休肝日返上! 気ままに食べ歩記

食わずして後悔するよりも食って公開するけど、美味い不味いは人それぞれだよね♪

白州サントリーDSC05039
清泉寮で温泉で癒し朝晩の食事で満足し
隣接する敷地内にある人気の(今はどーなんだろ?)清泉寮 ジャージーハットへ・・・

清里DSC05021
もしかしてソフトクリーム360円だったかな?
味はジャージー牛乳を使用しており、乳脂肪分高めの濃厚な味で美味しい。
10時前なのにけっこう観光客いたな



小淵沢7DSC05024
小淵沢 道の駅
こちらも前回にバスで訪れ隣のスパティオ小淵沢の温泉「延命の湯」にも浸かりました。
今回は車で来てるので少々荷物になってもOKで野菜などを物色
新鮮なブロッコリーや九条ネギ各100円ぐらいで買い求め炭水化物オンリーの食生活に色を添えてみました。


小淵沢DSC05025
アウトレット
前回も訪問のこちらは小淵沢駅から1時間に1本ぐらい無料シャトルバスで来ましたが、山の中に
こんなショッピングモールが・・・という感じで何棟かに分かれてますので天候が悪いときや寒いときは
ちょっと厳しいかなと・・・・
ここにお気に入りのPOINTのブランドGLOBAL WORKがあったので帽子を激安500円にてGET
POINTといえば昔、水戸市に福田屋洋服店がありVANとかJUNとか人気だったころ憧れて行った店。
1200億企業になっちゃったんだねぇ


小淵沢DSC05026
シャトレーゼ白州工場
八ヶ岳リゾートアウトレットから20号にでて下り15kmぐらいで山の中にあり駐車場入口で係員から
予約ありなしを尋ねられ13時から予約の旨を伝え駐車場に車を停めると森の中には猿たちが
いっぱいには驚いた。

白州シャトレーゼDSC05027
受付後、工場専用のサンダルに履き替えて、工場内に入って案内ビデオを見てから工場内見学



白州シャトレーゼDSC05028
UFOにでも乗り込むような青白いLEDの照明の長い通路を通り抜けると
何があるかと思いきや

白州シャトレーゼDSC05031
冷ケースの前に人だかり

白州シャトレーゼDSC05033
そうです。 こちらは試食コーナー
冷ケースが中央に並んでいてアイスクリームが種類別に説明書きが掲示されております。
まずは、


白州シャトレーゼDSC05032
たい焼き最中しっぽまで餡バニラ 108円 価格表示してありますが、支払いの必要はなく何個でも
無料という太っ腹。どこぞのワイナリーのように小さなプラ容器でチビチビ試飲するようなものではないのである。
どれでも好きなものを好きなだけ・・・・ただしお持ち帰りはなしよと!


白州シャトレーゼDSC05034
美味し

白州シャトレーゼDSC05035
美味し
いろいろな種類を5~6個ぐらい食べましたがほかにも食べたいものもありましたが断念。
意外とアイスクリームはおなか膨れますわww
なかなかナイスなスポットでした。
ランチの時間は過ぎてしまったわけですがおなかすいてないので次の場所へ移動。




白州サントリーDSC05037
サントリー 白州蒸溜所
シャトレーゼからはすぐ近くで森の中の大きな敷地内の駐車場は見学者の車やバスが・・・
コチラは見学ツアー申込してなかったので1時間程度の待ちになりましたが、食休みにちょうどいい。

NHK連続テレビ小説「マッサン」の主人公のモデル、竹鶴政孝(ニッカウヰスキー創業者)が、
1923年に鳥井信治郎創業の寿屋(現在のサントリー、ドラマで登場する「鴨居商店」のモデル)によって
日本で最初に建設されたのが山崎蒸溜所らしいのですが、サントリーとしては全く「マッサン」には
触れてないですね。
一方「余市蒸溜所」は、日本で二つ目につくられた本格的なウイスキー蒸溜所で、「マッサン」の「亀山政春」の
モデル・竹鶴政孝がウイスキーづくりの夢を追って建設したものでニッカはサントリーとウイスキー戦争を
繰り広げてきたのだろうけどさらにマッサン押しで媒体訴求のニッカ・・・・

