休肝日返上! 気ままに食べ歩記

食わずして後悔するよりも食って公開するけど、美味い不味いは人それぞれだよね♪

2015.1.26 13:48

休日でどこで食べようか悩んだ挙句・・・実は悩むほどレパートリーはないのだが
てか、あったとしてもたいした美味い店もないのでとりあえず11:00から開店のクルクルで
食べながら考えることにした。
クルクルチェーン店なので無難な選択なのかなと思われカウンターに案内されて
レーンを流れるものをつまみつつ液晶画面での注文方式も活用しながら9皿食べて
会計となりました。
平日¥90で872円也
画像は全くありませんのでご了承くださいませ。

食休み後に昼飯を・・・・と向かった先が半年ぶりのトライアングル
因みにクルクル9皿は朝飯にしておきます。

三角屋DSC05267
創業は明治42年ということで創業100年以上ということです。
メニュー
4/1から増税により50円ぐらい値上げになってます
らーめん         600円
大盛ラーメン       700円
らーめんとしょう肉めし 850円


先客はそれぞれテーブル席に1~2名ずつ座りおひとり様でもテーブル席を占領しておりますが
俺はいつもの専用席のカウンターに座ります。
注文は迷わず らーめん 600円

待つこと5分程度で提供されました。
三角屋DSC05268
コチラの店はレンゲの提供はありませんが麺を2~3本づつ箸でレンゲに入れて食べる
上品な方はいえばレンゲはもらえます。

三角屋DSC05269
スープ
鶏ガラなどの動物系や魚介の風味のダシで醤油は強めであるが最初に食べた時ほどの
醬油の濃さはないような気がします。
スープの表面はアブラは浮いておらずたっぷり目の透明なスープとなっています。

三角屋DSC05270
具材
チャーシュー2枚 海苔1枚 ナルト2枚 メンマ
前回までは海苔も2枚でしたが1枚になってました。
こちらの店は薬味ねぎは使わない主義のようですが俺はたっぷりと入れて食べたい派です。

三角屋DSC05271
チャーシューは塩味は薄くアブラのないももの部位でしょうか、カタメでパサつき感のある食感ですが
たぶん好みはわかれるでしょうね。
メンマも薄味で控えめになってますがコリコリの硬めの食感がいい感じです。

三角屋DSC05272

やや硬めの茹で加減でぼそっとした食感の中細縮れ麺 
麵の量は少な目なので大盛りか小肉飯を食べないと・・・・という感じです。
まぁ俺はクルクルで9皿食ったのでヨシとしましょう。


三角屋DSC05273
健康に悪いと思いながら後ひくほどの美味しさはないものの汁完しておいた。

ごちそうさん


散策DSC05274





スポンサーサイト
2015.1.21 11:44

鉛色の厚い雲に覆われた寒い日は特に腰痛が辛いので腰にカイロを貼って参戦♪
開店時間に合わせて行ったらまだ準備中なのでしばらく付近で待ち看板が営業中に
代わったりころで訪問です。

味来DSC05260

コスパ最高の味来でございます。
シャッター狙いでもちろん先客なしの1番乗りです。
例によって入口のメニューを確認して選択してから店内に入ります。

味来DSC05260 - コピー
1.中華丼
2.肉団子丼
3.肉じゃが

店内に入りいつもの俺専用のカウンター席に座りメニューを一応見てから・・・・
味来DSC04548
去年からの使い回しww

注文は五目あんかけラーメン  単品 680円ですがバージョンアップしたメニューで

五目あんかけラーメン&肉団子丼 800円
肉団子丼に決定前に本当は中華丼をお願いしたんだけど・・・
マスターが「中華丼は五目と同じあんがのるから・・・」と制止がかかりまして肉団子丼にした次第

マスターが厨房に入って鉄鍋振ってる最中後客がどんどん来ますと「注文は?」と
伝票も書かずにすべて丸暗記ですごいもんだ。
どこぞの店は券売機方式でも間違うのに・・・・

17分とやや待たされ感での提供となりました。
後客さんのラーメン&肉団子と同時提供だったからですな。

味来DSC05261
五目あんかけラーメンと肉団子丼と盛り放題の生野菜サラダとしば漬け

味来DSC05262
肝心な五目あんかけラーメンはというと

スープ
スープの表面にラードも浮いててスープは熱々でやけどしそうなほどであっさり目の豚骨鶏ガラ系
のような感じですが 課長がよく効いてて痺れるうまさですがちょっと白い魔法の粉が多めですかね。

