FC2ブログ

休肝日返上! 気ままに食べ歩記

食わずして後悔するよりも食って公開するけど、美味い不味いは人それぞれだよね♪

2019.1.19 12:50


連休なのに前日は無断出勤前の山岡家でラーメン
休日の外食は・・・・・


秀華苑@小美玉DSC02209
秀華苑
あら?休日かと思ったら,この店は暖簾などないのでわかりずらいです。

店内に入り半分ほどの客の入り具合
この日は土曜日で社員食堂的のこちらの店は腹ペコ仕事人たちは土日休日なのでしょう。
定番メニューもありますが壁面に手書きのランチメニューが掲示
お好みのラーメン(普通盛)をメインで食べたい時のセットメニュー
お好みのご飯もの(普通盛)をメインに食べたい時のセットメニューなど1000円

前日はラーメン食ったからと・・・・せめて言い訳的なメニューを選択




秀華苑@小美玉DSC02210
肉かけご飯 + 半ラーメン 1000円

半ラーメン
スープ
具材や麺が見えないほどたっぷりすぎる量のスープ
動物系と野菜でとったダシなのかどうかはわかりませんがさっぱりしてます。
はっきり言いますとダシが薄いというか・・・・ブレではないようです。
ラーメン単品で頼んだのは美味しかったんですけどねぇ




秀華苑@小美玉DSC02211
具材
チャーシュー、メンマ、ほうれん草、板海苔、刻み葱




秀華苑@小美玉DSC02212

中太ストレートでややカタメの茹で加減
半玉ほどの麺の量であっという間に啜り終え物足りません
しかし今日は飯ものがメインですから



秀華苑@小美玉DSC02213
肉かけご飯




秀華苑@小美玉DSC02214
具材
タケノコ、豚肉、ピーマン 薬味ネギ、もやし、きくらげ




秀華苑@小美玉DSC02215
カタメの餡でとろみがついております。
細切りで炒められて溢れんばかりに餡が載せられております。
熱々のご飯は1合半はありそうな感じのボリューム感です。
ハフハフしながら食べすすめ目測を誤り野菜餡が残ってしまったのはご愛嬌
食べましたけど・・・

お腹一杯

ごちそうさん




スポンサーサイト
2019.1.18. 12:37



休日のラーメンですが、途中立ち寄った店で満席で2名並びで接続しようとしましたが
カウンターに座ってる全員が注文の品待機状態なので断念残念




山岡家@内原DSC02208
ラーメン山岡家

金太郎飴的ラーメン屋ですがすべてセントラルというわけではありません。




山岡家@内原DSC02201
入口入って左手の液晶パネルの券売機で既に狙い定めた食券を購入します。
入口から向かって左側奥が厨房に沿ってカウンター席、右手は4人テーブル席がズラリと並んで
店舗設計は何店舗も食べ歩きましたがほぼ一緒。
入口付近のカウンター席が空いていたので座りましたがなぜ空いていたのか座ってわかりました。
2重のドア仕様となってますがドア開閉の度に風が吹き込み極寒の状況。




山岡家@内原DSC02202
期間限定メニューはこのような感じです。


スタッフが食券を取りに来てお好みは?と聞いてきますが至って「すべて普通で・・・」と答えます。
水はセルフなので券売機の横の給水器から持ってきます。



山岡家@内原DSC02204
G系ガツン
特製もやし味噌ラーメン 中盛 990円

10分程度で提供されました。
並で870円、中で990円、大で1060円
過去の山岡家の期間限定メニューの中でもコスパは最悪のメニューです。たぶん

宣材画像と実際の提供されたものがほぼ1000円にもかかわらず全く異なる盛り具合で
鳩豆的驚きで唖然としたしだいです。
G系ガツンと二郎系を謳うならやめてくれと言いたくなります。




山岡家@内原DSC02205
具材
チャーシュー、モヤシ、ネギ、ニラ、おろし生姜、糸唐辛子
これには板海苔のトッピングはないようです。

チャーシューは脂身の少ない肩ロースでセントラルキッチン仕様ではなく店で作ってるようです。
パサパサ感はなくしっとりした肉の旨味を感じるものですがもう少し大ぶりだとありがたい。



山岡家@内原DSC02206

中太ストレート麺で茹で加減はやや硬めでモチっとした食感ですこしぼそっとした感じでしょうか。
スープがよくからんでこの麵の食感は意外と嫌いではないですがちょっと茹ですぎ感は否めず。
中盛仕様なのですが物足りなくセットにしようものなら1000円オーバー





山岡家@内原DSC02207
スープ
特製味噌ラーメン仕様のスープとなっております。が
白胡麻は浮いてないですね。
コテコテのたっぷりの透明なラードの層に覆われたスープは、豚骨ベースに
白味噌の甘みや旨みでコクがあるスープとなってます。
スープの表面にG系仕様の黒いマー油が浮いて香ばしい風味となってます。



