FC2ブログ

休肝日返上! 気ままに食べ歩記

食わずして後悔するよりも食って公開するけど、美味い不味いは人それぞれだよね♪

2019.1.22. 18:27

真味食堂でカンジャンケジャンを酒を飲みたくても飲まずに我慢してワタリガニを味わった後は
地下鉄で明洞へ・・・・

夕方ぐらいから路上屋台があちこちからやってきて次々にOPEN
俺は夜の屋台でキンパッ・チーズホットドック・ユッケなど食いたかったので
あちこち散策して常設の屋台店舗の屋台が並んでいる路地裏に遭遇。

衛生管理がとうとか・・・なんて言ってたら食わないほうがいいだろう。
俺だけは食うけど・・・・




DSC02266.jpg
価格的にはw3000~w7000とハングル、英語、日本語表記で良心的。
移動式屋台には表記のない店舗もあるので注意必要。




DSC02267.jpg
あちこちの屋台では・・・・
トッポギ、ティギム(天ぷら)、オデン、スンデ(豚の腸詰め)、ホットク(韓国版ホットケーキ)、
ポンテギ(蚕のさなぎ)、レインボーわたあめ、ざくろジュース、キンパ、トルネードポテト、
プンオパン(たい焼き)、トースト、ケランパン(目玉焼きパン)、餃子、韓国式唐揚げ、
肉串や魚介串など多彩






DSC02268.jpg
本当はビールでも飲みながらほかのもいろいろつまみたいところである。
しかし食べない同行者たちだけ待たせるわけにいかんし・・・




DSC02269.jpg
迷ったがやっぱ食べたかったものに・・・・



DSC02270.jpg
ホットドック チーズ入り W3000

ケチャップつけて・・・・
ひとかじりしましたがチーズまで届かず
もうひとかじりしたらチーズに届いたものの先のほうだけしか入ってなくて
もっとたくさん入ってるのかと思ったが肩すかし

今回の旅でチーズダッカルビ食いたいと思ったのは俺だけで多数決で却下
食の好みが違うと金は使わないが気を遣う。





DSC02271.jpg
明洞から歩いてきました。
李氏朝鮮時代にソウルを取り囲んだ城郭の門
相変わらずボケボケ画像ですが歩道でみんなスマホを上向けて撮影してましたが
この日はまんまるのお月さんでインスタ映えの画像を競って撮影して通行の邪魔でした。


さぁこのあとどっかに行くみたい

つづく

スポンサーサイト
2019.1.22.


お待ちかねの夕飯を食べにホテルから出発
予定のカンジャンケジャンを食べに向かいますがその店はN氏が友人から
紹介された店で住所と店名を記載したメモを持ってるようです。
地下鉄5号線エオゲ駅付近なので20分程度ですが4人分の地下鉄料金よりも
タクシーのほうが移動手段として安いと判断。



DSC02256.jpg
タクシーの助手席に座りましたがボッたくられなければいいなと思ったり・・・・
運転手は店を知らないようでナビ任せで出発。
精算はTmoneyカードも利用できるようですが現金で支払いました。
タクシーが止まったのですが店の前ではなく幹線道路から少し路地を入った場所にはその店がなく
路地を半周廻って目的の店を探すことができました。




DSC02257.jpg
真味食堂진미식당チンミシッタン

階段を数段上がり店内に入る水色の外観は遠い昔見覚えがあったのでした。
あれ?7年前に4人でカンジャンケジャン食べた店だよ。
前回韓国訪問時に明洞でマッサージの施術を受け揉みカエシ&下手なのか
腰が激痛で辛い思いしながらこの店でカンジャンケジャンを食べましたがよく味わってなくて
あまりよく覚えてないのです。
しかも席は板の間で椅子テーブルじゃなく腰痛で胡坐かけなくて正座で食べた苦い思い出。
まさか再訪するとは思わなかった。
案内された席は店内奥のテーブル席でした。