味来DSC05265

具材
餡はやや硬めのちょうどいい具合ですがいつもより餡が少な目でスープがのぞいてボリューム不足
具材は白菜・人参・玉ねぎ・木耳・ネギ・茹で卵などで黒胡椒が初めからかけられてます。

↓前回食べた五目あんかけラーメンですが今回は海老もないですが野菜が盛り上がるほどのボリュームなし。
中華料理 味来DSC03913

まぁこういうブレもありますが・・・・・仕方ないですね。

味来DSC05266

多加水の中細縮れ麺でやや硬めの茹で加減となってます。
いつもなら餡の下から 引っ張り出すのは至難の業でありぐずぐずしてたらダレてしまいますが
今日は餡が少なめなので麺がくっついてないので食べやすかったです。

味来DSC05264
生野菜サラダ
2皿目まで盛り放題の生野菜サラダは2種類のドレッシングありますがいつも中華ドレッシング

味来DSC05263
肉団子
肉団子は冷凍のものでしょうか玉ねぎと炒められて甘酢あんかけの風味で白髪ねぎがのってます。
酸味が強くて普段中華屋に行っても酢豚とかは頼まない派なのでこれは俺の好みではないかな。
中華丼にしておけばよかったと後悔。
後客も五目あんかけと中華丼頼んだらマスターから静止がかかって肉団子頼んでた輩も
いましたが・・・
酸味で汗をかくほどのもので額から汗が流れました。
まぁ温まったからヨシとしましょうか・・・

マスターが厨房から出てきたタイミングを見計らい勘定を済ませた時は既に店内満員
今度来たときは、もやしあんかけラーメン(サンマーメン)でも食いますかね。

ごちそうさん



20151.17 13:00

土曜日なのでシャッターか昼時を避けてという選択でしたが北風の強風で外出も躊躇しましたが
連休にどこも行かないとブログネタのストックもないし・・・
と、いうことで防寒対策をして出かけてみました。
余りに寒いので途中のスーパーでワンカップで体の中から温める戦法で対応して向かいます。
良くも悪くもブレのないこちらのチェーン店へ
rogo.jpg

昼時は避けてみたのですが・・・・
店内待ちができてますが名前記入で順番を待ちますがほとんどの方は複数名のグループで
テーブル席の希望なのでおひとりさまのわたくしはすぐに案内されました。

メニューを見ると・・・・

寒い日はあんかけがお似合いということで

五目野菜ラーメン669円&玉丼セット442円 (税込)

10分弱で注文の品が一気に提供ですべて勢揃い

幸楽苑DSC05251
五目野菜ラーメンは幸楽苑のメニューの中で最高峰の豪華メニューとなっております。
餃子と玉丼とガッツリメニューです。

幸楽苑DSC05246
五目野菜ラーメン
具材
キャベツ、にんじん、タケノコ、もやし、椎茸、しめじ、きくらげなどの野菜の他には、
エビ、イカ、豚肉がはいっています。
餡は醤油味の餡でこれは俺好みでトロミ具合もいい塩梅

幸楽苑DSC05247
スープ
餡は餡で味わいスープはスープで味わいたいからレンゲで丼の縁の餡の影響を受けていない
スープの部分からスープをすくって味わいますと鶏ガラ・豚ガラ・魚介と野菜などがミックスされたダシで
旨みの後にやや甘めの味わいが残るスープで醤油は控えめな優しい味。

幸楽苑DSC05248

餡はできる限りスープに混ざり粘度低下しないように食べてます。

幸楽苑DSC05252

自家製の中太平打ちの熟成多加水麺で簡単には伸びないのが良いです。
ぷりぷりなコシのある食感がこのスープに合う麵ですね。

幸楽苑DSC05253
辛子ニンニクを耳かきのような極小スプーンで容器を逆さにして塊を取り出しました。
これを入れると一気に味変
優しい醤油味のスープもきりっと引き締まり辛味とニンニク風味が実にいい

