休肝日返上! 気ままに食べ歩記

食わずして後悔するよりも食って公開するけど、美味い不味いは人それぞれだよね♪

2015.6.26. 13:40

中華ごはんかんざしで広東麺を食べた後はデンキ屋徘徊してから昼の部の閉店時間ギリギリで
滑り込んだのが・・・・

中華蕎麦うゑず

中華蕎麦うゑずDSC05757
前回は珍しくもつけ麺を食べてます
時間が時間なので並びがないと思いきや先客並び1名
まずは店内の券売機でポチっとしてから店の前の外待ち椅子に並びます。
券売機で店内の様子を伺ったら何席か空いてるのになぜか案内しないのが不思議
わざわざ並ばせて人気店風を醸し出してるのか?
まぁこの糞暑い中で並ぶ方もどうかと思うがおかげさまで日陰でよかった。

中華蕎麦うゑずDSC06249

メニュー
つけ麺  小 220g 780円
つけ麺  並 320g 880円

つけ麺  大 420g 930円
中華そば 小 180g 730円

中華そば 並 240g 780円
中華そば 大 320g 880円

味玉、チャーシューのトッピングで多彩なバリエーション

中華蕎麦うゑずDSC06250
暑い中外で待たされても冷たい麦茶サービスとか優しい言葉なんぞありませんがやっとのことで
中に案内されて座れますが、約10分ほど待たされてからの提供となります。
従業員は5~6人と多いのですがただいるだけで見た目仕事量はたいしたことありません。
提供されたのは・・・・
中華そば 小 730円

中華蕎麦うゑずDSC06251
具材
バラ巻チャーシュー、メンマ、ナルト、薬味ねぎ、柚子、海苔


スープ
豚骨魚介系のドロドロコテコテスープ
つけ麺のつけ汁じゃあるまいし同じぐらいの粘性のドロスープです。
レンゲですくい口の中へ・・・・しょっぱ!!
魚粉たっぷり仕込んでるんだろうけど飲んだ後に粉っぽい感じでとにかくしょっぱい
つけ麺にしかスープ割は対応してないようでもったいぶらずにポットでスープ割を
置いてほしいところである。
外待ちの時より汗かくほどしょっぱぁ~~♪
俺は塩味濃いほうが好きな方だけどこれは胃酸がこみ上げてウッてなるほど無理



極太ストレート麺で全粒粉で打った自家製麺でかなりの弾力でモチモチの食感で小麦の
風味を感じる麺で麵はなかなかうまいです。
さらっとしたスープで食べてみたいかなと・・・・・

中華蕎麦うゑずDSC06252

薬味ねぎと柚子の風味ですこしは緩和され限界まで麵やスープやっつけてみました
小盛なのにやっとのことで食い終わり、普通盛りや大盛じゃなくてよかった
俺の好みに合わなかったな


ごちそうさん




スポンサーサイト
2015.06.26  11:36

休日のラーメンはたまに違うのを食べてみるかと・・・・
わざわざ来てみました。

中華ごはんかんざしDSC01016 (2)

とても中華料理屋には全く見えない佇まい
コチラの店の店主の実父が支那そば蓬莱軒の店主であることは有名

中華ごはんかんざしDSC06239
中華ごはん かんざし

店内に入ると開店からわずか5分程度ですが既に何組か座っておりそのご続々と後客が押し寄せて
中々の繁盛ぶりです。

中華ごはんかんざしDSC06240
注文は 
広東麺 875円

中華ごはんかんざしDSC06241
卓上は箸、や紙ナプキン、呼び出しベル、体裁のいい容器に入った調味料

中華ごはんかんざしDSC06242

冷たい水を飲んでしばらく待ちます。

中華ごはんかんざしDSC06243

なんと5分程度で提供となりました。

中華ごはんかんざしDSC06244
白い深めの器で提供されました。

中華ごはんかんざしDSC06245
具材
白菜、人参、木耳、海老、豚肉など
醬油ベースの柔らか目の餡でたっぷり目の具材で白菜は大き目で食いにくい

中華ごはんかんざしDSC06246

スープ
動物系のダシに煮干魚粉の魚介系の味わいが前面に出たもので普通中華料理屋では
使わないダシだろうけどその辺はオヤジ譲りで、好き嫌いがはっきり分かれるだろう。
しょうゆだれはやや濃いめであるけど酸味はなくうまい