連ドラのほうはマッサンが失業してだらけて働かない家賃滞納、昼間から酒飲みとグータラ為体で、
竹鶴ノート勤勉な職人気質のような印象の人間像とかけ離れた脚本、なかなか展開が進まずじれったさが
ありましたがようやく進展しいろんなことでおもしろい・・・

まぁ長い余談となりましたが・・・・本題へと

<白州サントリーDSC05042
ファクトリーショップ白州の店内散策しつつ待ち


白州サントリーDSC05041
店内入り口付近の白州のボトルや樽を見ながら椅子で座ってしばし休憩してから
いよいよ予定の時間になり約50人位ずつのグループでウイスキーガイドツアーのスタート
約70分程度ですがその中にお楽しみ時間もあります。


白州サントリーDSC05045
モルトウイスキーづくりに適した性質をもつ二条大麦が使われる。
白州の自然を活かす木桶の発酵槽にこだわり、タイプの異なる酵母を使い分けた発酵工程


白州サントリーDSC05046
発酵の終わったもろみを銅製のポットスチルと呼ばれる単式蒸溜器にいれて二度蒸溜することで
アルコール濃度は7%から70%ぐらいになるそうな・・・


白州サントリーDSC05044
蒸溜された原酒は樽に詰められ貯蔵庫で永い眠りにつき、熟成の時を待ちます。




白州サントリーDSC05048
ようやく待ちに待った試飲タイム
森香るハイボール
「白州」をソーダで割った爽快感がより一層引き立つ味わいで袋に入ったナッツ類のおつまみも提供され
4杯も飲んだので4杯ボール美味し♪

帰国は16時回り俺もまわり・・・・帰りましょうか
って、これは俺の車じゃないな

白州サントリーDSC05050
富士山もハイボール飲んだせいでほんのり赤く染まってるわ

帰路DSC05053
途中、源泉かけ流しの湯湯めみの丘に立ち寄り温泉&食事

のんびりと湯に浸かりさっぱりした後はカレーライス500円で空腹満たして帰路へ

                                                  冬の旅   完
スポンサーサイト
清里DSC05016
タイトル  冬旅・・・・・冬の旅でしたねww

目的地の清泉寮に到着
清泉寮と言っても別に会社とかの寮ではありませんから。
建設当初の1938年は、清里開拓の父と呼ばれるポール・ラッシュが指導した清里教育実験計画の一環としての
日米協会青年活動によるキリスト教研修の中心施設 清里 大泉の文字を取って清泉寮・・ということです。
現在ではロッジ、コテージ、レストラン、キャンプ場などを有する宿泊・研修施設となってます。
実はこちらには昨年来て食事が気に入り2回目ということです。

表紙の建物は本館で前回はこちらのテレビもないチープな部屋でしたが今回は新館でレストランや
大浴場までも近いので便利になります。
裏手の新館前に車を回しチェックイン

清里DSC05012
ロビーは暖炉がありコーヒーやお茶は飲み放題となってます。
夜の食事の時間は昼が遅いラーメン腹なので遅い時間で19時30分からにしてもらいました。

部屋へ行くと
清里DSC04988
天井が高く木のぬくもりが感じられる部屋で同じタイプでメゾネットの部屋もあるらしいが・・・
清里DSC04987
エキストラベッドはちょっと狭いようですが無問題。

清里DSC04989

この部屋には暖炉があり薪も用意されております。炊いてないですけど・・・・・

さて食事前にひとっ風呂浴びてきましょうか・・・・。
カルシウム・鉄分の多い良質な泉質をもつ源泉掛け流しの名湯
のんびりと手足伸ばせる大浴場で湯に浸かり疲れを癒します。
露天風呂は外気が寒いせいかぬるめで肩まで浸からないと冷たい風も強くなかなか出れません。
温泉場に住みながらも毎日温泉に浸かってるわけでもないのでこうして温泉に浸かるのも
ひさしぶりかもしれません。

