休肝日返上! 気ままに食べ歩記

食わずして後悔するよりも食って公開するけど、美味い不味いは人それぞれだよね♪

竜家DSC05749

2015年のストックネタ負け試合の消化試合のようにすべてブログアップして新年を迎えたかったのですが
だめでしたね・・・・。
マイペースでアップしていきたいと思います。

♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪
スポンサーサイト
2015.11.27 13:11


ラーメン専科DSC07138
初訪でファミレス感覚の妥協麵
くるまやラーメンとかどさん子ラーメンの部類でしょうか・・・今では過去形のラーメン屋さん
ラヲタじゃない当時は味噌ラーメン派で食べてましたけどw

店内に入ると昼過ぎですが半分ぐらいの客入り
店員に促されることもなくおひとりさまは率先してカウンター席へ



ラーメン専科DSC07139
メニューを確認しますと東京しょうゆラーメン、味噌、塩、とんこつでトッピングなどビジュアルは同じで
スープが異なる感じでしょうか。
別メニューでミニチャーハン、ミニチャーシュー丼、ミニ肉丼が各260円
注文は味噌ラーメン 610円 ミニチャーシュー丼260円

ラーメン専科DSC07140
15分ぐらい待たされ感の中提供されたのがこちらです。
丼は浅く洒落た器ですがビジュアルはボリューム感はないです。

ラーメン専科DSC07141
具材
モヤシ、玉ねぎ、人参、ニラ、わかめ 薬味ねぎは入ってない
札幌鉄鍋方式のような香ばしさはないのでボイルですかね


ラーメン専科DSC07142
スープ
ラードで覆われたスープは味噌と豆板醤、黒ゴマや魔法の粉などが熱々になってますが
思ったほどコクはありません。



ラーメン専科DSC07143

加水多めの中太縮れ麺で特筆すべき点はありませんが麵茹でもう少しカタメが好み

ラーメン専科DSC07144
ミニチャーシュー丼
もうこれ以上薄く切れないほどの豚バラチャーシューに薬味ねぎに醤油ダレのもの
刻み海苔がパラパラかかってますがいた海苔で巻いて食べたいところ
260円・・・・はぁ
CP度は全くよくありません
あの店のキャベチャー100円+ネギチャーご飯150円のほうが天地の差で美味いかな

ごちそうさん



追伸

年末押し迫り多忙の日々
皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
きっといい年を迎えられることでしょう
わたしゃ 油断して風邪ひきさんで熱を計ったら35.8℃
声が出ません。
アルコール消毒中
2015.11.24 16:00

遅い時間の昼飯を回転寿司まるくにでたべたあとは、お風呂屋さんへ・・・・

極楽湯DSC07135
日本一店舗数の大きいお風呂屋さんでございます。
入口で腕に巻くベルトをもらい館内で飲食やサービスを受ける際ベルトのナンバーで
帰りに会計するシステムです。
内湯では炭酸の湯、日替の湯、水流の湯、雲龍の湯、冷水風呂
露天風呂では弱酸性硫黄の湯、絹の湯船、壷の湯、そして高温サウナなど多彩にあります。
長湯ですっかり喉も乾き汗もかいてさっぱり爽快感の後は・・・・
目的のお食事処へ・・・・




極楽湯DSC07131
こちらのうどんは自家製の細打ちうどんでざるうどんは普通200g 大盛300g 特盛400gが
540円+税で同料金でお手ごろ
以外にスーパー銭湯だと飲食が割高な印象ですがこちらはリーズナブル
だから会社が大きくなったわけ?

極楽湯DSC07132
定食ものも価格の割に結構豪勢

極楽湯DSC07133
おつまみも200円から500円程度


極楽湯DSC07128
飲み物もかなり豊富


極楽湯DSC07126
注文は口頭注文でもOKですがタブレットで注文してみました。
生ビール 中 480円 +税

極楽湯DSC07127
泡が少し多いですが・・・・一気に半分ほどグビグビと勢いよく飲んだのでした。
風呂上りのビールはなんておいしいんでしょ

極楽湯DSC07129
あっという間になくなってしまったビールの後は・・・
ホッピーしろ 460円・フライドポテト290円 +税をタブレットで注文

ナカは4割ぐらいとまぁまぁの量でホッピーを逆さにジョッキに泡を立て注ぎます。

極楽湯DSC07130
フライドポテトは熱々の揚げたて・・・・うまし
さらにナカ 250円+税を・・・・

帰宅してからの晩酌もあるので、きょうのところはこのぐらいで勘弁しておいたのでした。


極楽湯DSC07134


極楽湯DSC07137
たまに終日のんびり風呂に浸かったり飯食って飲んだり昼寝して一日過ごすのも
贅沢な過ごし方かもしれない。
そのときは うどん特盛を食べてみたい。
 

今年も残りわずか・・・・少し風邪気味で熱を計ったら35.8℃
アルコール消毒が足りないのかもしれん




2015.11.24 15:40

連休の帰省日の遅い遅い昼飯は外食でくるくる寿司にしました。
ラーメンが良かったのですがこの時間に食べて晩飯も食わなきゃならんので・・・
かるく寿司でイッテおきました。
だったら腹一杯なら食うなよっていう話ですが・・・・・。

まるくにDSC07125
回転すし まるくにクリックしたらHP



まるくにDSC07116
炙りサーモン

まるくにDSC07117
まぐろアボカド軍艦

まるくにDSC07118
えんがわ  かな?

