休肝日返上! 気ままに食べ歩記

食わずして後悔するよりも食って公開するけど、美味い不味いは人それぞれだよね♪

2014.2.5 16:45

船橋方面に仕事で行った帰りに昼飯は支給された弁当で腹減り
駅前のイオンモール1階の山岸一雄製麺所へ行ってきました。

山岸一雄製麺所DSC03470

山岸一雄製麺所DSC03459
カーネルサンダースおじさんのように訪問待ち構えてます。

店内に入るとレジがありましたので口頭注文後払い方式
先客は4名程度でカウンターに座りま。

山岸一雄製麺所DSC03458
メニューは もりそば・ラーメン・角ふじ麺の構成

山岸一雄製麺所DSC03460
麺量
   ラーメン   つけ麺   角ふじ麺
並   150g    250g   200g
中盛  200g    300g   250g
大盛  300g    400g   350g
中盛り無料 大盛は+100円
山岸一雄製麺所DSC03461
角ふじ麺も気になったのですが、この手のラーメンは野菜・ニンニクましで食わないと
意味がないのでかといって退勤ラッシュ満員電車でニンニク臭を漂わすのもアレなのでww

無難に ラーメン 中盛 680円を注文

山岸一雄製麺所DSC03468
卓上は醤油・酢・唐辛子・花胡椒・豆板醤?

山岸一雄製麺所DSC03462
6分ほどでラーメンが提供されました。

期待を裏切られて大勝軒のラーメンとは全く異なるもので登場

山岸一雄製麺所DSC03463
具材は大き目の豚バラチャーシュー1枚とメンマ・ナルト・ネギ

山岸一雄製麺所DSC03464
見るからに麺そのものもあの例のものではない。

山岸一雄製麺所DSC03465
スープの表面にけっこうアブラで覆われてアツアツのスープはなかなかいい。
チャーシューは柔らかで優しい味わいだがメンマは角材のゴリゴリタイプじゃなく
細々なやつでいまいちな感じでした。

山岸一雄製麺所DSC03466
スープも節を強く感じる物でもなく鶏のほうが勝ってるようなものでした。
大勝軒じゃないのでこれはこれで不味いわけではないのですが先入観を
持ちすぎてしまうと比較してしまいます。

山岸一雄製麺所DSC03467

太麺ストレートタイプじゃなく多加水の中細麵
のんびり食べてるとすぐにダレてきます。

山岸一雄製麺所DSC03469
なんだかんだ言いながら途中で花胡椒かけたりして完食

ごちそうさま



2014.2.3 14:02

連休を利用して用事があり初めての武蔵小山に行ってきた。
用事を済ますのに時間がかかりすっかり昼時をだいぶ過ぎてしまい腹ペコ

駅付近まで戻る途中通り過ぎた大勝軒も気になったのだが・・・
武蔵小山大勝軒140203_131333

東急目黒線武蔵小山駅徒歩1分のパルム商店街入り口に喜多方ラーメン坂内・せい家があり
函館らーめん 吟塩に訪問
吟塩@武蔵小山DSC03450

2013年4月にOPENして無休で11:00~翌4:00の長い時間通し営業で頑張ってる店です。
入口左手の券売機で選択
<メニュー>
塩そば 650円
ねぎ塩そば 800円
浅蜊そば 900円
海老わんたんそば 900円
特製塩そば 950円
味噌そば 750円
つけそば 750円 etc...


