休肝日返上! 気ままに食べ歩記

食わずして後悔するよりも食って公開するけど、美味い不味いは人それぞれだよね♪

2014.2.25 11:10

OPEN直後で厨房は店長ひとりで準備の最中
口頭注文先払いシステム

ラーメン 大盛 720円

トッピングコールは野菜ダブル ニンニク1杯
野菜の量は  デフォ<マシ<ダブル<トリプル

10分程度待ち出来上がり

カウンターに取りに行くと他の奴が野菜マシ 俺が野菜ダブルで同じ量

??????
店長が「野菜ダブルでしたね」と、別盛り提供で届けると言うが・・・・断る
たかがワンロット2杯で開店直後で客のいない時間帯なのに
昨日今日入ったバイトじゃないのに・・・なんでしょ

ジャンクガレッジDSC03556

ラーメン 大盛 720円 野菜ダブルから野菜マシに変更になった。
他のジャンカレの野菜の量を比較すると少ないみたい。

ジャンクガレッジDSC03557
豚はバラはきれいに巻いたものではなくやや薄めのもの
キャベツは1割程度でもやしもシャキシャキ感の残るものです。

ジャンクガレッジDSC03558

相変わらずスープが少なく汁なしと思うほどですがスープ見えるほど入れてほしいが
汁マシする人いるのかなぁ~
野菜はそれほど熱々じゃないが麵を引っ張り出したら結構熱い

ジャンクガレッジDSC03559

豚は柔らか目で味付けは薄く肉の味わい 脂肉の部分が少なくてよかった。

ジャンクガレッジDSC03560
 
極太の平打ち麺で柔らかなグミのようなヌチャヌチャした食感
天地返しをしつつ食べ進めます。
刻みにんにくを徐々にスープに混ぜながら麵と絡ませたり豚と絡ませたり
G系らしい味わいになる。
大盛りの麺もあっという間に食い終わりなんだか物足りない。

機会あれば倍盛り野菜ダブル挑戦するか

ごちそうさん
スポンサーサイト
2014.2.22

め二郎で感動のラーメンを食したあとは高尾から西八王子へ

遠征西八王子DSC03537

西八王子散策DSC03552
初めて下車する駅ですが駅前が飲食店が並びなかなかいい感じな街並み
しかし目的の店に行きたいのだがその前に・・・・
二郎の後の急な”下り特急列車通過”の予感
見知らぬ街でのナイススポット探しは大変なのだが駅ビルやスーパーデパートが
ねらい目なのですが・・・・すぐ見つかってよかったww

目的の店 食べログで八王子ランキング3位 3.64pt 

吾衛門DSC03538

黄色い看板のG系にも見える中華そば専門店吾衛門

昼時が過ぎたのに行列店

吾衛門DSC03539
11人程度待ちの最後部に接続し15分ほど待って店内へ

吾衛門DSC03540
店内に入るとL字型カウンター10席の一番奥の席にお兄さんに促され座ります。
口頭注文の後払い方式のようです。

注文は 中華そば 500円 + 玉ねぎ多め 50円

吾衛門DSC03541
カウンターの前に2011年の食べログの表彰状の掲示
座ってから意外と早く提供されたのがこちら

吾衛門DSC03542

具材が海苔と刻みたまねぎとメンマとチャーシュー。

吾衛門DSC03543

刻み玉ねぎが大量に投入されてスープの表面覆われて麺相が見えません

吾衛門DSC03544
レンゲでスープを掬い口に運ぶとスープじゃなく刻み玉ねぎを食べてるかのように
錯覚しますがちゃんと濃いめの醤油のきりっとした味わいの中に豚骨を使った動物系の出汁と
煮干しや鰹節系の出汁も適度に効いています。

吾衛門DSC03545

スープの表面にはわずかにラードが浮いてますが玉ねぎで中和されさっぱりした味わい。
スープの旨みの後は口に残る玉ねぎのシャキシャキ感の歯触りが面白い。
水にさらした刻み玉ねぎとすりおろし玉ねぎがこれだけはぃっててもスープの温度は
温くならずラードがいい役割を果たしてるわけです。

