休肝日返上! 気ままに食べ歩記

食わずして後悔するよりも食って公開するけど、美味い不味いは人それぞれだよね♪

2015.4.24 11:30

4/23仕事が終わって、バスの車中は先客5名ということでガラガラでこんな具合

帰省DSC05765
ひとりお疲れさん会開催

帰省DSC05767



帰省して昼飯はラーメンをと食べログでも3.8とポイントの高い店
中華そば華丸
2年半ぶりでの訪問でしょうかね。
先客4名の列に接続し11時半開店と思いきや11:45でした。

華丸DSC00558


開店しカウンター席に座り口頭注文

メニュー
豚中華そば(醤油)650円
タンメン(塩味)650円
特豚中華そば850円
特タンメン850円
麺大盛50円

餃子400円
味玉100円
半ライス100円
チャーシュー丼300円


注文は・・・特タンメン 大盛 850円+50円
因みにタンメンと特タンメンの違いは味玉1個とチャーシュー2枚で200円の差

ラーメンは早いですがタンメンは野菜を鉄なべで煽って調理する分時間がかかり
17分後の提供となりました。

華丸DSC05768


具材
ビジュアルからしてだいぶ変わりました。
味玉、モモのチャーシュー2枚、刻み木耳、野菜はキャベツ、人参、もやし、玉ねぎ、ニラ、豚肉
以前おろし生姜が添えられていたが今はない。

華丸DSC05769
スープ
ベースは豚主体のあっさりした清湯スープで野菜の炒めアブラが浮いてます。
塩味は抑え目で野菜の甘みうまみが感じられますがこのスープは・・・・違う
これじゃ中華屋で出すタンメンスープと変わらん。

2年半前のタンメンはというと・・・↓

華丸DSC00449
野菜の盛り具合も異なりますがこの時は700円で大盛無料
野菜の下に炙り豚バラチャーシューのトロトロな柔らかいものが3枚仕込んでありました。
しかも根本的にスープは乳化したコクのある豚骨スープ

すべてに於いてグレードダウンした感じが否めない
まぁ好みの問題なのであるのだが・・・・・

華丸DSC05770
野菜はシャキシャキ感の残る程度の炒め具合で刻み木耳のこりこりした食感もなかなかいい。

華丸DSC05771
チャーシューもモモで大き目の断面で厚みもそこそこある感じでやや硬めの肉肉しい感じ
特大サイズのチャーシュー2枚と味玉で200円だからCP度はいいのではないか?

華丸DSC05772
ピンボケでもう1枚

華丸DSC05773

やや加水高めの中太ストレート麵ですが野菜とスープの熱々なのに対しなかなかダレない麺
やや硬めの茹で加減がとてもいい具合
大盛無料じゃなくなったけど+50円で大盛りにできるからヨシとしましょう。

華丸DSC05774
味玉を割るととろっとした黄味があふれて醤油ダレの旨みや塩加減がちょうどよく美味い。

やはり後半はおろし生姜とは刻みにんにくで味変して食べたい処です。
卓上調味料増やしてほしいなぁ
それよりもスープを前の豚骨に戻してほしいけど・・・・

ごちそうさん

散策DSC05778




スポンサーサイト
2015.4.18 11:00

千葉県松戸市の『中華蕎麦とみ田』で修行した一番弟子の方が店を開いたと
言うことで4/6OPENなのでそろそろ落ち着いたかなと思いファーストロット狙いで到着
既にOPENして外待ちが8名ほどに接続して並びます。

中華蕎麦うゑずDSC05754


店のシステムもわからないまま並んでるとどうやら先に食券を買い並ぶそうで
店外に並び方等の説明などの掲示もなく不案内であり外待ちの列が伸びるにつれ同じビルのテナントに
迷惑をかけてるようである。
そういう点では二郎のような気遣いがほしいところ

メニュー
つけめん(小)¥780 (並)¥830 (大)¥930
つけ味玉(小)¥880 (並)¥930 (大)¥1030
特製つけめん(小)¥980 (並)¥1080 (大)¥1180
つけチャーシュー(小)¥1,000 (並)¥1,100 (大)¥1,200