基本の塩そば 650円の選択

入口にカウンター席 奥にテーブル席があります。

吟塩@武蔵小山DSC03451
卓上は胡椒・醤油・酢・ラー油・柚子胡椒など

7分程度で提供となりました。
吟塩@武蔵小山DSC03452
具材は、カニかまぼこ、ネギ、チャーシュー、ワカメ、水菜、メンマ、糸唐辛子
彩はきれいであるが・・・・
らーめんにカニかまぼこ、水菜、ワカメを入れるのは反対派なのですが・・・
別に嫌いではないんですけどねww

吟塩@武蔵小山DSC03453
スープは豚骨や鶏ガラなどのダシは感じられるがそれよりも塩辛さが先に気になる感じである。
しかも初めのレンゲのひと口から感じるからかなりである。
味見してるんだろうか・・・・残念な塩加減

吟塩@武蔵小山DSC03454
チャーシューは厚めの豚バラでホロホロの柔らかさで味も浸みてうまい。
麵はカンスイの香る中細ストレート麺で意外と多めの麺量で加水率が高いのか噛み応えがある。
函館ラーメンと看板上げてるなら魚介のトッピングはないのかね?
ワカメ、カニかまはいらないから・・・ww



ごちそうさん



追記

妙に喉が渇く・・・・・ラーメンを食べた後に近隣を散策
いい感じの立ち飲みせんべろの店が駅前にたくさん密集してるいい街
そんな店をハシゴしたいなぁ
昼間から立ち飲み結構なひといて隙間には割り込む気力がないので
駅前でいい香りのする鳥勇 武蔵小山駅前店に立ち寄った。

鳥勇DSC03457

店先の椅子に腰をおろしじっくり飲んでる人もいたり、30代の主婦も一人で
生ビール飲みながら焼き鳥をうまそうに食ってる。

店先では焼き鳥をたくさん焼いていて1本どれでも150円
レバー・砂肝・皮・ミックス・軟骨・つくね・うなぎ
生ビール500円・緑茶割り350円・マッコリ300円
価格的には安くはないですが煙に誘われていく人いるなぁ。俺もだけど

注文精算方法はキャッシュ&デリバリーかなと思いきや店のおばちゃんがこの店の
ルールを説明してくれた。
焼き鳥を好きなのを取りタレは2度つけ禁止で食べた櫛の本数で勘定するとのこと。


生ビールとレバー・皮・軟骨を食いましたが肉も大き目でうまいです。
鳥勇DSC03455

塩辛いラーメンの後なので生ビールは格別なうまさです。
所詮焼いたものを保温しておくので焼き立てを見計らって食うとアチチなものが食えます。

鳥勇DSC03456

今度再訪時はすぐ裏手の晩杯屋に立ち寄りたい。

ごちそうさん




2014.1.29 12:35

ラーメン田田でG系の野菜ニンニク増しを食べてニンニク臭を漂わせて
前回訪問できなかった弘富に行ってみたが臨時休業?  残念 ついてない
気を取り直して らあめん大安

らぁめん大安DSC03448

八王子駅南口側の線路沿いにあり前回振られた店だが今回は訪問できた。
店主は新宿西口の満来で修行してたらしい。

らぁめん大安DSC03449
因みに駅南口を線路沿いに歩くとこんな感じ

店内に入ると先客4名程度と少な目
入口左手の券売機でデフォのらあめん700円をポチ

<メニュー>
ラーメン700円、チャーシューメン1200円、納豆ラーメン800円、ラーメン小500円、
ざるらぁめん750円、ざるチャーシュー1100円、ざる納豆850円、
トッピング生卵50円、バター50円、大盛200円(4玉)


L字型の8席ほどのカウンターに座り券を差し出します。
5分ほどで提供されましたが・・・
デジカメが言うこと聞きません 
らーめんが伸びてしまうので仕方なくガラケイで撮影
ボケてますww

らあめん大安 140129_123919

具は、厚切りのチャーシュー、ほうれん草、メンマ、海苔。
玉ねぎは見当たらないので八王子ラーメンのカテゴリーではなさそうです。
やや多めのアブラの下にはあっさり醤油の鶏ガラ系のダシのスープですが
透けて麺相がぎっしりと見えます。
デフォで麺量は300gの中太縮れ麺はモチっとした弾力ある麺で
ツルツルののど越しで味わえました。

らあめん大安 140129_123926
チャーシューは柔らかくやや薄味ですが優しい味が浸みて美味いです。
チャーシューメンは+500円UPかぁ
機会あれば食ってみたいけど連食向きじゃなさそうだなww

