休肝日返上! 気ままに食べ歩記

食わずして後悔するよりも食って公開するけど、美味い不味いは人それぞれだよね♪

2017. 4. 5. 12:50

激鬼ナカのホッピーの飲める鳥椿は長居したらキケンと察知し移動します。


信濃路 DSC09979
山手線29駅中、乗降客数ランキング29位、すなわち最下位の駅、鶯谷北口の改札を抜けると
大弘軒、信濃路、加賀屋、養老乃瀧、宝ろく、関所と並んでます。





信濃路 DSC09978
信濃路
なんとこちらの店は24時間営業で無休の鉄人大衆酒場です。
信濃路のお店の上には下谷七福神の一つである寿老神が祀られて「元三島神社」があります。
なので信濃路に入店するだけでもご利益がありそうです。





信濃路 DSC09980
うなぎの寝床のような複雑な店内は右手が厨房に沿ってカウンター席で入口付近のところに座る。
店内に入り壁にかかっているメニューをみると、なんと200円〜300円が中心のメニューが勢揃い。
壁面のメニューや短冊メニュー全部見てたらそれだけでも10分はかかるかもしれん。
カウンター上は冷ケースで小皿に盛られた惣菜などが値札が貼られて所狭しと並んでます。

注文したのはたぶん記憶があいまいだが・・・劇鬼ナカのせいか?
ウーロンハイ 310円 ※飲みかけですが・・・
メンチカツ 190円








信濃路 DSC09981
歯型のついた断面見せなくてもうまいかどうかは食べてる本人だけしかわからん。
キャベツの千切りとからしが添えられてますがメンチそのものはうまいということにしておこう。






信濃路 DSC09982
醤油ラーメン 400円
料理や飲み物の提供口は幅30cm程度高さ20cm弱の隙間から配膳されます。



信濃路 DSC09983
具材
チャーシュー、なると、メンマ、薬味ネギ



信濃路 DSC09984
スープ
動物系と野菜のスープなのか出汁の味わいが弱いスープ
醤油ダレもぼやけてますね。
胡椒をたっぷりかけて舌の痺れに任せて食べればいいのかもしれん。



信濃路 DSC09985

中細平打ちウエーブ麺でよくある多加水の中華麺です。

ラーメン食うなら隣の大弘軒の肉そばにしておけばよかったというのは内緒。



勘定をして店を後に・・・・

ごちそうさん




鶯谷  DSC09977
街中散策して常磐線沿いの満開の桜を見てから引返しなぜか未訪のままのささのやの前を通り
鶯谷駅方向へ・・・・
本当は15:00開店の晩杯屋も行きたかったが今回は時間がないので次の宿題にしておきます。




鶯谷  DSC09986
鶯谷ホームから望む鶯谷北口付近
上野に向かい予定の電車で本宅にかえります。
鳥椿はまた絶対来たいなぁ~


早起きと酒飲んだので眠かったが電車で爆睡せず無事帰宅♪




※ラーメンカテにはいれられんなぁ








スポンサーサイト
2017. 4. 8.  10:55

10連休の春休みスタート初日
日頃の行いが悪いのでバスの予約するも土曜日で満席
なので特急料金払ってまで急ぐ必要もなし
少しだけ早起きして鈍行乗り継ぎで飲み代浮かせる手段を・・・・
朝食はセブンのコーヒーとパンを電車で食って途中乗換もあるので居眠りもせず
目的の駅で降ります。


鳥椿  DSC09976
鶯谷
改札を抜け駅前路地を入るとディープな街並み
上野発の電車の都合上滞在時間が13時までなのでそれに合わせた店の選択を
事前に予習してきました。
柏在住の時はまだそのころはラヲタではなく大衆酒場めぐりをしておりました。
休日に北千住、上野、鶯谷の朝から呑める大衆酒場はコレで学びました。

と、いうことで、ちんちろりんハイボールでおなじみのこちら・・・・初訪ですけどw

鳥椿@鶯谷店
こちらはあと、大山店、雷門一丁目店があります。
孤独のグルメSeason3の第8話でこちらの鶯谷店でロケしてます。




鳥椿  DSC09966
10:00に開店した店内に入るとすでに5~6人の先客
入口左手は厨房に沿ってカウンター、右手は小上がりで28席あるという。
店先のカウンターも立ち飲みができそうである。
入口に近いカウンター席に座りますがバッグとか荷物あるのでですが気遣いもありませんね。
仕方なしにコートは膝の上、バッグは床に置きましたけど