清里DSC04990
風呂上りはビールが美味い 食事時間までしばらく時間があるので飲みながらくつろぎます。
自販機の発泡酒はビール以上の料金で風呂上りの金麦はビール以上のうまさでした。

電話が鳴り「食事の支度ができました・・・」と
1階の離れに歩いていくとレストラン
清里DSC04992
ディナーの食材やメニューの薀蓄が掲示されてます。
新館レストランは高い天井と大きな窓が開放的な雰囲気の中へ入ると人数を告げ席に案内されます。

「地産地消」をコンセプトに、地元の農家さんが丹精込めて育てた、新鮮な野菜をふんだんに使ったサラダや料理を
ビュッフェスタイルでお楽しめメインディッシュはメニューの中からお好みで魚、肉などを選べます。

清里DSC04993
メインはフジザクラポークと鰤・・・どっちにしようか迷ったがフジザクラポークにしておいた。
前回もフジザクラポークだった気がする。


清里DSC05004
空腹だと目が欲張っていろんなものを食べたいからと・・・・・

清里DSC04998
こんな汚い盛り付けになってしまい、一つ一つの料理は美味いんですけどね。

清里DSC04999
メレンゲの下に美味しいのが隠れてたけど何か忘れたな。

清里DSC05000
メインの地元フジザクラポークにレンズ豆煮込みキノコソースがかけられ地元のじゃがいものエクラゼ
と青菜が添えられています。

清里DSC05001
塊の肉にナイフを入れるととてもやわらかな肉で噛むと肉汁とソースの旨みが口の中でミックス

清里DSC05002
盛り合わせの多彩なパンをそのソースに付けて食べるとなお美味しい。
サラダや料理など3回ぐらい取に行ったのは内緒です。

清里DSC05005
食の後はデザートで普段食べないフルーツやプリンやケーキなどを別腹で食します。

清里DSC05003
清里DSC05006
とりあえず試食程度にいろんな種類を食べ腹いっぱい
コーヒー飲んで歓談して部屋に戻り食休み。

サッカーキリンチャレンジカップ2014の試合観戦
ホンジュラスに6-0大勝で観戦疲れと安心して風呂へ・・・・
温泉にのんびり浸かり風呂上りのビールの後はワインを開けて味わいましたが2本目開けることもなく
その日は運転もしてないのに疲れて大いびきで爆睡!


                                              つづく

2014. 11.14 14.:14

大阪王将DSC04976


腹は減ったし面倒なのでR20号沿いの手っ取り早い店にということでこちら
大阪王将

大阪王将DSC04977
店の外のメニュー
店内に入ると昼飯の時間が過ぎてるとは言いながらも客は誰もいません。

テーブル席に座るとメニューを確認しますがこちらはこの店オリジナルメニュー
大阪王将DSC04978
注文は野菜たっぷりタンメン600円ほかは昔ながらの中華そば530円
因みにこちらでタンギョウは以前食ってますがタンメンは他店では720円。

大阪王将DSC04979
卓上調味料は醤油、酢、ラー油、豆板醤、胡椒だったかな?

先客無なのに倍の時間を要し15分じっくり待たされての提供となりました。

大阪王将DSC04980
化調も利いたあっさり塩味のタンメンです。
まぁセントラルキッチンの味わいかどうかは知りませんが、600円で味わえるなら
まぁいいんでないかい?
野菜たっぷりもやしそばは760円も前に食いましたが160円もの違いの原価計算はどんな計算なんだか
全く知りませんがタンメンのほうがCP度高いかなと思うわけです。

同行者たちのラーメン
大阪王将DSC04984


大阪王将DSC04981
もやし、キャベツ、玉葱、にんじん、木耳、青菜、豚バラなど
スープに野菜の旨みエキスが溶け出して業務用化調のスープもうまし
小皿にほんのちょっと辛子味噌が添えられたがもう少しくれてもいいんじゃないか?