ごちそうさま




2014.1.29 11:50

立川で一晩過ごしマックでコーヒー飲んでリセットして八王子へ
立川二郎は店休日なのでシャッターは狙えません。 残念
本当は本家のラーメン二郎 八王子野猿街道店 2
ラーメン二郎 めじろ台法政大学前も行ってみたいのだが
インスパイアへやってきました。

田田DSC03343
店の外観から如何にも蛸にもって感じの構えです。
ここの並びの家系の大和家のグループが手掛ける二郎系のお店
八王子 田田

入口入って先客は10名程度のカウンターに6名、券売機で左上のボタンの
ラーメン小 750円&ねぎキムチ100円を購入
しかし後で知ったのだが店入口の右手にトッピング無料券が置いてあったのである。
だったらラーメン650円するりゃいいのに・・・

<メニュー>
小 750円(250㌘)
小ぶた 900円
大 850円(375㌘)
大ぶた 1000円
ミニ 700円(125㌘)
ミニぶた 850円
汁なし 100円増
味付け玉子 100円
生玉子 50円
粉チーズ 50円
コーン 50円

田田DSC03440
まずはタダで食えたはずのニンニクキムチの登場
薬味ねぎ頼んでも100円ならキムチで100円は安く感じる。

しばらくして助手の若い女性からニンニクコールのお誘い
野菜マシ ニンニクましでお願いした。

田田DSC03442
丼も湘南二郎から比べたら小さく麺量が250㌘だからびっくりする量じゃありません。
ビジュアルは野菜の盛り付けや豚ののせ方、ニンニクの置く場所はなかなかいい感じ^^
野菜は

田田DSC03443
豚はバラ巻チャーシューで分厚くてアブラの分量も少なくいい感じです。

田田DSC03444
まずは、てっぺんの野菜からやっつけますがその前に卓上から、
醤油ダレ、酢、一味、ブラックペッパーが並んでる中から醤油ダレを2周
かけ廻してから食べます。野菜の茹で加減はシャキシャキの残る程度です。

野菜の麓のスープが覗く隙間から麵を引っ張り出してワシワシと食らいます。
やや硬めの茹で加減でモチっとした食感です。
スープはデフォではアブラが少なく火傷するほどの高温のスープではなく
ちょうどいい感じですが豚骨はさっぱりタイプのスープで非乳化です。
二郎独特の醤油ダレの甘じょっぱい感じはなく弱めなスープですが
まぁインスパイアだしこんなもんでしょ。

田田DSC03445
湘南二郎のすこし酸味のあるニラキムチほど”キムチ”っていう
感じはしないねぎキムチはパンチはないものの葱好きなおれとしては
G系のラーメンでネギを薬味で食うのはうまく感じます。

田田DSC03446
豚はややうすめの塩加減ですがやや柔らか目でスープに浸して温めて
汁をまとわせながらニンニクを乗せて食うとうまいです。
後半は卓上から唐辛子をかけて味変して完食。

次回訪問時はサービスチケット持参で・・・・

ごちそうさん




2014.1.28  18:22

念願の立川二郎訪問しようと企んでいたのに
まさかの行列で断念の後はすぐ近くにある店に・・・・。

食べログで立川ラーメンNo.1  3.59の らーめん愉悦処鏡花

鏡花DSC03424

外観はどう見てもラーメン屋じゃなく居酒屋っぽい感じになってます。

鏡花DSC03425


入口で券売機で食券を選択します。
<メニュー>
極 醤油ラーメン950円
醤油ラーメン780円
醤油チャーシューメン1,050円
野菜盛醤油ラーメン980円

極 塩ラーメン950円
塩ラーメン780円
塩チャーシューメン1,050円
野菜盛塩ラーメン980円

極 つけ麺1,000円
つけ麺830円
つけチャーシュー麺1,100円
野菜盛つけ麺1,050円

釜玉油そば800円

鶏白湯ラーメン800円
鶏白湯つけ麺850円
特濃中華そば950円


初訪の店は迷うけど基本の醤油ラーメン780円

中に入ると開店前のような薄暗い感じの店内でTDLのアトラクションのようでもあり
不思議な内装は深山幽谷の雰囲気を描いて秀逸される泉鏡花の代表作の「高野山」の
イメージをモチーフにした店内といいことですが、そんなのさっぱりわかりません。