DSC03546.jpg

麵は低加水の中細ストレート麵でやや硬めの茹で加減でザクザクした食感
麵肌はツルツルだがスープの絡みがよくて美味いですね。

固形物を食べ終えてレンゲでスープ飲んでましたが面倒で丼を両手で持って
綺麗に飲み干しました。

さすが八王子ラーメンの頂点に立つだけある店だと思い店を出ました。
もちろん行列が途絶えることがない店でした。

ごちそうさん♪

食後は腹ごなしに街中散策

西八王子散策DSC03547

西八王子散策DSC03548

西八王子散策DSC03549

西八王子散策DSC03550

西八王子散策DSC03551

近距離にラーメン屋がひしめき合った街なので連食しやすいかもww
駅前の路地裏に立ち飲みでもあるかと散策しましたがそれらしきは発見できず。
今回は北口だけの散策でしたが南口もディープゾーンがあるかもしれない。
次回の宿題として八王子に向かいます。

街中あちこち散策し夕暮れ時でそろそろ飲んでもいい時間帯
基本休日は朝からOKですが・・・
南口大通り沿いにあり赤提灯が目印のこのお店やきとり小太郎 2号店
外観の写真は失念

2号店があるからには1号店もあるわけで大通りはさんで斜め向かいに
お世辞にも綺麗と言えない昭和な佇まいの小さな店が1号店

店に入ると間口の細い奥行きがありカウンターと奥にテーブル席
先客10名程度と結構入ってます。

カウンターに座りメニューを
ホッピー650円&煮込み300円

メニューによると煮込みが名物らしい
大500円 中400円 小300円と大きさがあり味も味噌、塩、辛口

焼き鳥小太郎2DSC03554

ホッピーは大ジョッキにソトを1本注ぎ提供されますが大瓶ビールも650円
俺の思うホッピーの定義からするとビールより安くないとダメだわ。
それとホッピーセットで頼んでソト1ナカ3で飲みたい派なので・・・
そしてなんか甘いんですけど・・・・

煮込みは塩で頼んでみましたが小さい器なので山盛で食べにくいです。
よく煮込んであり味も浸みてモツも臭みがなく美味いです。

焼き鳥小太郎2DSC03555

生姜がトッピングされさっぱりした味わいですがやっぱ煮込みといえば味噌がいいなぁ。
こってりの煮込みに生おろしにんにくで・・・・。

焼き物も適当に口頭で頼もうとしたら静止がかかりメモのような紙を渡され書いてくれと。
砂肝100円・葱間120円・せせり130円・軟骨200円写真は失念ですが特筆すべき点はありません。

このあとウーロン割400円

隣の後客は八海山2杯と煮込みと焼き物で勘定1900円だった。
俺も勘定したら1900円なり
朝10時からやってる一平もあるがラーメンが主体なので機会あればそのうち行きますかね。

ごちそうさん
2014.2.22

想定外の積雪により連休の帰省もできず、十分な食材も調達できない日々が続き
食生活もワンパターンで貧相になり酒があるので何とか生き延びられましたw

ブログのストックネタもすべて使い果たし何も更新できずで迎えた休日
そうだ 八王子にネタを仕入れに行こう!

日帰りなので少し早目の電車で・・・
遠征車窓DSC03527

遠征車窓DSC03528
白銀の世界を抜けて高尾で京王線に乗り換えます。

2駅先のめじろ台駅で下車

遠征めじろ台DSC03534
日陰は雪が凍結して歩くこともままならない状態で手帳の簡単な地図を確認して
歩きますが1本道なのに間違いに気づき駅まで再度戻ってからの再スタート
山王坂を過ぎ寺田町東を過ぎ右手にやっと黄色の看板が見えます。
駅からは20分ぐらいでしょうか・・・遠いです。
シャッター狙いだったのに・・・・11:36到着とんでもないです。