中華そば(小)¥730 (並)¥780 (大)¥880
味玉そば(小)¥830 (並)¥880 (大)¥980
特製中華そば(小)¥930 (並)¥1030 (大)¥1130
チャーシューそば(小)¥950 (並)¥1,050 (大)¥1,150

各特盛 ¥200
お土産つけそば(薬味付) ¥830

極太メンマ ¥200
半熟味玉 ¥100
生卵 ¥60
のり(5枚) ¥70
チャーシューご飯 ¥250
白飯 ¥120


残念ながらつけ麺だけの営業のようで妥協でつけ麺の選択で買った食券を係員に渡します。

中華蕎麦うゑずDSC05755

30分ほど並びやっと外待ち先頭に・・・・

中華蕎麦うゑずDSC05757

中華蕎麦うゑずDSC05756
営業時間も11時からと早くから

中華蕎麦うゑずDSC05757
やっと店員から促され店内へ

カウンター席のみで5席と6席に分かれており案内された席に座ります。
自分の前にいた方はすでに食べており座ってからも結構待たされます。
厨房に店主ともうひとりホールにふたり、店主一人で作るから時間がかかってて
オペレーションはいまいちですね。

中華蕎麦うゑずDSC05758
卓上は、かえし 酢 一味 とみ田ダブルペッパー 水 紙ナプキン レンゲ 爪楊枝など
おしぼりのように置いてあるのは布巾です。


座ってから12分も待たされてやっと麵だけ登場
中華蕎麦うゑずDSC05759

そういえば注文したのは つけ麺 大 930円
並で320g 大でも420g かなりCP度はよくない。

中華蕎麦うゑずDSC05760
店内はチャーシューを炙って煙いのだが俺のチャーシューはあまり焦げてない
しかもせっかく炙った温かなチャーシューを冷たく〆た麺の上に載せて提供はどうなんだろう
つけ汁が来ないので待ちきれず麺だけを啜って味わってみたのは内緒
麵は極太ストレート麺で全粒粉で打った自家製麺でかなりの弾力でモチモチの食感で小麦の
風味を感じる麺です。

つけ汁が来たのはさらに2分後
中華蕎麦うゑずDSC05761

つけ汁は非常に粘度の高いドロ系のもので豚骨魚介系で特に新鮮さは感じない。
かなり濃いめの味わいです。
魚粉が大量に入ってそうで粉っぽいスープに薬味ねぎやメンマ、海苔、ナルトなどが入ってます。
極太麺をつけ汁につけるとドロ系のつけ汁が麺にまとわりついて美味い。
チャーシューはつけ汁につけてから食べましたが炙った香ばしさは感じずやや硬めの
ものでそれほど美味しいとも感じでもなかった。
麵を食べた後は葱か柚子か選べるスープ割でネ葱をお願いしました。

中華蕎麦うゑずDSC05762
スープ割は煮干しの魚介スープ
先ほどまでのくどさは半減して飲みやすくなった。

中華蕎麦うゑずDSC05763

ごちそうさん

食べるまで1時間近く待たされましたが、並んでまでは・・・・チャンスあればラーメン食べたいな



散策DSC05764





2015.4.14.14.22

茅ヶ崎で街中徘徊して真っ先に横浜飯店に行ったら外待ち1名で妥協で未訪の加納グループの
加納食堂本店で黒胡麻坦々麺を食べてからのはずれのない店の訪問
茅ヶ崎から寒川へ電車降りるときはボタンを押さないと扉が開かない。
駅から10分程度歩いて久々の家系ラーメンを食す


竜家DSC05743
店内に入る前からガラス越しにマスターが見えますがその前に店舗外観記念撮影
ガラガラと店内に入ると先客2名
右手の券売機で次々とボタンを押して・・・・
ラーメン 680円
ネギチャーご飯 150円
キャベチャー 100円
薬味ねぎマシ 100円
     合計1030円


カウンターにずらっと並べて「カタメ、濃いめ、多め」のジーザスさん仕様でお願いしつつ
マスターにご挨拶<(_ _)>
マスターの問いに・・・・「控えめにコチラで2軒目ですよ」と・・・・

竜家DSC05744

海苔+味玉 150円忘れたなぁと思いながら撮影してみました。
レギュラーの調味料はニンニク、豆板醤、しょうが、醬油ダレ、酢、胡椒、粗挽き唐辛子、胡椒、胡麻
控えベンチにはごま油もいます。