大阪王将DSC04982
半分ほど食べ終わりここで小皿の味変アイテムを足してさらにはラー油も投入します。
辛さとラー油の胡麻の香ばしさがスープの味も変わりうまさが増す感じです。

大阪王将DSC04985
麵は中太の平打ち麺でタンメンにはあう麵だと思います。
モチっとした食感でスープも絡みうまいです。

ワインもかなり飲んでるので熱々のスープがとてもうまく感じ汁完しそうになりましたが
我慢してのこしました。
夜はもっとうまいの食う予定だし・・・・・
メニューは別税価格表示なので支払いの際に損した気分になるわけですが表示は統一したほうが
いいのではないだろうかと勝手に思ってます。

ごちそうさん

まだ旅はつづきます。


勝沼DSC04952

11月14日(金曜日)&15日(土曜日)は連休で冬の訪れの確認に行ってまいりました。
巷じゃボジョレーヌーボと騒いでますが最近はもう急激に大人しくなった雰囲気
人気も売り上げも一時の半減らしいですがわざわざボジョレー地方の新酒を
11月第3木曜日に飲まなくてももっとうまい酒はあるわけだし
と、そんなことを想いながら勝沼ぶどう郷駅に降り立ちました。

勝沼DSC04951

駅からぶどうの丘へは細い道のぶどう畑を通り坂道を上がり徒歩20分ぐらいです。
もう何度か訪れてるのですが夜の電車で勝沼ぶどう郷駅付近の街並みの夜景が綺麗だと・・・
駅を降りても商店街があるわけでもなく殺風景な感じで言い方帰れば自然に恵まれた街並み。

勝沼DSC04952 - コピー
電車の来ないホームに佇みベンチに座り過ごすのもいいかもしれん
ここは昔勝沼ぶどう郷駅のホームで現在は一段高くなった線路に代わっております。
この旧駅ホームの延長線上は桜並木で春はとてもきれいです。

勝沼DSC04953

こんな細い路地を抜けると広い道に出ると上り坂に差し掛かり息も途切れるころ、背後から車の気配
クラクションが鳴り止まった。
今回の旅の同行者で場所・時間の待ち合わせはしたのではないけれど奇遇です。

勝沼DSC04974
目的地の甲州市ぶどうの丘頂上からの見晴らしは360度ぶどう畑に囲まれ格別のもの
売店の地下にワインカーブがあり隣接した敷地には温泉や食事処がありここで1日過ごせるぐらいではあるが
今回の目的はワインの試飲♪

レジで試飲用容器タートヴァン・・・1,100円を購入
一応前回購入したのも持参したのだがリボンの色は何種類かあるがピンクで同じ色。
ずるもできたのだが真面目な性格なのでキチンと支払い地下のワインカーブへ

勝沼DSC04961
地下のワインカーブには年2回の審査会をパスした市推奨の約180銘柄のワインが並び試飲しながら
購入できるというものです。
試飲と言いながらも制限がないのでたらふく飲めますww
もっとも白と赤とロゼの判別と辛口、甘口、渋い、苦い、酸味、とか程度ぐらいしかわかりませんけど^^

勝沼DSC04963
壁面にずらっと購入用のワインが並びまず。

勝沼DSC04962
こちらはご覧のとおり白のやや甘口

勝沼DSC04967
ナイアガラ (くらむぼんワイン) 720ml 白ワイン 極甘口1,590円 (税込)
使用品種 ナイアガラ(勝沼町)100% 使用の果実香が特徴的で濃厚な甘みでとても飲みやすいので買ってみました。

通路の中央にはこのように樽に試飲用のワインが5~10本並んでてそんな樽が白のコーナーだけで10樽ぐらい
反対側の通路には赤コーナーが同じぐらいの樽が待ってるのである。
そして今回のメインの新酒のワインも待ち構えてますので全種類飲んだら試飲とはいえべろんべろんだわなw

勝沼DSC04971
撮影前にラベルを前に向けるという初歩的なことも忘れるぐらい飲んでますかねw
緑の瓶を購入
クラノオト デラウェア (フジッコワイナリー) 720ml 白ワイン 中口1,620円 (税込)