め二郎DSC03529

丁度開店して列が入口に吸い込まれ動いてる列の最後尾に接続しました。
店内待ちと外待ち合わせて11番目、15分ぐらい待ちようやく店内に・・・

<メニュー>
・小ラーメン 650円、豚小ラーメン 800円、豚ダブル小ラーメン 900円
・大ラーメン 800円、豚大ラーメン 900円、豚ダブル大ラーメン 1000円
・ミニらーめん 600円
・つけ麺 +150円、つけ味ラーメン +150円、汁なし +150円
・生たまご 100円、粉チーズ 100円


入口左手の券売機で左上のボタンを押してみますが反応しないので隣のボタンを
押してなんとか食券を買えました。

選択は小ラーメン650円

カウンターはL字型で14席、店主が入り口近いところで麵茹でしおばちゃん2人助手で
3名体制でセカンドロット提供が終わり食べるのが早い人が開いたので接続から30分程度で
座ることができた。ワンロット7杯程度
隣のカップルは男が小豚 彼女はを食ってるが彼女のほうは麺を1本ずつお上品に啜ってて
2割程度しか減ってない。

ようやくおばちゃんから4ロット目の3番目のニンニクコールが
野菜・ニンニクましで!」ということで接続から45分後で提供

め二郎DSC03530

野菜マシはなかなか盛りがいいし、しかももやし:キャベツ 7:3ぐらいと二郎の中でも
キャベツ比率は高くてナイスです。
シャキシャキ感が残るちょうどいい茹で加減。

スープは表面がうっすら乳化した微乳化二郎スープで醤油が濃いめできりっとした甘じょっぱいアレです。
塩分高めの醤油味ですが意外とすきですこの濃さ加減は・・・
コールを聞いてるとアブラマシやアブラマシマシが多いですが、俺にはこのぐらいでちょうどいい
歳なもので・・・・。

め二郎DSC03531

麵は極太平打ち麺でやや硬めの茹で加減でグミのような弾力のある麺
野菜の隙間から麵を引っ張り出してワシワシと食らいます。

半分ぐらい平らげたところでサードロットの方は食い終わり去ってるのに
隣のセカンドロットのバカップルはまだ食ってます。
小豚の男のほうは食いきれず戦力放棄で、彼女のほうはやたら唐辛子や胡椒で
味変して自分との戦いに挑んでいる。
湘南二郎の助手さんが
「女性の方量が多いので無理しないで残してくださいね」と言うだろうが
立派なロット乱しでも店主は目の前のふたりを暖かな目で見守ってます。

やっと半分食べ箸が止まりブツブツ言って立ち上がり去っていきました。
たぶんミニラーメンも食いきれなかったろう。
彼氏がサルベージ役で食ってあげないとなぁ

め二郎DSC03532

豚はバラロールと腕肉の異なる部位が入ってて2cmぐらいの厚さのもので
箸で持つとホロホロと崩れる感じで脂身も全く気にならない柔らかさで
醤油だれも浸みてちょうどいい塩加減でうまい。
ほぐし肉も少し入ってて得した気分  うまいわぁ~~
刻みにんにくを豚と一緒に食うと更にうまい

固形物を食べ終えて美味くてスープも飲み干しそうになるのを少しだけ残したw

丼をカウンターに挙げて水を飲んでテーブル拭いて

ごちそうさん


店外に出るとまだ店外待ち

め二郎DSC03533

兎に角、遠方まで交通費かけて足を運んだ事を後悔するラーメンではなかった。
これで650円なり

駅まで戻り次へ・・・

遠征めじろ台DSC03535

高尾駅周辺散策します

遠征高尾DSC03536

家系ずっと食ってないので、よっぽど横濱家 高尾店に立ち寄ろうかと思いましたが
我慢しつつ高尾駅から西八王子へむかうのでした。

                    つづく


2014.2.19

休日の昼飯時  どうしようかなぁ~と悩んだ挙句
除雪の筋肉痛と疲労困憊で外出も億劫になり家ラーメン

昨日調達した袋麵、味玉、メンマで・・・・

袋麺DSC03523
来来亭しょうゆラーメン 68円なり

完成の図
袋麺DSC03525

「あっさりスープにコクのある背脂」って書いてあるが・・・・
スープ少なすぎでしたねww

確かにあっさり醤油味ですが背脂らしいもんは見当たりません。
来来亭でいえばあっさり醤油の細麺仕様でしょうか。

袋麺DSC03524
具材は味玉とメンマ・薬味ねぎですが京都系らしく七味をかけてみました。
味玉は4個で99円 メンマもそんなもんですww
らーめんよりトッピングが高いとは・・・・・・爆