4分後にキャベチャーが登場
竜家DSC05745
ラーメン到着前に食べてしまうとなくなってしまうのでじっと我慢の子でした。
見るからにあまそうなしゃきしゃきの春キャベツと胡麻アブラと醤油ダレを和えた美味そうなもん
これで100円だからありがたい。
どこぞの店のキャベチャーはしんなりとしたもので俺は好みに合わん。

竜家DSC05746
7分後にはネギチャーご飯の登場
刻んだチャーシューもたっぷり入ってこれで150円也

竜家DSC05749
9分後にはメインのラーメンが登場
ミッキーだよぉ~~♪の整列の合図に従いレイアウトしてみた。



竜家DSC05747
9分後にはメインのラーメンが登場
薬味ねぎマシのこの盛り具合
ほうれん草の盛り具合
うわぁ~すげぇ~~~~♪

具材
チャーシュー、ほうれんそう、薬味ねぎ、海苔

竜家DSC05750
スープ
アブラ多めで注文のスープの表面は高温の鶏油+ラードの被膜で覆われて熱々でたっぷりの
特別なスープ♪
アブラの諄さはなくさらっとしたスープで飲みやすいスープ美味い。
レンゲ止まらんわ。

竜家DSC05751

麺は家系王道の酒井製麺の短めの平打ち中太ストレート
カタメコールでアブラの被膜に覆われたスープは高温なのでこのぐらいでちょうどいい。
モチットして弾力のある歯ごたえ・・・うまし
残りわずかな麺にはにんにく&しょうがを入れて味変をいたしまして楽しみました。

ネギチャーご飯
チャーシューのちょうどいい塩加減やうまみで7割ぐらいそのままパクパク食べて
残りは特別なスープをかけて海苔巻で食べましたが美味いもんはうまい。

キャベチャー
本来食事前に生野菜を摂るほうが健康的に良いのですが、ラーメンに夢中になり
後から味わう結果となりましたがキャベツはシャキシャキパリパリの食感で醤油ダレとごま油の
絶妙なコンビネーションにより美味いのにチャーシューが加わりさらにうまみに拍車が・・・
これで100円だからほんとうはWでイっておきたい処

最後は特別なスープを飲みきり完食

竜家DSC05752

ご馳走様でした。

このあと相模線を北上し小田急線に乗り換えて新宿…帰路へ
新宿で〆らーもなく期待に副えず申し訳ございませんが、
体調がいまいちながらも1泊2日の春の湘南食べ歩きは完結
2015.4.14 11:05

春の湘南疸べ歩き編の2日目
昨日は風邪で体調が悪いながらも5段梯子までのぼり〆ラーメンも辞退して
激安のホテルリブマックスで宿泊し朝もバイキングで腹を満たしてからの食べ歩き参戦。

茅ヶ崎DSC05727
平塚から改装工事が延々と続いている茅ヶ崎駅で降ります。
11時ちょうどに横浜飯店に行ってみますと開店したばかりなのに既に外待ち1名
まぁ並んでも食う価値はあるのですが時間も大切にしなきゃならないので断念。

茅ヶ崎散策DSC05742
未訪のこういう店もあったのですが”たまがった風”の豚骨スープに細麺か・・・という
先入観が邪魔して敬遠してしまって北口から南口方面へ移動して未訪の店へ・・・

加納食堂本店DSC05728
車が邪魔して外観が撮れないなぁ

加納食堂本店DSC05741
茅ヶ崎在住のころから店の評判は知ってましたがなかなか真意を確認に行くまでの店でもないかなと
でも評判だから1度は食べてみましょうかと・・・・来ました。
バイトさんが店先に暖簾を出したところでジャスト訪問となりました。

店内に入るとL字型のカウンターの端に座りメニューを・・・

加納食堂本店DSC05733
加納食堂本店、加納ダイニング、からあげセンター、キッチンカノウ、加納食堂北茅ヶ崎、餃子酒場、真プル
市内に7店舗のごはんと酒の美味しい店