葡萄の特徴味わいをそのまま無濾過で封じ込めたものでデラウエアの芳醇な甘み酸味、香りのワイン

この辺あたりで反則行為でポケットに忍ばせたカマンベールチーズを頬張りながらワインを含みます。
ああ~やっぱチーズとの愛称はばっちりです。
ハワイで買ったオニオン&ガーリックのマカデミアナッツも食べてみたのですがこれはワインには・・・

勝沼DSC04969

新酒のコーナーでしばらく何種類か味わいましたが新酒のものと数年前の同じ銘柄のものを飲み比べしましたが
新酒は酸味が強すぎで俺には古いものが口に合いました。
でも安くてお手ごろ価格がお好きです  質より量。

なんだかんだで11時に入店して試飲して出てきたのは13時半
なんと2時間半も試飲って・・・・まぁ2本買ったけど十分元はとりました。
13時に予約入れてたイベントはすでにキャンセルして明日の2時に変更

さて昼飯ですがほうとうの小作は却下され 奥藤のもつ煮と蕎麦も却下され
なんなら、軽くお食事をとぼんち食堂でもと・・・・
ヨッパを乗せてR20号を車を走らせます。
                                    つづく


2014.11.11 11:50

昨夜の夜食のペヤングやきそば超大盛で胸焼けは胃薬でなんとか治りまして・・・・
昼飯時で混んでるだろうと躊躇したのですがこちらへ

味来DSC04950

入口で今日の丼を確認して決めてからから入店します。
①焼きもつ丼 ②麻婆丼 ③親子丼

カウンターに座り注文は・・・
ラーメン&焼きもつ丼 550円

カウンター上のサービスの生野菜サラダを食べながら待ちます。
因みにTVでやってたのですが食事の時にいきなり主食を食べるより生野菜サラダを食べてから
主食を食べると血糖値が低いとかいってましたね。

10分程度の待ちでトレーに乗せられて提供されます
味来DSC04947

ラーメンには胡椒 焼きもつ丼には唐辛子 提供時すでにかけられており、後は食べるだけw

味来DSC04948

具材はチャーシュー・海苔・メンマ・茹で卵1/4・カイワレ・刻み葱など
はいつもの多加水の中細縮れ麺でやや堅めの提供
スープは動物系と野菜のダシで適度のアブラに覆われた熱々スープ


味来DSC04949

焼きもつは刻み葱の上に唐辛子がかけられて玉葱と甘辛の期待通りのタレで炒められ酒を飲みたくなる
そんな味付けである。 ご飯にも甘辛のタレが少し浸みて美味い。
これで550円   安いよなぁ~
いつも不思議に思うのは単品ラーメン480円 ランチで丼付きは550えんで丼の単価70円
五目餡かけラーメン680円に丼を付けると800円 丼は120円になっちゃう

う~~ん??

ごちそうさん
2014.11.8 13:40

自慢屋で食った後はそのまま帰るのももったいないので北口の駅のそばのそばを・・・

丸政DSC04940

駅前そば 丸政

丸政DSC04939

初めは小淵沢の駅そばで気に入りこちらの店も何度か訪問はしてます。
入店するとテーブル席はほぼ埋まっててカウンターはなぜか立ち食い専用となってます。

券売機はなくて丸亀製麺と同じような方式でトレーを持ってサイドメニューを選択してから口頭注文です。

丸政DSC04935

ここは当然人気の山賊揚げにしなくちゃ
山賊焼とは松本地方の郷土料理で、鶏もも肉をニンニク効かせた特製タレに漬け込んでから
小麦粉まぶして揚げた物です。
山賊揚げ130円 
てんぷらは80円からで山賊揚げハーフは80円です。
山賊揚げは人気なので昼にはなくなってしまうこともあります。
揚げたての熱々を食べてみたいのですがまだ遭遇したことはありません。