幸楽苑DSC05250
餃子
“ギョーザマイスター制度”受験してやっと合格して、マイスターの資格を与えられた人のみが
ギョーザを作れるという独自の社内制度があるらしいが資格を持ってる人が作ってるかどうかは
全くわからん。
“チャーハンマイスター”や“麺マイスター”もあるらしいけど・・・資格給が付くんだろうね。
味のほうは・・・びっくりするほど美味しいっていうわけでもなく値上げと同時にサイズアップを
行ったが小ぶりの一口サイズで皮は薄く柔らかく餡にはニンニク風味で意外に好きだな。
200円弱で味の素の冷凍餃子はマイスターの資格なくても誰が焼いてももよくできた美味い
餃子だと思うが・・・

幸楽苑DSC05249
玉丼
温泉卵・海苔・甘辛煮の細切りチャーシュー
チャーシューの甘辛い味もごはんが進むけど・・・
温泉卵を箸でつぶし醤油をちょっとたらして食べると美味い。
昔はラーメンと言うと幸楽苑で中華そばと玉丼をよく食ってた。
鶏唐麵がある頃の話  あれ美味かったのになぁ490円だったかな

幸楽苑DSC05254
完食  スープもほぼ飲みきってしまったが無難にうまい

幸楽苑DSC05255
1111円なり

ごちそうさん


追記

ラーメン食うのはどこでもよかったのだが買い物があったので幸楽苑にした次第。
散策DSC05256
コーヒーやドリップフィルターを買ってコーヒー200円也を店内で味わいひと休み

散策DSC05258
ちょっと酸味が強いなぁ

散策DSC05257

駅付近でコーヒーじゃなく別のものを・・・・と、思いまして
散策DSC05259
「いlらっしゃい」「自慢屋」「駅前屋」は団子三兄弟
駅前屋の戸を開けて覗くと開店は16時からだという・・・
  せっかく鬼ナカのホッピー飲みに来てあげたのに

帰宅して温泉はいったあとのビールは格別だった。   以上



2015.1.16  12:00

1/14はこれまでに稀にない罰ゲームのような酷い仕打ちのラーメンを食した後は
終日体調不良のまま早めに就寝したが翌朝も調子悪く胃力は低下したまま・・・。
1/16.17は連休なので遠征の線も考えていたのだが断念、昨夜は仕事も早く終えて
栄養補給と燃料補給で何とか復活したと思いきや今度は喉の調子が・・・・エヘン虫

そんな感じでやってきたのはコスパ最高の味来
味来DSC05242

入口でランチの丼を確認しつつ決めてから中に入ります。
味来DSC05242 - コピー
かに玉丼・豚丼・チリソースの唐揚げ丼の3種類です。

店内は昼時なのに先客2名でおひとりさまは潔くいつものカウンター席に座りますと
客席から見えない厨房からマスターが顔を覗かせ注文を促します。

味来DSC04548
ラーメン単品では480円でランチタイム丼をプラスしたセットメニューは550円

ラーメンと豚丼の550円を注文 

その合間にカウンターにある生野菜サラダのBOX容器から小皿に取り分けてドレッシングを
かけたりセルフで水やおしぼりを・・・・
後客が続々と6~7名入店して一気に狭い店内がにぎわってきます。

7分程度待ちでラーメンと豚丼をトレーに乗せて提供されました。
味来DSC05243
撮影ではカメラをこれでも引いて撮ったのですが後ろに下がれなくて入りきってないね。
右にラーメン、左に豚丼、奥に生野菜サラダ、後は漬物
これで550円  食後のコーヒーもついてる  インスタントだけどね^^

味来DSC05244
具材
チャーシュー、メンマ、茹で卵、海苔、刻み葱、カイワレと具だくさん。
器は普通のラーメン屋さんの大盛の丼ぐらいのサイズです。

スープ
ラーメン480円でも醤油、塩の選択ができそれだけではなく
辛いラーメンも醬油、塩と選択できるわけで今回はシンプルに醤油を
鶏ガラベースの優しい味わいで化調の味わいもあるが熱々のスープもなかなかいい。
こういう基本を忠実にできない残念な店が多い昨今、そんな店では食べたくないなっ!


