FC2ブログ

休肝日返上! 気ままに食べ歩記

食わずして後悔するよりも食って公開するけど、美味い不味いは人それぞれだよね♪

2018. 10. 1. 11:40

日頃一生懸命働いてるので本日から10日間の連休となります。
なので休日のラーメン行脚




麺や千成DSC00473
前回は20分も店内背後霊となりましたが今回は入口に張り紙発見
「満席時は食券購入後外のベンチで座って待つように…云々」
前回あったかどうか知るすべもありませんがもしあったなら
なぜ案内しなかったのか・・・

都内は店選び放題で美味いから行列する店もありますしねぇ
田舎でラーメン食べたいけど他に店ないから待ってでも食べるのとあります。

12時前で半分ほどの先客で券売機でポチりいつ3席しかないカウンター席に
座ることができました。





麺や千成DSC01830
入口で限定メニュー確認しての入店

もう秋だから冷やしラーメンはいいから麻婆ラーメン仕込んでほしいが





麺や千成DSC01826
担々麺 850円+大盛 100円 手もみ中太縮れ麺仕様






麺や千成DSC01827

挽き肉、チンゲン菜、白髪ネギ、糸唐辛子
挽き肉は甜麺醤の味わいで意外とたっぷりです。



多加水の中太平打ち手もみちぢれ麺で200g仕様
中細ストレート麺仕様は50円安の800円
担々麺には中太平打ち麺のほうがあってると思う。
大盛にしたので850+100で950円とコスパは極めて悪い
せめてランチタイムは大盛無料ライス無料でもやればいいのに・・・
と、思うのは俺だけではないだろう。

因みに
「9月より「麺大盛り」を麺2玉から1.5玉に変更とさせて頂きました」と
Twitterにかいてありました。 どおりで・・・・



麺や千成DSC01828
「五香粉と胡麻の香り豊かなスープに甘辛な肉ミンチが相まって旨い!辛い! 一杯です」と
メニューに書いてありました。

五香粉とは中国の代表的な混合香辛料で桂皮、丁香、花椒、小茴、大茴、陳皮などの粉末を
まぜて作られるそうです。
好き嫌いが分かれる臭いでしょうね。

スープの表面は辣油等で覆わライトな動物系のスープをベースにピリッとした白味噌系スープ
胡麻の風味はほとんど感じないね。残念
胡麻ドレッシングでもいれればなんちゃって担々麺になるのに・・・

ペースト状の肉ミンチをスープに混ぜていくと甘味とコクが出て
スープの粘性がさらに高まりドロドロです。
麺はアッと言う間になくなり固形物は食べ終わるとむなしい。
麺の大盛よりもむしろライスをもらったほうがよかったみたい。




麺や千成DSC01829
完食


ごちそうさん

スポンサーサイト
2018. 9. 29. 11:40


休日のラーメン行脚
わざわざ車を走らせシャッター狙いで宿題店に行ってみるも駐車場はガラーンとして
行列もない・・・店先に張り紙

臨時休業2回目

臨休半端ないって! 勝手に休業するるもん. そんなん出来ひんやん普通.
そんなん出来る? 言っといてや 出来るんやったら~♪
※リンクあり

どうもこの店には縁がないようである。
仕方ないのでG系代替えの店へ・・・・




めんじろDSC01581※前回訪問時画像使い回し
めんじろ
京成大久保二郎で修行してたという店主の店「豚男‐BUTAMEN‐」で修行したというこちらの店主

すでに開店しており外待ち4名に接続と思い先に食券を買って並ぶルールのため券売機で食券を・・・
と思い店内へ   店内待ち7名
躊躇したが後には引けず最後尾に接続。



めんじろDSC00709
ラーメン、味噌ラーメン、ませそば、つけめんの構成です。

メニュー
・ミニめんじろ 700円(麺150g、豚約1枚付)
・めんじろ 750円(麺200g、豚約2枚付)
・大めんじろ 780円(麺300g、豚約2枚付)
以下メニューにも同様にミニ-50円引・大+30円増が有り
・味噌めんじろ 850円
・まぜめんじろ 900円
・つけめんじろ 900円

<トッピング等>
・麺増し 200円(400g以上、食べきれる量)
・豚増し 200円
・味玉、うずら、ニラキムチ、チーズ 各100円
・生たまご、生姜、魚粉、カレー粉 各50円




めんじろDSC01574
外で待ってると助手さんが食券回収し麺のサイズの確認とニンニクコールの申告
ここはオープンキッチンスタイルじゃないためカウンター席あっても麺揚げしてからの
ニンニクコールではないのです。




