休肝日返上! 気ままに食べ歩記

食わずして後悔するよりも食って公開するけど、美味い不味いは人それぞれだよね♪

2014.1.6

隠れ房 御庭@新宿 で友人らと呑んだ後に、同じビルの1階の
KIRIN CITY+に来てみました。
21時ごろの訪問なので小一時間程度の余裕なのですが

注文・・・ビールで1杯目はスーパードライなんて言えませんwww

ハートランド500円

キリンシティーDSC03295

「ドイツ伝来の3回に分けて注ぐ“3回注ぎ”のご馳走ビール」

きめ細かい泡でプロが注いだのでこれでいいのかもしれないが
俺には泡が多すぎで3割程度未満でお願いしたいところ。

キリンシティーDSC03296

いつも発泡酒ばかりでビールの味忘れてましたww

麦芽100%の本格的な味わいに、アロマホップによる清々しい香りと
爽快感を加えた、飲みやすいオールモルトビール


キリンシティーDSC03297
きのこマリネ480円

2杯目 
一番搾りツートン<生>カシス 650円
グラスに注いだ割材と一番搾り又は一番搾りスタウト(小瓶)に
ツートンメーカー(専用ジョウゴ)で自分で作るのだ。

キリンシティーDSC03301




3杯目
一番搾りツートン<生>パイン 650円

キリンシティーDSC03299

黄色いジョウゴに入ってるパインジュースがゆっくり流れて下に沈みます。

キリンシティーDSC03299

パインの甘さと辛さがさわやかな感じです。

しかしハワイのチーズバーガービーチウォークの味が忘れられない

3チーズバーガービーチウォークDSC01875

22時を廻りましてチェックをして帰路へ・・・

ごちそうさん



2014.1.6  19時

新宿中央口で友人らと待ち合わせし新年会

場所はおまかせで新宿NOWAビル7階の和モダン割烹居酒屋に
ランチでは1100円でブッフェ方式でかなり評判のいい店である。

テーブル席で酒と料理を頼みお通しが600円?
なんかお吸い物のようなのがきた。

隠れ房 御庭新宿DSC03286

酒飲むお通しとして微妙で味もぬるくて微妙だった。

隠れ房 御庭新宿DSC03287

飲み物はビール頼んだけど・・・

隠れ房 御庭新宿DSC03288

出汁巻き卵・・・まぁうまいけど
人形町の鳥忠に勝るものはない。

隠れ房 御庭新宿DSC03290

次に鍋が来てこんなかんじ

隠れ房 御庭新宿DSC03291

出汁は薄くて上品すぎる味わいで好みの問題かもしれん。

隠れ房 御庭新宿DSC03292

焼酎ロックを飲んで後何食ったか覚えてないけど・・・

うどんで〆た。

ひとり5000円ぐらいか?
ランチで客寄せして夜の部は儲けるからCP度悪い気がするww

ランチなら再訪してもいいけど飲みはいいや

ごちそうさん



2014.1.5

ジャンクガレッジでお昼を食べてからの、3時のおやつでの訪問

丸政DSC03281

店内に入ると先客5名
トレーと小皿を取り山賊揚げをチョイスしてレジに向かいます。
注文会計は丸亀製麺方式です。
腹減ってるとサイドメニューをたくさんチョイスし策略にはまります。
注文は かけそば大盛 290円+山賊揚げ120円=410円
麵は普通盛りと大盛りは同料金なのでありがたい

丸政DSC03282

テーブルに薬味葱と天かすが入れ放題ですが薬味葱がタッパーの中に残り少ない。
小心者なのでネギないよ…とも言えずかき集めた葱と天かすを投入してから
唐辛子をかけて割り箸も割って・・・

丸政DSC03283

食う準備はOK
山賊揚げは3回目なので初めてのご対面ほどの感動はないです。

丸政DSC03284

田舎風の黒くて太めな蕎麦で麵肌がツルツルして啜るとのど越しがいい。
大盛なのでボリュームあるわ。

丸政DSC03285

さらに唐辛子を投入して山賊揚げとともにいただきます。
衣はサクサクで中はジューシーで柔らかで下味がついてるのでうまい。
できれば揚げたての熱々なのをマヨネーズかけて食いたいけどなぁ
ビール飲みながらww


ごちそうさん






2014.1.5 

正月気分もなくニンニクスタミナつけようと昼飯を食いに・・・

12:00ぐらいの到着で混雑してましたがカウンター席は空いてたので確保。
レジで注文はラーメン 大盛 720円
精算の後に無料トッピングを聞かれるので 野菜ダブル ニンニク1杯
ブザーを渡され10分待てと・・・