多加水の中太平打ち縮れ麺でこういうラーメンにはこの麵がよく合う。
やや硬めの茹で具合の提供ですが豚丼よりも麺から食べるのが流儀です。
食べる前から提供時に胡椒までかけられてるので手間いらずでうまし。

味来DSC05245
小丼とはいえ十分に丼サイズなわけでボリューム感は十分です。
ラーメンの麺は食べ終えて多少の具材があるものの豚丼を味わいます。
豚肉と玉ねぎと葱を醤油ベースの甘辛ダレで炒められて思っ手多様な味わいに
安心感を抱きながら食べますがごはんももちろん熱々のものです。
汁だくは嫌いなのでこのぐらい味が少しご飯に染みてる程度がちょうどいい。
紅ショウガも味変にいいが七味かけるの忘れたな。

550円の至福な時・・・ごちそうさん

先客が勘定しようとし、沢庵1本注文したら樽の中から出してきたのかずいぶん待たされて
後客の料理も中断、俺の勘定も中断で常連かも知れんがランチタイムの多忙な時間帯に
迷惑を考えずに空気を読めない輩はどこにでもいるわな。
それで俺が勘定したら1000円出したのに400円のおつり
50円玉2枚あったから100円玉と間違ったんだろうけど原因は沢庵親父のせいだ。
次回はあんかけの五目でも食うかなぁ


帰宅して居眠りしてしまい温泉行く予定だったがサッカー始まるし結局部屋飲みに変更
喉痛いのでアルコール消毒中
2014.1.14 

家系風のラーメン家が地域のグルメ情報誌とタイアップ企画で1/31までの限定メニュー
と、いうことでやってきました。

券売機で右上のボタンをポチっと・・・

家郎ラーメン 880円
内容としては・・・
①麺1.5倍 所謂大盛っていうこと
②背脂入り超濃厚豚骨スープ
③厚切りチャーシュー 
④野菜(もやしキャベツ)
⑤刻みニンニク

カウンター席に座りますとバイトのおねーちゃんに食券を渡しますと
「お好みありますか?」と
大黒家DSC05234


家系のお好みを聞いてるんだろうと思い「普通でいいです」と答えたら
野菜、ニンニク、アブラ・・・・と書かれた紙を出して見せられたので
「野菜、ニンニクまし」と言っておいた。

野菜ニンニクはデフォでも入ってるんだろうと思ったけど
野菜マシやマシマシができるかどうか店側の真意は知らん。
前回もらったクーポンを差出してトッピングは味玉を選択しておいた。


先客よりも早く5分程度で出てきたものは・・・・

大黒家DSC05236
野菜はキャベツが大き目に切ったものが入ってて野菜の山はカサッとしててビックリするほどの
ボリュームはなくて大盛り用の器での提供です。

大黒家DSC05237
具材
野菜はシャキシャキ感の残る感じでもやし:キャベツ 7:3ぐらいでしょうか?
トッピング無料のクーポンで得た味玉
肝心な豚は見えないが野菜の中にあるのだろうと・・・・
野菜の山にコールなしでも容赦なしに背脂チャッチャとたくさんかけられて頂上には刻みにんにく

大黒家DSC05238
スープ
家系の豚骨スープに背脂が混じり脂の層に覆われてレンゲですくいアブラギッシュで
高温かと思ったら温いスープでドロっと粘性のあるスープ。
二郎独特の醤油の甘じょっぱさは全くなくて塩味と魔法の白い粉が強く
しょっぱくて後から舌先が痺れる。
頂上の刻みニンニクをスープに混ぜながらスープを飲むと少しはG系っぽい
ジャンクさを味わえますが、ぬるくてね・・・・


野菜の山を少し片づけてから麵を引っ張りだそうとしてもエコ箸なので
ツルツル滑って野菜だけしかつかめません。
箸の持ち方は基本通りで悪いわけじゃありません。
麵を1本口に運べたので食べたらバリカタ程度のチョー硬い麺
普通でお願いしたので麺カタメなんて注文してもいない。
マズ~って・・・か、麺が堅すぎて箸でつかめないからあまり食えない。


大黒家DSC05239
味玉は醬油の色してないものですが・・・・

大黒家DSC05240
割ってみると半熟で味はちゃんとついてます。

固形物を食べ終わりそういえばなんか物足りないと思ったら・・・・
厚切りチャーシュー なんて食ってない  入れ忘れか・・・

大黒家DSC05235
卓上からざく切り玉ねぎと生姜を投入して少しはさっぱりとして食べおわり

大黒家DSC05241

しょっぱくて温いスープにバリカタ麵に極め付けで豚なしの酷い仕打ちに耐え店を後にしました。
胃もたれが激しく黒烏龍茶を飲み胃腸薬も飲みました。
コスパも悪いし俺の口には合わなかっただけじゃなく10時間たってもダメだこりゃ

これが二郎と掲げて売り込むのはあまりじゃないのかい!