袋麺DSC03526
麵はぷりぷりのノンフライ麵で細麵で縮れ麺です。
来来亭監修でエースコックが作ったものですが・・・
麵もスープも来来亭の味は全く感じませんでした。残念

ごちそうさん


ダラダラと部屋ですごしてから夕方景気づけに日本酒常温でポテトサラダや
こうじ塩辛 コロッケをアテにしながら飲み2合飲んだら空っぽに・・・
休日だからええんでない?

除雪の筋肉痛と腰痛や疲労困憊

そうだ 温泉に行こう!

大江戸温泉物語ホテル新光  

温泉入浴140219_170352
豪雪によりツアー客やあずさの乗客などの簡易宿泊などの帰宅困難者達は
高速やJRの復旧に伴いホテルは閑散として静かな状態

フロントで入浴料600円を払い大浴場へ

温泉入浴140219_170542
男湯の入り口でだらしなく垂れ下がったラーメン腹で布袋様がお出迎え

温泉入浴140219_170605



17時を回りこの時間帯は宿泊者も夕飯前の入浴で混んでる時間帯でもあるのだが
先客1名後客1名

大浴場と半露天とはいり薬湯は入らずでのんびりと湯に浸かりいい気持ち
かんぽより風呂も大きいしアメニティーも充実してて快適。
湯上りはコチラでくつろぎます。

温泉入浴140219_175840
漫画本もたくさんありPCもありソファーでのんびりとくつろげます。

温泉入浴140219_181958
もちろん湯上りには・・・・
ビールが普通なんですが角ハイボール220円にしてみました。

かんぽは入湯料500円 スーパードライ500ml缶400円で900円かかります。
まぁビール飲まなきゃ500円だけど・・・・
新光は入湯料600円 発泡酒350ml缶160円 缶酎ハイ160円 角ハイボール220円で
1000円でお代わりもできます。 

温泉入浴140219_180248

ハイボール飲んだ後は快適すぎて居眠りしそうになりましたww

極楽極楽



2014.2.18 11:22

普通でも陸の孤島の地が大雪後に本当の陸の孤島の地になり、食生活はストック分の
食材も消費して乏しくなりスーパーやコンビニ行っても生鮮3品やパン・カップ麵・
冷凍食品・レトルト食品もすっかりなく一般交通機関も動かずで3.11の震災の時のようでもあった。↓↓
長靴・スコップも店頭から消えて需要あっても供給なし
酒は日本酒・ビール・ウイスキー・韓国焼酎とそろって家にあったがツマミは乾きもの
はぁ~~~↓↓↓↓↓

ワークブーツでリュックを背負い外食&買い出しへ
幹線道路の車道ははだいぶ雪もなくなった反面、歩道は雪の山で車途切れたら車道を
進む、車来たら雪山へよける、の繰り返しで時間がかかりながらも到着

台湾料理昇龍DSC03511

こんな大雪で食材調達の困難な時に営業してるのはとてもありがたい。

店内にはいると先客無でいつものテーブル席に座ります。常連ではないですがw

台湾料理昇龍DSC03488


台湾料理昇龍DSC03487
このメニューは前回の転用

台湾料理 昇龍DSC03473
こちらのメニューは前々回の初訪時のものである。

前回メニューでレバニラ炒めを頼もうとしてメニューになかった・・・
と、いうのは勘違いじゃなく正しかったわけで日によってメニューを差し替えてるって
スゴイと思った。ボケるにゃ早すぎるしww

俺はメニューを見て八宝菜定食600円と台湾味噌ラーメン150円

あれ???
八宝菜定食600円の記載がないじゃないか・・・・
上記は3枚とも転用であるが定食メニュー600円のメニューは2種類じゃなく3種類あることがわかった。
まぁたいしたことではないが・・・・・・。