中華ごはんかんざしDSC06247

麵は加水低め細麺のストレート
ここのエコ箸はツルツルでこんな滑るエコ箸は初めて
箸を丼の底へ刺し麺を引っ張り上げようとするとすべて麺は丼の中へ
鰻の如く逃げていくのである。
正々堂々と割り箸を使うことを強くおすすめ

中華ごはんかんざしDSC06248
レンゲはおかゆを食べるのにはいいけどラーメンのスープ飲むのには不向きかもしれん
面倒なのでどんぶりを持ってスープを飲んだ。



ごちそうさん

追記

この後は電気屋さんへ・・・
13才の冷蔵庫が悲鳴を上げてる。
最近トーストにバターが柔らかく塗りやすいなと・・・
ビールがキンキンに冷えね~なと・・・・
まぁ冷凍庫あるからいいやと言うことで冷蔵庫下調べに・・・
氷ができるからビールやめてチューハイにしようかとか…

価格・・・なるほどね。でも治るかもしれん
とりあえず保冷剤78円x4つ買い込み
次へ

2015.6.23 13:15

休日に出遅れての昼飯はできればラーメンを食いたい。
二郎の代用品を食しに向かったのです。

DSC06237.jpg

DSC06235.jpg

DSC06236.jpg

休日だからこそニンニクをいれて食いたいと思う妥協のラーメン
レジで注文して会計が終わったらイラストの図柄を見ながらニンニクコール
ベルを渡され席で待ちセルフスタイル。

ジャンガレDSC06227

注文は
 ラーメン  大盛 750円 野菜ダブル ニンニク1杯 アブラ1杯

ジャンガレDSC06228
ベルが鳴り取に行くとトレーと箸とレンゲの準備してると素ラーメンの丼に目の前でトッピング
野菜の盛りつけ最中に「このぐらいでいいですか?」
と聞かれますが必ず「ハイ」と答えてしまう。
毎日何杯盛り付けしてるのかわかりませんがマシ<ダブル<トリプルの感覚ぐらいわかると思うのだが
わたしゃ食べるのはプロですが作るのはド素人ですからわかりません。
でもこれはマシぐらいですな  ぶふぁ~♪
カウンターで提供されると醤油ダレを2周かけ回して唐辛子をかけてみます。


ジャンガレDSC06229
具材
野菜・・・もやし:キャベツ 9:1ぐらいでシャキシャキが残る茹で加減
豚・・・脂身少な目の豚バラロール  
ニンニク・・・レンゲ1杯 すりおろしより刻みにんにくに限ります。

ジャンガレDSC06231

脂身は嫌いなのでできれば少ないほうがいいし、よく煮込んでるので当たり

ジャンガレDSC06232

刻みにんにくをスープに混ぜ豚を浸して食うと美味い


ジャンガレDSC06230
スープ
げんこつ、鶏ガラ、背ガラ、もみじや香味野菜をじっくり炊いてつくった粘性のある白濁したスープ
化調のピリピリ感も加わり体に悪いけど病み付きになる不思議な味
ニンニクが混ざると更にジャンクな味わいに変化



極太の茶色い麺はオーションで打った特注麵
硬めでモッチリした力強い食感が美味


毎日は食いたくないがたまに食べたくなる不思議な味
やはり本チャンを食べたいなぁ♪

ごちそうさん



追記

夜はビール飲んだ後に小腹が空いて食べてみた。
カップ焼きそば食うと胃もたれが・・・・
DSC06226.jpg

胃薬飲んでも利かないので再びビール飲んだら治った気がする。
2015..6.17 14:45

10連休の休みの最終日最後の飯は外食となりました。
昼時は店内満席で待ちが出る国道沿いの人気店です。
いずれもボリュームがあり客層は主に働くガテン系や営業の方家族連れが多いようです。

珍来小美玉DSC06225
千葉や埼玉にも同じ屋号の店がありますがメニューや味は全く異なります。

店内に入るとこの時間でもほぼ満席の人気ぶりですが一番奥の座敷テーブルが開いてたので座ります。
コチラは4人用のボックスタイプテーブル席のみでカウンター席だった面影の場所は厨房からの
料理の出し入れや食器類が並べられており、おひとり様でもテーブル席となります。