2015.1.9  11:52

休日の昼飯の外食はラーメンがよいと思うのは仕事日は不味い弁当だったりで
ホカ弁ならメニューのバリエーションや熱いものは温かで食えるのがまだいいけど
たかがラーメンなのに美味しくご馳走にも思えるのである。
ただし例外のラーメンも多いっていうこともあるが・・・
そういうラーメンはタダ俺の好みに合わなかっただけで他の人が美味しいと言って
食ってるラーメンかも知れん。   
どこの店がおいしいの?って聞く人いるが愚問かなと 人それぞれの味覚なんだから・・・・

山岡家DSC05225
金太郎飴の如しチェーン店
ガツンときて、くせになる。濃厚豚骨ラーメンの山岡家

山岡家DSC05232
入口にはイチオシの期間限定メニューの告知

入店すると入り口2枚ドアを通り左手の券売機で食券購入
今回は迷うことなくジーザスさんがスルーしたアレに決めてあります。
あったか豚キムチラーメン850円税込をポチっと

カウンターのおひとりさまの先客は4名程度ですが2名以上でのテーブル席に座ってる方たちは
高い壁に覆われて姿は見えませんが、昼時でありながら閑散としてます。
カウンターに食券を乗せて座り好みは「ぜんぶ普通で」

7分程度の待ちで提供されたのがこちら

山岡家DSC05226
コクの有る赤味噌をベースに、豆板醤・コチュジャン・ラー油・唐辛子の4種の辛味成分で濃厚な辛味を演出。
さらに魚醤・にんにく・白菜エキスを配合することで、トッピングのキムチと相性抜群のスープに仕上げました。
半ライスとのセット(税込950円)がおすすめです! 11/25より全国の山岡家で発売!

と、薀蓄が書かれております。

山岡家DSC05227
具材
豚バラ肉&キャベツ、モヤシにトッピングされたキムチ
刻みニラの緑のコントラストが綺麗ですが、いくらなんでも細かく刻みすぎだろ
山岡家DSC05228
豚キムチと言いながらも鉄鍋で手間かけていたものではなく豚バラキャベツもやしを
ボイルしたものだろ…・キムチ色に染まってなくてキムチ味しないし

山岡家DSC05230
スープ
薀蓄には何タラかたら書かれておりますがわかりやすく言うと・・・
豚骨味噌ラーメンに桃屋のキムチの素をたっぷり入れた感じです。
スープと具材が一体化してなくてバランスが悪いですがチェーン店だとこうなるのでしょう。
味はというと激辛でもなく嫌いではありませんが刻みにんにくも添えてくれたりマー油とかも
あったら美味いのにというところです。

山岡家DSC05229

定番の中太ストレート麺でモッチリしたコシのある食感でパンチの利いたスープには合う麵。
中盤からはおろしにんにくを入れて食べましたが、キムチスープの浸みてないパサついた
豚バラをニンニク風味のキムチスープに浸してから食べるとマシになる。

これには白いご飯が欲しくなり生卵でキムチの辛さがマイルドになる感じが味変で合うかと思う。

山岡家DSC05231
スープをほぼ飲み干したころには頭皮から汗が流れカプサイシン効果で体ポカポカ
寒い時にはこういう辛い物もいいかもしれないが山岡家の期間限定メニューでの
価格対価を求めてはいけないしこれでサービス券はもらえますが原価率の高い
ランチセットメニューではサービス券付きませんからね。
サービス券5枚ためなくても地域情報誌でたまに餃子無料券あるので存在価値薄いかな。

ごちそうさん


追記

山岡家の後はしばらく食ってないものを・・・・と
すき家を訪問してみました。

注文はネギ玉牛丼  並
このメニューが好きなので吉牛や松屋よりもすき家に訪れることが多かった。

食べ方としては3割はそのまま食べてから卵の黄身だけのせて3割程度黄身のまろやかさを
味わってから最後は白身を箸でかき混ぜて泡が立つように・・・・
それをかけるのですが、2年半ぶりに食したネギ玉牛丼 うまし♪
近所にあったら朝定毎日食うのになぁ