薄暗いL字型のカウンターに座り食券を提示します。

厨房は3名体制で寸胴は目隠しされてるものの劇場のような作りで1段高い位置で
客席を見降ろされてます。

鏡花DSC03426
注文から12分とやや待たされ感を感じながらの登場。
カウンターの1席ごとに設けられてるピンポイントにらーめんを照らす
LED照明が邪魔になり写真がいまいちな感じです。

鏡花DSC03427
具材はチャーシュー1枚 三つ葉 メンマ2本 
葱好きなおれには物足りなさもある葱なしラーメン

鏡花DSC03428
スープの表面は鶏油かと思ったら鴨油ということです。
醤油は”関ヶ原たまり”という高級醤油を使用してるらしくて
俺好みの濃いめしょっぱい感じに見えますが見かけほど醤油のキレや角はなく
まろやかな仕上がりとなってます。
鳥ガラ・豚ガラや鰹・鯖・秋刀魚・スルメなどの魚介ダシを使ったスープらしいですが
そんなに癖もなく日本蕎麦の汁のようにも感じます。

鏡花DSC03429

極太のメンマはゴリゴリした歯ごたえでうまいです。
三つ葉も意外とたっぷり目でスープの鴨油もさっぱりな味わいになります。

鏡花DSC03431
ボケた画像で撮り直し

鏡花DSC03430
多加水の中太平打ち麺でもちっとした歯ごたえで麵肌もツルツルでのど越しいい。
このスープには合わない感じで鶏白湯やつけ麺用に合うと思う。
低加水のやや硬めの茹で加減のボツボツした歯ごたえで食べてみたい。

鏡花DSC03433

内装費5000万かけた店内で高級食材を惜しげもなく使い原価率の高い
ラーメンを食べて、汁も飲み干してしまい満足しました。


goti.png

店外に出ると汗ばんだあとの体には真冬の寒さも心地よい

さて今宵の宿へ・・・

ガタンゴトンガタンゴトンと振動のない風呂付の寝台車♪
チェックインした後は渇いたのどを潤しに・・・・

弁慶DSC03439
この前訪問した弁慶

店内に入るとくたびれたサラリーマンたちがグダグダと仕事話で飲んでます。
カウンター席に座り注文は・・・・

ホッピー黒 400円
砂肝 軟骨 @130x各2本 (強制的に2本づつ)
トロサーモン450円

弁慶DSC03436

昔、上野(たきおか・大統領など)・鶯谷信濃路)・北千住(大はし)とか
ディープな街でひとりせんべろはしごに凝ってたけど・・・って
ただ呑兵衛なだけですかね。

弁慶DSC03437
トロサーモン登場

ナカを追加  270円なり  高っ

弁慶DSC03438

化石のような砂肝と軟骨
こんなに焦げて・・・客に出す代物ではないです。
食ってみると硬くて丈夫な歯でも折れそうなぐらい堅い
罰ゲームのような感じ。

熱くない焼きたてじゃなく2度焼して冷めたものでしょ  ひどいもんですわ。

〆て1640円なり  再訪ないなぁ

街中散策して昭和なせんべろな店探したが見当たらずで・・・
大人しく?戻りまして今日一日の疲れを癒しあすに

                  つづく

2014.1.28

八王子散策の後は立川二郎の夜の部に備えて立川へ・・・・
昔住んでた頃とは全く異なり全く面影もなくわからない。
時間に余裕があったので新宿で勤めてた頃のアパートを見に行ってみたが
デカい豪華マンションはまだあったがアパートの跡地は既に
新築の民家が並んでいた。  残念な気持ちで再び駅前へ