ブザー鳴ってカウンターに行ってもできてるわけじゃなく野菜盛りの最中
トレーとレンゲと箸を用意してみてなくちゃならないです。
それならできてから呼べばいいのに・・・

「このぐらいでいいですか?」と・・・聞かれますがいつもいいですと言いますが
ほんとうはもっと大丈夫なんだけど次があるので遠慮します。
いつものように醤油ダレを2周掛けるのが俺のやり方。

ジャンクガレッジDSC03277

野菜ダブルの盛りです。

ジャンクガレッジDSC03278

野菜の盛り方 余りセンスないですね。
まぁ味は同じですけど・・・・
どうせなら豚は見えるようにトッピングしたほうがいいけど

ジャンクガレッジDSC03279

野菜のシャキシャキ具合を確認しつつ少し食べてからスープを味わいます。

ジャンクガレッジDSC03280

麵を引っ張り出し天地返しの技で麵をワシワシと頬張ります。
野菜はすこし温くてもスープは熱々なので麵も熱々な感じです。
ニンニクをスープに溶かし混ぜながら麺や野菜を食い進めます。
豚は固いペラペラなもので味は浸みてなかったなぁ。
開花楼の特注極太麺ですがモチっとした食感はいい感じです。
大盛もするっと食べ終わり、次回は倍盛りにしようか。

ごちそうさん

2014.1.2

新年の食べ初めでラーメンをと思ったんもですが年越しそばも多忙で食えず・・・
なので新年早々蕎麦を食うことにしました。
以前から店の前を通るたび気にはなっていたのだが、たぶんあの系統だろうと
思っていたのですが・・・・・

麺は組DSC03266

ガラス戸をあけて店内に入ると昼前でもいつもより少ない3名程度でした。

厨房カウンター横の券売機で選択
一押しの肉そばが冷つけ蕎麦なので 温つけ蕎麦かいいかな  寒いし
食券機には一番人気「肉蕎麦」、二番人気「鶏蕎麦」とありますので「豚そば」にしましたww
豚蕎麦 700円 + 大盛100円 = 800円

カウンターに座ったのはいいが座面の高い椅子で座り心地が悪い。
飲食店で回転率を重視する店はそういうのをチョイスする店もある。
まぁ湊屋は立ち食いであるが・・・・・

麺は組DSC03267

セルフのオペレーションのため過度な接客もなく逆に言えばサービスの観点からは
いいとは言えません。
初訪の方はほとんど券売機の前で固まってます。
メニューがもっと大きくわかりやすけりゃいいのに・・・。

麺は組DSC03268

卓上には冷たいお茶のポットとニンニクラー油、生卵が置いてあります。

麺は組DSC03269

湊屋は何個食べても無料だがここは無料とは表示されず義捐金協力が必要なのか・・・
賛同できればの話か?

10分程度で持ってきたのがこちらです

麺は組DSC03271

醤油のつけ汁の表面にラー油たっぷり
厚めの豚チャーシューは1枚とメンマが入ってる。

麺は組DSC03272

麵の入ってる深くて大き目の丼は二郎の野菜マシの如く刻み海苔がたくさん
その下に刻んだ薬味ねぎと日本蕎麦とは思えない黒くて太めの田舎蕎麦風のもの

麺は組DSC03273

海苔と麺を箸でつまんでつけ汁に漬けて食べると醤油の香りとダシの旨み
ラー油のごま油の香ばしさを味わいながら最後に辛さが残る感じ。
表面の粉っこい物は魚粉なのでしょうか。

麺は組DSC03274

たっぷりの白ごまがまたいい食感であり風味を増している。
麵の食感は韓国冷麺のような噛んでも噛みきれないような弾力ある麺で
蕎麦独特の香りは全くしませんでした。

麺は組DSC03275

大盛だけあってけっこうボリュームありワシワシ食らうという表現が合いそうな麺
中盤戦からは卓上のニンニクラー油をつけ汁に入れて食べるとニンニクの揚げた香ばしさが
とてもいい風味を出してアクセントとなってうまい。

麺は組DSC03276

辛いのが苦手な俺でも食える辛さですがそれでも頭皮が汗ばみ体もポカポカ

ごちそうさん♪

2013.12.27 16:30

2軒で勘弁してあげ帰ろうかと思ったが2013年悔いが残るので
ジャンクガレッジへ・・・・

注文は ラーメン 大盛 720円
精算が終わると無料トッピングの申告
野菜ダブル ニンニク1杯で ブザー渡され席へ

10分弱でブザーが鳴りカウンターへ
トレー・レンゲ・エコ箸を準備して配膳
野菜をトングで2回ほど入れて「これぐらいでいいですか?」と
確認するけどレジ横のダブル・トリプルの比較の図と同じにしたらいいのに
もやしも圧縮された盛り付けじゃないので驚くほどでもないけど
席までの視線が刺さりますww