めんじろDSC01819
30分程度待ってやっと席に案内されました。
有料、無料のトッピングが掲示してあります




めんじろDSC01820
9月29日にちなんで29(肉)の日ということで
サービストッピングがあったみたい。
どおりで食券回収時先客が「タンベロチョーオーガタブタ野菜マシアブラマシニンニクマシマシ・・・」
呪文を唱えてたわけだ。
俺は小食なので豚マシはしてませんけど・・・・。




めんじろDSC01821
めんじろ 750円+ニラキムチ100円



ニンニクコール
野菜マシ にんにくマシ




めんじろDSC01822
スープ
豚骨スープの表面はアブラの被膜で覆われ非乳化で重い感じではなく醤油ダレは濃いめで
甘じょっぱい二郎特有の味わい・・・
というのが前回までの味わいでしたが
非乳化の豚骨ベースのスープに醤油ダレのキレはなくぼやけたライトな味わい。
決して野菜マシによる水分でスープが薄まる分も加味して調整した訳ではないはず。
まぁこういうのをブレと言ってよいでしょう。




めんじろDSC01823


店内の奥の小上がりにある製麺機で作った自家製麺。
割り箸より太い極太平打ち麺で加水低めのゴワゴワ硬めの茹で加減のマッチョ麺
麺量はミニ150g ノーマル200g 大300g
ノーマルの750円を頼んだわけですが券売機前まではずっと大盛の780円を頼む気満々

中盤戦からは刻みにんにくを少しずつスープン沈めて・・・・
野菜とともに味わったり麺とからめたりスープと味わったりでジャンクさで味変作戦




めんじろDSC01824
具材
無料トッピング:ニンニクコール 野菜マシ ニンニクマシ
野菜 もやし:キャベツ 9:1  シャキシャキ感の残る茹で具合
ニンニクは刻みにんにくで レンゲ1杯程度
もやしの山は聳えてますが野菜の密度感はないのでボリューム感はないです。

豚ロール1枚、 塊1個
柔らかくて美味いです。



めんじろDSC01825
ニラキムチ100円
ニラ、白菜、ニンジン、タマネギにキムチダレだろうか・・・美味い。


大盛頼んで食べれなくはなかっただろうけど麺カタゴワゴワで咀嚼回数が増えるにつれ
満腹中枢のメーターが上昇するので腹八分でやめてちょうどよかったかなと・・・・




IMG_0986.jpg
俺製ニラキムチ
ニラ:ニラ御殿からたくさんいただいたもの
タマネギ、ニンジン、白胡麻
調味料は桃屋キムチのタレとおろしにんにく

俺の記憶の湘南二郎のニラキムチ風の味わい?


ごちそうさん



2018. 9. 24. 13:00

台風24号の影響で猛烈な強風と雨の中深夜の仕事帰りワイパーも効かないほどの
視界の悪さのなか車道塞ぐように障害物が薄らと確認できたが止まりきれるスピードではなく
強引に乗り越えてしまったようだ。
被害者?は竹藪の5mぐらいの竹が折れて横たわっていたわけだ。
ひき逃げせずいったん止まって車確認したが無傷であった。
深夜の風雨で家が揺れるほどの強さで翌朝は台風一過で秋晴れで
何もなかったかのようである。



そんな俺は今日から10連休♪( ̄^ ̄)ゞ


去年の今頃は異動で俺だけハワイ置いてきぼりだったので本当は旅友とハワイのつもりでした
が独りよがりでしたねぇ。(`・ω・´)
そんな妻娘は来月バリだってよ!(*`ω´*)ノ激怒



そんなわけで休日のラーメン行脚の本題に入るわけだ。
G系の宿題店へ行きますと振替休日と昼時もあって車が満車で停められずあっさり断念
仕方なく別の店へ・・・・





中華蕎麦みうらDSC01613
中華蕎麦みうら※店舗外観画像は前回の使い回し
前回は初訪でこんなもんを食ってます。

外待ち6名ほどでこの店のルールとして先に店内で食券を購入してから並ぶようです。
前回訪問の後、空き巣被害にあい、券売機と両替機が両方とも破損して口頭注文だった
時期もあったようですが券売機ありましたのでポチっとして外待ち



