へ出て新宿大通りを東口方面へ
前回行きたかったあの店へ・・・

新宿四文屋DSC07511
この時点で18:23
店先で店内をビニール越しで覗くと満席に近い盛況ぶりで若い人々達・・・
もつ焼きの煙の店内とビニールで蓋されて窒息すると困るので(嘘)やめておきました。
昼営業してほしいなぁ

西口に廻りバスの予約してから冒険で初訪の店へ

やきとり○金DSC07523

やきとり◯金 新宿本店


やきとり○金DSC07512
エレベーターで3階へ行きますが2階はキリンシティーですか・・・
次回はキリンシティーに行ってみましょうかね。

やきとり○金DSC07513


3階のやきとり◯金の店のドアを開けて店内に・・・・
若い奴らばかりでほぼ満席に近い感じで躊躇したが湯いつ空いてたのがカウンター席
おひとり様は俺だけのようで入口に近いカウンター席に案内され座ります。

やきとり○金DSC07515
飲み物は単品で頼んでも1杯250円税別
70種類の酒類は30分で299円で1時間からなので飲むだけで598円は取られる勘定 安っ!

若いお姉さんに店のシステムの説明を受けてジョッキを渡されスタートです。
セルフなので好きなものを好きほど呑めと・・・いう感じ
とりあえずビールサーバーで自動でジョッキが傾いて注いでくれるもので楽しい。
もちろんビールサーバーは散々バイトで取扱いしたので大丈夫ですが・・・飲むのもw

やきとり○金DSC07514


ビールはすぐ一気に飲み終わりつまみの注文まだしてないんですけど・・・
入り口そばのカウンター席は店内から死角になる場所で店員は来ません。
俺の後ろ忙しなく人が出入りするなと思ったらトイレの入り口でした。

やきとり○金DSC07516

2杯目のビール注いでからバイトのねーちゃんに注文を厨房で遊んでる
ねーちゃんのとこまで行って・・・・

やきとり○金DSC07517
ポテトサラダ 350円
豆腐の揚げ出し 390円
税別を注文
焼き鳥も頼もうと思いましたが串の先っちょに一口だけの小ぶりなもので、店員さんが
おまかせは1本単価が安くストップかかるまで持ってくるという。
3本で普通の1本分ぐらいかな

おねーちゃんがポテサラを持ってきましたが何やら聞いてきます。
「ジャガイモは大きいのと小さいのどっちぃがいいですか?」と
俺「大きいゴロゴロので・・・・」
すると木のスプーンで潰し始めしばらくしておいていきました。

やきとり○金DSC07518
ジャガイモ、茹で卵半分、オニオンスライス、明太子、マヨネーズなど
食べてみたらぐちゃぐちゃの感じで微妙でしたが美味
ボリュームも意外とあるしいいんでない?
中ジョッキ3杯目呑み終わり・・・・
ドリンクバーへ行きジョッキを水道で濯いで氷を入れて角ハイボールタワーから注ぎ
超炭酸角ハイボールでも・・・・

やきとり○金DSC07519
おお炭酸つよし


やきとり○金DSC07520
豆腐の揚げ出しが来ました。
揚げた豆腐の大きさは豆腐半丁分でもみじおろしと青のりがのってます。
ダシは醤油濃いめでですが俺にはちょうどいい
うまし


やきとり○金DSC07522
2杯目の角ハイボールですが氷足さずに入れたので見た目ぬるそうに感じます。

このあと3杯目飲んで合計6杯飲んで飲み物だけで1500円のところw
勘定をしてもらい1445円なり
CP度抜群



ごちそうさん


帰りのバスはマックでハンバーガーをコーヒー飲みながら食べてたら俺に若い子が
「ここあたしの席なんですけどぉ」
俺が間違って窓際座ってたんだけどその子はおっさんの尻のぬくもりのシートに座りました。
車内8割女子学生風でオッサンはいないわ恥ずかし



2016. 2. 25

早起きしてわざわざ東神奈川まで終日だらだらと実らぬ会議。
2~3か月振りで会った方はいきなりハゲチョビンでびっくりポンだす。
そこまで仕事に打ち込んでストレス抱えて禿たのかどうかは知りませんが・・・・。
出張もデメリットばかりだけじゃなく17時まで我慢すれば神奈川ラーメン&呑みの
プチ遠征ができる点だけがご褒美。
この日の翌日は休日だったので宿泊OKだったのですが気が乗らず
17時にやっと終わり一目散に六角橋方面へ・・・

とらきち家を覗くと7名ぐらい入ってましたがスルー。

六角家DSC07501


となりの六角家本店を覗くとマスターは不在で若いのが2名いてひとりはまかない中
もうひとりは厨房の台に土足で上がり掃除の最中?
衛生的にどうなんでしょうかね

とりあえず店舗入口左の外の券売機で食券を買い求めます。
ラーメン 650円
キャベチャー 100円


思い切って先客なしで閑古鳥が鳴いてる店内に入り食券を差出し豚骨臭を感じつつ
カウンター席に座ります。
お好みは普通で・・・


六角家DSC07503
卓上調味料は、にんにく・辛味噌・生姜・胡椒・酢・醤油ダレなど


六角家DSC07502
4分後に提供されたキャベチャー
どこぞの店のようにチャーシューが2粒ということはありませんがチャーシューの薄切りスライスが
たったこれだけ・・・・
キャベツは芯の部分がゴツゴツと多いようですがせめて芯のところなら薄くスライスするぐらいの
気配りはほしいものです。
醤油タレがかけられておりますけど・・・



