休肝日返上! 気ままに食べ歩記

食わずして後悔するよりも食って公開するけど、美味い不味いは人それぞれだよね♪

2015.10.31 12:35

休日で肉野菜欠乏を補おうとやってきたのは しゃぶしゃぶ美山HP
国内外に数百店舗手がける飲食チェーン店の会社
美山DSC06932

美山DSC06933
入店前に店先のメニューを確認してから店内へ・・・・
昼時でありながらも3割程度の閑散とした感じで席に案内されました。

ランチタイムサービスの 豚肉2皿ランチ 950円税込を注文
スープは基本の昆布だしとあと一つ選択できるようです。
・博多風白湯とんこつだし
・すき焼き風だし
・韓国風辛味だし
・さっぱり鶏旨しおだし
上記の中から韓国風辛味だしを選択
しばらくして鍋のセッティングされたのを確認

美山DSC06927
沸騰するまで見ていても仕方なし

美山DSC06928
続いて豚肉2皿  薄っぺらですぐ火が通るのがいいですよ  これ。

ビュッフェスタイルの野菜バーへ・・・
エリンギ、しいたけ、えのき、キクラゲ、マロニー、糸こんにゃく、つみれ、ちゃんぽん、うどん
ニラ、白菜、ネギ、水菜、もやし、鶏つくね などなど


美山DSC06929
取ってきた野菜たちを昆布だしにすべて投入してからすぐに野菜のお代わりを取りに・・・
同じ内容のすぐに火が通るものばかりを選択

美山DSC06926


既に火が通った野菜を2個のとんすいにポン酢にもみじおろし、もうひとつは胡麻ダレに白ごま
交互に野菜を付けて食べて・・・・うまし

美山DSC06930
ごはんにたくわんとのりたまとゆかりをかけてきましたがゆかり多すぎた。
ほぼ食べ終わったところで韓国風辛味ダシに野菜たちを投入してから野菜たちをさらにおかわりを
取りに行きますが麺も食べたいなと別皿でちゃんぽん麺を・・・

野菜や肉交互に食べ肉がなくなると鶏つみれを3本取ってきて鍋にどぼん!
やっぱうどんも食べておかないと後悔するなって・・・・

美山DSC06931




なんだかんだ言いながらも食べて食べて時計見ると1時間経過
腹一杯だぁ
ひとりでこんなのを買い込んで用意したら1000円じゃ収まらないわ

ごちそうさん





2015.10.27 11:45

すっかりブログ更新も怠り怠け癖が抜けずたまったネタ、どうでもいいネタ
惰性でアップしてなんとかネジを巻いて年内に着地させないと・・・・・(=゚ω゚)ノ

休みの昼飯はラーメンでも食べようと中華そば華丸 「はなまる」じゃなくて「かわん」に行ったら店休日残念
仕方ないので妥協飯
レラクリーム デッラテーラって舌噛みそうなイタリアンに・・・初訪

ラクリームDSC06925
店内に恐る恐るはいると先客無だし静かで営業してるのかどうかわからない状態で「やってますか?」と♪(/・ω・)/ ♪
聞いた次第で従業員に促され窓際テーブル席に

ラクリームDSC06917
4人掛けが6卓 2人掛けが2卓と意外に広い店内




ラクリームDSC06919
メニューを見るとランチメニューはパスタ、ピザ各1280円
意外に高めの価格設定でサラダバーとかドリンクバーはないですがサラダ・スープ・ドリンク付き
メニューに写真などはないのでカタカナの活字だけで美味しさを表現するのは難しい
どんな材料でどんな料理なのか薀蓄ルビがふってあればいいのになぁ(*´∀`人 ♪

ラクリームDSC06918
同行者とシェアするためボンゴレロッソ&マルゲリータをオーダー

ラクリームDSC06920
綺麗に盛りつけられたサラダ、生野菜のボリュームがいまいちですが・・・・。
ローストチキン?がついててびっくりw( ̄o ̄)w
オリーブオイルと胡椒がかけられソースは印程度でもう少しかけてほしかったかな。


ラクリームDSC06921
コーンポタージュだっけ?