営業時間は12:00~21:00(ブレイクタイム15:30~17:00)、ということで
訪問時間が17:05ということでミシュランガイド2018に載る人気店といえど先客1組でした。


メニュー
<食事>
ワタリガニの醤油漬け(カンジャンケジャン)定食 게장정식(ケジャンジョンシッ) 38,000 ウォン
<季節のメニュー>
イイダコ(30,000ウォン目安)、刺身(時価)など 계절메뉴(ケジョルメニュー) 時価

<飲み物>
焼酎 소주(ソジュ) 4,000 ウォン
ビール(瓶) 맥주(メッチュ) 4,000 ウォン
マッコリ 막걸리(マッコルリ) 3,000 ウォン
백세주(ペッセジュ) 8,000 ウォン
サンザシ酒 산사춘(サンサチュン) 8,000 ウォン
トックリイチゴのお酒 복분자(ポップンジャ) 10,000 ウォン
コーラ/サイダー 콜라/사이다(コルラ/サイダ) 1,000 ウォン




DSC02258.jpg
カンジャンケジャンやおかずがすぐに出てきます。
前回訪問時手づかみで食べて手がベタベタになった教訓を生かして使い捨てのゴム手袋を
持参したのですが、テーブルに既に用意されてるので早速戦闘開始です。




DSC02261.jpg
海苔、蛸チャンジャ、カジメ海苔など・・・




DSC02262.jpg
キムチ、レンコンの煮物、エゴマ、なすのナムル
オカズが何種類か出てきますが1人でも4人でも同じ量で出てきます。
足りなきゃおかわりもできるようですが言葉の壁が・・・・




DSC02263.jpg
ケランチム(卵蒸し)はアツアツで美味しかった。




DSC02265.jpg
カンジャンケジャンは醤油、ニンニク、ショウガ、ねぎ、砂糖などに漬けられ味が沁みた
ワタリガニはとても美味しい。生のワタリガニの殺菌作用がるという青唐辛子の輪切りが
トッピングされ間違って食うものなら非常に辛い。

ケジャンはカニの手足を持ってそのまま吸い付くのが一般的。
もっと美味しい食べ方
1.醤油ダレがかかったカニ味噌の甲羅を取り出します
2.箸でまんべんなくかき混ぜます
3.白いご飯をのせて、たっぷりタレに絡ませる。
4.スプーンですくって食べれば、まさに至福!
5.さらにバージョンアップは海苔で包んでキムチやチャンジャをのせたり・・・・

〆にはヌルンジ おこげスープ
ご飯炊いた時の焦げにお茶を入れた感じのもので香ばしいが無味なので
カンジャンケジャンの醤油をいれてキムチを入れたりしていただきます。
美味しかったですが、
カニのトゲトゲで口に中が傷だらけ・・・・・





120612_125011.jpg
2012.6.12訪問時の画像




120612_121405.jpg
2012.6.12訪問時の画像



ごちそうさん

つづく

2019.1.22.


明洞餃子で昼飯の後は明洞街中散策&買い物も飽きてホテルに地下鉄で帰ろうということで



DSC02250.jpg
手前の青い券売機はT-moneryカードの券売機でプリペイド式の韓国の交通系ICカード。
JR東日本の「SUICA」(スイカ)のような韓国の交通系ICカードです。
「T-money」カードをW3000で購入し、奥の券売機で希望の金額をチャージするだけで、
ソウルの地下鉄・バスの乗り降りまでワンタッチででき、小銭の心配や料金の確認、
切符購入のわずらわしさなどがありません。
がしかし昨日は空港でこの券売機探してたんですけど見当たらず・・・
コンビニで売ってるとも言われたがコンビニで言葉通じずで買えなかった。