10分ほど待ち定食が先の提供となりました。
台湾料理昇龍DSC03512
八宝菜とキャベツの千切りとトマトやコーンのサラダ・きゅうりのキューちゃんみたいな漬物と
冷奴に味付きのひき肉にラー油の小皿と丼のライス・・・・
本来ならスープが付きますが150円でラーメンと変更

台湾料理昇龍DSC03513
角度を変えただけの撮影 特にどーってことはない

台湾料理昇龍DSC03514

八宝菜は白菜・人参・筍・青梗菜・クワイ・ヤングコーン・木耳・豚バラなどの具材
しっかり炒められ熱々でもシャキシャキ感を残しつつ餡に絡められている。

台湾料理昇龍DSC03515
遅れて台湾味噌ラーメンが運ばれてきた。
札幌味噌らーめんのような味噌のコクこそは感じられないものの
レンゲでスープを味わってみると見た目の醤油ベースを感じつつも味噌の味わい。
ダシの旨みも感じられスープの表面のラー油の辛さが程よく刺激され後を引く。

台湾料理昇龍DSC03516
具材は少し大きめのひき肉ともやし木耳などが炒められ食感がいい感じ
麵は多加水の中太平打ち縮れ麺でモッチリした食感でプリプリ
意外と好きです。  この麵・・・・。

すっかりはまってしまいました。

ごちそうさん♪

後客は常連の10名様  動じることなく厨房2名ホール2名で対応してました。
サービスのコーヒーもいただかずに750円なりの会計を済ませて外へ・・・・。

さらに目的の所に行くため車道の雪のないところを車の往来ギリギリを歩きます。
今回は食料調達も大きな課題でありこのままだと飢え死にしてしまうためww
スーパーに到着するとカゴを持った瞬間から戦闘体制で臨みます。

入口入ると野菜の山 肉 魚 惣菜も 充実しておりこの店は独自の仕入れルートなのか?
しかし鮮度のいい生鮮3品を見てるとついつい満腹なのに買い込んでしまう。
空腹できたら車じゃないと持ち帰れないが節度を持ってリュックに入る分だけを調達。
喉も乾いたので冷たいビールを店外で一気に飲み干して帰路へ・・・



帰宅してからは職場でスコップを拝借して自宅付近の除雪作業

大雪140214_152152
2/14 15時ごろの景色 雪降り始め12時間程度

大雪140214_222602
仕事から帰宅した22時半ごろは積雪70cm程度に・・・

大雪140214_222806
大雪DSC03501
駐車場の車も雪がすっかりかぶってしまいました。
結局翌日も降り続けて110cmと驚く積雪に

大雪DSC03520
マンション前の歩くことができない歩道は雪の山

大雪DSC03519
少しずつ腰をかばいながら除雪

大雪DSC03521
やっと開通しました。

大雪DSC03522
汗かきながら普段慣れないことやると腕も腰も鉛に覆われてそうな感じ
ワークブーツに雪が入り靴下もびっしょり
部屋に戻り暖を取りながら冷たいビールがうまし^^
日の沈まぬうちからご褒美に昨日と違って豪華なつまみでそのまま晩酌

めでたしめでたし・・・
2014.2.13 19:34


連日の雪かきで筋肉痛で昨夜温泉に行ってきましたが疲労困憊は治るわけもなく
明日また雪降りで雪かきに備えスタミナはつけたいということで
昨日のレバニラ食えなかったので仕事も早く終わり行ってきました。
デジカメ持ち歩いてないのでガラケイで画質落として撮影<(_ _)>

台湾料理龍香苑140213_193444
台湾料理龍香苑

台湾料理龍香苑140213_193511

自動ドアの店内に入ると漫喫のような壁に仕切られたテーブル席に座ります。
昼間は若いオネーサンですが夜はヲバサンが「イラッシャイマセェー」と。

台湾料理龍香苑140213_193915
食べに来たのはもう決まってますがメニューを見てみますか・・・
日替わりランチは夜の部は100円割り増しで780円になります。