写真は撮ってないんだよww

2014.12.27 15:20

本日は大黒庵→老郷本店→氷室椿庭園→湘南の海を散策した後に腹を空かせて
茅ヶ崎より寒川で下車してあの店に向かいます。

前回は15時の訪問で閉店したばかりで振られ同じ轍を再度踏むとアホなので
ジーザスさんの年末年始営業時間をよく確認したうえでの訪問となります。

竜家@寒川DSC05211

入口の戸をガラガラと開けて店内に入ると年末の土曜日とはいえ15時過ぎの飲食店は
暇なアイドルタイムの時間帯なのでしょうけど先客8名とやや忙しそうな状態です。

マスターに挨拶ペコリm(__)mしつつ入口右手の券売機で・・・・

ラーメン 680円
キャベチャー100円
ネギチャーごはん150円
をポチっと
本当はチャーシューメン中盛、海苔お得トッピング、ツインキャベチャーで豪華に食いたかったのですが
3軒目だし自粛しておきました。
1軒目なら遠慮なしにそうしただろうけど・・・・
食券をカウンターに載せて座りお好みはすべて普通でおねがいしました。
家系の店舗は比較的脂ギッシュで床もツルツルだったりおおいですが
コチラはきちんと掃除が行き届いて綺麗な店内ですわ。

竜家@寒川DSC05212
まもなく提供されたキャベチャー100円

竜家@寒川DSC05213
次にネギチャーご飯150円

提供された順に食べ進めればいいもののラーメンができるまでお預けを喰ってるわんこのようにじっと待つ。

10分ほど待ちラーメンの出来上がり

竜家@寒川DSC05214
前回の4月21日ぶりのご対面となります。
具材
海苔3枚、大き目のチャーシュー1枚、たっぷりのほうれん草、薬味ねぎ、
海苔は大判で厚みもあり上質な海苔でスープに浸しネギチャーご飯の海苔巻するのに最適
チャーシューは肩ロースでしょうか・・・やや厚みがあり大判で食べごたえがあります。

竜家@寒川DSC05215
スープ
スープの表面にはたっぷりな鶏油に覆われて豚骨ベースのスープに鶏ガラなど炊いたスープ
下処理をきちんとしてるせいでしょうか臭みは感じられません。
ラーメンとご対面し記念撮影してレンゲを口に運びますが止まりません。
コテコテクリーミィーよりライトな感じのほうが俺は美味しいと思うしスープがたっぷり入ってて嬉

竜家@寒川DSC05216

おなじみの家系定番の酒井製麺の中太平打ち麺ですがいつもならデフォでもカタメだと
思ったのですがブレなのか柔らか目でした。
まぁ半期に1度程度しか食わないやつがどれが普通の状態かはよくわかりません。
まぁ3杯目だし胃には優しい感じでよかったですが・・・・

半分以上食べた後ニンニク投入しニンニク風味のスープに浸した海苔でネギチャーご飯を
海苔巻したら絶品  うまし!

キャベチャーのキャベツのシャキシャキ感のある竜家のものは美味い
六角家やはねだ家のしんなりしたキャベツの漬物みたいなものよりパリパリの食感がいい

竜家@寒川DSC05217


スープは完全に飲みきり「ご馳走さま」と食べ終わった食器をカウンターに乗せて
カウンター拭いて二郎で学んだ躾を行い
身づくろいして「どうぞよいお年を・・・・・」とマスターに挨拶して店を後に・・・


寒川からは相模線で北上し大和で小田急に乗り換え新宿へと・・・・
新宿についたころには4杯目の余力は十分にあるもののこれにて
2014年〆ラー湘南遠征1泊2日を締めくくりたいと思います。
2015年はきっと国替えして新天地の美味いラーメンを食うことを願いつつ爆睡しつつ家路へと向かうのでした。


                               
2014.12.27 11:28

蕎麦屋の大黒庵で平塚ならではのラーメンを食した後は・・・・すぐに次の店へ

老郷本店DSC05193
老郷本店ラオシャンと読みます
平塚でラオシャンと老郷とありますが餃子の王将と大阪王将みたいなもんだと勝手に思います。

店内に入ると先客4名で入口右手の券売機で食券制となってます。
老郷本店@平塚DSC05194
立派な券売機を設置してますがメニューはタンメン550円、餃子500円
メニューたくさんありそうに見えますがタンメン2杯 タンメン3杯 7杯まで選択できるが意味なしw

タンメン550円をポチッとしてカウンターに載せて座った。
5分程度の待ちで提供

老郷本店@平塚DSC05195
普通の方がタンメン頼んで具材がわかめ・・・じゃ怒るわな

老郷本店@平塚DSC05196
具材
わかめ、メンマ、ざく切り玉ねぎ
ワカメは麵が見えないぐらいにたっぷり入ってます。
老郷本店@平塚DSC05197
因みにラオシャンでタンメンを頼むと玉ねぎだけで400円だったかな
わかめタンメン450円だったような・・・
老郷の価格設定の高い理由は駅前立地と店舗新築のせいなんだろうか?