メニューを見ますと・・・・

珍来小美玉DSC06218
ラーメン、定食類どれ食べてもはずれがなく美味しいですが・・・いつもワンパターン
ラーメンは醤油、塩、味噌のカテゴリーで見やすくなってますので常に醤油の中からの選択
今回は 
もやしそば 620円
餃子 350円


10分ほどの待ちで持ってきました。

珍来小美玉DSC06220

スープ
熱々で湯気がモクモクで写真がうまく撮れません。
どんぶりは普通の中華屋さんで使う器より一回り大きめのものでたっぷりの具材やスープです。
豚骨鶏ガラの動物系のダシがベースに化調の旨みが利いたスープで醬油は強めですが角がない
まろやかな甘味うまみを感じます。
この甘味好き嫌いありますが砂糖の甘みではなくグルタミン酸なのでしょう、レンゲ止まりません。

珍来小美玉DSC06221
具材
もやし、人参、ニラ、木耳、玉ねぎ、青菜、豚肉などを強火で一気に炒められ醤油ベースの餡を纏い
餡かけ評論家としてはあの肉そばの次に美味しいものです。
神奈川じゃサンマーメンとして提供してるものですね。

珍来小美玉DSC06222

自家製麺で中太のウエーブタイプの多加水麺で茹で加減はやや硬めでモチっとした食感で旨し
高温の熱々のスープでありながらも最後までダレることもなくおいしくいただきました。

スープ完飲しそうになるも塩分摂取量過剰なので途中でやめておきました。

珍来小美玉DSC06223
この店に来て餃子を頼まないのは失礼に当たります(嘘)
それほど美味しいわけでタレもつけなくても餡にうまみがじゅわぁ~~っと

はじめは酢と胡椒のみで味わうのが通です(大嘘)
でもマジ美味し

珍来小美玉DSC06224


次には黄金の比率にて醬油、酢、ラー油を入れて味わいますとこれまたうまし
餃子はあちこちで食いましたがここがイチバンうまいなぁ


ごちそうさん


追記

連休翌日の明日は朝早い出勤なのでこの後は10連休最終日・・・名残惜しくもまとめた荷物を車に積んで
常磐道石岡から高速バスで東京へ1500円也
さらに新宿から1400円也でまた何もなかったように単純なつまらない生活が待ち構えておりました。













2015.6.15 13:10

北海道旅行から帰ると10連休の休みもあとわずか
足もないので連日は出かけられずでこの日はつくばのショッピングモールへ・・・・

昼飯はラーメンを食べたい処、100歩譲ってしゃぶしゃぶにしました。
しゃぶ菜DSC06212

コチラは説明する必要もないぐらい食べ放題メニューやランチメニューがお得な店。
しゃぶ菜DSC06213

ランチメニューで豚しゃぶ890円+税、ミックス990円+税、牛しゃぶ1040円+税
国産肉で注文はプラス300円+税
さらにスープはデフォで昆布だしですが豆乳だし、旨辛だし、すき焼きだしは+100円


しゃぶ菜DSC06207

席まで案内されまして、注文は 豚しゃぶランチ 961円税込

しゃぶ菜DSC06211

卓上はエコ箸、胡麻ダレ、ポン酢、灰汁取など

しゃぶ菜DSC06205

システム説明を注文されて鍋のセッティング
乾物の昆布を入れた鍋は水からなので少々時間がかかります。

しゃぶ菜DSC06206
豚肉2枚
薄いですが別に無問題

しゃぶ菜DSC06208

野菜などはセルフで食い放題
白菜、レタス、ニラ、人参、キャベツ、水菜、大根、ごぼう、椎茸、しめじ、えのき、モヤシ、ネギ
中華麵、うどん、マロニー、豆腐、鶏つくねなど・・・・
あとはごはんと漬物と鶏そぼろがあったかな