鳥椿  DSC09969
とりあえずメニューを見て・・・・
ちんちろりんハイボールはサイコロでぞろ目:無料、偶数:半額、奇数:倍額
倍額払う可能性はむなしくて酔えないので今回はやめときます。





鳥椿  DSC09970
この店の名物メニュー
アボカド鶏メンチ、鳥鍋めし、チューリップ、油淋肝、ハムカツがゴローちゃんが頼んだメニューらしい。

俺「すみません、ホッピーセットお願います。」
店員「大・中・小ありますが・・・・」
俺「えっ?・・・じゃぁ中でおねがいします。」意味も分からず





鳥椿  DSC09967
店員が持ってきてドーンと3点セットを置いて行った。w( ̄o ̄)w

ホッピー シロ 490円税別

ジョッキはメガハイボールサイズのジョッキが「中」らしいです。
キンミヤ焼酎は好きなだけ入れてくださいと・・・・・




鳥椿  DSC09968
常識の範囲内でナカは7割ほどドボドボ注いだ。
どこぞの「ウイスキーの風味が少し感じられる氷がいっぱいの炭酸水」のようなことは
この店では全くありえないことみたいです。







鳥椿  DSC09971
油淋肝 300円

レバーのから揚げにネギとポン酢で揚げたて熱々でうまい



鳥椿  DSC09972
チューリップ @90円x3本
90円なのにレモンまでちゃんとついてるのはうれしい限り



鳥椿  DSC09973
ナカ (中) 300円

普段ホッピー注文する場合はこの店基準で「小」いい
ナカも大中小あり価格もそれぞれ異なる。
おかわりなので調子こんで飲んでしまうと泥酔して帰宅困難になるので常識的な量として
ジョッキ半分までとしました。
それでも料としてはすごい量です。
ホッピーのソトも3割程度しかないので・・・・



鳥椿  DSC09974
ハムカツ 300円
この厚切りの断面を見よ
揚げ立でアツアツでソースをかけていただきました。



鳥椿  DSC09975
おろしポン酢 100円

熱々の揚げ物続きだったので口の中さっぱりするこちら100円でいい役目してます。

危険なホッピー鬼ナカは飲み終わり小一時間にで勘定1900円也
お通し、席料なしはありがたい


ごちそうさんです


2017.3.29. 17:02



休日の食べ歩き



雨三屋 DSC09886
目的の店の近くで桜に見とれてしまいパチり♪








雨三屋 DSC09888
雨三屋
久々の訪問であるが開店時間が17:00なためどうしても15:00から営業の四文屋頻度が高くなるのである。
どうせなら12時ぐらいから営業してもらいたいところ。勝手な都合のいい話


店内に入りますと先客なしでカウンターの手前の席でテレビが見える席に・・・



雨三屋 DSC09889
注文は毎度のこれにしました。
ホッピー 白 400円
アル中でもないのに飲む前から手が震えてぶれてしまいましたね。
ナカは半分ぐらいのナカナカの量ですw



雨三屋 DSC09890
ごまレバー 100円
この店の定番
条例により炙りレバーの提供が終わりこれに切り替えてますがうまいです。




雨三屋 DSC09891
レバー タレ 100円
鶏レバーより周りの皮が堅いですがこれはこれでうまいです。




雨三屋 DSC09892
シロ タレ 100円




雨三屋 DSC09893
モツ 400円
大根やニンジンなど野菜は溶けてしまったのか入ってなくて本当のモツの煮込みですが
個人的には野菜がたくさん入ってたほうが好きかな。






雨三屋 DSC09894
もう1杯
ナカ 200円




雨三屋 DSC09895
ナンコツ 100円




雨三屋 DSC09896
ニンニクの芽 100円
アスパラガス 100円







雨三屋 DSC09897
さらに・・・おかわり
ナカ 200円
鬼ナカに変貌

なんか物足りないと思ったらタンスジ頼まなかったなぁ
今日のところはこの辺でかんべんしてやるか( ̄^ ̄)ゞ


ごちそうさん



2017.3.22. 12:30


休日の外食は悩むもので、この日ははま寿司で・・・・
目的はあさりラーメン・あさりうどんでしたが、寿司食いながらアイフォンで丸亀製麺アプリ見たら誘惑され
寿司だけ6皿食べた後に気が変わり勘定582円也で店を後にした。

向かった先はもちろん丸亀製麺


丸亀製麺DSC08426
昼時なので店内待ちの最後尾に接続してトレイを持って麺茹での注文の場でおばちゃんに
俺 「あさりうどん」
するとおばちゃんが「会計手前のところで受け取ってください」と
天ぷらなどサイドメニューの誘惑ゾーンは素通りで会計前のところで
なにやら俺のどんぶりと思われるゆでたうどんは待機