加納食堂本店DSC05729
ランチメニューは日替わり定食、定番定食、点心があり麺とご飯ものがあります。

加納食堂本店DSC05731
たくさんメニューがあり欲張るとこの先が思いやられるし胃袋のキャパも考えないとww

加納食堂本店DSC05732
アレもこれも食べたくなるのであるが1軒目
イチオシのメニュー単品で絞り込み

黒ごま坦々麺 756円
因みに日替わりが何なのかは特に案内もなくどこに掲示してるのかも・・・?
ランチタイムは麵やご飯大盛り無料らしいですが誘いはなかったw

厨房で仕込みしてるのか湯気で湿気がすごく蒸し暑く不快感ムードで空調は非常に悪い

加納食堂本店DSC05734
待つこと10分程度で出来上がり
小ぶりの深めのこじゃれた丼での提供


加納食堂本店DSC05735
具材
小松菜、ひき肉、黒ゴマ、粒山椒、粉山椒、油で揚げた赤唐辛子が1本

加納食堂本店DSC05736
スープ
坦々麺っていうと唐辛子やラー油でスープの色が赤いのかなと思いきや全くそういうことがない
黒胡麻のペーストの胡麻の風味が強くとろみがありベースとなってるスープのダシの旨味や
酸味や甘味、辛味が複雑に感じるスープです。


加納食堂本店DSC05737

加納食堂本店DSC05738

レンゲでスープをすくうと黒胡麻もたくさん入り噛んでから黒胡麻の香ばしさを感じながら味わうと
より一層スープが楽しめます。

加納食堂本店DSC05739

注文時に太麺、細麺の好みを聞かれて太麺にしましたが、これは多加水のウエーブタイプの麺で
食感がこんにゃく麵のような感じでモチモチのコシや食感がない麵で俺は好みに合いませんでした。
細麺がどんな麺なのかは不明です。
麵を大盛にしなくてよかったww

加納食堂本店DSC05740
完食

ごちそうさん

                                       つづく
2015.4.13 17:57

広州市場→スタンド酒房紺屋→魂心家→一軒め酒場と4段梯子は登りました。バカは高いとこ好きですからw
えっと、藤沢からJR東海道本線に乗り茅ヶ崎を通過し平塚で下車
駅から傘を差さずに済むアーケードを通り街中散策しますと・・・・

やきとり工房DSC05708
目にとまったのがコチラの店。
やきとり工房@平塚店
茅ヶ崎在住のころから”やきとり半額”っていう看板が気になっていたわけで早速、店内に入ってみました。
神奈川県内とアメリカ国内にやきとり専門店を中心に15店舗を展開する有限会社ニアーズらしいです。

店内はすでに多くの客に埋め尽くされおひとりさまはカウンターの空いてる席に割り込みます。

やきとり工房DSC05710
メニューに目を通しましたらやきとりが通常価格60円から180円とかなり安い価格設定で嬉
しかもその価格の半額なのである。  どひゃぁ~~~♪激安!!
因みに半額は日曜、月曜、祝日
辻堂店は4月と10月は毎日半額だから行かないと損

注文はホッピーしろ 500円
お通しは250円なり

きゃりーぱみゅぱみゅ似のかわいい子に焼き物の注文は・・・・
レバー 45円
ハツ 45円
かわ 60円
砂肝 60円 
テール 60円


やきとり工房DSC05709

お通しは搾菜と春雨や野菜の煮物と御猪口に入ってる白い液体が不思議でしたが・・・
呑んでみると牛乳のようでした。
たぶん飲む前に胃の粘膜を牛乳で保護しろっていうこと?
冷えたジョッキに氷が入ってナカは4割程度入ってます。

やきとり工房DSC05711
レバーとハツ?

やきとり工房DSC05712
砂肝、かわ、テール?