しゃぶ菜DSC06209

昆布だしと鶏のつみれで十分に美味しいだしが出て煮えるまでのあいたに

しゃぶ菜DSC06210

茶碗に白飯と鶏そぼろで軽く食べながら待ちます。
やがて野菜をたっぷりと入れて片方で豚をしゃぶしゃぶ・・・・
野菜はだいたい4回ぐらいはお代わりして麺類も2回ぐらいそれぞれの種類を乗せて・・・
中華麵は胡麻だれと鶏そぼろを入れて坦々麺風味 ラー油がないのが残念
卓上調味料もう少しおいてほしいかな
腹一杯になり前のめりになりながら店を後に・・・・・

ごちそうさん

追記

このあとはつくばのコストコで食材買い物
武蔵小山のぴょん吉で飲んだクラマトハイが忘れられず
コストコにあるという情報によりやってきました。
クラマト1.89㍑ 680円で武蔵小山で売ってたけど買って帰るには重いし断念

コストコのものは商品名は異なるがトマトクラムカクテル 2本で638円
ハマグリなどの2枚貝のストックとスパイスが入ったトマトジュース

コストコDSC06204

ブラッディ―マリーやレッドアイで日々飲んで美味しかったです。

コストコDSC06214

パスタやガスパチョでもうまし  そうめんで食ったけどうまかった。
もうとっくになくなっちゃったからまた買いに行かなきゃ



さぁ少しずつストックネタ排出していかなきゃと・・・・・おもってはいます。





2015.6.13

千歳ラーメン道場DSC06080
北海道旅の記憶と記録も期間がたつと薄れてしまいダラダラと自己満足の境地です。
やっとこれが最終回となりホッとしております。
最近はというとストックネタも盛りだくさんで、時系列でかくのが俺流なので割り込み記事はありません。
今まで短時間でできてた作業もPCの不調により時間がかかっております。
などと言い訳しつつ本題に入りたいと思います。

小樽より電車に乗り新札幌で下車してホテルに荷物を預けていたので取にいき再び千歳空港へ向かいます。
搭乗手続きを済ませますと16:30でフライトまで40分あるので悔いのないようあの店へ・・・

えびそば一幻千歳DSC06197
昼時は並んでいた えびそば一幻
並びはないもののほぼ満席状態であり係の方が席へご案内
従業員はうじゃうじゃいるもののオペレーションはよくない。

まぁコチラは並んでまで食うほどの価値もないと思うので・・・・
モールのフードコートより窮屈に通路もないほど席を増やし隣の人との間隔も狭くてこっちまでラーメンの
汁が跳ねそうな感じです。

メニューを見て一瞬固まりました。
たぶんここへ来た方は注文の仕方に少し戸惑っただろうね。
●◆ラーメン ¥000
◆▲ラーメン ¥000
みたいな表記がないから・・・・
いちいちそのために説明するんだろうな

スープはあっさりorあじわいの選択
豚骨スープの味わいを選択

味付けは味噌、塩、醬油からの選択で
味噌を・・・・・

麵は普通は太麺で提供されますが細麺も選択可能

あじわいえびみそラーメン 780円

券売機と思いきや口頭注文後払いのシステムとなってます。

えびそば一幻千歳DSC06198
卓上はおろしにんにく、胡椒、唐辛子

隣の奴がラーメン食べつつ、はなをzuzuZUZUZUZU~~とかんでデリカシーのないやつ食欲減退
俺が麵を啜ってる最中じゃなくて不幸中の幸い

えびそば一幻千歳DSC06199
10分弱で提供されました。
具材
チャーシュー、万能ねぎ、天かす、えび粉、味玉半分
えび粉は甘エビの頭を炙り粉末にしたものだろう

えびそば一幻千歳DSC06200
スープ
豚骨ベースのトロミのあるスープで味噌らしいがあんまり味噌が主張せずにまったりとしたもので
えび粉で香ばしく強制的に海老が前面に出してる感じのもの

えびそば一幻千歳DSC06201

北海道の老舗の森住製麺の多加水の中太ストレート麺でタピオカが入ってるようなプリプリでツルツルの
食感の麺で粘性のある豚骨スープの絡みがとてもいいっす。

川崎や新宿でもこれが食えますがわざわざ行くほどのもんでもないですがね。

ごちそうさん

17:10フライトの搭乗案内が始まりまた往路も15番の不人気の非常口の席を確保し赤ちゃん連れと同様
非常口席は優先して先に乗り込めます。
先に乗っても後から乗っても席に座れますからどーってことはないですが