老郷本店@平塚DSC05198
スープ
油分少ない感じの淡い黄金色のスープは、鶏ガラに野菜類の旨味が重なり、アッサリとしつつ
旨味も十分に感じ、このラーメンの一番の特徴である米酢の酸味でキリっと際立たせている。
レンゲでスープを飲む際にざく切りの玉ねぎがレンゲに入りスープと味わうと玉ねぎの甘み
辛味やしゃきしゃきの食感が実にいい感じ

老郷本店@平塚DSC05199


老郷本店@平塚DSC05199
平打ち気味のストレート細麺で、つなぎにカンスイや卵などを使っていないため、風味や食感はそうめんに
よく似た(この太さだとにゅうめん?)、しなやかで滑らかな舌触りにモチっとした噛み応えを感じます。

因みに平塚タンメンが食いたくなって鶏がらスープにそうめんを入れて米酢をかけて刻み玉ねぎや
辣油かけてなんちゃってラオシャンを自主制作して食べましたが美味♪

老郷本店@平塚DSC05200
麵を3割ほど食べると味変のアイテムの投入
卓上にある自家製のラー油
これを入れたら別物に変身してさらにうまし

老郷本店@平塚DSC05201
ごま油の香ばしさと程よい辛さが食欲をそそるのである。

老郷本店@平塚DSC05202
辣油をスープに混ぜていただきますとなおいい感じ

老郷本店@平塚DSC05203
スープは残そうとしたのにほぼ飲みきりました。

ごちそうさん

老郷本店@平塚DSC05204
飲食店の入り口にごみ置き場って・・・・衛生上何とかならないのかね

街中散策した後は茅ヶ崎へ向かい駅を降りて雄三通りを海に向かいます。
氷室椿庭園に立ち寄り散策
氷室椿庭園DSC05205
氷室椿庭園DSC05206
まだまだみごろではなくても俺の訪問で咲いて待っててくれた感じ(嘘)
さらに海へ向かいます

湘南の海DSC05207
画像でははっきり見えませんが肉眼ではくっきりと見えるのですが…富士山
今住んでるとこからより湘南からの富士山は本物の富士山で絶景

湘南の海DSC05209
湘南のいつも見ていた場所から烏帽子岩を見てしばし佇み物思いに耽り散歩

湘南の海DSC05210
いいなぁ~ここは・・・・都内にも近いし  美味いラーメンたくさんあるし
またここに住みたい  早く転勤したいわ  ・・(ボソっ)

                                           つづく











2014.12.27 11:06

初日は広州市場→こぐま→横浜飯店→吉鳥を廻りまして、今朝はウサギ小屋でTVを観て
ゆっくり過ごした後は、朝マックで時間調整し電車で平塚へ

駅前のアーケード街の路地を入ったところにある店
大黒庵@平塚DSC05183
大黒庵本店
誰が見ても普通の蕎麦屋さん
しかしここではそばを頼む客は1割程度でしょうか・・・・
皆、ラーメンを頼むのがふつうです。
ここの社長はランボルギーニに乗ってるっていうのは有名な話でこの前もTVでやってた。

大黒庵@平塚DSC05192
店の入り口にはショーケースに入ったメニューサンプルがリアル感を出して陳列されてます。

店内に入ると開店直後で先客5名
注文はラーメン 720円
普通でお願いしました。
何が普通かといいますと・・・
麵の硬さや麺の量・麵の茹で加減・味の濃さを家系のようにお好みをいえるのです。
二郎のような呪文を唱える必要があります。
”ジョーラン・ドンパリ・チョイカラ”とか言いますが・・・
詳しくはジーザスさんが支店を訪問して詳しくレポしてますのでそりらを参考に・・・
あと、B級グルメ評論家とも2さんもレポされてラーメン定食を食されております。