ラクリームDSC06923
パスタは100g程度でしょうか女性にはちょうどいい量なのでしょう。
俺にしてみれば150g、200gと量が選べるサービスが欲しいところ
言えば有料で大盛にもしてくれるでしょうけど未確認
まさかどこぞのタンメンのように大盛りが2倍の1400円は取られないでしょうけど・・・。

アサリの旨みよりトマトの酸味や甘みが主張しガーリックや胡椒などスパイシーな味わいはなく
パンチには欠けましたがこれはこれであっさりさっぱりして美味しい。
たっぷりなソースはパスタに絡めてももてあましてしまったためフランスパン2切れでも添えてあれば
皿もきれいになったのに・・・・・。

ラクリームDSC06922
生地は薄めのパリパリな焼き上がりでトマトソースの下の生地はしっとりしててモチモチ感で
モッツァレラチーズあまりトッピングありませんがこんなもんでしょうか。
食後にコーヒーをいただいてごちそうさん。





2015.11.17 14:25

装いも新たに生まれ変わった茅ヶ崎駅から単線のドアの開閉ボタン式の電車に乗りまして寒川まで・・・
駅から10分程度テクテクと歩いていくと何組か出てきたのと入れ替わりで店の中へ
やってきたのはジーザスさん御用達ラーメン竜家←クリックすると飛びます。

竜家DSC07104
マスターとあいさつを交わして「遠征ごくろうさま」と・・・・

入口右手の券売機で券を買い求めて一段高いカウンターに並べて券売機に近い位置に座ります。
お好みは・・・・麺カタ

竜家DSC07091
卓上調味料
にんにく、醤油ダレ、しょうが、酢、胡椒、粗挽き唐辛子、白胡麻、豆板醤

初訪の店でよくありがちなのは待ち時間の調味料で記載がなく中身が何かわからない場合があり
蓋をあけたりして確認することがありますがテプラで記載されてるので安心

竜家DSC07092
提供順に掲載してます。
キャベチャー100円
生キャベツとチャーシューに醤油ダレと胡麻油と白胡麻がかけてあり同時にごま油容器も提供されました。
腹減りの犬がお預けを食らってるような心境でじっと我慢


竜家DSC07093
キャベチャー2個頼もうかと思いましたが後から現金で追加もできるし・・・・
チャーシューもたくさん入ってますしお得です。
どこぞの店でキャベチャーを頼んだらチャーシューはコメ粒程度1粒だけだった店もあるので見習ってほしい(後日記事をUPします)

竜家DSC07094
ネギチャーだけのたっぷりの大き目の刻みチャーシュー丼

竜家DSC07095
安心してください! 入ってますよ ご飯


2人3脚の手際の良い高速オペレーションにより6分程度の提供されたのがこちら

竜家DSC07098
竜家を食すの久しぶりなので動揺してカメラぶれてしまいました。

竜家DSC07096
キャベチャー、ネギチャーご飯を定位置に食べやすいようにレイアウト変更

竜家DSC07097
ミッキーだよ! 
スープ
熱々のスープの表面にはやや多めの鶏油で蓋をされています。
”豚骨・鶏がら”がベースのものに きりっとした”醤油ダレ”・・・
さらに”鶏油(ラードもブレンドされたもの)が浮くスープなのですが 
このところ増殖しまくっている”壱系・商店系”のチェーン店とは異なる 
こっちが本来の家系・・・ですので、そこらに転がっている”ライス無料”
チックなお店のものを”家系”・・・と思われている方には 
是非 こちらの系統も食べていただきたいところです・・・( ̄ー ̄)ニヤリ。

ジーザスさんの真面目なレポより抜粋



竜家DSC07099
具材
チャーシュー、海苔、ほうれん草、葱
チャーシューは脂身のないももでしっとりした柔らかいもので旨みを閉じ込め
大き目なのが2枚入ってます。
ほうれん草もたっぷりと入っていて「スープを吸ったものを海苔で絡んで食べると美味い。



竜家DSC07100

家系ではおなじみの酒井製麺の中太平打ちの短めのウエーブ麵
麵の茹で加減はご存知の通り食券を出すとき硬め~柔らか目とお好みで注文できます。
近所になる店なら中盛、大盛りをいっておきたいところだが遠征なので連食で撃沈するわけにいかない。
スープがよく麺に絡んでとても美味しいです。



竜家DSC07101
ごま油増量したキャベチャーとネギチャーご飯を交互に食べながらレンゲでスープを味う
ネギチャーご飯を半分ほど食べたところでジーザスさんより伝授の特製ネギチャーご飯の制作



竜家DSC07102
ラーメンの方からチャーシュー1枚、海苔、ほうれん草をトッピングしてスープをかけて
卓上の豆板醤、粗挽き唐辛子を載せたらさらに味変でうまくなる