SKY794便DSC06202
天気がいいのですが下界の雲が邪魔で景色は見えません。

SKY794便DSC06203
有料のビール200円を頼んでみたら350ミリ㍑かなと想像してたら小さい缶のひと口ビール♪

茨城空港に到着しタラップ降りて空港施設の機内に預けた荷物待ち
成田や羽田と違って早いこと速いこと・・・・


茨城空港DSC06216
茨城空港到着するとすでに記入してある茨城空港クラブ会員に加入しカードを作りますといろんな特典

茨城空港DSC06215


①空港で使えるコーヒー券2枚
②空港施設内で使える3000円分の券
③ギフトカタログからお好きなのを・・・・


茨城空港DSC06217

今回の北海道の旅で残念だったこと
①札幌ではすすきののホテルにすべきだった
  梯子なん段も登れず・・・

②一泊は札幌 2泊目は旭川にすべきだった
 旭川から美瑛・富良野方面にドライブしたかった

③北海道飯もう少し食いたかった
 サッポロビール園・花まるの寿司・ラーメン
 胃力鍛えないとだめだわ

次回には上記3点かなえたいがいつになるやら・・・
あとは茨城空港から沖縄・神戸へ行ってみたいなぁ

これにて北海道の旅         
2015.6.13

千歳ラーメン道場DSC06080
和楽でおなかを満たした後は堺町通りで街中散策&ショッピング
硝子、オルゴール、キャンドルなどを見てルタオで試食だけしてからは、
北一硝子で買い物をして寿司の醤油の塩分のせいか喉が渇き北一硝子3号館の店内の奥の方へひとりで
俺の好きなブースがあった。
酒売り場・・・硝子屋なのにw
喉が渇いててビールでも買うかなと思ってみてたらブラックニッカクリア淡麗水割り300ミリ㍑ 215円安っ!
飲もうとしたら連れに見つかりお預け・・・
仕方なしに隣にあった北一ホールに入ることに。

北一ホール小樽DSC06188
入口のメニューを見ますが当然一番上の段のみに視線は集中します。


北一ホール小樽DSC06188 - コピー
地ビール飲み比べおつまみセット1000円に決定しレジで注文支払いし席へ勝手に座ります。


北一ホール小樽DSC06192
明治24年に建てられた木骨石張倉庫で、当時のひんやりとした空気が流れ、167個の石油ランプを灯し
ロマンティックな幻想的な空間です。


北一ホール小樽DSC06189
ピルスナーとドンケル

北一ホール小樽DSC06190
喉が渇いてるから半分ぐらい一気飲みで味わうことも忘れてるし
美味い♪ ぶはぁ~~~~




北一ホール小樽DSC06191
クラッカーやチーズなどちょうどいい分量のおつまみがついててナイス!
ピアノ演奏もあるらしいがゆっくりこういう場所で飲みたいなぁ

小樽駅に戻りそのあとは電車で・・・・
車窓DSC06193
鉛色の海


車窓DSC06194
鉛色の雲



車窓DSC06195
アロハシャツや海水浴は似合わない海に見えるけど海は透明度が高いのは車窓からもわかりました。

                                       そろそろ最終編   つづく
2015.06.13

千歳ラーメン道場DSC06080

今回の北海道の旅は十分な北海道飯を食ってない気がするのは連れの胃袋に合わせるからなんでしょうか。
いや・・・最近ラーメンも十分食べることもなく連食なんぞとんでもない話で以前のペースの2~3割程度だろうか。
ラーメン食べなくなってからは不思議と体重増加、生活環境変われば連食のラーメン行脚がまた始まり
スリムになるだろうと思うのだが・・・(嘘)

小樽DSC06173
新札幌からは通勤時間帯でぎゅうぎゅう詰めで出入り口のドア付近だけ身動きできないほど・・・
札幌に着いたら混雑解消されやっと座れまして目的地の小樽駅は今日も雨だった(前回も雨)



小樽DSC06174
韓国に来たのかと思うほど・・・・ちょっと歩くと中国に来たのかと・・・・錯覚するほど


小樽DSC06175
10時半ぐらいなので飲食店はまだ準備中のようである。
なので試食のできるかまぼこ屋さん かま栄

かま栄@小樽DSC06177
コチラの店の人気商品のパンロール
すり身をパンで包んで揚げたものでスナック感覚のもので出来立てで熱々で美味しい。
ビールのつまみには最高だと思います。
肝心な中身は撮影忘れたw