注文の後ゆっくりメニューを見ると・・・・
大黒庵@平塚DSC05184
醬油・塩・味噌・カレーなど各種取り揃えメニューは豊富

大黒庵@平塚DSC05185
一応、お蕎麦屋さんなので蕎麦もあります。

大黒庵@平塚DSC05186
5分ぐらいして注文の品が登場
湯気でボケたようですね

大黒庵@平塚DSC05187
具材
叉焼、支那竹、なると、刻み葱と具材はシンプル
メンマ支那竹のほうが表現があってそうな風貌です。

大黒庵@平塚DSC05188
スープ
たぶん鶏ガラベースでシジミのダシが入った感じなのかなと・・・
しっかり平塚ブラックともいうべき醬油感を出してますが見た目ほどの角や酸味はなく
ダシがよく利いていて表面の鶏油がほんのり甘みさえ感じます。
このスープにそばを入れて食ってみたいぐらい和風な感じ

大黒庵@平塚DSC05189
バラ巻叉焼は脂少な目でパサつき感もなくスープに浸して食べると美味い
支那竹は控えめな味付けでスープが強めなのでそれはそれでグッドでした。

大黒庵@平塚DSC05190

低加水の中細縮れ麺で自家製のようです。
このボソっとした食感が昔の即席ラーメンのようでデフォではカタめの提供で好き嫌いがはっきり分かれる
そんな麺ですがこれが平塚ソウルフードです。
後半は麺がスープ吸い黒くなってきてやや柔らか目になってきます。
少し胡椒をフリフリして食べますとシジミ風味は消えてそれはそれで美味
唐辛子も合いそうです。

スープを完飲しそうになりましたが3割程度残して
ごちそうさん



追記
ラスカの店内を散策して4階のデッキに出てベンチでひと休み
あ~ここは落ち着けるなぁ~
ビール飲みながら読書してる人もいるのでバッグからウイスキー小瓶を出して
ラッパ飲みしながらチェイサーの伊右衛門のトクホを飲みながら健康に気遣います。

                                     つづく
2015.01.02 11:05
2014年〆ラーを中断して2015年の記事を・・・・
あけおめ ことよろ
ということで年末の疲労も日々の燃料補給で乗り切り本日休日なので食い初めは・・・
ジャンクガレッジ

ジャンガレDSC05219


2015年1月31日までの有効期限のクーポン券を持参して注文は
味噌ラーメン 780円 
精算後に無料を尋ねられ野菜ダブル ニンニク1杯
クーポン券でのご利益は味玉

10分ほどで出来上がりトレーに箸とレンゲを用意して待つとバイトのおねえちゃんが
脂多めの失敗作のチャーシューをおまけしてくれました。

ジャンガレDSC05220
野菜ダブルでしたがいつもの感じの盛り具合で、別盛りにしたのはブレだったのでしょうか?

ジャンガレDSC05221
具材
チャーシューは脂多めのタイプで1枚おまけですがどちらも脂多め
クーポンのご利益の味玉1個
野菜はもやし:キャベツ 9:1でしょうか
ニンニクは細かい刻みタイプでグッド!

ジャンガレDSC05222
もやしの山にはカウンターで醤油ダレを2周かけ回しておりわずかながら味がついてます。
醤油ダレのとこよりも味噌スープに浸ったところのほうが一段とうまく感じられます。

スープ
ジャンガレDSC05223
レンゲでひと口スープを啜ると温く感じましたが冷たい豚をトッピングしますから
そのせいで表面が温く感じたのかもしれませんが乳化した底のほうを掬うと熱々です。
さらにニンニクをスープに溶かしてそのニンニク風味のスープを掛けたらさらにうまし
豚も熱いスープの中に沈めて温めてから食べながらニンニク交じりのスープを飲むとうまい。
豚は柔らかで崩れるほどでこのぐらいじゃなきゃ脂は食えません。
基本脂肉好きじゃないですから・・・・

ジャンガレDSC05224

天地返しの技を使い麺が少し冷めてワシワシ食えるように麺がスープに浸ってダレないように
野菜をスープに沈めてドロスープを野菜の水分で中和させ飲みやすくと・・・
今回は大盛にしてないので物足りないですが・・・・
味玉を蓮華に載せて箸で半分に割るとこんな具合で半熟で醤油だれも浸みて美味い

魔法の粉で痺れるうまさのスープは完飲すると体に悪そうなので半分残して
ごちそうさんです。

因みに駅伝は駒沢大が横浜駅前通過中!

今年は国替えしてもっとうまいラーメン食いたいと願うばかりなり




Author:居酒屋hide

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QR