続いてレジのところでそばの注文
かけそば 大盛 290円 普通盛も大盛も同料金

290円+130=420円
支払したあとは天かすと刻み葱は入れ放題なのがありがたい。ネギはトングで3回ぐらい取った。

丸政DSC04938

山賊揚げは丼の直径と同じぐらいかな 

丸政DSC04937

山下清がバイトしてた我孫子の弥生軒のこぶし大のでかい唐揚げそばも何度か食しましたが
食べやすさからいうと山賊揚げのほうかなと思いますが、どちらも揚げたてを並べて食うような
贅沢ができたらいいなぁ。
お、お、お、お、おにぎりは、いらないなぁ~~♪

丸政DSC04936

そばは大盛なのでなかなかの量で天かすのアブラで汁もコクが出てさらにうまく3割程度食べたところで
やっとあることができるので・・・・
山賊揚げは揚げ置きしてるから冷めた状態で外側の皮は固く少し食べてから蕎麦の汁に浸して食った方が美味い。
しかも衣のアブラが汁にいい感じでコクが出て山賊揚げも温まりやわらかで食べやすくなります。

肝心のそばは太目でやや硬めの茹で加減で所謂駅の立ち食いそばの麺とは全く違う感じ
完食すると食った感がありますがそれはラーメン食ってますからwww

ごちそうさん




追記

2014.11.10
夜食にこんなのを食ってみた

ペヤング超大盛やきそば ハーフ&ハーフカレー
ぺヤング特盛DSC04941

内容量(めん量)238g(めん180g)で普通の2倍の大きさとなっております。

因みに 美食グルメブロガーのとも2さんもペヤングを食べてます。
この食べ方はよい子はマネしないでください。 わたしゃマネしましたけど・・・・・^^

ぺヤング特盛DSC04943

フタを開けると麵2食分の上にはソース2袋、かやく1袋、ふりかけ・スパイス1袋が入ってます。

ぺヤング特盛DSC04944

つくりかた
①フタをあけ、ソース2袋、かやく1袋、ふりかけ・スパイス1袋を取り出し、湯出口のつめを持ち上げます。
②かやくを麺の下に均等にあけ熱湯を注ぎフタをします。
③お湯を注いでから3分後、容器をしっかり持ち、ゆっくり傾けながら湯出口よりお湯をすてます。
④黄色の包材ソース1袋を麺の片側半分にかけよく混ぜ合わせます。
⑤黒色の包材ソース1袋を残りの片側半分の麺にかけよく混ぜ合わせます。
⑥ふりかけ・スパイスをソースやきそば部分(黄色の包材ソースを使用した片側半分)にかけお召し上がりください。

注意
③のお湯を捨てるとき蓋もちゃんと持ってないと麺がシンクに落ちてしまいますよん

ぺヤング特盛DSC04945
色は一緒ですが左側が普通のソースで右側がカレーソースです。
初め普通のソースを食べましたが味が薄いうえにパンチがなくソースをかけ回しまして味変

ぺヤング特盛DSC04946

カレーソースはなかなか美味でカレー独特の風味やスパイシーな感じがいいですね。
とも2さんの食べ方もまんざら間違ってなさそうです。(嘘)

酒のつまみにしながら食いましたが胸焼けして胃薬の世話になりましたw

2014.11.8  11:55

自慢屋DSC04928

昼時前で混んでるかなと思いきや先客3名だけ、空いてる左手のカウンターに座ります。
こちらは何度か訪問はしましたが前の週にジーザスさんに代わって〆に来た次第。
この店と向かいの「駅前屋」・「いらっしゃい」は3兄弟でどの店もセンベロのチョイ飲みの店
自慢屋DSC04929
メニュー
単品のラーメン 500円
ラーメンランチ580円 肉味噌丼orチャーマヨ丼orまぐろ漬け丼
ラーメンランチ650円 豚モツ丼