休日の無断出勤のためニンニクは少な目にしておきました。
G系というならもう少しインスパイアしたものを提供してほしかった。
好みは?というなら
「野菜マシ、ニンニクマシ、カタメ、濃いめ、多め」と答えたい


ごちそうさん
2019. 1.10. 11:30


年明けしてどうも喉の具合が調子悪く常に喉飴が必需品
風邪の前兆なのか…インフルではないと思うが・・・
年末年始は過酷労働続きだったためスタミナつけなきゃと・・・・
定期的に食べたくなるG系ラーメン。


めんじろDSC02185
めんじろ

ラーメン二郎京成大久保店出身の店主の店「豚男」でこちらの店主は修行したという
二郎インスパイアの店です。
店主と助手さんの2名体制で廻しております。

11:30開店のシャッター狙いで訪問すると既に5名の並び、開店と同時に店先の車から駆け込んだ男に
先越されて7番目で券売機を・・・・

メニュー
・ミニめんじろ 700円(麺150g、豚約1枚付)
・めんじろ 750円(麺200g、豚約2枚付)
・大めんじろ 780円(麺300g、豚約2枚付)
以下メニューにも同様にミニ-50円引・大+30円増が有り
・味噌めんじろ 850円
・まぜめんじろ 900円
・つけめんじろ 900円

<トッピング等>
・麺増し 200円(400g以上、食べきれる量)
・豚増し 200円
・味玉、うずら、ニラキムチ、チーズ 各100円
・生たまご、生姜、魚粉、カレー粉 各50円

<無料トッピング>
野菜(入ってます)マシ・マシマシ
アブラ マシ・マシマシ
カラメ(醤油ダレ)マシ・マシマシ
ニンニク(入ってます)マシ・マシマシ・抜き


店内入ると厨房が中心にあってカウンター席に囲まれてるようなつくりではなく
窓際にカウンター席と中ほどにテーブル席間がゆったりした変則レイアウト。

食券を買ったら助手さんが待ち構えてて先にニンニクコール申告してから指定された席に座るのが
この店のルールのようである。




めんじろDSC02184
7番目のカウンター席

座る前に給水器でセルフで水を汲んでレンゲを持ってきます。




めんじろDSC02179
めんじろ 750円+ニラキムチ100円(麺200g、豚約2枚付)
ニンニクコール:野菜にんにく


開店と同時に入店したのに提供されたのは25分後と時間かかりました。
湘南二郎ならファーストロットで食べ終わる時間でしょうけど・・・・




めんじろDSC02180
具材
もやし:キャベツ 8:2ぐらいな感じで野菜マシの量はなかなかいいんじゃないでしょうかね。
シャキシャキ具合の食感ですが茹でてから時間がたち冷え切ってます。 サイテー♪
豚は麺の下に隠れており上から順に食べていくと最後に豚をやってける頃は胃のダメージが
あるかもしれません。
豚ロール1枚、 豚塊1個
脂身は少なく赤みがホロホロ柔らかくて美味いです。




めんじろDSC02181
スープ
豚骨スープの表面はアブラの被膜で覆われ非乳化で重い感じではなく醤油ダレは濃いめで
甘じょっぱい二郎特有の味わい・・・
野菜マシなので水分で薄まりちょうどいい塩梅になるでしょう。
野菜がアツアツじゃないのでスープも冷めるのが早いでしょう。



店内の奥の小上がりにある製麺機で作った自家製麺。
割り箸より太い極太平打ち麺で加水低めのゴワゴワ硬めの茹で加減のマッチョ麺。
麺量はミニ150g ノーマル200g 大300g
ノーマルの750円を頼んだわけですが本家二郎の小らーめんで300gはあるから
次回は大盛780円食べてみようかな。





めんじろDSC02182
ニンニク

刻みニンニクでレンゲ1杯分ぐらいの量

「アンタ何食べたの?」と言われる声が食べる前から聞こえてきました。





めんじろDSC02183
ニラキムチ
ニラ、玉ねぎ、ニンジンなど辛さはあまりなく浅漬けで酸味もなくマイルドで美味しい。



スープは残してごちそうさん


2019. 1. 4. 11:30




我が家はおせち料理など食って正月気分に浸る暇もないのでおせちに飽きて
ラーメンが食いたくなるのとはわけが違いますが仕事行く前に飯を・・・と




ラーメンショップDSC00690
店内に入るガラスの引き戸に・・・
自  動
  分で      かしてください
                    と、書いてあります(笑)

他にも店内POP掲示あり
「注文は間違いが非常に多いので大きな声ではっきりとおねがいします。」

「ネギラーメンとネギ味噌ラーメンを注文のお客様
具のネギ及びチャーシュー、メンマ、ワカメ等はすべて冷蔵庫で冷やしておりますので
スープは少しぬるくなります。熱いのが良い方は単なるラーメンか味噌ラーメンをご注文ください。」