台湾料理龍香苑140213_193809
定食メニューの中から今日のお目当て・・・
レバニラ定食880円

13分ぐらい待たされ感あり提供されました。

台湾料理龍香苑140213_194849


レバニラは熱々でやけどしそうなぐらい
具材はレバ・ニラ・人参・玉ねぎ・もやしなど
しかしレバもやしの商品名に改名したほうがよさげ

台湾料理龍香苑140213_194913

いつもニラが少ないのか雪降って葉物野菜が高騰したからなのかは不明である。
でも熱々なのがGOOD!旨みの利いた醤油ベースの汁を餡かけにトロミついてる。
俺の思ってたレバニラではないが、まぁこういうのも悪くない。
薄切りのレバーがたくさん入ってていいじゃないかww

台湾料理龍香苑140213_194919
こぶし大の唐揚げがひと口大に切り分けられてるから食べやすい。
衣はカリカリサクサクで肉はジューシーでカラッと揚がってる。
味付けはニンニクベースであるが塩加減は弱めで小皿に塩コショウが添えられてる。

台湾料理龍香苑140213_195156
と、いうことで少し遅れての提供の豚骨ラーメン100円のオプション
レバニラ定食880円にはデフォでスープがついてますがラーメンにバージョンアップで
100円追加料金が発生するがガッツリ食いたいときはいい。

台湾料理龍香苑140213_195204
スープは牛乳のような色で豚骨で藤沢のこぐまの牛乳ラーメンのようでもある。

台湾料理龍香苑140213_195214

具材は太目のメンマ・豚バラチャーシュー・もやし・茹で卵半分・刻み葱と意外と
ボリュームあるトッピングである。

台湾料理龍香苑140213_195225

茹で卵はやや半熟タイプで味付けはないものですが白いスープにはきれい映える。
太目のメンマは残念ながらごつごつタイプじゃなく柔らか目のもので味付けは甘め
豚バラチャーシューは箸で持つと崩れる柔らかさでしたが肉本来の味わいで醤油ダレは
薄めの味付けです。

台湾料理龍香苑140213_195525
麵は多加水の中太平打ち縮れ麺で歯ごたえがモチッとして弾力があり茹で具合も
やや硬めで美味い。
ただ残念なことに致命的なのは豚骨はライト感覚でさっぱりしててそれはそれで
いいのですが、コクがなくダシが薄いかなというところです。
スープ飲んだ後痺れる美味さは感じませんが美味けりゃ課長だって部長だっていいさ。
こぐまのようにバター入れてコクを出したりしてもうまいが卓上調味料は・・・
醤油、酢、ラー油しかないんでラー油を入れたらパンチがきいて味変  うまい
てんこ盛りのご飯もラーメンも食べ腹いっぱいだぁ~

デザートの杏仁豆腐は別腹でいただきました。

ごちそうさん
2014.2.12  11:10

日々雪かき疲労困憊筋肉痛で少し早目の昼飯として訪問

台湾料理昇龍DSC03499

店内は開店したばかりで先客なし

台湾料理のこの手の店ではコンビニが退店した物件でランチ680円で麵と丼物とか
炭水化物を十分に摂れて・・・メニューや価格設定も似てる。
しかし店によって評価もそれぞれ

メニューを見なくても食べるのは決めていたが・・・・

レバニラと担担麺だけど・・・・

台湾料理昇龍DSC03487
あれ?

台湾料理昇龍DSC03488
あれ?