まるくにDSC07119
赤海老

まるくにDSC07120
やりいか?

まるくにDSC07121
炙りしめサバ

まるくにDSC07122
びんちょうまぐろ

まるくにDSC07123
ねぎとろ

まるくにDSC07124
うに


何頼んだか・・・・だいぶ前のことなので忘れてるので違ってるかもしれませんが
100円税抜がほとんどだったと思うが・・・はて?
ごく一般的なチェーン店の100円寿司とは別格の内容の店です。
店のホワイトボードに本日のおすすめ品などが掲示されてるので赤海老は記載されてました。

こんなもんで〆て勘定


ごちそうさん

2015.11.23 21:12

連休前の帰省日で途中下車して向かった先は6国沿いの24h営業の人気店
がんこやラーメンへ・・・

がんこやDSC07108
店内に入るとコの字型のカウンター席24席の7割程度の先客
タイミングが悪いと客席後ろで背後霊の如く待ちができます。
イスに座りメニューを・・・・

がんこやDSC07109
まぁ人気メニューの「みぞれ」「岩海苔」を食べれば無難な線なのですが・・・・

がんこやDSC07110
季節限定メニューや・・・・

がんこやDSC07111
定番メニュー・オリジナルメニューも見たりしてたら迷ってしまった。
メニューを一つずつどんなものか見てるだけでも時間がかかりますが「おすすめ」表記してあれば早いのにw
一見さんは迷うだろうし厨房の中を見ると5~6人いるが若い兄ちゃんら全メニュー理解できてるのかな
悩んで葱ラーメン 750円の注文。
もちろんこれだけメニューの種類あったら液晶パネル式の最新式券売機でないと無理ですが
口頭注文の後払い方式になってます。
悩んだ時間も入れて入店から10分程度でできあがり



がんこやDSC07112
体裁のいい器に盛られたラーメンから湯気が立ち上ります。

がんこやDSC07113
具材
白髪ねぎ、薬味ねぎ、チャーシュー、メンマ、海苔
ラーショのネギラーメンは白髪ねぎをラー油で和えてますがこちらは醤油ダレで和えてます。


がんこやDSC07114
スープ
うっすらと半濁豚骨ベースのスープで表面はたっぷりの背脂ラードで蓋をされて火傷するほど熱いのでレンゲで
スープを味わうのに難儀します。
味わうとかなり塩味がきついものでこれもブレなのでしょうけど・・・

がんこやDSC07115

多加水の中細ストレート麵
茹でるのは何杯かのロット分を金ざるに入れて麺の表面の粉落としをしてから茹釜に入れ
1人前ずつ平ざるで湯きりしながら上げてます。
チャーシューは1cmぐらいの厚めのもので柔らかく脂身少な目で美味い
スープは汗が出るほどしょっぱいので半分ほど残して終了

ごちそうさん



2015.11.10 17:50

雨三屋でいつもより食べて飲んで極めつけの金宮梅割りが利いたかな。
飲んだ後は汁ものが欲しい・・・俺だけかな
さて炭水化物で〆ようとやってきたのは丸政
丸政DSC06974


店内に入ると先客5名ほど
立ち食いスペースとテーブル席がありますが皆テーブル席
注文の仕方は丸亀方式で初めにトレイを取りましててんぷらやサイドメニューがある
誘惑ゾーンを通過してまんまと策店側の略にはまりまして小皿に山賊揚げを・・・
レーンの最後にかけそば大盛を注文して会計となります。
因みに並と大盛は同料金なので・・・・


かけそば(大盛) 290円 山賊揚げ(小)80円


丸政DSC06970
注文したものはこれだ。

かけ蕎麦が出来上がった後にカウンターに薬味ねぎと天かすが入れ放題でしたが薬味ねぎが
ショボイ量しかなく「葱ありませんよ」とも言えず、まぁ全部入れてなんとかこんな量になりました。