かま栄@小樽DSC06176
11時半になり昼飯は絶対海鮮丼か寿司だなと・・・・あちこち見ながら散策して昼時前に入らないと待ち時間が無駄だと
思いながらかま栄の隣の回転寿司 和楽




和楽@小樽DSC06178


店内に入ると既に20人以上の待ち人
液晶パネルのモニターで受付を済ませて待ちますが開いてる席があるもののオペレーションの不手際なのか?

和楽@小樽DSC06179

なかなか案内されませんが15分ほど待ちやっとカウンター席へ座ります。

和楽@小樽DSC06180
卓上には煎茶、玄米茶の選択ができ煎茶をひとくち飲み干してメニューに目を通します。
定番メニューは皿の色により140円 151円 194円 266円 338円・・・512円税込


和楽@小樽DSC06181
いか柚子塩? 194円


和楽@小樽DSC06182
いか山わさび? 194円

和楽@小樽DSC06183
トロサーモン炙り 266円

和楽@小樽DSC06184
ほっきサラダ 140円

和楽@小樽DSC06185
サーモン三楽 266円



和楽@小樽DSC06186
銀かれい 194円

和楽@小樽DSC06187
筋子おろし  391円

食べ終わって気が付いたが鮪食べるの忘れたな・・・
「醸造酢・砂糖・食塩の配合比にまでこだわり」ということなのですが
肝心なシャリは水分多めで柔らかくて赤糖の甘みが強すぎ酢の酸味が弱いかなと・・・
個人的な主観ですけどねw


ごちそうさんでした。

追記
とりあえずラーメン・スープカレー・ジンギスカン・寿司クリアー

                                 つづく
2015.6.12  20:00

千歳ラーメン道場DSC06080


ドライブから無事に札幌に戻りまして晩飯・・・といえど遅い昼飯がたたりまして
当初予定してたサッポロビール園での生ビール飲み放題の成吉思汗も
食べられない状態でして・・・・
全く胃力の低下で胃薬で強制的に層化促進計るも無駄な抵抗でした。

まつじんDSC06172
松尾ジンギスカン まつじん札幌駅前店に来てみました。

コチラの店は創業58年の歴史のある店で肉は焼き野菜は煮て食べるという店です。
美味しい食べ方がHPに記載されてますがそんな予備知識ありません。

オープンテラスのようなカジュアルな店内でテーブル席に案内されます。
メニューを見て注文は
特上ラムジンギスカン 1180円
ラムジンギスカン 1040円
生ビール @550円x2


まつじんDSC06168
冷たい生ビールは別腹でとても美味しくいただきました。

まつじんDSC06169

焼き方は店員さんにお任せして観ておりました。

まつじんDSC06170


特製ダレに漬けこんだラムは程よく脂身の柔らかなラム肉は臭みもなく食べれます
特上ラム肉は赤身が主体の肉でやわらかでさらにおいしいです。

タレはリンゴ、玉ねぎ、しょうが、醬油などを加えたフレッシュな熱処理をしてないフルーティーなもの
山の溝に溜まったタレが焦げて香ばしい香りでもやしが煮込まれてる。
正直溝にたまったもやしは下にこぼれてしまい食べにくいです。
自分のペースで食べれないので俺には不向きかもしれません。

まつじんDSC06171

ラムや野菜の追加もせず〆のうどんも頼まず終了となりました。
北海道に来たのでお約束通りの成吉思汗を食べるということは達成できたかなと言う感じで
店を出たあとは腹ごなしで街中散策6地下道を歩き駅へ・・・・
結局ホテルに戻りスパでゆったりと湯に浸かり疲れを癒したのでした。

                                          つづく
2015.6.12

千歳ラーメン道場DSC06080

スカイレンタカーで新車を借りましてペードラの俺の運転で羊が丘展望台滝野すずらん丘陵公園
立ち寄り微妙な時間を過ごして12時半をまわりまして腹減りのランチ時
支笏湖に向かい出発です。
ところが走れば走るほど辺鄙になって峠をいくつか越えてその間、小洒落た感じのレストランどころか
ラーメン屋もコンビニも何もない山道・・・・・。
あぁ~~~腹減ったなぁ~と思いながらやっとのことで湖畔が見えてひと安心。