六角家DSC07504
7分ぐらいの待ちで提供されました。


六角家DSC07505
具材
肩ロースのチャーシュー1枚、海苔3枚、ホウレンソウ、薬味ねぎ




六角家DSC07506
スープ
見る限りデフォのアブラはかなり多めでアブラっぽい
スープはぬるめで醤油ダレのキレが感じず何よりも店内が豚骨臭がするのに
豚骨のダシがけっこう弱いのでまったりとしたボケた味わい。
何度かレンゲで味を確認したがはっきりした味わいではないため早々と醤油タレを投入しました。



六角家DSC07507
脂身少なめの肩ロースのチャーシューは箸で口に運ぶとゴムぞうりのような硬くて噛みきれない
硬いものでパサついて味わいは薄く・・・・俺の好みではない



六角家DSC07508

家系ならではの王道の酒井製麺を寸胴で麺茹でして平ざるで救い上げして湯切りが甘いので
スープに雑味が混ざるのかもしれません。
麺の茹で具合はゆるゆるの柔らかいものでデフォでこんなに柔らかいなら固め注文するんだった。


六角家DSC07509
何とか固形物は我慢して食べ切ることはできたが分厚いキャベツの芯はなかったことにして
スープに沈めておいた。
スープは飲めず・・・・・

ごちそうさん

しばらくは再訪はないな



六角橋DSC07510
六角橋あたりでもう1軒と思いましたが不味いもの食った脱力感で白楽へ向かいJRより安い東急で
新宿三丁目へ向かうのであった。
2016. 2. 29

2月29日は何の日?

◆閏日[うるうび]
4年に1度の閏年[うるうどし]には、2月28日の翌日に閏日として29日が入るとのこと
これは、1年の日数が365日ではなく365.2422日なので、そのずれを調整する為であるらしい。
西暦の年が100で割り切れ、かつ、400で割りきれない年は閏日を入れない平年になる。
この日誕生日の人はなかなか年とらないわけだ・・・・嘘


◆富士急の日
富士急行が2003(平成15)年に制定したらしい。
「ふ(2)じ(2)きゅう(9)」の語呂合せ。


◆肉の日
都道府県食肉消費者対策協議会が制定したらしい。
「に(2)く(9)」の語呂合せ。




そしてそんなことより最も大切な日・・・・・
それは


◆ニンニクの日
ニンニクの生産量日本一の青森県田子町が実施。
それとは別に、ニンニクを使用した健康食品を販売する株式会社健康家族が制定したらしい。

「にん(2)に(2)く(9)」の語呂合せ。

ということで最近ニンニクの話題があちこちで・・・・
ニンニクの日だったからだったのかなと・・・勝手に納得

それはあの方西横浜・隆翔 で 牡蛎のタンタンメンから始まった。(必ずリンク踏んでくださいね)
元祖ニュータンタンメン本舗(イソゲン)のニュータンタンメンさえも食べてなくてラヲタ気取りしてた俺恥ずかし


で・・・
文中の失敗したリンクをたどると・・・・
この方隆翔で、牡蠣のタンタンメン♪のとこに飛んで・・・・

さらには・・・・
文中のリンク踏んだら過去に辺鄙な店で遭遇したことのあるryux3さん
2月の限定 牡蠣のタンタンメン 1,050円のとこに・・・


で・・・・
さらには文中の
はまレポを踏んだら


きょうはニンニクの日。
ニンニクまみれ、桜木町の専門店に突撃!

野毛でオープンしたガーリックハウスと言うにんにく料理専門店の紹介が

「アンタナニタベタノ?」の質問が出されます。 
ふーむ、当日の夜は勿論、翌日の朝までネチネチと言われましたから、
よほどにニンニク臭かったのでしょう…って、
そしたらコチラの店なんか怖くていけませんよね(臭)

読みながら・・・・あるある失笑しつつ
”野毛・ガーリックハウス DE ニンニク祭”のニンニクマシマシニンニクまみれを読ませていただきましたが


はまレポに記載の
「野毛の三大ニンニク料理」
も気になるところ



そしたらこちらに飛びました。



野毛三大にんにく料理といえば
福田フライ、三陽のバクダン、第一亭のパタンらしい。
ぜひ行ってみたいと常々思ってたが・・・・

一晩に3軒梯子して何時間経過すればニンニク臭が消えるか?のミッションは
結局、「にんにく臭」が完全に消えたのは検証を開始から「49時間後」だったらしい。
恐るべし
俺の場合はどのぐらいかかるのか・・・検証しなくてはなるまい。
遠征しなきゃ・・・
関内二郎で野菜ニンニクマシ食べた後に・・・・野毛でニンニク梯子か?


ニンニクに流れ・・・・・









Author:居酒屋hide

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QR