焼き加減もいい感じで皿の端に味噌やからしが添えてあり味変しながらも味わえますが
俺は肉のそのままの旨みや塩やタレだけでいいのでもったいないかなぁ

やきとり工房DSC05714

ナカ200円をおかわり

やきとり工房DSC05713
ナカは4割程度とお代わりしても同じ量であのお店のような鬼ナカは無理でしたね。

さらにやきとりを注文
砂肝 60円
なんこつ 60円
ねぎま 65円


続いてナカお代わりを・・・
やきとり工房DSC05715
3杯目はちょっと少なめだなぁ

やきとり工房DSC05716
砂肝、なんこつ、ねぎまが登場

あ~うまかった
勘定をしてもらうと・・・・・・

やきとり工房DSC05724
1733円  税込なり

ちょうど1時間程度飲んでまだまだ宵の口なのだが・・・・
風邪をひいてしまい喉が痛くて〆ラーメンも辞退しての今宵の宿へ

平塚DSC05717
平塚駅北口まっすぐ1号線方面へ行き左側

平塚の宿DSC05719
ホテル リブマックス
じゃらんで事前申し込みしておいたのは・・・・
◇シングル◇禁煙室◇セミダブルベッド◇朝食付◇
日本橋箱崎店OPEN記念協賛で特別価格3700円
しかしじゃらんポイントが4月末まで有効なのが2000ポイントあったので
ポイントを使い切りチェックインで支払ったのは1700円也激安!

部屋は・・・・
平塚の宿DSC05720
ネット環境も有線LANとWiFiもありますから遠征時は当日ブログアップもできていいかもww
電子レンジもあるのでコンビニ弁当と缶ビールでで質素にひとりお疲れさん会もできます。

平塚の宿DSC05721
ベッドはゆったりセミダブルサイズ

平塚の宿DSC05722
トイレとバスはちょっと狭いけどここに住むわけじゃないので無問題
風邪の具合がよくないので早めに就寝

翌朝は7時半起床でなんでか口の渇き・・・・
鼻づまりで口呼吸で乾燥したみたいですな。
たぶん地響きのような大イビキだったことだろうw

朝食は和洋30品目以上バイキングスタイル!!
パン・ご飯・味噌汁・おかず・サラダ・玉子・納豆・漬物etc…
平塚の宿DSC05726
小食なのでお代わりすることもなく食後は珈琲を飲んでから部屋に戻りまして
チェックアウトタイム10:00ギリギリまで部屋でTVタイム

                                              つづく

2015.4.13 15:55

広州市場→スタンド酒房紺屋→魂心家で麵を啜った後は口直しにと・・・・
同じ通りの並びにあるおなじみのフトコロにもやさしい憩いの店♪
激安酒場一軒め酒場
一軒め酒場DSC05706
隣の吉野家で吉呑みができたとしても、牛丼や牛皿を食べたいわけじゃなかったら
一軒め酒場の方が魅力があるわな。

一軒め酒場DSC05704
コチラの店は12時から呑めるのです。


店内に入ると右手側にテーブル席で中ほどに丸いテーブルで先客のおひとりさまが3名ほど呑んでます。
コチラの店は座れるうえにアウェー感などは全く感じません。

席は案内されることもなく入り口付近のテーブル席に座ります。
バイトのおねえさんに早速注文
「ホッピーしろ」とメニューも見ずに注文したもんだから、おねえさんから「おいてません」と静止が・・・
メニューを確認して
一軒め酒場DSC05699
バクハイ 290円税抜
枝豆 150円税抜

一軒め酒場DSC05698
”バクハイ”はこの店の看板メニューでビールにウイスキーを入れたハイボールのようなもの
『1杯飲んだら、その日あった嫌なことを忘れ、2杯飲んだら、夢を語れ、3杯飲んだら夢の中・・・』
昔、新宿のディスコでアイスペールにウイスキーとビール入れて回し飲みしたアレだよ。
悪酔いして頭ガンガンするやつだww

次に注文は・・・串揚げ5本セット290円 玉露入り緑茶割 190円

一軒め酒場DSC05700
ジーザスさんが言うとおりのダイエットした海老が入ってました。
じゃがいも、玉ねぎ、うずら玉子、鶏もも、海老で生キャベツもついてます。
お通し代も必要ないこちらの店はなかなか良心的で料理も少量多品種で頼め低価格なのが
ありがたいですね。

一軒め酒場DSC05701
玉露入り緑茶割 190円
焼酎がどれだけの量が入ってるかはわかりませんが190円は安いです。
ですが梯子4段も登ったのでさすがに胃力は低下しておりヘタレなオヤジです。