支笏湖DSC06164

車を停めて店へと・・・・と思ったら店の入り口におっさんがいて町営の駐車場ということだ。
有料410円也をいやいやながら支払まして土産屋や旅館や食堂など散策してみた。
どうやらチップ料理がこの辺のおすすめ料理なのだろうか。
店先のメニューを見たら驚きの価格で断念した次第。

”支笏湖 ランチ”でググったら食べログ評価1位の店へ・・・

しこつ湖鶴雅リゾートスパ 水の謌
建物外観を見ただけで足がすくみそうな場違いな感じの格調高い雰囲気プンプン

ヘルシービュッフェ マアムDSC06153
おっと、逆光でボケボケでしたねww

水の謌DSC06166

ヘルシービュッフェ[アマム] 

コチラで宿泊も日帰りでもOKな感じでランチビュッフェ & 日帰り温泉3024円税込
ランチビュッフェ 2160円
時間を見ると13:30であと1時間だったがほぼ満員な感じのにぎわいです。
こだわりの地元産の旬な食材をシンプルにオープンキッチンスタイルで調理され提供ということです。

席に案内されまして早速空腹を満たすべく皿に店てんこ盛り
ヘルシービュッフェ マアムDSC06154
ブロッコリー、ミニトマト、パスタ、ペンネ、海老のマリネ、ハムとチーズ、生ハムとオニオンのオリーブ添え
中央のはホタテの揚げ物かな・・忘れたww

ヘルシービュッフェ マアムDSC06155
どれもうまいんですけど・・・・
ビール飲みたい

ヘルシービュッフェ マアムDSC06157
スープカレーは具材の野菜たちは別に盛ってあり後入れです。
レンコンや玉ねぎ、にんじん、オクラ、なす、コーンなど炒めて焦げた香ばしさもスパイス変わり  


ヘルシービュッフェ マアムDSC06156
スープカレー屋さんは行ったことなかったので初物ということで比較はできませんが
あ~これがスープカレーか…という感じですが美味い
サフランライスもあったのですがスープカレーのみです。

ヘルシービュッフェ マアムDSC06158
あっというまに一皿完食しさらに(皿)取りに行きました。
ブロッコリーとミニトマト以外に1回目とは全く別物で種類も豊富に取り揃えてあり少なくなると
頃合いを見て新しいのが次々に出てきてました。


ヘルシービュッフェ マアムDSC06159
なるべく全種類食べたいので炭水化物を抑えて食べてるのですが・・・

ヘルシービュッフェ マアムDSC06160
同じメニューですがなんとなく接写してみました。
このあとも2回ぐらい大皿に盛りつけて食べて腹八分になりました。

ヘルシービュッフェ マアムDSC06161
グリーンカレーですがココナッツの甘さが勝って後からカレーの風味


ヘルシービュッフェ マアムDSC06162
珈琲とデザートです。
デザートはたくさんの種類がありましたが味見程度だけしか持ってきませんでした。
水も持ってきましたが、ここは水素水をつかってます。

水の謌DSC06165
2時半をまわりおなかを満たした後はテラスでひと休みしたり湖畔を散策したりと・・・
ゆっくりと時間を過ごしました。

このあとは再び峠を越えながら定山渓温泉へと走りまして到着はしますが温泉街の道が
細くてぐるぐるとまわりましたが街中の駐車場も見当たらず、お土産屋さんとかも寄れずに
足湯だけ浸かりまして札幌市内へと戻りました。


DSC06167.jpg
北の大地にも山岡家あり
茨城の牛久に山岡家ルーツの1号店 本場すすきのに殴り込みをかけて出店し今じゃ札幌が本社
特性味噌食いたいなぁ~  
と、思いながらも今は遅い時間にランチだったため食えませんが・・・
レンタカーの返却前にガソリンを満タンにし1000円で100円ぐらいのおつり燃費いいな。
安全運転で無事何事もなく車を返却しまして札幌北口まで車で送ってもらいレンタカーの旅は
終了でございます。

                               つづく

Author:居酒屋hide

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QR