丸政DSC06972
蕎麦は湯がいただけでなく少々茹で時間がかかる蕎麦で茹で置きのコシのないふにゃふにゃなもの・・・
ではなくこの価格としてはいいんでないかい?
刻み葱と天かす入れ放題なのでそこそこにいれて七味をかけていただきます。
つゆは鰹風味の薄めの醤油ですがちょうどいい味わいで美味しい。


丸政DSC06971
山賊揚げは昼間なら揚げたてを食べられるのですがこの時間ともなると冷えて硬いものです。
鶏のムネ肉を醤油に生姜、ニンニクなどの調味料のタレに漬けこんで味が付いたものを
カラッと衣で揚げたもので松本の方でよく食べられてるそうです。
そばつゆの中に入れて適度に温まったものを食べたら山賊揚げもうまいがそばつゆにコクが出て美味い。

我孫子駅の下りホームの弥生軒の立ち食いそばのこぶし大の大きな唐揚げも有名ですが
昔、某倶楽部の●館様はバイクで行って入場券を買ってまで唐揚げを5個も載せて
食べてましたが、小食の俺は2個で十分です。
丼に蕎麦抜きでそばつゆ入れてもらって食うほど人気
蕎麦に載せて食う唐揚げとしては山賊揚げのほうが食べやすいかも知れんが
機会あれば我孫子で降りてでも食べたいなぁ



ごちそうさん


2015.11.10 16:10

リンガーハットでちゃんぽん麺と餃子の昼飯のあとは開店時間が1時間前倒しになった
雨三屋へ行ってみました。

雨三屋DSC06959

店内に入ると先客無で1番乗り、カウンターの手前の席に座ります。

雨三屋DSC06961

小綺麗な店内の壁面にはメニューが木札で掲示してあります。
雨三屋DSC05536
メニューを確認して定番のホッピーセット 白 400円注文
*注 メニューは3月当時の転用のためメニューに記載の炙りレバーはありません。

雨三屋DSC06960
ナカは半分程度となかなかいいんじゃないかい?
さらには刺身盛り合わせ 400円注文

雨三屋DSC06962
ホッピーグビグビ うまいぜベイビー♪
ナカ 250円注文


雨三屋DSC06964
調子に乗っておかわり
ナカは6割程度とだんだん鬼割りの域に・・・・あぶねぇ~

雨三屋DSC06965
レバー 100円
条例で炙りレバーがなくなったのが残念
*炙りレバーに代わりゴマレバーになってます。


雨三屋DSC06966
タンすじ 100円
柔らかくちょっと焦げた苦みが美味しい・・・これ好き

雨三屋DSC06967
さらに調子にのってお代わり
ナカ 250円
酔ったかな?手振れ画像
さらに鬼ナカの域に突入  

雨三屋DSC06968
この辺になると何頼んだのか・・・・・
ゴマレバ 100円と・・・なんだっけ?


雨三屋DSC06969
さらにアスパラ・ニンニク各100円
そして悪酔いドリンク おひとり3杯までの注意書きのある店もあります
金宮梅割り 350円
辛味噌をなめただけでも酒が進みます。

うわぁ~飲んだ呑んだ センベロどころか
勘定 2530円ベロベロ

ごちそうさん


2015.11.10 12:00

休日のオヤジ飯
わざわざ交通費掛けてご苦労さんどす。

無難に安くておいしいリンガーハット長崎ちゃんぽんに来ました。

リンガーハットDSC06952
長崎ちゃんぽん 麵2倍 583円 税込を注文
そして前回食べた時のレシートで”お客様アンケート”に回答して5000円の食事券ははずれましたが
もれなくぎょうざ5個かドリンクサービスなのでクーポンコードを記載したレシートで餃子を頼みました。

リンガーハットDSC06953
ベルが鳴りセルフ配膳
調味料などはそこで使わないとならず不便ですが胡椒と塩だれをでかいレンゲに入れて席へ
思わず少し食べてしまってからの撮影となりました。

リンガーハットDSC06954
具材
キャベツ、コーン、蒲鉾、さつま揚げ、もやし、青豆、人参、海老、豚肉など
たっぷりの量で料理された具材はスープの旨みを纏い美味しい。

リンガーハットDSC06955
スープ
豚骨ベースで乳白色のスープは魚介系や野菜の旨みが溶け込み美味しい。
中盤戦に味変用のアイテムとして先取りの柚子胡椒をスープに混ぜ混ぜして味わいますと
柚子の風味と辛味がアクセントにいい感じ。
餃子の皿にたっぷりと柚子胡椒もらっておいたのだww

リンガーハットDSC06957

普通200g 大盛300g 倍盛400g
麺増量サービスはとてもありがたいですがほかのメニューも対応してくれたら
ワンパターンのメニューじゃないものを注文するんだけどなぁ
麵は極太麺で顎が疲れるほどの硬めの茹で加減
ワシワシと食らうタイプの麺