竜家DSC07103
最後の〆は丼を両手で持ってスープ完飲

あ~~  うまかった!
ごちそうさん

また来ますと・・・・・・・ごあいさつして店を後に・・・・・
今度来るのはいつになるやら
この後電車で新宿に向かいもう1軒行っておきたい処でしたがやや疲れ気味でバスで家路に


川崎・湘南遠征編


2015.11.17 11:07

川崎のプチオフの翌日は目的の店の開店時間に合わせてラゾーナで時間つぶしまして
久しぶりに東海道本線に乗りまして茅ヶ崎に向かいます。
いや~電車1本分遅かったようです。


横浜飯店
横浜飯店DSC07082
店の前まで行くと11:07で開店時間過ぎて店の前には並びがなかったのは不幸中の幸いと言うものです。
店内に入るとカウンター席はどうにか1席だけ空いてたので一安心。
奥のテーブル席も3割程度埋ってるようです。

横浜飯店DSC07083
前回訪問はやはり肉そばの注文です。
そして今回も肉そば785円そして当店特製餃子450円を注文

野毛の三幸苑の暖簾分けの平塚の三幸苑の人気メニューのタンメンとサンマーメン(野毛よりうまい)と同じように
横浜飯店の肉そばの注文はたぶん8割の方が注文される人気メニューなのです。


横浜飯店DSC07084
注文を終えた後は暇なので待ち時間厨房の様子を眺めているとしばらく何も作っていない時間帯あり
気になってましたが20分以上待たされてやっと餃子が到着。

横浜飯店DSC07085
「マツコの知らない餃子の世界」で登場したね餃子ヲタの方がご推薦の酢&胡椒でさっぱりと・・・・
実はその食べ方はN氏から伝授されてだいぶ前から実践していたのですが後ひく旨さ。
飽きたら王道の醬油、酢、ラー油の特選ダレで食せばOK
一般的にはやや大ぶりな餃子が6個で餡は豚肉やキャベツやニンニク、ニラなど野菜の食感も
損なわれずに旨みを味わえます。
餃子の皮は焦げ目はちょうどよくかりっとして噛むと弾力がある感じでモチッとして何もタレをつけなくても
美味いのです。
今までたくさんの餃子を食べましたけど本場宇都宮でももちろん食べましたけどやはり俺の好みは・・・
あの餃子が一番好きだわ。
しかし今日は何やってるんだか・・・餃子はとっくに食べ終わったのになかなか肉そばはできてこない。



横浜飯店DSC07086
28分待ちでやっとのことで出来上がってきました。
スープがあふれるぐらい具材がたっぷり盛られるときもあれば、待たされた挙句この程度の盛の
時もあるのはブレと呼ぶのでしょう。
せめてさっき注文したばかりの人と同じロットなのはなんとかならないか?


横浜飯店DSC07087
スープ
動物系の醬油ベースのスープの表面は多めのラードの層となってます。
湯気が立ち上り熱々の状態が食べ終わる頃まで持続し必ず火傷しますw
餡はやや硬めの餡で食べ初めのころはスープと餡が分離されておりスープ本来の味が
レンゲで味わえます。



横浜飯店DSC07088
具材
豚バラ肉、木耳、もやし、シイタケ、白菜、小松菜などがたっぷりなラードで鉄鍋で煽られて
それぞれの旨みのエキスが醤油ダレで飴色の餡に閉じ込められてます。
はじめは濃い目の醤油が好きな俺の好みの味わいだが、後半は餡がスープにだんだん馴染んできて
野菜の甘み旨みがスープに溶けだしまろやかな味わいでこれはこれで旨い。

横浜飯店DSC07089

高温のスープでもダレない平塚の麻生製麺の18番中太ストレート麺で独特の食感もいい
出来るだけ餡を崩してスープに混ざらないようにしてどんぶりの端のところから麵を啜ります。
スープがたっぷり絡んでうまいですが熱々なので初めからは啜れません。
食べた後は汗がビッショリ爽快感

外待ちして注文後の待ちまではしたくないから通し営業のメリットを生かし次回訪問するなら
昼の時間ずらしてみるとか、しいたけそばやたまねぎご飯とかなら単独の特別注文なので
待ちが少ない場合もあるかもしれん

ごちそうさま



追記
店を出た後は中央公園付近を散策して季節の彩を感じます。


茅ヶ崎中央公園DSC07090


つづく

居酒屋hide

Author:居酒屋hide

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QR