立川の居酒屋で食べログ人気No.1かぶら屋

kaburaya.jpg

17:30の訪問
素通しのガラス戸をあけると昭和な店内

カウンターに座りホッピーと煮込み・・・と
メニューも見ずに頼んだのですが、ホッピーはなかったww がっかり

かぶら屋DSC03418
かぶら屋DSC03419

注文は生中399円ともつ煮294円 レバー・シロ・ガツをタレで各1本
焼き物2本からという焼き鳥屋が多い中1本での注文はありがたい。
座って強制的に同じ焼き鳥5本出てくる店もあるが押し売りでいやだわ。

若いお姉さんが俺の後ろからモツ煮を置こうとしたとき俺のひじにぶつかり
モツ煮は床に散らばった。床を一生懸命掃除してたけど俺のコート・・・
汚れませんでしたかとは言わなかったけどまあいいか
もつ煮294円をアテに生中399円をあっという間に飲んでしまい写真は失念w

次に ひげのハイボール294円を頼みました。
ひげの・・・ってブラックニッカでしょうかね?
かぶら屋DSC03417
氷がやけに多くて氷分が儲けだからしかたないか・・・・
すぐにお代わりしました。

かぶら屋DSC03416

意外と84円の焼き鳥は思ってたよりうまくて驚いた。

勘定したら1533円ですが端数切捨てで1530円 1500円ではなかったww
ガラス戸をあけて外に出たら若いおねーさんも外まで出てお見送り
たった1500円の客に・・・
後で知ったがここはチェーン店で都内近郊では立ち飲み屋として営業してるみたい。
藁藁や勝家いろいろあるがここはチェーン店と言えどなかなか侮れない。

機会あれば再訪だな


と、いうことで飲み足りないが行く店があるので・・・

立川散策DSC03423
立川二郎 中と外待ち30名程度でしょうか
寒いのにご苦労さんです。
あっさりとあきらめてしまいました。

う~ん  どうしようかな


立川散策DSC03409

立川散策DSC03410
立川散策DSC03411
立川散策DSC03412
立川散策DSC03413
立川散策DSC03414
立川散策DSC03415
立川散策DSC03420
立川散策DSC03422

あちこち散策しましたが・・・・

つづく
2014.1.28 11:45

八王子立川遠征の1杯目は食べログ1位の煮干鰮らーめん 圓で煮干らーめんを
食したあとは今夜立川二郎が最終なのでラーメン田田はかぶるので自粛しました。
京王八王子駅付近の東池袋系大勝軒に決定

大勝軒DSC03399

店内に入るとカウンター・テーブル席合わせて20席すべて埋まり店内待ちが5名
昼時なので待ちは仕方ないと思い、右手の券売機で選択します。

<メニュー>

特製もりそば 700円 小670円
中華そば 680円 小650円
塩はそれぞれ50円増し
※中盛100円、大盛200円増し

麺量
もりそば(つけ麺)系 普通:400g 中盛:600g 大盛:800g
中華そば(ラーメン)系 普通:350g 中盛:525g 大盛:700g

中華そば 680円を選択しました。

店内待ち最後尾に接続して椅子に座り待ちます。
5分程度待ってカウンターに座れて2分程度での提供となりました。
1ロット何杯作るのかはわかりませんがそのロットでの最後の提供がこちら

大勝軒DSC03400
さすがでかい丼で具材はチャーシュー・メンマ・海苔・茹で玉子半分・ナルト・薬味ねぎ

大勝軒DSC03401
スープは豚骨魚介系のスープで節の旨みがすーっと抜ける味わいで
スープの表面はアブラで覆われ熱々のスープがいい感じです。
混雑回避でぬるいスープのラーメン出す気がしれない。

新宿で食ったこってりは最悪でしたが・・・・こりゃ美味い

大勝軒DSC03402
太麺ストレートでコシのあるモチモチした食感
しかも350gもあるからしっかりと満足を得られるだろう。

麺茹加減は割とデロデロなダレた麺ですが、これがブレなのか
いつもなのかはわかりません。
ただ同じロットで最後の提供ともなればこんなもんかもしれませんが
俺はこの麵ならカタメがいいかなぁ
そういう意味では残念な感じ