ジャンクガレッジDSC03262

薄っぺらな豚バラ巻チャーシュー1枚 野菜はシャキシャキ感の残る茹で加減
キャベツ1割程度でしょうかね。

ジャンクガレッジDSC03263

因みに野菜マシした場合は醤油タレを2周かけ回します。
野菜を少し食べて麓をスープ見えるようにしてから
ゴワゴワな太い麵を引きずり出します。
開花楼の麺の茹で具合もほどよくワシワシと食います。

ジャンクガレッジDSC03264

スープは野菜マシにして薄まらないように醤油ダレをかけたので前半はすこし濃いめですが
後半がちょうどよくなるでしょ。
刻みにんにくをスープに溶かしてそこにチャーシューを沈めて温まってから食いますが
今日の豚はよく煮込まれてないのでカタメで味も浸みてませんでした。
でも豚骨醤油のスープにニンニクのところを付けて食べるとましになります。

ジャンクガレッジDSC03265

3軒目のジャンクガレッジはそれほどジャンクではなくすんなりと食えました。


ごちそうさんです。

2013.12.27

幸楽苑で中生飲んでチャーシュー麵と餃子を食った後は
途中買い物をしてそのあとは・・・・・
店に入ると店内は昼時なので労働者の休憩時間の昼飯で半分ぐらいの入り

テーブル席に座るとシンプルな卓上セット

龍巻軒 DSC03257

メニューを眺めて

龍巻軒 DSC03255
龍巻軒 DSC03256
あくまでも冷えた体を温めに来たわけなんです。

注文は熱燗300円ともつ焼き470円

徳利と大根の漬物をサービス?でもってきた。

龍巻軒 DSC03254

几帳面に細かく刻んだ大根の漬物はちょうどいい塩加減
やや熱めの燗酒を手酌で飲むと体の中から温まる。

龍巻軒 DSC03258

醤油ダレの焦げたいい香りのモツは甘めの醤油ダレ、唐辛子をかけます。
特別おいしいって言うほどのも野ではないが酒がすすみます。
調子に乗ってお酒をもい1本頼んで飲みます。

ラーメン520円を頼んでみました。

しばらくして運ばれてきたのがこちら

龍巻軒 DSC03259

具材はチャーシュー、海苔、メンマ、ナルト、薬味ねぎ

龍巻軒 DSC03260


龍巻軒 DSC03261

スープは動物系のダシで醤油がきりっと利いたものでうまいです。
麵は中細縮れ麺でスープの絡みもいいです。
胡椒をかけて完食


ごちそうさん
2013.12.27

年末最後の休日 スタート時間遅れて昼ごろ到着

店内はほぼ満席で店内待ちもありますがおひとりさまはカウンターへ

注文は・・・ 
ビール472円
豚バラチャーシュー麵619円+餃子200円がセットで808円

期間限定なので割引きで麺大盛無料ということでそれもお願いしたww

とりあえず30g増量したという餃子を摘みながらビールを・・・
ビールサーバーは誰が注いでも泡だらけにならない適量の泡

幸楽苑DSC03249

ニンニクも少し利いてて餡も多めで前より食べごたえはある。
皮ももちっとしてて焼き具合もちょうどいい感じ。

幸楽苑DSC03250

ビール飲み終わって豚バラチャーシュー麵が登場
具材は豚バラ薄切りのチャーシューが10枚とメンマ・薬味ねぎ

幸楽苑DSC03251

スープが見えないほどチャーシューなどの具材で埋め尽くされてる。
スープは豚ガラ・鶏ガラを煮込んだ「ガラ炊きスープ」と、鰹節等から取った「魚介出汁」、
さらに「野菜出汁」をブレンドしているが、あっさりバランス型スープということ
甘めな感じであるがまぁ不味くもない。
麵は多加水熟成麺の中太ちぢれ麺でややコシのある歯ごたえ

幸楽苑DSC03252

チャーシューはスープに沈めて温めてスープの旨みをまとい食いますが
中盤戦からは秘密兵器登場で味変を楽しみながら食います。
辛子ニンニクをチャーシューにつけて食べるとうまいので何回もラーメンに・・・