<メニュー>
中華そば 780円
特製中華そば 1080円

煮干しそば(醤油・塩) 780円
特製煮干しそば 1080円

担々麺 800円

和え玉 200円
和え玉ハーフ 150円

味玉 100円
生たまご 50円
チャーシュー 200円
ごはん 100円
チャーシュー丼 300円


店内から出てくる客は皆、汗ダラダラで疲れ切った表情
列が進み店内待ちになってその状況が理解できました。
店内空調が悪くエアコン効いてないのかスイッチ入れてないのか
麺茹での湯気で蒸し暑いのである。

7席しかなく5人家族連れが前のほうにいたので余計に時間かかったように
思われますが・・・、ほとんどの方が和え玉注文するので回転率も悪そうです。
30分ほど待ちやっと席に案内されました。


中華蕎麦みうらDSC01813
煮干しそば(醤油) 780円
食権渡すときに塩か醤油か聞かれますが醤油ということで・・・・


具材
鶏チャーシュー、レアチャーシュー、ネギ、玉ねぎ、アオサ、
鶏ささみのチャーシューは味付け控えめな上品なうまみ。
低温調理の大判の豚肩ロースは薄切りで広げたらどんぶり覆うほど。
レアチャーシューは高温のスープに浸って火が入るのは台無しなので
遠慮なしに早めに味わうほうがいいでしょう。


スープ
数種類の煮干を低温でじっくり炊き出したであろう淡麗スープ
入口にこの日の煮干しの種類が表示してあったと思いますが失念。
煮干の芳醇な香りが鼻に抜け口の中に広がりエグミも感じますが
それも煮干しの旨味のうち。
醤油は常陸太田のマンゴクとか大間々のニホンイチとか拘りのですかね。


加水低めの全粒粉のストレート細麺でカタメの茹で具合がなかなかいい。
パツンパツンの食感で蕎麦のように音を立てて啜るのが礼儀の麺。

7割ほど食べたところでカウンターに200円乗せて・・・
「和え玉 醤油お願いします」
和え玉は煮干し醤油、煮干し塩、山椒となっており鴨あぶらはなかったのが残念


中華蕎麦みうらIMG_0982
和え玉 醤油 200円
3分ほどで提供されました。

具材
豚肩ロースレアチャーシュー、玉葱、小口青葱、岩海苔、鰯粉
アーリーレッドはとてもみずみずしく、辛味が少なく甘味もあるので
煮干しスープに相性がいいようである。



硬めに茹でた全粒粉でまるで蕎麦のような麺1玉、

香味油と醤油ダレですが味は濃いめで流石の俺でも汗が出るほどしょっぱすぎる。
生玉子投入すりゃ塩味緩和されただろう。
このビジュアルで200円っていうんだからコスパいい。

汗ダラダラでごちそうさん



2018. 9. 20. 11:10

この日は13時から仕事でしたが勝田まで行きお墓参り
用を済ませ帰りに途中で昼食は・・・と

珍来
珍来
創業者清水清氏が昭和5年に考案した"珍来式手打ちラーメン"を祖とする中華料理店。
茨城、千葉、埼玉にも店舗があり4つ?の系列に枝分かれした会社で運営してるようです。
こちらの店1年ぶりの訪問となりました。
前回はワンパターンのこんなものを食べてます。


開店10分経過での訪問にもかかわらず満席のようで店内待ち3組に接続
店内の客席は6人用のテーブル席が5卓、6人用の座敷が7卓と72人ですけどねぇ
こちらはカウンターがなくおひとり様でも相席は案内しないでテーブル席のため効率が悪い。
儲かってるのだから是非改装してカウンター席を作ってほしいものです。
しかし回転がいいので10分程度で案内されました。





珍来IMG_0973
メニューはこんな感じ
ラーメンの価格帯はデフォのラーメン470円からネギ味噌チャーシュー880円。
醤油、塩、味噌、カテゴリーで区分けされ選びやすいかと思われます。
ラーメンも定食もボリューム満点のためガテン系や地域の家族連れに愛された店

口頭注文で後払いシステムとなっております。




珍来IMG_0975
餃子 350円

この店では必ず頼んでしまう激ウマの餃子
焼き加減も絶妙♪



珍来IMG_0976
サイズ的には昔のガラケーのサイズ・・・綺麗な焼き色がついた大きめのが5個です。



珍来IMG_0981
皮がパリっとして薄皮で餡がみっちりと詰まっており大きいんです。
肉たっぷりで野菜少な目の食べごたえのある餃子
CP度はいいんじゃないかなと思われます。