注文は
ラーメンランチ チャーマヨ丼 580円

自慢屋DSC04930

卓上は狭いのを工夫してコンパクトに整理されて設置されてます。
醤油・ラー油・酢・ラーメン胡椒・白胡椒・黒胡椒・唐辛子・豆板醤など

注文から3分程度でのカップ麵程度の待ち時間でのスピード提供
自慢屋DSC04934

スープ
動物系に煮干しの風味で濁りのあるスープ
紹興酒の瓶を置いてる本格中華っぽい風貌に似あわないスープだったが
これはこれで不味くはない。

自慢屋DSC04931

具材
チャーシュー・メンマ・ナルト・海苔・ワカメ・茹で卵・刻み葱
チャーシューはやや厚めのもので柔らかく意外にナイスな感じ
メンマも太めのゴリゴリのものもあったりで美味い

自慢屋DSC04932

多加水の中細縮れ麺でよくあるタイプの麺でこのスープとの相性はいい

自慢屋DSC04933

チャーマヨ丼
ごはんは半ライス程度で少量でご飯の上にマヨネーズと何か混ぜたようなドレッシングで
濃いめの味付けのチャーシューのほぐしたものがトッピング
きゅうりとたくあんが添えてあります。
ふた口程度のごはんなのでちょっと少なすぎだな・・・これじゃ

食べ終えて勘定を済ませると餃子の無料券をもらった。
次回夜訪問で紹興酒やドラゴンハイでも飲んでみましょうかね。
ここのチューハイはソト・ナカ別々で追加注文できるらしくナカはジョッキで7割程度も入ってる
こんなの2杯飲めばセンベロだなww
次回訪問したらさらに餃子の無料券をもらい延々と行く羽目になるんだろうか・・・無料券につられて

さぁ  次行きますか^^
2014.11.5   11:38

久々にがっつりと冬限定メニューを食べたいと思いやってきました。

食事処ぼんちDSC04918

店内に入ると11時開店でありながらもでデカ盛り店でありながらも客層を見ると40代~70代
ここは中高年のためのお食事処なのかも知れん。

もう注文は決まってるのだがおばちゃんがメニューとお冷を持ってきてくれた。
前回9月12日にこんなもんを食ってます。

俺「チャーシューワンタンメン
おばちゃん「麺入ってないですけどいいですか?」
散々小田原系を食ってきたからチャーシューワンタンメンとチャーシューワンタンがあるぐらい知ってるわい
とはいえず・・・・メニューを見ると

食事処ぼんちDSC04926

あらら??????

因みに去年の9/27訪問時はチャーシューワンタンメンは掲載されていて何度か注文したが
「冬だけしかやらないんですよ」と言われ断られたが期間限定メニューであれば定番メニューには
掲載すべきではないと食べる側のプロとして言いたいが・・・。
ぼんち食堂DSC02886
2013.9.27に食ったチャーシューワンタンメンぼんち食堂DSC02891
デフォのラーメンは470円 10玉の大盛ラーメン940円 チャーシューワンタン890円
麺類で2番目に高い高級メニューなのだが大盛で10玉入ってるんだから男らしく2玉ぐらい入れても
いいんじゃないか?
麵が売り切れでチャーシューワンタンしかできないのなら仕方ないが麺は腐るほどあるのだから(腐ったら困る)
ある時、ある店でメニューにてんぷらそばが記載してあったがかけそばがメニューになかったがてんぷらは
いなねぇなと思いかけそばを注文したらできないとおばちゃんに言われた。
てんぷらを抜くだけだからできるだろ、てんぷらそば注文しててんぷらがありませんじゃないんだし
世の中生きていくうえでいろんな融通が利かない理不尽さに遭遇し理解に苦しみます。
まぁこんなことは序の口なんでしょうけど

注文は妥協のラーメン470円&餃子520円

食事処ぼんちDSC04924

10分程度の待ちでラーメン&餃子の登場となりました。

食事処ぼんちDSC04921

スープ
大きい中華丼の器にスープたっぷりで適度のアブラに覆われて濃いめの醤油が何ともうまそう。
豚、鶏、野菜のダシに魚介の風味煮干しも入ってるのだろうか・・・うまみを感じます。
スープには焦がしネギも香ばしい風味でうまし