ないなぁ・・・
ここじゃなかったのかレバニラ
もうレバニラと坦々麺しか脳裏になかったので改めてメニューを決めるとなると
すこしがっかりではあるが・・・・

本日ランチメニュー600円の中から・・・・
D.野菜炒めランチ&坦々麺750円

台湾料理昇龍DSC03489
卓上は醤油・酢・ラー油・胡椒といたってシンプル

台湾料理昇龍DSC03490
10分弱で提供されたがオネーサンが「アゲモノハ、アトカラダシマス」って

台湾料理昇龍DSC03491
坦々麺と野菜炒め、大根サラダ、漬物

台湾料理昇龍DSC03492
野菜炒めはキャベツ・もやし・人参・玉ねぎ・ニラと肉

野菜のシャキシャキ感と旨みや塩加減はいい感じなんだけど
出来立てなはずなのに火傷するほどの熱々じゃないんだよね。

台湾料理昇龍DSC03495
坦々麺のスープをレンゲで味わいますがこれがまた激熱じゃない。
ラーメンスープは火傷するぐらい熱々がいい。

台湾料理昇龍DSC03493
坦々麺はスープは辛さや痺れの麻辣感はあまり無く、胡麻の風味も感じられず
胡麻ペーストの胡麻の風味のこってり感はないですがそれはそれで坦々麺風味な
味わいがラー油の胡麻の香りでうかがえます。

台湾料理昇龍DSC03494
坦々麺の具材はひき肉にもやしや薬味ねぎ

台湾料理昇龍DSC03496
遅れてた揚げ物・・・春巻が登場ですがきつね色のカリっとした感じに
揚げられてなく油が温まってなかったのかね。

台湾料理昇龍DSC03498
麵は多加水の中太平打ち縮れ麺でモッチリした食感がうまいです。
料理がすこし温かったのは致命傷でしたがたぶんブレの範囲で味付けや
ボリューム感は申し分ないってことで完食

ランチでは食後のコーヒーもいただくことができるのですが飲まずに勘定を済ませた。


ごちそうさん


2014.2.8 20:00

昨日今日が連休で遠征してたら帰宅困難者になってたわ。
今日は終日部屋の中で昼間っから飲んで外を眺めてました。
昨夜深夜から降り続いた雪はかなり積もり腹減りで外に出かけました。

DSC03478.jpg
あちゃーどこ歩ったらいいんだろって・・・・ここ歩道じゃね?
長靴ないからワークブーツ履いてきたけど新雪を歩くとひざ下まで来るし
ズボズボ歩いていきました。

放置の車の屋根にはかなり積もってるし
駅行ったら流石に電車止まってるわ。


中華でも食いましょとCP度高くない店にやってきました。

注文は八宝菜と唐揚げ定食980円

終日飲んだ後はラーメンみたいな汁ものがよかったのですが
たまにゃご飯ものでもと思い注文したのですが待たされ感あって提供

大唐DSC03479
スープは御猪口ぐらいの大きさ(嘘)
ひと口飲んだら残り少ないぐらいになってる
やっぱ失敗だわ

大唐DSC03480


大唐DSC03481

海老やイカなどの海鮮ものと野菜が醤油ベースで炒められうまみがあるのだが
八宝菜美味いんだけどボリューム感はないね。

大唐DSC03482
鶏唐はひと口大の小さいのが3つで物足りないね。
何よりも肝心なご飯がパサパサの硬めでご飯のモチモチの粘り気は全くない。
オーダーミスが悔やまれます。
ラーメン&チャーハンみたいな炭水化物同士のほうがよかったかも

やっぱ昇龍みたいな店のほうが今日の俺の空腹満たすことができたのかもしれない。
わざわざ足元の悪い中訪問したのに・・・・

まぁこのドカ雪のおかげでコンビニやスーパーは物流がダメージを負い
弁当パンなどの食品が空っぽになってるのを考えれば・・・・
今日のところは、よしとしましょ^^

2014.2.7 11:53

連休初日ほんとは遠征を企んでいたのですが、天気予報で雪なので断念残念

昇龍って言えば上野の餃子しか浮かばない。
この地域でこの手の店って侮れないです。

台湾料理 昇龍DSC03471
店内に入ると先客6名
やや高い壁に仕切られたボックス席にひとり座るともったいない気はするが
カウンター席などはありません。

片言の日本語でお姉さんがお茶を持ってきました。彫が深めだから台湾なのかな
メニューを見て選択
台湾料理 昇龍DSC03472
セットメニューは8種類ずつの麺類と飯類をそれぞれ選択できてコーヒー付きで680円
台湾ラーメンも醬油・塩・豚骨・味噌と選べるのがいいよなぁ