DSC02251.jpg
交通カードチャージ機で音声ガイダンスやモニターの韓国語、英語、日本語、中国語のボタンをタッチして
指示に従い購入できます。





DSC02254.jpg
スターバックス

歩き疲れてコーヒータイム



DSC02253.jpg
姉さんヒマそう。




DSC02252.jpg
このコーヒー色はコーヒーっぽいが香りはなくお湯を飲んでるがごとく金どぶ珈琲だった。
韓国文化では濃いコーヒーを飲む習慣はなくアメリカーノが主流だという。
深炒り珈琲豆で細かく引いた豆のエスプレッソをお湯で割る感じ
日本のアメリカンは浅炒り珈琲豆を粗挽きで入れるのだが・・・・

因みに普段はコストコのPBカークランドのハウスブレンドを飲んでいる。
907gも入っていて豆はスタバのなので美味いわけでスタバに持って行けば
豆も挽いてくれて300gづつ3袋に分けてくれる。





DSC02255.jpg
ホテルの隣のスーパーマーケットがあるので便利なので立ち寄ります。
「ハーモニーマート」は、全国展開する、フランチャイズの人気スーパーマーケットブランド。
店舗ロゴにハトのマークがありますがセブンアイホールディングスとは無縁

韓国ビールのcass 500mlを昨日W2700でコンビニで買いましたがw2000しないし
1.6lの大容量ペットボトルサイズがW5000ぐらいだったので2本買いました。

さぁ部屋でひと休みして夕飯だ

続く



2019.1.22. 11:30

朝食は歴史ある里門ソルロンタンで食べて満足した後は・・・



DSC02238.jpg
ホテルに戻らずそのまま明洞へ向かいます。





DSC02239.jpg
明洞の街中は11時前でまだやってない店も多くコスメロードで買い物付き合ってあっという間に
昼飯時となります。




DSC02249.jpg
明洞餃子 本店 명동교자 본점
1969年、「明洞カルグクス」という名前でオープンし現在は明洞餃子に変更し3階建てで1F2Fがあり
3Fは予約の団体席と230席の大箱となってるようです。
営業時間 10:30~22:00と通し営業です。
こちらの店もミシュランガイドに掲載されております。
因みに前回の韓国旅行の際もこちらで食べてます。

昼時は行列になるので早めに・・・ということで11時半に入ろうと思ったら20~30人の団体客が
先に入店しました。1階奥へ行くと8割程度の先客で賑わってますがすぐに席に案内されました。





DSC02240.jpg
メニュー
韓国風うどん 칼국수(カルグッス) W8000




DSC02241.jpg
蒸し餃子 만두(マンドゥ) W10000
混ぜうどん 비빔국수(ビビングッス) W8000
冷豆麺 콩국수(コングッス) W8000 (4~10月限定)

メニューはこの4種類

スプーンと箸はテーブルの引き出しに入ってるのでセルフで準備します。




DSC02243.jpg
蒸し餃子 만두(マンドゥ) W10000

1個は、ちょうどスプーンにのるぐらいの食べやすい大きさで、中にはしっかり豚肉と
ニラなど野菜がたっぷりと具が詰まっています。
ジューシーな肉汁とともに漂う自家製ごま油の香りがたまりません。




DSC02244.jpg
キムチ
あまりにも少ないですが言えばいくらでもおかわりできます。
このキムチは朝早く市場で厳選し仕入れた白菜に天然で乾燥させた甘辛い唐辛子、ニンニクなどに
企業秘密の味付けを加え、その日食べる分だけを漬けるらしいです。
発酵する前に食べてしまうから酸味はほとんどなく、即席キムチといった感じで食べやすいです。





DSC02245.jpg
韓国風うどん 칼국수(カルグッス) W8000

具材
玉ネギ、ズッキーニ、ニラ、唐辛子、ニンニクなどの野菜と一緒に炒めた
とろ~りミンチそしてワンタンがのりボリューム満点。
大きなどんぶりで意外に量があります。

スープ
鶏の骨を6時間じっくり煮たスープで白く濁りがありとろみがあります。


提供当日に打った麺を3時間熟成させたという自家製麺で茹で時間も6分以内と
ややカタメの適度にコシと弾力の感じです。
スープのとろみは麺とスープを一緒に煮込んでるということ。