笑えますw


メニュー
ラーメン500円
ネギラーメン600円
チャーシューメン700円
ネギチャーシュー800円
味噌ラーメン600円
ネギ味噌ラーメン700円
ネギ味噌チャーシュー900円
ワカメラーメン600円
メンマラーメン600円
コーンラーメン600円
みぞれラーメン(大根おろしトッピング)600円
岩のりラーメン700円
餃子300円

中盛100円、大盛200円増





ラーメンショップIMG_1170 20190104 11:41
岩のりラーメン700円+中盛100円



卓上調味料
辣油、酢、醤油、唐辛子、黒胡椒、豆板醤、にんにく





ラーメンショップIMG_1171 20190104 11:41
具材

チャーシュー、ワカメ、ナルト、海苔、刻み葱、メンマ、岩のり

麺を隠すかのようにたっぷりとトッピングされてます。
この具材の量なら700円はCP度いいんじゃないかと・・・

岩のりラーメンの本家的がんこやかるがんラーメン
リンクしてるK-zou3さんも食べてます。



ラーメンショップIMG_1172 20190104 11:41
スープ
豚骨ベースのやや濁りのある清湯系でスープの表面にラードが浮いてる感じで
ライトな感じのスープでラーショラヲタからは???となるかもしれん。
ライトな飲みやすいスープだからこそ岩のりラーメンには合うと思います。





ラーメンショップIMG_117320190104 11:41

麺リフトするの忘れて麺の画像は無いのですが・・・・
加水やや低めの中太ストレート
ワンロット7人前の大量生産で平ざるの湯切りをチャッチャとやってます。
麺量は中盛でも少なかった気がしました。



ごちそうさん


初ラーでした。


2018.12.28. 12:23

床屋へ行ってさっぱりした帰りに、2018年の最後を〆る休日ラーメン



福禄寿 DSC02167
スタミナラーメン福寿禄
駐車場側からの看板の屋号はスタミナラーメンしか書いてないですねぇ
記憶が確かなら2度目の訪問です。




福禄寿 DSC02170
店内に入ると厨房を囲むようにL字のカウンターとファミリー向けの小上がりも完備
入口左奥角の券売機で食券を買い求め空いてる席に座ります。

<メニュー>
豚スタミナ(ホット・冷やし)850円
レバースタミナ(ホット・冷やし)850円
醤油ラーメン 500円
味噌ラーメン 650円
塩ラーメン 500円
タンメン 850円
各種大盛 100円

<サイドメニュー>
半ライス 150円
ライス 200円
チャーハン 700円
半チャーハン 400円
餃子 400円




福禄寿 DSC02171
卓上調味料
辣油、酢、醤油、胡椒、唐辛子



福禄寿 DSC02172
レバースタミナホット 850円
注文から15分とちょっと待たされ感を感じつつの提供です。
レバーの苦手な方には豚肉での提供もあります。
因みにスタミナ餡は大量生産の作り置きではなく注文ごとに鉄鍋を煽ってました。




福禄寿 DSC02173
具材
キャベツ、ニンジン、カボチャ・ニラ・レバー
野菜餡の粘性は柔らか目で味付けは結構甘めです。
麺の大盛頼むより半ライスでオンザライスがいいのかもしれません。
ランチタイム半ライス無料ならやってみたいですが1000円メニューになりますしね。




福禄寿 DSC02174
それにしてもスタミナラーメンの聖地勝田のスタミナラーメンの価格より100~200円高めの
強気な価格設定となってます。
ボリューム的にこの白い器が見えなくなるぐらい盛ってくれたら満足するだろうけど・・・・。





福禄寿 DSC02175
カボチャやニンジンなど根菜類は薄くスライスされて炒め時間が短くても火が通りやすい
感じにしてあるようです。
レバーも薄く小さいので食べやすいですが量はそれほど入ってません。




福禄寿 DSC02176
スープ
動物系が穏やかに主張するというか所謂薄味の中華スープだが、もちろんそれのみを楽しむ
一杯ではないので特に何の問題もない。
むしろスープが主張しすぎると味の濃い甘めなスタミナ餡に悪影響があるかもしれん。
縦の糸はスープ 横の糸はスタミナ餡かけ 織りなす布はいつか誰かを暖めうるかもしれない。
なんてね・・・



福禄寿 DSC02178

加水高めでかん水の香る中太ストレートの中華麺
●断面の麺でもちっとした食感で湯切の問題なのかぬめっとした感じは気のせいか?


ごちそうさん

2017年の〆のラーメンはガッツリG系の豚男-BUTAMEN- 85杯でしたが
2018年はさらに下回り65杯で打ち止めとなりました。昨対76.5%
年間125日休日のなかで200杯以上食べてた頃は2~3軒はしごの連食でしたが
もうそんな無茶できないですし頻繁に遠征もできない環境ですしね・・・・
ただし家ラーメンは週3杯は食べてると思うので200杯以上は食べてることになりますけど
今後も出向いて店で食べたラーメンが基準で杯数を記載していきます。

ラーメン・食べ歩き・飲み歩き・旅・日常のくだらないことを今後も綴っていく次第です。



居酒屋hide

Author:居酒屋hide

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QR