珍来IMG_0977
広東麺 720円




珍来IMG_0978
具材
白菜、ニンジン、筍、木耳、絹さや、椎茸、豚バラ



スープ
醤油ベースで鶏ガラなどの動物系と野菜の甘味旨味が合体した感じの清湯スープ。
醤油ダレのさっぱり系の味わいで化調もほどほどな感じひとによっては甘さが気になるかも。
野菜の餡がスープと一体化してる感じでとろみ具合は残念ながら粘性はそれほどでもない。




珍来IMG_0979

手打ち中太のウエーブタイプの多加水麺で茹で加減はやや硬めでモチっとした食感で旨し
スープがまとわりついてアツアツなのを火傷しないように啜りますと旨いです。





珍来IMG_0980
タンメン 670円
2杯食ってません。

食べ終わると店内待ち10人ぐらいに・・・・


ごちそうさん

2018. 9.11 11:49


休日のラーメン行脚
スタミナでもつけようとG系を久々に…と思いめんじろにシャッターで訪問するも臨時休業残念
気を取り直し別の店へ・・・
初訪の東日本の百名店にも選出された、水戸市の有名店「ふる川」へ
店舗前の駐車場には何台か停まってました。
貼り紙には「臨時休業}と・・・・




臨休半端ないって! 勝手に休業するるもん. そんなん出来ひんやん普通.
そんなん出来る? 言っといてや 出来るんやったら


https://youtu.be/rAQvrhvPiKk  →リンク見るべし

再度気を取り直しラーメンマップアプリで店舗を探します。


吟月  DSC01772
スタミナラーメン吟月
茨城のB級グルメ スタミナラーメンはおなじみになりました。




吟月  DSC01779
メニューはこんな感じです。
スタミナとタンメンのみ

こちらは創業30年以上続いていた蕎麦店吟月の店主が始めたお店らしいです。
店内に入るとカウンター席…9席、テーブル席…2名がけ3卓、4名がけ2卓と
ゆったりした店内で先客3名俺はカウンター席に座ります。


当店のラーメンは、かつお節、サバ節、宗田節と
もとそば屋の店主がつくる
節系ラーメン
男性の方はもちろん
コッテリラーメンが苦手な女性の方
お年寄りの方でも食べやすい味となっております。
当店でしか味わえないスタミナラーメンをぜひお楽しみください。

と書いてあります。

カレー南ばんうどんは蕎麦屋の名残でしょうか。



吟月  DSC01773
いつもながら上達しない撮影技術w
カウンター上は割り箸、給水ポットなどです。

口頭注文後払いシステムとなってますのですかさず注文を。
「スタミナホット 大盛」と答えますと
店主が・・・・
「レバーと豚バラどちらがいいですか?」と聞かれます。
「レバーで」と・・・



吟月  DSC01774
カウンターの高台には卓上調味料
醤油、酢、辣油、唐辛子

厨房内は手作り感ある合板材で目隠しされてます。



吟月  DSC01775
カウンターに座って見上げると・・・・
短冊にメニューが

しかし、カウンター上や厨房内の換気扇やダクトなどすべてきれいに清掃されて
脂汚れなどまったく見られませんね。
整理、整頓、清潔、清掃、の4Sは完璧?






吟月  DSC01780
スタミナ 大 ホット 850円

注文から10分程度で到着




吟月  DSC01781
え?
これ大盛?

とも聞けず・・・・・




吟月  DSC01782
具材
野菜はカボチャ、ニンジン、キャベツ、ニラ
そしてレバーは鶏レバーとはここが初めて




吟月  DSC01783
スタミナ餡のとろみ具合は蕎麦屋が作るカレーうどんの感じと言えば分るでしょうか?
スープに一体化しやすい粘性弱めの餡。
とても上品なつくりの餡で甘辛の餡ですが辛さも俺には優しい感じです。




吟月  DSC01784
スープ
透明なスープは節系のかつお節、サバ節、宗田節のハーモニー




吟月  DSC01785

加水率高めの中太ストレート麺。
麺量は並盛で150g、大盛にしたので1.5倍なので225gっていうことでしょうか?
ダブルだと300gで200円マシ

食べ方としてはダレる前の麺を救出すべく麺から攻撃でいただきましたが
大盛の体感はまったくなかった気がしました。
俺の胃袋どうにかなってるのかも知れませんが・・・。





吟月  DSC01786
はい
この通りで10分で完食


ごちそうさん



次回訪問の際は豚バラ仕様のスタミナホットや醤油味タンメンを宿題としておきます。



追伸

明日は連休だし・・・・


居酒屋hide

Author:居酒屋hide

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QR