台湾料理 昇龍DSC03473
本日ランチメニューは6種類の定食でコーヒー付き
スープをラーメンに変更すると150円マシ
ラーメンはもちろん8種類から選択可能
ということで、本日ランチメニューから・・・
A油淋鶏ランチで600円&台湾ラーメン150円=750円

10分程度待ち提供されました。
台湾料理 昇龍DSC03474
油淋鶏と台湾ラーメン・大根サラダ・冷奴・漬物・ライス

台湾料理 昇龍DSC03475
油淋鶏は揚げたてで熱々、衣はサクッとした歯触りで鶏肉はジューシー
甘い酢醤油と黒胡麻がかけられてますが控えめな味わいなので肉そのものの味も失うことなく
味わえてとてもうまいです。
何と言ってもこのボリューム感、美味さが持続しますww
ごはんも丼よりすこし小さめの器での提供で油淋鶏でご飯が進むし
けっこう多めの大根サラダは業務用の青紫蘇ドレッシングがかけてありました。

台湾料理 昇龍DSC03476
台湾ラーメンの丼も大き目のもので鶏ガラの醤油ベースでラードやラー油で炒められた
豚ひき肉やもやしニラなどがトッピング
麵は多加水の中細縮れ麺でけっこうボリュームはあります。
変に醤油ラーメンとか頼むよりいいような気がします。

次回訪問の際は担担麺とレバニラにしようかな。
腹ペコなときはこういうCP度高い店に限るわ、連食せずに満足得られるしww


ごちそうさん
2014.2.5 18:20

船橋からのんびりと黄色い電車に乗り新宿に・・・・。
新宿西口のヨドバシカメラの近くにあります。

広州市場140205_184137
間口が狭くちょっと入りにくいですが素通しのガラスなので店内の様子がうかがえます。
周りに店舗と比べるとこれでもかっていうぐらい店舗を照らす照明がたくさん設置してあります。


広州市場140205_184201

客席は1階と地下にありランチ時は並ぶでしょうがこの時間帯はすんなり座れるでしょう。
店内入ると1階は8割程度の入りで一番奥のカウンターを案内されます。
店内はそんな広くもなくゆっくりくつろぎながら味わう店ではありません。
コートや荷物は足元のカゴに入れて注文を・・・
ここはワンタン専門の店で肉ワンタン、野菜鶏肉ワンタン、海老ワンタンがあります。
注文は、海老ワンタン麵820円 こってりかあっさりか聞かれましたがあっさりで・・・
メニューにはあっさり「清淡スープ」・こってり「鶏白湯」になってます。
清淡スープのほうは醤油か塩か選べるようです。

10分程度で提供されました。
広州市場140205_182827
具材は大き目の海老ワンタンとほうれん草、メンマ、味玉半分が入ってます。
このワンタンの食べ方は当然このままでも十分おいしいのですが、卓上調味料を
使うと更にうまさ倍増なのですが・・・
隣の奴が卓上調味料セットの前に財布やスマホなど置いてバリケード中
とりあえずそのままの味を楽しみます。

スープは鶏ガラ風味のあっさり味わいでスープの表面はラードで覆われて
かなり高温であわてると火傷します。

麵は低加水の細麵ストレートで堅めの茹で加減でボツボツした食感ですが
ダレル前に麺からいただくことにします。

広州市場140205_182833
海老ワンタンは皮がトゥルンとして餡がたっぷり入っててプリプリな海老丸ごと2尾と
あとは海老のすり身や野菜が入ってジューシーなうまみが広がります。

中盤戦にやっと隣の奴が帰りバリケード解除となったために味変アイテム登場
卓上の調味料として用意されているのは、ラー油、お酢、生姜ダレ、にんにくダレ、醤油です。
まずは普通に醤油・酢・ラー油で・・・うまい
ニンニクダレは生ニンニクを醤油と食べるラー油につけたものでさらにうまい。
清淡スープの醤油味はさっぱりでいいのですがすこし飽きてしまいました。
丼にも食べるラー油やニンニクダレ入れればよかったと反省ww

次はワンタン3種盛りを食ってみようかな。

ごちそうさん

居酒屋hide

Author:居酒屋hide

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QR