味変用に醤油ベースのネギにんにくのようなものが小皿で出され好みに応じて
タレやキムチを入れたりします。

ご飯もつくのでご飯をスープの中に入れたらうまかったけど麺やスープもおかわりが
できるようですが俺は小食なのでおかわりしませんでした。





DSC02246.jpg
混ぜうどん 비빔국수(ビビングッス) W8000

N氏が頼んだのを味見させてもらいました。





DSC02247.jpg
辛さと甘さが絶妙なコンビネ−ションで辛いけれど、ビビン冷麺のようにさっぱり食べられます。
麺はクロレラが練り込まれた緑色の混ぜうどんというより混ぜそばという感じの細麺
鋏で切って食べやすくコシがあって旨いです。



ごちそうさん


まだまだ続きます。



2019.1.22. 8:50


昨夜は到着遅延と改札出れないアクシデントに見舞われて就寝が遅かったので
日の出が日本より遅いのでのんびりとして朝を迎えました。
朝食はホテルの近所の食堂で・・・・と
昨夜は行き当たりばったりの散策で失敗したので昨夜対策会議したので・・・・・



seoul2.jpg
里門ソルロンタン이문설렁탕
営業時間:8:00~21:00

この店はソルロンタンが美味しいぐらいのこと以外何も事前に調べてなかったのですが、
撮影した画像からググって調べてるうちに、この店は移転後の新しい店舗ですが
「里門ソルロンタン」は1902年に開業した1世紀・100年以上の歴史を持つ老舗で、
鐘路(チョンノ)の再開発のため2011年4月に移転を余儀なくされたらしい。
ミシュランガイドでも紹介されている超人気店だったのでした。驚!




seoul.png
アクセスリンクあり




DSC02235.jpg
店内に入ると先客なしでガラーンとして開店休業状態。
たぶん観光客相手の店だから昼飯時に混雑するのでしょう。






DSC02237.jpg
店内の水槽にはこれから調理されるだろう魚が泳いでます。
メニューがよく映ってないですねぇ



seoul3_0000.jpg
メニュー

価格設定からするとやや高めで客層はほぼ観光客相手なのでしょか、通常のソルロンタンのほかには、
特ソルロンタンがありまして違いは肉マシということです。
肉マシで300円UPということになります。




DSC02230.jpg
ソルロンタン W9000
提供された際は刻みねぎは添えられてませんがフライング




DSC02233.jpg
各テーブルに刻みねぎの容器があり入れ放題です。








DSC02232.jpg
看板メニューのソルロンタンは、韓国の高級牛肉・韓牛(ハヌ)の足の骨や各部位の肉を18時間以上
煮込んで作られ、真っ白でコクのあるスープと、口の中でとろけそうな柔らかい牛肉を楽しめます。

各テーブルには、塩、コショウ、長ネギ、タテギ(特製ダレ)が置いてあります。
これらは、ソルロンタンをおいしく食べるための必需品!
あっさりしたスープに、お好みでそれぞれ入れて、お好みの味のソルロンタンに仕上げます。
肉の下には、ごはんとそうめんも入っています。
牛肉も結構はいっててボリューム感あるが韓国のスプーンは小さいのでまどろっこしい。
どんぶりを持ち上げラーメン用のレンゲで食いたいところだ。
日本とは食事マナーが異なるから・・・・




DSC02231.jpg
白菜キムチ
味わいは浅漬けっぽいが甘さが先にやってきて後から辛さと旨味が残る感じ。






DSC02234.jpg
各テーブルに取り放題で容器に入れてあり鋏で食べやすい大きさに切り盛りつけます。
旨いのでおかわりしました。





DSC02236.jpg
カクテキ
大根と葱のキムチ
大根が少し硬いのもありましたが美味しかったけど白菜キムチのほうが美味しかった。





ごちそうさん



つづく

居酒屋hide

Author:居酒屋hide

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QR