残りあと少しのところで単調になった味加減をニンニク・豆板醤・酢を入れ味変

ごちそうさま


大勝軒DSC03403
腹八分になり大勝軒を後にします。
次は・・・・どこ行こう  また食う気なのかい?と聞こえそうな気がします。

大勝軒の表側に回り 田田 つけ麺55 大和家 花月と並んでるうちのつけ麺55の店先に

八王子散策DSC03447

安くて美味い八王子系のなかで激戦地区だから仕方ないね。

八王子散策DSC03407
次の店を街中散策しながら・・・・

八王子散策DSC03408
弘富いったら休業

らぁめん大安DSC03406
大安も休業?

八王子散策DSC03404

通し営業の店じゃないとこの時間帯は無理っぽい

あきらめも肝心 さっ  夜の部の立川二郎いかなきゃww



                              つづく
2014.1.28 11:21

連休なので朝もはやくからご苦労さんです 俺^^
前回遠征時に訪問できなかった店を・・・と下調べしてラーメン手帳持参で
1泊2日の八王子・立川遠征となります。

1軒目は八王子ラーメンランキング1位食べログ4.04 煮干鰮らーめん 圓
以前町田で「中華そば勇次」をやってたらしいですが、町田に煮干鰮らーめん 圓
2号店があるらしいです。

煮干しラーメン圓DSC03394
暖簾があると盛ったら間口の狭い店で通り過ぎそうになりました。
店内に入ると右手の券売機で選択します。

<メニュー>

煮干らーめん 700円
煮干らーめん(大盛)820円
昔ながらのらーめん 700円
昔ながらのらーめん(大盛)820円
塩らーめん 700円
塩らーめん(大盛)820円
つけ麺(小盛)150g 700円
つけ麺(中盛)250g 750円
つけ麺(大盛)350g 850円
ライス 100円
ミニライス 50円


初訪なので券売機左上の法則に基づいて・・・
煮干らーめん 700円に決定

店内はカウンター7席で店主と助手さんで2名体制
行列店という情報でしたが待ちなしで1つ空いてた席に座れました。

5分程度の待ちで提供されたのがこちらです。

煮干しラーメン圓DSC03395
ビジュアルは小さめの中華丼にチャーシュー2枚、メンマ、味玉半分、薬味ねぎ
シンプルですが綺麗な盛り付けです。

煮干しラーメン圓DSC03396

鰮(イワシ)の煮干しのえぐみや臭みを出さず綺麗ななスープに仕上げながら
煮干しを強く感じさせることもない丁寧な仕上がりです。
塩加減も濃すぎず薄すぎずちょうどいい塩梅。

煮干しラーメン圓DSC03397
メンマも太めの物ですが柔らかながら程よい歯ごたえも楽しめます。
味玉は見ての通り半熟のトロミ具合で黄身まで味の浸みた丁寧な仕事ぶりの
とても美味いものです。
麺は自家製全粒粉を使用したエッジのある中細ストレート麺で麵肌がつるっとしてます。
ただすこし茹ですぎなのかパツンとした歯応えもたまりません。

豚バラと豚モモの部位の異なるチャーシュー2枚
スープに浸して噛むとうまみが口の中に広がり脂身も邪魔にならず食べられます。

スープは全部飲み干してしまいました。

goti.png

2014.1.24 14:15

龍香苑でボリュームあるラーメン&定食を食べてからの訪問となります。

山岡家DSC03387


昼時を廻った時間帯なのでトラッカーや土建屋さんや営業マンや仕事中のガッツリと
昼飯を食う人もまばらでカウンターの先客4名テーブル席は仕切られた目隠しで見えませんww