ごちそうさん



2013.12.21

1軒目は湘南二郎で美味くて重い1杯を堪能してからはすぐに2杯目はさすがに・・・
なので、懐かしの藤沢の街中散策をしたあとは名残惜しくも新宿へ
20代前半は新宿3丁目で勤めてたのでこのへんはは詳しく当時の面影を
思い起こしながら街中散策をしました。
この付近の飲食店は昼飯晩飯でほぼ制覇しただろね。当時からブロガーだったら
すごいことになってたなぁ~ww
飯の後はホモのお兄ちゃんがウエーターしてたタイムスや贅沢な気分でコーヒーを
味わえる談話室滝沢とかでお茶してました。
タイムスは当時のまま今も残ってました。
その近くの路地に中華料理山田屋でお世辞にも綺麗とは言えない、ぎょうざがでかくて
チャーメンライスを食った店がありましたが・・・・2011.1.31閉店したんですね。

大勝軒まるいちDSC03240


公式ホームページには・・・・
「2007年3月に閉店した伝説の東池袋大勝軒で最後の弟子として修行し、
その技術と精神を受け継ぎ、同年7月「大勝軒まるいち」が東京都北区赤羽にて誕生した。
最後の後継者として、山岸氏の心の味を絶やすことなく日々精進し、お客様に愛される
お店作りをスタッフ一同心がけ、最高の一杯をご提供していきたいと思います。
大勝軒まるいち迫力の自家製麺と濃厚スープをご堪能下さい。
※新宿店では最後の弟子の証、東池袋大勝軒で使用されていた山岸氏のサイン入り
カウンターが御覧になれます。」


この店は大勝軒のれん会に掲載されてないですが、東池袋、永福町とも関係が無い
名前だけ使った大勝軒って結構あるんですよね。

前置きが長くなりましたが店入口の券売機で らーめん700円 を選択

大勝軒まるいちDSC03241


薄暗い店内に入ると先客10名程度この時間にしては入ってます。
大半がつけ麺を食ってるようですが、そんなのはお構いなし。

大勝軒まるいちDSC03242

卓上調味料は、醤油・酢・ラー油・唐辛子・黒胡椒・白胡椒・ニンニク・豆板醤

10分程度で提供されたのがこちらです。

大勝軒まるいちDSC03243

具材は大き目のチャーシューとメンマ・海苔・ナルト・薬味ねぎ

大勝軒まるいちDSC03244

スープはやや少なめの感じで具材が露出してます。

大勝軒まるいちDSC03245

スープは豚骨鶏ガラの動物系とと煮干し鯖節などの魚介でかなり濃厚で
とろみがついた粘性のあるスープです。
このまえの天一の味のぼやけた甘めなスープもまるで好みじゃなかったけど
これもいいレベルで競い合えるスープだ。
二郎のあとだから余計にそうなのかも知れないが、湘南大勝軒のほうが好きだ。

麵は多加水のストレート太麵でモチっとした食感なので醤油がたったガツンと
来るようなほうが好みだ。

大勝軒まるいちDSC03246

卓上から醤油・酢・豆板醤・ニンニクなど入れてごまかして何とか固形物は
食べきることができた。
まぁ人それぞれ好みちがうからね。

ごちそうさん

2013.12.21

前日はきんか本舗 → 竜家 → 延々と呑み

大いびきかいて爆睡した朝はスッキリ目覚めてしばらくTV観たりで
時間をつぶしてホテルを後にしてマックでモーニングコーヒー

湘南二郎120307_110142


開店時間10分前に目的地行きましたが開店待ちの店隣の部屋で最後尾に接続
12番目なのでなんとか座れるがセカンドロット確定。
2012.8.27の訪問以来の長かったブランクでの訪問です。

開店時間間近になり助手さんがファーストロットの奴らに麵の量を確認に来た。
あの頃の助手さんとは別の人だった。
そういえば俺が湘南から去った後に湘南二郎の店主の弟さんは亀戸の店主になったんだ。

ようやく券売機とご対面
小ラーメン 650円 + ニラキムチ100円をポチっと

ニンニクコールは 野菜マシ ニンニクまし

湘南二郎DSC03236

セカンドロッドとはいえ開店から26分後の提供となりました。

湘南二郎DSC03237

野菜マシの量もだいぶ少なくなりました。ニラキムチの量も・・・・
これがブレなのかどうかはわかりませんがね。

湘南二郎DSC03238

野菜はシャキシャキ感の残る茹で加減でなかなかいい感じ
早速レンゲでスープを飲みますが微乳化の豚骨の旨みばっちり
ニンニクをスープに溶かすとさらにジャンクな味わいに変化
天地返しの技を使い麺を先にワシワシと食らいますが
やっぱ元祖はうまいわ
妥協してG系ばかり食ってましたが・・・・。

湘南二郎DSC03239

ニラキムチはピリッと辛めな感じですがこの程度の辛さで十分。
麵と一緒に食うと更にうまし
終盤戦はスープに混ぜて食いましたがうまい

流石にスープは少し残しましたが・・・

ごちそうさん♪




居酒屋hide

Author:居酒屋hide

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QR