レジ手前で調理
鍋に生のあさりと出汁と思われるのを注いだ後はあさりに火を入れて茹でてます。
当然会計手前なので俺のあさりうどんのために後客が会計できずあさり渋滞してます。
これはオペレーションの問題なので改善の余地ありますね。



丸亀製麺DSC09859
あさりうどん(並)590円

会計あとに青ネギ入れ放題なので山盛り入れておきましたが汁に浸ったところはクタってしまい
青ネギボリュームがあすくになくなります。
別皿に盛って食べながら入れたほうが青ネギのシャキシャキが楽しめよさそうです。




丸亀製麺DSC09860
具材
あさり、青ネギ、わかめ

あさりはもちろん殻の分だけ身が詰まっていて開いてない死んだあさりなどありませんよ。
あさりは小ぶりなものからおおきいものまでうどんが見えないほど載ってるとは思いもしませんでした。
あさりを食べた後、殻の数を数えたら23個でしたが個数で喜ぶことなかれw
肉うどんの肉の時のようにキチンと計量器であさりを250g計量してますからw



丸亀製麺DSC09861

あご、サバ節、鰹節、昆布などの出汁で旨味を十分に感じます。
あさりの独特の出汁の味わいはやや薄味で弱いような感じですね。
気のせいかなぁ


うどん
うどんの麺肌はツルツルしこしこでしっかりとコシのある麺であさりの旨味が
たっぷりの出汁との相性は抜群


あさり山盛りなのであさりの食べごたえありましたし丸亀製麺としてはうどん2杯分の単価ですが
十分満足できました。
オプションでバター30円もあるので味変用のアイテムとして小皿でもらうのもいいかもしれない。


ごちそうさん

2017.3.15. 15:25


妥協麺のリベンジの後、ガッツリニンニクを消費してのども乾いたのでちょいと寄り道してみました。

四文屋 DSC09717
四文屋
店内は厨房に沿ってカウンターと奥にテーブル席がありますが、店の上にも開放的な屋外席があるようです。
屋上席は使うほど混雑したことがないから、使うのかどうか・・・どうなんでしょ



四文屋DSC09286
店内に入るとカウンター席のおひとり様はなしで奥のテーブル席で昼間っから
スーツ姿のサラリーマン風の方々が飲んでます。出張の電車待ちかどうかは余計なお世話


酒類は350円から500円とやや高め
生ビール500円ってどうよwどんだけ安い酒飲んでるんだって話ですが晩杯屋価格基準



四文屋DSC09285
串ものは100円と1本からの注文でOK
少量多品種食べたいお一人様にはちょうどいい。






四文屋 DSC09837
とりあえず 瓶ビール 500円
アサヒスーパードライ中瓶

さぁ、居残り残念ひとりお疲れさん会開宴です。引きずってます




四文屋 DSC09838
冷製3点盛セット 小 300円
胡麻油と塩だけで食いたいんだけどなぁ
卓上には一味と七味だけ
ニンニク、ショウガ、わさびの薬味はもう少し離してほしい



四文屋 DSC09839
レバー 100円

毎回新規メニューを頼もうと思うのですがワンパターンの注文となります。
画像は食べてからなので少な目ですw
豚レバーは表の皮が固いので鶏レバーのほうが好きなんですけどね。




四文屋 DSC09840
しろ 100円

甘辛のタレで七味をかけていただきますがゴムみたいな食感でいつまでも噛んでいられます。



四文屋 DSC09841
緑茶ハイ 350円

ビールもなくなり次に飲むのはこちらです。
3杯までの制限つきの梅割りは家呑みで散々飲んでいるので飽きた次第。



四文屋 DSC09842
砂肝 100円
焼き加減塩の打ち方で味わいが変わるので焼手の腕次第 駄舌なのでわかりませんけど





四文屋 DSC09843
大根酢醤油 100円

一番最初に初めて頼んだときは濃いめの酢醤油たっぷりで味が沁みてうまかったですが
大根の水っぽさで薄まり味がないので醤油掛けました。残念賞



郷のところはこのあたりで勘弁しておいた

勘定すると 1242円
元おねえさんに1万円札を出したら7000円分の札を差し出したので1000円少ないよと
レシートは言わないとくれないのでもらったらビールがサービスだった。
次回は雨三屋に行かなきゃなぁ
開店時間が17時だとなかなかハードル高くなる。



ごちそうさん



居酒屋hide

Author:居酒屋hide

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QR