食事処ぼんちDSC04922

具材
チャーシュー、メンマ、なると、刻み葱など
チャーシューはやや厚みがありパサつきもなくうまいがチョイ堅いな。
メンマは大ぶりなものが結構入って塩加減や甘みもちょうどいい感じ。

食事処ぼんちDSC04923

麵は多加水の中太縮れ麺でぷりぷりの食感でスープとの相性もよく麺量は2玉ですね。
これで470円なんだから文句ねぇ~だろ。
麵が伸びる前に半分ぐらいまで麺を中心に一気に食べます。

そして餃子なわけですが・・・・
食事処ぼんちDSC04919
焼き加減もちょうどよく焦げ目がいい感じで大きな餃子5個です。
12cmぐらいでバナナサイズ
食事処ぼんちDSC04920
餃子の皮はやや厚めでモチッとした食感で今回は餃子の包み方が雑なのかどうか知りませんが
箸で持つと餃子の重みと皮の粘着具合が弱くはがれて餡がこぼれ落ちる始末。5個とも・・・
食事処ぼんちDSC04925

餡はキャベツやニラなど野菜中心で生姜の風味でひき肉は少な目かなと・・・
ぼんちのレンゲのサイズは特大なのでレンゲに餃子を乗せて酢ラー油醤油をかけて
食べたほうが食べやすいかもしれない。
3個で飽きたから3個で300円ぐらいで提供してほしいかな。

ごちそうさん

DSC04927.jpg



2014.10.31 11:38

家系のラーメンを食した後連食用の盛り付けだったため、テクテク歩いて・・・・
大手資本の風味で足が遠のいてて未訪のままでしたがジーザスさんが訪問し
詳しくレポしてるので行ってみました。

ちりめん亭DSC04908

ラーメンは530円ですが全般的にチェーン店の割に高めの印象でセットものがお得な感じ

入店すると先客4名、カウンターに座り、すかさず口頭注文

ちりめん亭DSC04909

横濱名物もやしそば 680円

カウンター内の厨房に男2名 女2名の4名体制って・・・・多すぎじゃない
直前に入店した方はテーブル席でメニューをゆっくり見てるので注文はまだの様子
 
入店から4分程度で出来上がり・・・・早っ!

ちりめん亭DSC04910

ボケボケの失敗作の写真ですが、丼は今風のおしゃれな深底のもので提供

ちりめん亭DSC04911

メニューの写真ではもっと野菜が盛ってますが宣材画像はだいたいこんなもんでしょw

スープ
動物野菜系のあっさりしたダシの薄目なスープで醬油の焦がしたような香ばしさや風味はなく
これはこれでうまいのですが物足りないなぁ。
餡がスープに少し粘度がある程度のものでもうすこし餡がカタメで分離するぐらいのほうが好み

ちりめん亭DSC04912

具材
もやし、ニラ、にんじん、玉葱・・・木耳はないんですね
それと肉玉がトッピングされてますが炒めたひき肉で甘辛い味付けで白ごまがかけられてます。
残念なことにボリューム感はあまりないかな。
かといってこれにごはん類つけて1000円はきつい


ちりめん亭DSC04913


多加水の細ちぢれ麺でスープの絡みもよくややコシのあるプリプリの食感
麵の量は少な目ですね。

後半は肉玉をスープに混ぜたらスープに味の深みがでてさらに卓上からにんにく、を加えて
さらに酢を2周かけ回して味変して完食
ただのもやしそばとして提供するならいいけど”かながわサンマー麺の会”に掲載のものとは
かけはなれておりこれを初めて食ったひとが横浜のもやしそばと思ったらかわいそうかなと・・・
まぁこういうのもありだけど嗜好品ですから好みの問題です。

チェーン店にありがちな支払いの際に外税っていうこともなく、きっちり680円税込支払い

ごちそうさん

勝沼DSC04952



白州サントリーDSC05039



乞うご期待しなくていいですww

居酒屋hide

Author:居酒屋hide

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QR