一軒め酒場DSC05703
窓から見える通行人の人間観察をしつつひとりお疲れさん会の2次会は終了となりました。

一軒め酒場DSC05725

勘定は〆て993円 (税込)                                

ごちそうさん                                              つづく                            
2015.4.13  15:09

新宿で広州市場→藤沢のスタンド酒房紺屋と・・・・次はどこにしましょうか?
横浜家系の店ができて1度は行ってみましょうということでやってきたのはコチラ

魂心家DSC05688
横浜家風 魂心家
入口左手の券売機でチョイスしますが初めての店は左上になってるボタンを押しますが
コチラの店はその技が使えない店となってます。
理由はこちらをご覧ください。

■メニュー
ラーメン(醤油・塩) 680円
つけ麺(魂心・ゆず) 780円
旨辛 50円増し

■トッピング
ほうれん草 ¥50
味玉 ¥100
キャベツ ¥100
もやし ¥50
野菜 ¥100
炙りチャーシュー ¥250
のり ¥50
のりSP ¥100
うずら ¥50
くずれ味玉 ¥50
白髪ねぎ ¥150


醬油ラーメン 680円 をポチッと

先客3名で開いてる席がたくさんあるのに女性バイト君に指定された席に誘導される。
券を渡して「すべて普通で・・・」というと「麺大盛無料ですが・・・」というので期待に添うよう
大盛りを頼んでおきました。

魂心家DSC05696
ボケボケ画像ですがお好みの注文や薀蓄やらいろいろ貼ってありましたが詳しくは
先ほどのジーザスさんのブログをご覧ください。

客もそんないない時間帯なのにもったいぶってるのかなかなか出てきません。
やっと待たされること17分で提供されたのがこちら
魂心家DSC05689
ビジュアルはコチラのビッグブラックハウスに似てますねww

魂心家DSC05691
スープ
豚骨のドロっとした白く乳化したスープで個人的には苦手な部類のスープで醤油のキレは全くなく
口に含むとポタージュのようなクリーミィーなもたついた味わい。
あの店のようにセントラルキッチン方式の缶に入った特別なスープかどうかはわかりません。

魂心家DSC05690
具材
海苔3枚、炙りバラ巻チャーシュー1枚、ほうれん草、ウズラの卵1個、

魂心家DSC05692
バラチャーシューは肉を食ってるような感じでカタメですが炙って脂が溶けて香ばしい味わい

魂心家DSC05693

中太平打ちのモッチリゴワゴワウェーブ麺
トロミのあるスープがよくからんで好きな人はうまうまかもしれません。
俺は麵はいいんだけど・・・・・えへへ

魂心家DSC05695
中盤戦で卓上の豊富な調味料を少しずついれてなんとか食い終わりました、が
しかし特別なスープはあなたにあげるぅ~ってな感じです。
うっ!!と、なって飲めませんでした。豆板醤や醤油ダレでも大量に入れてごまかしたら
まくれたのかもしれませんが・・・

麺大盛やまくり券やライス無料はCP度いいとは思いますけど・・・・
俺はもういいかな

魂心家DSC05697
ごちそうさん

さっ口直しに・・・・次                             つづく

2015.4.13 13:53

新宿で広州市場で肉盛りわんたんめんを食べて、年末以来の湘南にやってきました。

藤沢DSC05679
藤沢駅南口からOPAを徘徊してから雨降りなのでそんな遠くへは行くのも億劫なので
近場でっていうことで・・・・OPAの隣のところにあります。

紺屋DSC05680
スタンド酒房紺屋

紺屋DSC05681
ビルの入り口の看板は・・・・・・はこんな具合で店は地下1階にあります。
大瓶のビール400円は激安だよなぁ  期待できるなww
階段を下りると・・・・

紺屋DSC05682
ガラス張りの店内の奥はすでに多くの人影・・・・
店内に入ると左側が厨房アリのカウンターで8名程度の先客がカウンターに張り付いていて
イスなんかあるわけじゃないのに割り込む隙はない。
まぁ皆常連らしく会話に夢中で完全無視でアウェー感たっぷりで譲る気など全くなし。
そんなこと全く無問題で入口左手の壁面にもカウンターがありそちらに荷物を置いて席を確保