店内に入り左手の液晶パネルの最新式の券売機で選択しますがアナログ派には買いにくいです。
プレミアム塩とんこつ 大判炙りチャーシュー790円を選択

「お店で炙った大判のチャーシューをドーンと載せました」と書いてあります。

カウンター席に座り(いつも同じ席)券をおばちゃんに差し出し好みを聞かれますが
好みはいつも普通でお願いします。

7分ほどで提供されました。
山岡家DSC03388

ビジュアルは白濁した豚骨スープに大きな炙りチャーシューと青ネギ・海苔
具材はシンプルなものだが炙って焦げたチャーシューが香ばしい匂い。

山岡家DSC03389
白濁したスープの表面はアブラで覆われてて背脂もチャッチャとされております。

山岡家DSC03390
臭みもないので下ごしらえを十分にされてるんでしょ  うまいです。

山岡家DSC03392
このラーメンの一番の売りの大きな炙りチャーシュー
炙り肩ロースは、肉厚で実に食べ応えがありますが肉本来の味で、それがいいのか
チャーシューならば味の染み具合はイマイチのものです。が・・・・

そもそも、なぜ肩ロース?
チャーシューは、もも肉やバラ肉を使うラーメン屋が多いですよね。
もも肉は、肉肉しくて旨いが、硬めで安い
バラ肉は、柔らかく、脂身が多くジューシーで旨いが、肉本来の味が少ない。
では肩ロースはというと、脂身はそこそこあって、なおかつ最も肉本来の味が
しっかり出るんです。
なので肩ロース。
メルマガに書いてありました。

やっぱ肉本来の味わいが・・・ということか
肉肉すきとん~よりはよっぽどうまいです。

山岡家DSC03393
麵は黄色の所謂札幌中華めんのような感じのもので従来の麺よりも僅かに細めの
中太ストレート麺でこのラーメン用に合わせた特注麺
やや硬めの茹で加減がこのスープをまとわりついてうまい。

中盤戦からは卓上のおろしニンニク入れて(ほんとうは刻みにんにくが好き)
スープに混ざりうまみがさらに増して肉もさらにうまし。
味玉はやや薄味で浸みてないもので残念ながら半熟を通り越してカタメです。

このスープには豆板醤もよく合い、むせるほど辛い(大袈裟)ので汗ばみました。


goti.png


2014.1.24 12:24

出張での満足ラーメンの翌日はのんびり出かけました。
昼時ですが混んでいるわけでもなくもし混んでいても
先客は漫喫のように高い塀に囲まれたテーブル席なのでわかりません。

6人席のテーブルに座りメニューを・・・
龍香苑 DSC03378

龍香苑 DSC03380


日替わりランチ680円 は一品料理・揚げ物・漬物・ライス・ラーメン 
かなりCP度が高いメニュー

龍香苑 DSC03379
定食は880円からで結構ガッツリメニューです。

龍香苑 DSC03380

注文は 日替わりランチ680円
一品料理は海老マヨでラーメンは台湾ラーメンの選択

注文したら5分程度で早くも提供されるスピーディーさ

龍香苑 DSC03381

ごはんも何気にてんこ盛り状態

龍香苑 DSC03382

海老マヨは何尾あったかは数えてませんがマヨネーズと中華なうまみが
ぷりぷりな海老を覆ってうまし
白いご飯があっという間に半減

龍香苑 DSC03383

揚げ餃子2個で特筆すべきことはないが餡がたっぷりと入り餃子の皮は
カラッと揚げられてサクサクのもっちりな食感でうまい。

龍香苑 DSC03384

いつもワンパターンで台湾ラーメンですが醤油や塩は頼む気になれません。
まぁそのうち冒険してみましょうかね。

龍香苑 DSC03385

具材はもやし・ニラ・豚の粗挽き
スープは動物系のダシに魔法の粉の醤油ベース
麵は多加水の中細縮れ麺

ラーメンと定食を680円という安さで味わえる店なので
ラーメンと定食の組み合わせで何通りかの組み合わせでも変化できるので
飽きない味わいかと思いました。すごいコスパです。


ごちそうさん



居酒屋hide

Author:居酒屋hide

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QR