休肝日返上! 気ままに食べ歩記

食わずして後悔するよりも食って公開するけど、美味い不味いは人それぞれだよね♪

2017.4.29. 12:34


店内に入り左手の券売機で食券を購入しますと、もぎりの女が厨房入口で待ち構えていて
食券を渡しますと注文完了で好きな席に座ります。
おひとり様なのでカウンター席に座りますがこちらのカウンター台は高くて椅子も足が届かない
座りにくいもので苦手なんですけど。。。。
長時間居座らないようにこんな椅子なんでしょう
まぁ食ったらさっさと帰りますけど夜間は居酒屋ですからね・・・・・



麺は組 DSC00126
「なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。」という問いに
「なぜ蕎麦に山葵じゃねぇんだよ。」と言いたくなります。
虎の門のそば処港屋のインスパイアである池袋の壬生の系列店ですからね。




麺は組 DSC00127
カウンター席に座るとこの通りメニューがありますが右上のメインの欄は酒のつまみ
本来なら蕎麦なんだろうけど・・・・




麺は組 DSC00128
メニューの品数はたくさんありますね。
定番の肉蕎麦(中盛)790円  大盛+50円 小盛-50円です。
まえは700円で大盛も同料金だったのに・・・・実質140円値上げは厳しい
池袋の壬生ではたしか790円で普通盛も大盛も同料金なのに・・・・
こんな田舎で本店より高いとはね。
券売機のそばに画像と説明書きのメニューがあればと思うのですけど
疑問なのは肉蕎麦は牛肉で790円 鶏肉790円 豚肉820円
価格的には・・・・鶏肉<豚肉<牛肉なのかなと思うんですけどハテ?




麺は組 DSC00129
10分程度で提供されました。
肉そば 790円+大盛50円  840円

訪問の度に毎回疑問に思うのですが麺とつけ汁の置き方 毎回入れ替わる
こちらの店はお客様に対して提供するカタチとか拘りはないようだ。
「じゃぁ自分で食べたい位置に置き換えろよ」という声が聞こえる
トレイに胡麻があったり水滴がついてたりそんなことはどうでもいいようだな。





麺は組 DSC00130
具材
刻み海苔、牛肉甘辛煮、薬味ねぎ、白胡麻






麺は組 DSC00131
牛肉は薄切りのもので甘辛の醤油仕立ての薄味がついてますが汁気がないパサパサ感
薬味ねぎは斜め切りでやや粗く切ってあり辛めなシャキシャキ感
開店したてのころはネギ半端なく聳えておりましたけどだいぶ貧疎な盛となりましたねぇ






麺は組 DSC00132
海苔は業務用のデカい袋の緑色のもので並、上、特上の中で並の部類だろう。
花月嵐程度のものだろうか




麺は組 DSC00133
つけ汁
鰹風味の濃いめのカエシで砂糖を入れたような甘みのあるもので辣油のピリ辛味。
前のころは容器に7割ぐらい入ってて辣油もたっぷりだったが
今では3割程度でラー油もちょっとだけ。
大盛なんだからつけ汁少ねぇ~ぞ

あまり辛くないのでラー油探しましたが卓上にはなし 卓上に必需品だろ
何やら小さな容器に入ったものを発見
フライドニンニクがしっとりラー油に漬けてある感じのもので容器を逆さにして全部入れてあげました。
小さな耳かきのようなものじゃいくらも入れられないので・・・・



麺は組 DSC00134

麺量は、並は250g、大で350g、だったと思うが体感的にも以前の画像で比較しても前よりだいぶ減った気がする。
丼の端から箸を差し入れて蕎麦を引っ張り上げると海苔もたくさんまとわりついてきて
つけ汁につけていただくが蕎麦自体エッジがきいた太めのもので盛岡冷麺のような硬くて
歯ごたえのある食感でかみ切るのも一苦労でコシがあり顎も疲れる。





麺は組 DSC00135
最後は卓上の無料の天かすととても小さな生卵を入れて味変し完食
つけ汁がほんの少し残ったので入口付近の券売機のそばまで行くと
小さな寸胴でスープ割を温めてあるので入れて・・・・
するとそこにどんぶりにラー油が・・・・卓上に容器に入れておけよ!

スープ飲みきり・・・・


ごちそうさん



追記

麺が固くて消化悪い分腹持ちがよかった。
次回訪問の際はフライドニンニク全部入れてラー油をスプーン3杯ぐらい
入れて食いましょうか





スポンサーサイト

コメント

店名が面白いですねw

蕎麦もつけ汁もすごく美味しそう…
絶対好みの味なので食べたいですわ〜

ラー油は3杯と言わず、全部入れちゃってください(笑)

Re: B級グルメマンさん♪

虎ノ門の元祖のそば処港屋を訪問をお勧めします。
並びがあるので時間に余裕が必要ですけど
私が食べたのは壬生の系列ですが「カレーは飲み物」
カレーは別腹」なるふざけた店も同系列であります。

ラー油はどんぶりに入ってるので全部入れたら
いくらなんでも大変なことになります。

ラーメン屋?蕎麦屋?
はらはらしながら見ちゃいましたが、期待通り蕎麦屋でした(笑)

Re: ちょいバリ親父さん♪

蕎麦界の二郎という異名をもつ 虎ノ門のそば処港屋のそばもインスパイアも
所謂蕎麦と違いワシワシと食らい噛まないと飲みこめません。
ニンニクマシこそないがつけ汁もジャンクで好き嫌いが
はっきり分かれるだろうけど癖になる食べ物です。
麺としては輪ゴムみたいに硬いのですがちゃんとそばの香りです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ramenhide.blog.fc2.com/tb.php/724-3e378493

居酒屋hide

Author:居酒屋hide

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QR