厨房のおばちゃんにタイミングを見計らいながら口頭注文を入れます。
ホッピーセット 白 290円   ソトとナカの料金メチャ安っです。
あとアテはモツの煮込み250円

紺屋DSC05683
常連じゃないので焼酎は2割程度の量と謙虚な注ぎ具合です。

紺屋DSC05684
ナカ160円をお代わりして注いだところでやっともつ煮ができてきた。
画像はすべてボケボケですなw

紺屋DSC05685
思ってたより大き目の器で提供されました。
小口切りの薬味ねぎがたっぷり入り豚モツや野菜、豆腐が入って味噌仕立てのもの

紺屋DSC05686
さらにナカ160円を注文しました。

何かさっぱりしたものをと冷やしトマト 270円注文

おひとりさまの常連らしき方は緑茶割5杯目らしいが俺はこのホッピーで心地よく酔うまで
あと何杯飲んだらいいんだろと思いながら会話することもなくTV観ながら思ったのでした。
まぁ焼酎ダブルにしても駅前屋の鬼ナカよりすくないからなぁ
俺の場合はこの店は瓶ビールや日本酒のほうがいいかも知れんな?

紺屋DSC05687
トマトが来て半分食べ終わる頃にはホッピーもなくなり、背中を向けていたダボダボのくたびれたのジャケットを
着た常連のオヤジさんが俺の食いかけのトマトをガン見し物言いたげにトイレへ
トマト欲しいなら言えばいいのにw

厨房で慌ただしくおばちゃんが注文に対応する頃合いを見計らい(客なのに一応気を使って・・・)勘定を

〆て1130円也

はい  次行きますよ! (独りごと)                                          つづく
2015.4.13 11:31

7x7DAYSも終わり、しばらく封印してた遠征へと気分転換に4/13.14が連休なので
宿泊も事前予約でいつものウサギ小屋じゃなくちょっと豪華なホテルに格上げで
小雨の中ご苦労さんにもバスで新宿へ・・・・。
ゴールデン街のあの店に行きたかったのですがネオンがついてないとわからず紀伊国屋横の
広州市場新宿東口店

広州市場DSC05669
今回で2回目の訪問でこちらの店は西口より空いていてゆったり座れるのでいいかも
前回はこんなもんを食ってます。
外観は西口店と同じ間口の狭い店に見えますが1階はカウンター席地下がテーブル席となってて広いんです。
地下のテーブル席に座りメニューを・・・
ランチのセットメニューがお得なのですが今回は店員さんのおすすめのメニュー

広州市場DSC05671
肉盛りわんたんめん 918円税込価格を素直に醤油味で注文。
なんとなくご飯も欲しかったが後もあるので我慢しておきました。

広州市場DSC05672
当店自慢の雲呑(わんたん)は必ずその日のうちに使い切り鮮度にこだわっています!
また巻きたてゆでたてをご提供。こうすることで、外はツルツル、中はジューシーな雲呑に仕上がるのです!
雲呑は3種の自家製ダレ【食べるラー油・塩しょうがダレ・にんにくダレ】につけて
おいしくお召し上がりいただけます

と、記載があり卓上には食べるラー油・塩しょうがダレ・にんにくダレ・醤油・酢などがあります。
広州市場DSC05673
10分程度、眠りを誘うジャスミンティーを飲みながらで運ばれてきました。
1階の厨房で作ったのをエレベーターで地下に下してるのでしょうか・・・。
画像がボケボケですが単品で取り直してます。

広州市場DSC05674
デフォでは煮玉子は付きませんが前回のチケット持参でしたので1枚で煮玉子無料を注文してみましたが
1個だと思ったらケチだよなぁ半分ですよ。
広州わんたんめん頼んでも半分の煮玉子はのってたけど・・・わすれたのか?
因みに2枚だとメンマ・ほうれん草・ミニライス
トッピングメニューでは煮玉子・ミニライスは54円税込
メンマ・ほうれん草は108円税込
ミニライスが券2枚はありえないよなぁ