リンガーハットDSC06956
餃子はちょうどいい焼き加減
サービスだからって手抜きしてません。
外側の皮がパリっと中はジューシーな餡が・・・
柚子胡椒と酢だけで味わいますと辛さと酸味がさっぱりして美味しい。
醬油とラー油を入れて黄金ダレでさらにおいしく味わいました。

リンガーハットDSC06958

アンケートに答えたレシートあと2枚財布にしまっておいたまま・・・
2016.5.31までに使わなきゃw

ごちそうさん



2015.11.4 12:00

はねだ家の後にすぐ訪問したのがこちら来来亭

来来亭DSC06942

広い店内リーマンンおひとり様が数名ほどの先客
口頭注文の後払いシステムのためカウンター席にすぐに座ります。

来来亭DSC06943
注文はラーメン 670円税込
ネギ多めで注文
ランチタイムはライス無料なのでせっかくなのでライス小を頼みました。

来来亭DSC06944

来来亭DSC06945
卓上調味料はこんな感じ
卓上の鰹風味のふんどし梅干しは食べ放題

来来亭DSC06946
注文から5分程度で提供されました。早っ

来来亭DSC06947
具材
青ネギたっぷり・豚バラ薄切り・メンマ

来来亭DSC06948
スープ
京都風鶏ガラ系のあっさりスープに背脂チャッチャのこってりなコクで一味の辛味が後ひく旨さ
やや濃いめの醤油の風味だが背脂のアブラの甘さで丸くなってる感じ

来来亭DSC06950

太麺もありますが黙ってると細麺での提供ですが知ってるので無問題
低加水の細麺ストレート麺でザクザクの歯ごたえで硬めの茹で加減。
麵を箸で持ち上げますが当然大盛りのネギとスープが絡み美味いです。
ダレないうちに麺を優先させて食べます。
半分ほど食べて唐辛子と胡椒をかけて食べます。

来来亭DSC06949
白いご飯に梅干しを載せて食べますがここでジーザスさん伝授の丼を創ります。

来来亭DSC06951
豚バラと葱とメンマをトッピングしスープをかけて出来上がりで仕上げには豆板醤を・・・
連食なので流石にいやいや兎も出始めたけど白飯だけでは食えなかったが
特製丼ならサクサク食べれてあっという間に完食
うまかった

ごちそうさん



2015.11.4 11:30

滅多に食べなくなった休日のラーメン
休日2~3軒の連食してた時期もあるがそのころで年間200杯チョット
毎日食べられる状況なら200杯なんて容易なことですが休日限定なので・・・・。
しかも美味しいラーメンが豊富な地域なら・・・・。
そんな中で訪問したのが六角家姉妹店はねだ家

はねだ家DSC06940


店内に入ると「いらっしゃいませ」の耳を劈くような威勢のいい魚屋にでも来たような挨拶
先客は半分ほどの入りで入口付近の券売機で食券を求め空いてる席へ
カウンターに食券を置いて好みは「麺カタ」
俺は常連でもないので「いつものでよろしいっか?」とは聞かれません。
いつもは「麺カタ、濃いめ、多め」で頼んでいてたまには「麺カタ」で食べてみようと思っても
好みを言う前に言いくるめられ押し切られる始末のようです。

はねだ家DSC06934
注文のキャベチャー 100円
豆板醤で和えてあり漬物のようにしんなりとしてボリュームはいまいち

はねだ家DSC06935


12分ほど経過して待たされ感の中、ラーメン(普通)650円が提供されました。
海苔はこのように丼に麺相が見えないように伏せてあります。
丼は立ち食い蕎麦屋程度の小さなもの

はねだ家DSC06936
再度麺相が見えるようにお手入れをしてから撮影
具材
海苔、ほうれん草、チャーシュー、薬味ねぎ

はねだ家DSC06937
スープ
豚骨スープの表面は多めの鶏油で覆われて臭みもなく、くどさも感じず適度な熱さ。
丼も小さいながらスープの量は少なく残念。

はねだ家DSC06938

家系おなじみの酒井製麺の短めの中太平打ち麺
麺カタにしたのですがスープが激熱でもないので麺はダレることもなく
かと言ってちょうどいい麺の硬さになるわけでもなく
チャーシューは箸で持つと崩れるぐらいにやわらかなもので豚バラタイプ
味付けもちょうどいい具合。
豚バラのアブラはこのスープの温度が限界かなぁ もっと温いと食えん。

はねだ家DSC06939
キャベチャーのチャーシューだけを先に食べてたわけじゃないのですがチャーシューの
捜索願を出すほどのもので入っていたのは、たった2粒のチャーシューでした。

竜家DSC07092
同じ六角家で100円なのにこの違い





ごちそうさん


居酒屋hide

Author:居酒屋hide

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QR