店員が雲呑のおすすめ食べ方を説明をしたかったようですが何度か聞いてるので
遠慮しておきました。
テーブルに「雲呑麺のお召し上がり方」が出ていますしね・・・。
 ①そのまま食べる。
 ②小皿に酢と自家製ラー油を混ぜて、雲呑をつけて食べる。
 ③小皿の空いた方に「塩生姜だれ」又は「にんにく醤油」を入れて、雲呑をつけて食べる。
と、ありますが箸で持つとワンタンの皮が破けたりするのでレンゲにワンタンを入れてから
小皿の上でラー油やタレをレンゲに入れて食ったほうが食べるラー油のフライドにんにくが
たっぷり味わえることになるし口の中でいろんなハーモニーがミックス

具材
煮玉子半分だけとメンマ、薬味ねぎ、ほうれん草(こんなに多いの初めて)
別皿でボイルした豚バラと玉葱スライス


広州市場DSC05675
スープ
透明感のある鶏ガラ系清湯スープですがダシはしっかり利いてますが万人向けの味です。
程よい塩加減と鶏の旨味とほんのり甘味を感じます。
わんたんが主役なのでスープは余計なくどさは必要ありません。
好みに応じて塩も選択できたり鶏白湯+魚介なんかもありますが好き好きです。


広州市場DSC05675

多加水の細麺ストレートでやや硬めの茹で加減だがなかなか伸びない
あっさりした清湯スープには合うが個人的には中太平打ち麺のほうが好きだ。

広州市場DSC05677
小皿には食べるラー油・塩しょうがダレをいれてわんたんをつけてましたが面倒になりまして
レンゲに直接のせてタレをかけてから口の中へ・・・・
11個ぐらい入ってたのかどうかはわかりません。


広州市場DSC05676
別盛りの肉と玉ねぎは味がないので食べるラー油をかけたり丼に投入したりして食べた。
ライス頼んで肉丼にしたら美味いだろうけどCP度的にはランチメニューの選択のほうがいいかな。

広州市場DSC05678
ごちそうさまでした。

新宿から藤沢まではと・・・・
JR湘南新宿ラインは972円 小田急は586円 どちらも所要時間は1時間ぐらい
小田急なら往復でラーメン1杯分お得!

電車に乗り込むと席が空いてたのですぐ爆睡                    つづく
2015.4.8 16:00

休日なのにお疲れさん&寒いので腰痛が辛いのでなのでたまには外湯でのんびりと・・・
ってな具合で全国36店舗ある極楽湯に行ってきました。

極楽湯DSC05667

駐車場が混んでるのは春休みだから?と、思いつつ中へ・・・・
すると理由がわかったのである。

極楽湯HP

通常大人は670円500円  1周年記念だから・・・
まぁ670円でも安いんじゃないかなぁ 
受付で腕に巻くナンバーのベルトをもらい特別なサービスを受けるときベルトを差し出せばいいわけだ。
1階も2階も鮪やドドが横たわり人間様のように漫画を読んでいてソファーベッドは満員御礼となってる。

とりあえず風呂の中は盗撮と勘違いされるので画像はありませんが
内湯では炭酸の湯、日替の湯、水流の湯、雲龍の湯、冷水風呂
露天風呂では弱酸性硫黄の湯、絹の湯船、壷の湯、そして高温サウナなど多彩にある。

のんびりした後は本題に入らせていただきます。

極楽湯DSC05660
飲み物もたくさんの種類があっても迷わずに風呂入る前から決まっているのでした。
極楽湯DSC05661
エクストラゴールド 530円を選択してテーブル席にある液晶画面のモニターでタッチして注文
エクストラゴールドってスタミナドリンクのようなネーミング

極楽湯DSC05663
ひとくち飲んでしまって撮影したが凍ったグラスでよく凍るほど冷えたビールなのかとポスターをみて
勝手に思ったのだがそうでもなく量も少ない。
あっという間になくなり別なものを注文

ホッピーセット490円 ポテトフライ320円


極楽湯DSC05664
ナカは4割程度とまぁまぁの感じです。

お代わり・・・・ ナカ270円

極楽湯DSC05666


目の前のTVを見ながら飲みながら・・・・
またお代わりの ナカ270円


極楽湯DSC05665
熱々のポテトが遅れてきたのであと1杯…と思いましたがいい加減やめておきました。
ごちそうさま

帰宅してからは冷えた日本酒を呑みました。


Author:居酒屋hide

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QR